キャリアプラン

充実した社会人生活に向けた20代の仕事の選び方!

充実した社会人生活を送る上で、仕事選びはとても大切なことです。しかし、社会経験の少ない20代の方にとっては、「自分に合った仕事の選び方がわからないし、そもそも自分に合っているかどうかなんて、実際にやってみないとわからないのではないか?」と思われる方もいらっしゃると思います。

確かに仕事をしてみなければわからない所もありますが、自己分析や自分自身の仕事への興味や関心等を確認することにより、自分に合ったそして自分がやりたい仕事が見えてくるはずです。今回は、自分に合った仕事の選び方を一緒に考えていきましょう。

自分に合った仕事を選ぶ前にやるべき準備とは?

自分に合った仕事選びをはじめる前に、「仕事をしてみたら思っていたイメージと違った」や「やりたい仕事に就いたのに自分には向いていなかった」といったことにならないために、まずは自分がどんな仕事を望みどんな仕事に適しているのかを確認することが重要です。

自分がどんな仕事に就きたいか、そしてどんな仕事に向いているのかをチェックする2つの方法を紹介します。仕事のイメージを具体的に持ち、自分自身の能力や性格と照らし合わせながら進めていきましょう。

充分な自己分析で自分に合った仕事をイメージする!

簡単な自己分析の方法としては、自分自身の現在までを振り返り、頑張ったことや楽しかったことのエピソードを掘り下げて考えていくという方法があります。様々な思い出に残る経験を掘り下げていくことで自分自身が何に価値を感じているかを知ることができます。

例えば、楽しかったエピソードが学生時代に吹奏楽部の部活だとしましょう。部活を通して仲間と共に一生懸命に練習し、一致団結して一つの音楽を創り上げることに喜びを見い出したのであれば、「仲間と一緒に取り組み大きな目標を達成したい」という価値観が見えてきます。

また、筋力トレーニングで腹筋が割れる程鍛えたことが頑張ったこととして挙げられるのであれば、「目標に向かって一人で黙々と頑張りたい」という価値観が見えてきます。人によって、価値観は様々なので、まずは印象に残る自分自身のエピソードを掘り下げ、自分の価値観を確認していきましょう。

業界研究や企業研究で、様々な仕事のイメージをつかむ!

気になっている業界や企業がある方は、企業研究を行い仕事のイメージをつかんでおくことも仕事を選ぶうえでのポイントになります。具体的な方法としては、就活情報サイトや企業の採用サイトをチェックしたり、OB・OG訪問というやり方があります。

就活情報サイトや気になる企業のホームページを検索すれば、企業理念や従業員数・求める人材イメージ等を把握でき、実際の社員の仕事ぶりをわかりやすく解説している企業もあります。

また、OB・OG訪問では現場で働いている社員の姿を見ることができ、企業サイトを検索しただけでは得られないような情報も聞く事ができ、企業の実際の姿や実際の勤務状況を把握でき、仕事に対するイメージがより具体的になります。

興味や適性があるかで判断する仕事の選び方とは?

仕事への興味や適性は、長く仕事を続けていくうえでとても重要なポイントです。最初から興味のない仕事に魅力ややりがいを感じることは難しいですし、自分に適性のない仕事に就くことは、ストレスの原因となり長期的に働くことは困難です。

20代の皆さんは、これから長く働かなければいけない訳ですから、働く事が嫌いにならないためにも、自分の気持ちに嘘をついて嫌々仕事に就くのではなく、興味が持てる仕事や適正がある仕事に就くことが大切です。

仕事への意欲を持ち続けるために興味関心は重要!

仕事への意欲を持ち続けるために、仕事に興味関心があるということはとても重要なポイントです。仕事への興味関心により、「もっと学びたい」、「もっとスキルアップしたい」という自発的な意欲が生まれます。

仕事への意欲があることにより、仕事を早く覚える事にも繋がりますし新しいことをどんどん吸収できます。そして、様々なことをどんどん吸収できることにより、仕事が更に楽しくなり仕事の充実感にも繋がってくるのです。

まさに「好きこそものの上手なれ」で興味関心があることに関してはメリットしかありません。自分の趣味や好きな商品そして好きなこと等、まずは自分自身が興味関心を持てることに関連する業界や企業から仕事を探してみましょう!

仕事を全うするためには仕事への適性が不可欠!

