キャリアプラン

部下に慕われる理想の上司になりたい!そのためにすべきこと4選

上司と部下の関係というのは社会人を悩ませる大きな問題であり、現在進行系で頭を抱えている人も多いのではないかと思います。上司の立場からすると部下に好かれた方が何かと上手くいきますし、何よりギスギスした職場で働くよりは誰もが和気あいあいとした職場で働きたいものでしょう。

この記事では、部下に慕われる理想の上司の特徴やそうなるための方法等を見ていきたいと思います。部下に慕われる理想の上司になるための鍵は、やはり人間的魅力ということになるでしょう。

部下から慕われる上司にはどんな特徴があるの?

部下から慕われる上司になりたいと思う場合、まずはその特徴を知っておく必要があります。部下から慕われる上司は何事も自分ごととして捉える傾向があり、部下が失敗した際にもその責任を全て部下に押し付けるような真似はしません。

また、上司という存在には部署に属するメンバーをマネジメントするという役割が課されています。部下を適切にマネジメントし、部下の持つ能力をしっかりと引き出して部署の成績に繋げられる上司であれば部下からも慕われることでしょう。

引き続き、その辺りをもう少し詳しく見ていきたいと思います。

部下から慕われる上司は、部下の失敗を自分の失敗のように捉える

部下から慕われる上司は、部下の失敗をあたかも自分の失敗のように捉える傾向があります。世の中には部下が失敗した際の責任を全て部下に押し付け、部下が何かしらの功績を挙げた時はその手柄を横取りするような上司も存在するでしょう。

そのような例は論外ですが、もし部下が失敗したせいで自分が迷惑を被ってしまった場合にどのような対処をするかで人間としての器が計られます。勿論場合によっては叱責等を行う必要もありますが、感情のままに怒鳴り散らして終了ということになると、本人も相手もそこから何も学ぶことができません。

部下の失敗には上司の見通しの甘さという点も関係しますので、見方によっては部下の失敗イコール上司の失敗と捉えることも可能です。そのような考えの下でその失敗をどうカバーするか、再発防止のためにはどうするか等を一緒になって考えてくれる上司は部下から信頼され慕われるようになるでしょう。

部下から慕われる上司は、部下のことをよく知っており適切な指示を与えることができる

部下から慕われる上司は、部下のことをよく観察しており各人のスキルレベルや性格特性等をしっかりと把握しています。そのため、業務において適切な指示を与えることができ、部署全体の業務効率を上げることができるでしょう。

相手の持つスキルや特性を把握するためには、その当人をよく観察しなければなりません。よく観察するためにはその対象に興味を持つ必要があり、興味を持つということは相手を常に気にかけておく必要もあるのではないでしょうか。

相手の些細な変化に気付くことができる人は男女問わず人気があると言われていますが、それは上司と部下という関係でも例外ではないようです。誰しも自分のことをよく見てくれている人には好意を抱くものであり、些細なことを気遣ってくれる人のことを信頼するものでしょう。

部下から慕われる上司になるための方法には何がある?

それでは、引き続き部下から慕われる上司になるための方法を考えてみたいと思います。部下から慕われる上司の特徴は上述した通りですが、それを一言で言うと「人間的な魅力を兼ね備えている上司」と評することができそうです。

上司と部下といっても根本は一人の人間同士ですので、普段から魅力的な人が好かれるのは当然と言えるでしょう。そして、下記のような事柄を実践することで人間的魅力を磨くことができ、部下から慕われる上司に近づくことができるのではないでしょうか。

部下から慕われる上司になるには、部下の仕事に対して責任を負おう

上司というのは、部下が効率的に仕事をこなせるよう指導する存在と言っても過言ではありません。各メンバーが効率よく仕事を回すことにより部署全体の生産性が向上し、ひいてはその部署全体の評価が上がるのが会社という組織の特徴でしょう。

そのためには、部下の仕事に上司である自分も責任を負うことが大切です。部下の仕事は部下自身の責任と割り切ってしまうと、彼らがミスをしてしまった際に適切なサポートを行うことができず、それが思わぬトラブルを招いてしまう可能性があります。

部下が失敗した際の責任を自分が取ることで部下は伸び伸びと仕事を行えるようになり、ひいては部署全体の活性化が期待できます。そして、そのような上司の元で働きたいと思う人は多いのではないでしょうか。

