キャリアプラン

仕事の決め方が分からない人が意識するべきポイントを解説!

様々な仕事が溢れる今「やりたい仕事が分からない」「どんな仕事が良いのか検討がつかない」といった悩みを持っている人は多いのではないでしょうか?自分の将来を真剣に考えれば考えるほど、どんな仕事に決めればいいのか良いのか分からない…

そもそも好きな仕事なんてない。今の仕事もそんなに好きではないと感じている人も少なくないでしょう。1日の大半を費やす仕事だからこそ、本当に続けられるものを選びたい。そんな風に思っている方へ、今回は仕事を決める際のちょっとしたポイントを紹介します。

「好きなことがない」仕事の決め方に悩んでいる人へ

「好きなことを仕事にすれば幸せになれる」こういった意見を耳にする機会はよくあります。しかし、人によっては「好きな仕事なんてない」「そもそも趣味なんてない」そんな人も沢山いるようです。

「好きな仕事でなければ幸せになれないのか?」そんな風に感じている人も多いのではないでしょうか?しかし、実のところ「好きな仕事」を選択した人で、その後退職した人も沢山いるんです。その業界自体を嫌いになってしまい、他の業界に転職する人もいます。

「自分が思っている感じと違った」「全くおもしろくなかった」と、ギャップを感じてショックを受けてしまうこともあります。好きなことを仕事にするというのは、時として仕事を嫌いになるキッカケにもなってしまいます。

仕事選びに失敗する人は深い思考を持つべき

今まで、どの仕事も長続きすることなく「また失敗しちゃった」という経験のある人は、思考が浅い可能性があります。仕事を表面的な部分だけ見て評価してしまう。仕事をそんな風に捉えてしまうと、どの仕事もつまらないものになってしまいます。

「こんな仕事続けてもメリットなんてないな」と評価するのは簡単です。しかし、どんな仕事でも必要とされているから存在しています。深く仕事を見つめてみれば、どんなに単純な仕事でも楽しさが見いだせるものです。

「好きな仕事」をするのも良いですが、多様性が求められる現代では「自分で楽しさを見いだせる人」の方が幸福を感じられるでしょう。深い思考を持って仕事に入り込んでいけば、結果的に自分の好きな仕事に変わる可能性も上がります。

仕事の決め方に正しい法則はない

仕事の決め方が分からないと悩んでいる人は、ついついネット上で「正しい仕事選びの方法」を検索してしまうでしょう。しかし、考え方や育った環境はそれぞれ違うはずです。そんな中、誰にでも当てはまる「仕事の決め方」などあるはずがありません。

人によっては好きな仕事をした方が良い場合もありますし、好きなことと仕事は別々にしたいという人もいるでしょう。「この方法なら仕事選びに失敗しないんだ」と、誰かの意見を信じて行動してしまうのが1番危険だと言えます。

仕事選びに迷っている人は、まず「正しい仕事の選び方などない」ことを覚えておきましょう。その上で、今の自分にとって最適な選択はどんなものなのか分析してみてください。自分で悩み抜いて出した決断は、後悔するリスクを最小限にしてくれます。

どんな仕事でも試してみなければ良し悪しは分からない

次の仕事を決めかねている原因の1つに「その仕事がどんな内容なのか分からない」という人も多いでしょう。どんな仕事もやってみないと分からないのが本当のところですね。好きな仕事に就職できても、実際に働いてみたらイメージと違ったというのはよくあることです。

求人情報を見ても、どの企業もメリットしか載せていません。そのためどんなポイントを重視して仕事を選べば良いのか分からなくなってしまうこともあるでしょう。この問題を解決するためには、実際に働いてみるしかありません。

「こんな仕事は自分には向いていないだろう」と働く前から毛嫌いする人もいますが、実際に働いてみると意外にも楽しかったということもありえます。どんな仕事にもメリットとデメリットがあります。なのでイメージだけで毛嫌いせずにフラットな視点で判断するようにしましょう。

自分よがりな目線で仕事を決めていないか

どんな企業でも社会的なニーズを満たしているから存在しています。そんな中、選ぶ側が上から目線で仕事を探しても、自分に合った会社や職業を見つけることは難しいでしょう。