仕事における適正とは、自分の能力が仕事に活かせるか、そして自分の価値観や性格が仕事内容に合っているかという点から判断していきます。仕事の適正は、仕事の充実感ややりがいを得るためにとても大切なポイントです。

自分の能力を活かして仕事をすることで、仕事に充実感ややりがいを感じることができ、仕事が面白くなります。また、自分の価値観や性格が仕事内容に合っていることで、自分らしく頑張ることが仕事における自分自身の評価にも直結していくことになります。

反対に仕事に適性がない場合は、仕事をすることで自分自身に我慢を強いることになりますので、充実感は得られませんし過度なストレスが溜まります。適正がない仕事に就くことで、うつ病などの精神疾患につながる場合もあります。

業界や仕事の環境等で判断する仕事の選び方とは?

先述した仕事に対する興味や適性は仕事選びをする上で重要なポイントですが、それに加えて自分が納得できる待遇や職場環境であるかどうかということも重要なポイントになります。

いくら興味関心があり適性のある仕事であっても、あまりにも待遇が悪い仕事や業界であれば、長く仕事を続けていくことは困難です。自分自身で仕事の待遇等に関する基準を定め、職場環境の条件で仕事のモチベーションを上げられるような仕事を選択する事が大切です。

モチベーションアップにつながる待遇をチェック!

仕事の待遇面は、仕事のモチベーションに直結する重要なポイントです。まずは給料ですが、業界や企業によって相場は様々です。給料が全てではありませんが仕事のモチベーションを上げるうえで重要なので、モチベーションを保てる下限を設定しチェックしていくことをおすすめします。

また、福利厚生や休日も仕事を選ぶうえでは給料と同様に大切です。社会保険への加入や家賃補助・社員食堂の完備等の福利厚生の充実や休日制度が充実している企業は、働きやすい環境が確保されているため仕事のモチベーションが上がります。

待遇面の判断は人によって様々ですので、給料・福利厚生・休日の条件を総合的に判断し選択する方法や、自分が一番求めている条件を優先し選択する方法等自分にとって「一番モチベーションが上がる」条件を選ぶことが重要です。

職場の人たちと良好な人間関係を築けるかをチェック!

仕事の選び方として人間関係も大切です。いくら給料が良くて福利厚生や休日制度が充実していても職場の雰囲気や人間関係が合わなければ、仕事のストレスは溜まる一方です。会社訪問やOB・OG訪問を積極的に行いどんな人達と仕事をするのか、そして企業や職場の雰囲気をしっかりとチェックするようにしましょう。

また、職場での良好な人間関係を考える上で、先述した「仕事に興味関心があること」や「仕事への適正」は深く関わってきます。あなた自身が興味関心のある仕事を選んだ場合、その職場で働く社員もまた、仕事に対して興味関心をもっている人が多いはずなので、仕事に興味関心を持っているということを共有することで仲間意識が生まれ良好な人間関係を築きやすい環境なのです。

適正で仕事を選んだ場合も同様で、仕事適正が合う者同士考え方や意見が一致することが多く、良好な人間関係を築きやすい職場であると言えます。

海外赴任等転勤の有無等も考慮した勤務場所をチェック!

海外赴任や転勤等を含めた働く場所がどこになるのかも仕事選びには重要です。グローバル社会に対応するべく海外での勤務を望んでいる方や、希望する場所でしっかりと腰を落ち着けて働きたいという方等、勤務場所の希望は人によって異なります。

仕事をする場所を決めるということは生活拠点を決めることでもあり、転勤がある場合はその生活拠点を移動することにもなるため、今後結婚したり子どもができたりといった将来的なことも考慮しながら勤務場所を決めることもポイントになります。

勤務先や転勤の有無については、募集要項に記載している場合もありますのでとチェックしておきましょう。また、募集要項に明記されていない場合は、会社説明会や面接時にしっかりと確認しておくことが大切です。

まとめ

様々な仕事の選び方を紹介してきましたが、今回紹介した全てのポイントをクリアできる自分に合った最適な仕事を見つけることは極めて困難です。自分が仕事を選ぶうえで重要なポイントの優先順位を決めて仕事選びをすすめていきましょう。

また、慎重に仕事を選ぶことはとても大切ですが、慎重になり過ぎてなかなか仕事が決められないというケースもよくあります。20代の場合、例え仕事選びを誤ってしまったとしても「方向転換」はいくらでも可能な年齢です。自分に合った仕事を選ぶということは大変なことですが、しっかりと自分で判断し失敗を恐れずに自分を信じて一歩踏み出してみましょう!成功しても失敗しても、その一歩は有意義な仕事に出会うための「確かな」第一歩です。

あわせて読みたい!