部下から慕われる上司になるには、部下の話を否定せず傾聴しよう

部下から慕われる上司になるためには、部下の話を否定せず貴重な一意見として傾聴する姿勢が大切です。誰かが何かを話している時にそれを否定してしまう行為は相手を尊重しているとは言い難く、相手との関係性を失ってしまうでしょう。

人間は誰しも自分の話に興味を持ってくれる人に心を開き、何かあった際にはそのような人に相談したいと思うものです。仕事をする上でコミュニケーションが滞りなく行われているかどうかは非常に重要であり、それはトラブルを未然に防ぐことにも繋がります。

部下の立場からすると、ただでさえ上司に業務報告をするのはプレッシャーを感じますので、それを少しでも緩和することが大切ではないでしょうか。「貴方の話に興味があるので傾聴しますよ」ということを態度で示すことができる上司は部下から慕われ、部署内のコミュニケーションもスムーズになるでしょう。

部下から慕われる上司になるには、部下の人間性を尊重し対等な立場で付き合おう

部下から慕われる上司になるためには、部下の人間性を尊重して対等な立場で付き合うことが大事です。中には上司と部下という関係をあたかも主従のように捉え、部下は上司の奴隷というような傲慢な付き合い方をする上司も存在しますが、それで部下から慕われることはないでしょう。

上司も部下も会社という箱の中で与えられている役割の一つにすぎません。そのため、部下は部下の、上司は上司の務めを果たすことが大切であり、そこには人間的な上下関係はなく、本来はフラットな付き合いをすべきではないでしょうか。

部下を一人の人間として尊重し、対等な付き合いができる上司は自然と部下から慕われます。主従のような「上司と部下」ではなく、あくまでも一個の人格を有した「人と人」という認識で部下と接することをお薦めします。

部下から慕われる上司になるには、他人に優しく自分に厳しくなろう

部下から慕われる上司になるには、他人に優しく自分に厳しい人間になる必要もあるでしょう。世の中には自分に甘いのに周囲には厳しくあたる人もいますが、それは成熟した大人の人格とは言えません。

大抵の人は自分に甘く他人にも甘いか、若しくは自分にも他人にも厳しいかのどちらかに収まるようです。それが悪いというわけではありませんが、誰かから慕われたい、尊敬されたいという思いがあるのであれば、自分に厳しく他人に優しくという難行に挑む必要があるでしょう。

他人に優しくするというのは甘やかすという意味ではなく、相手のことを包括的に考えて適切な態度で接するという意味になります。そのため、時には叱責を行う必要もあるかもしれませんが、普段から自分に厳しくしていないとどのような叱責が効果的なのかが分からず、ただ感情のままに怒鳴りつけてしまう可能性があるでしょう。

チームを効率良く回すことこそが管理職の仕事

部下から慕われる上司になるための方法を見てきましたが、結局のところ人間的魅力を鍛えるという方向に落ち着きそうです。人間的な魅力を兼ね備えた人は性別年齢問わず様々な人から好かれ、どのような立場であっても仕事を上手くこなすことができるでしょう。

もしそのような人が上司であったら部下は仕事がしやすく、結果としてチームの生産性が向上することが見込めます。管理職というのは自分が率いているチームを効率良く回すことこそが職務となりますので、能力と共に人間的魅力も磨いていく必要があるのではないでしょうか。

効率の良いチームで働くことのできるメンバーは、仕事やプライベートを通して人生を充実させることができます。部下から慕われる上司になるということは、部下の人生を幸せに導くことにも繋がり、それは非常に尊い行為であると言えるのかもしれません。

まとめ

多くの人が職場の人間関係で悩んでおり、特に上司と部下間の関係がギスギスして仕事がしづらくなってしまっている人も多いようです。仕事というのは一人ではなくチームで行うものですので、メンバー間の関係性が良いにこしたことはありません。

また、メンバー間の人間関係が上手くいっているかどうかが生産性に大きく影響するというデータもあります。ということは、管理職の仕事として求められることの一つには、いかにチーム内のコミュニケーションを活発化させ、メンバー同士の信頼関係を育むかということも挙げられるでしょう。

いきなり飲み会等を開いて「さぁ仲良くなりましょう」と言っても難しいので、まずは上司である自分が部下を尊重し、部下との間に信頼関係を築くことをお薦めします。そうすることで、連鎖的に部署内に良い空気が構築され、最終的にはチーム全体が良い雰囲気になるのではないでしょうか。

そして、そのような取り組みを行うことで、結果的に自分も部下から慕われる理想の上司に近づくことができるでしょう。

あわせて読みたい!