「この仕事なら楽に稼げそうだな」と、自分にとってのメリットしか考えていなければ社会貢献することはできません。

「その会社に対してどのように役立てるか?」という意識で仕事を探さなければ、企業、個人の双方でいい関係を保つことはできません。仕事は「人ができないことをすることで対価をもらう」というものが根本的にあります。

面倒なことを代わりにやったり、企業に求められていることをこなすことで、初めて報酬が貰えます。今まで、自分のことしか考えずに仕事を選んでいた人は、今一度、企業があなたを採用するメリットを考えてみると良いでしょう。

インターネットや新聞などで情報収集することも大切

もし、あなたが様々な仕事に対する知識が少ない場合は、情報収集することで各仕事の理解を深めることができます。インターネットや新聞などの各種メディアには、仕事の詳細な情報が載っています。

「この仕事ちょっと面白そうだな」と気になる職業が見つかった場合は、ぜひ詳細な情報を探してみてください。インターネット上であれば、実際にその職業を体験したことのある人の本音を見ることができます。

詳しい業務内容や勤務時間などの詳細情報が分かれば、「この仕事って意外とハードワークなんだな」「働いている人の口コミが良いから良さそうだな」とイメージもしやすいでしょう。各仕事を詳しく理解できれば、職探しで失敗するリスクも少なくなります。

社会は能力のない人間に振り向いてくれない

非常に残酷な話ですが、社会は何のスキルもない人間に振り向いてくれるほど甘くありません。「自分にはスキルなんてないけど、単純労働は嫌だな」と考えている人は、最適な仕事を見つけるのは難しいでしょう。

例えば、プログラミングスキルのない人が、プログラマー募集の案件に応募しても採用される確立は非常に低いです。プログラマーとして働きたい場合、最低限のスキルを習得しておくのは、もはや当然のことと言えます。

もしも今やってみたい仕事はあるものの、その職業がハードルの高いものだとしたら、何かしら学習を始めてみることをおすすめします。企業にとって「この人を採用したらプラスになるな」と思わせる存在になれれば、採用される確立はグンと上がります。

目的意識を持って仕事を決めるのもポイント

仕事を決める際は、目的意識を持つことが非常に重要なポイントになります。目的意識は人によって異なりますが、自分がどんなキャリアを歩んでいきたいのかを基本に考えると良いでしょう。単純に「お金がいいから」という理由で仕事を選ぶのは危険です。

目的意識を明確にすると、企業の採用面接でも質問にハッキリ答えられるようになります。また、就職後につまずいた時や、落ち込んでしまうような場面でも「自分には目的がある」と強い意思で立ち直るキッカケにもなります。

目的意識をどのように持つ方法が分からない方は、人に説明できるレベルに落とし込むのがおすすめです。「僕がこの仕事を選んだのは○○という理由で、この企業で○○という目標を持っています。」のように具体的に説明できるようにしてみてください。

自分の性格を分析して仕事を決める

仕事を決める際の1つの判断材料として自分の性格に合った職種を選択するという手があります。性格に合わない仕事は、どんなに頑張っても好きになることは難しいでしょう。性に合わない仕事を無理に続けてもストレスがたまるばかりです。

例えば、大きな声を出すのが苦手なインドア派の人が、高い報酬が貰えるからといってバリバリの営業職に就職しても上手く業務をこなすのは厳しいです。ポジティブな思考で挑戦できる人は新しい自分を発見するキッカケになりますが、そうでなければイライラするだけです。

自分の性格が良く分からないという人は、ノートに性格を書き出してみることをおすすめします。自分がどんな性格で、どんなタイプの人間なのかを視覚化することができれば、居心地の良い職業を探す手がかりにすることができます。

まとめ

今回は、仕事の決め方が分からない人に意識してほしいポイントを解説しました。仕事を選ぶ際は、まず自分としっかり向き合うことが大切です。人の意見ばかり参考にしてしまうと、良い結果を得ることはできないでしょう。

人によって適した仕事はことなるはず。社会人としての経験値によっても、変わってきます。自分が大好きなことが仕事になっても、壁にぶつかってしまうこともあります。そんな時でもブレないでいるには、目的意識を持つのが大切です。

これから、新しい仕事をしてみようと考えている人は、ぜひ様々な角度から自分に合った職業を探してみてください。考え抜いて決めた選択は長期的な視点できっとメリットをもたらしてくれるはず。後悔しないためにも、今回紹介したポイントを参考にしてみてください。

あわせて読みたい!