キャリアプラン

【新入社員必読】辛い社会人一年目を乗り切って将来につなげる3項目

社会人になって一年目の年って、色々なことが慣れないで、緊張もするし仕事も失敗の連続で、辞めたいと思ったことはありませんか?私も社会人一年目の時は、右も左もわからずにただ一生懸命仕事をして、失敗の連続という経験があります。社会人になるということは、それだけ期待と不安を抱えていきながら、仕事をしていかなければいけない時期でもあるのです。また社会人一年目の給料も低く、先のことを思って貯金を考えたとしても貯金すらできなかったという話もよく聞きます。そこで今回は社会人一年目で仕事をしていくうえで、大切なことや貯金する方法など徹底的に紹介していきます。

社会人になって一年目の仕事が辛いと思う理由とは?

仕事をするということは、新社会人でなくても仕事が辛いと思ってしまいますが、社会人になって一年目の人だからこそ感じてしまう辛さもあるのです。右も左もわからない状態で仕事をすると、仕事がうまくいかずに悩んだり、失敗が怖くなったりなどして様々な壁にぶつかる時期でもあるのです。こちらでは先ず、そんな社会人になって一年目の仕事が辛いと思う理由についてお伝えしていきますので、どのようなことが辛いと思ってしまうのかを、あらかじめチェックしておくことも大切です。

なんの仕事をしても、足手まといになってしまう

社会人1年目の人は、仕事の経験が少ない為、なんの仕事をしても足手まといになってしまい、精神的に仕事が辛いと感じてしまいます。それでも給料は支払われますので、会社にも居づらくなってしまうのです。そういった中仕事ができずに、足手まといになってしまうと、上司や先輩などから嫌味を言われることもあり、仕事を辞めたいと思う人も少なくはないのです。ですが社会人一年目の人ならだれでも、仕事ができないのは当然なことです。

覚える仕事がありすぎて、辛くなってしまう

社会人1年目の人は一からすべての仕事を覚えなければいけない為、仕事が辛いと思う傾向があります。「仕事のやり方」「会社のシステム」「礼儀」「勉強以外の知識」など色々なことを、覚えなければいけないのです。覚えることが多すぎて、頭がパニックなる人や、夢にまで出る人も実際にいるのです。私の知っている人は、就業時間内で覚えることができずに、自宅で勉強していた方もいます。

上司や先輩と、どのように接していいかわからない

上司や先輩といっても様々な性格があるので、すべての人がいい人とは限りません。どんな上司や先輩に当たったとしても、変えることができないので、そういった人との接し方がわからない事から辛いと感じてしまう社会人一年目の人もいます。社会人になって何年もたてば、接し方も慣れてくるのですが、右も左もわからない社会人一年目の人なら当然、どのように接していいかわからなくて、辛いと感じてしまうのです。

なかなか会社や職場環境に馴染めないことで悩んでしまう

社会に出るということは、今までの環境とは全く異なり、就職する会社によって独特なルールがあることも多いです。そんなルールに対応することができずに、なかなか環境に馴染めない事から辛いと感じる人も少なくないのです。また人間関係が出来上がっているのであれば、少しでも職場環境に馴染めるのですが、人間関係が構築できていないと、馴染めずに悩んでいる人も多いのです。

仕事でわからないことがあっても、意見や質問ができない

仕事でわからないことや質問したいことがあれば、上司や先輩に聞くことが仕事をしていくうえで大切なことです。しかし忙しそうにしていて、とても聞ける雰囲気がなかったり、新人が意見を言うのが生意気という雰囲気が職場にあることが実際にあるのです。その為、意見や質問ができなくなり、仕事でミスをしてしまい、怒られるということがあります。聞かなかったら聞かないで怒られ、聞いたら生意気という理不尽なことがあることから、仕事が辛いと思ってしまう社会人一年目の人もいるのです。

理想と現実が違い過ぎて不安になってしまう

はじめて社会に出ると仕事に、抱いていた理想をイメージしてしまいます。しかしその理想と現実が違い過ぎて、仕事をしていけるのか不安になってしまうこともあるのです。また仕事がわからないうちは、当然仕事で成功した体験もないので、「本当にこのやり方でいいのか」「今の仕事が自分に向いているのか」など、不安に感じてしまう新社会人の人もいるのです。

一番下の立場が嫌で辛いと思ってしまうこともある

社会人一年目の人なら当然、会社で一番下の立場になります。しかしそんな一番下の立場が嫌で、仕事が辛いと思ってしまうこともあるのです。社会に出る前までは、学校などで先輩の立場でいたのに、会社では逆の立場になってしまい、仕事が嫌になることもあります。一番下の立場ということは、雑用などといった色々な面倒を任せられることも多く、まともな仕事を与えられず、暇が辛いという場合もあるのです。特に忙しい時期だと雑用が多く、仕事にやりがいを感じられない事から、辞めたいと思う人も少なくはないのです。

社会人一年目で、仕事を辞めたいと思った時はどうすればいいの?

社会人一年目の人は、「仕事ができない」「仕事がありすぎる」など様々な理由から、辛いと感じてしまうことが多くあります。そんな事から、中には辛い時期に耐え切れずに、仕事を辞めてしまう人も実際にいるのです。社会人一年目は様々壁にぶつかることが多く、精神的に参ってしまい、仕事を辞めたいとまで追い込まれてしまうのです。そこでこちらでは社会人一年目のあなたが、仕事を辞めたいと思った時の対処法を紹介していきます。

失敗しても気持ちを入れ替えて、どんどん失敗する

社会人一年目の人は、失敗に対して恐れてしまう傾向がありますが、失敗は新人だからこそできる特権のようなものです。当然仕事で失敗すると怒られますが、失敗することに恐れていれば、何もできなくなり仕事を辞めたいと思ってしまいます。その為何度失敗しても、気持ちを入れ替えてどんどん失敗したほうがいいのです。失敗することは当然であり、社会人一年目の人には失敗することを許されているのです。失敗をするからこそ、仕事を覚えることもあるのです。

信頼できる先輩や上司に一度相談することも大切

どうしても仕事を辞めたいと思ってしまうと、一人で考えてしまいがちですが、信頼できる人に相談することも大切です。社会人一年目の人の中には、辞めたいと思ってもただ我慢する人もいますが、我慢しているだけでは、仕事を楽しいと感じられないのであなたの為にはならないはずです。同じ社内に信頼できる上司や先輩がいた時は、その人に一度相談するのもいいですし、もしいないのであれば友人や家族、同期などでも良いので一度相談したほうがいいです。そういった人に相談することで、親身になって考えてくれたり、自分にとって良いアドバイスをもらえる事もあります。社会人一年目は誰にでも通る道で、その経験者の先輩や上司なども同じような悩みを抱えていたということもあるのです。

社会人一年目でも早く仕事を覚えるコツはないの?

社会人一年目となると、どうしても仕事ができない事から怒られてしまいがちです。しかしできるだけ早く仕事を覚えることで、そのようなこともなくなり、社会人一年目から仕事を楽しいと思えてくるはずです。こちらでは社会人一年目の人でも、早く仕事を覚えるちょっとしたコツを紹介していきますので、無駄に怒られることをなくすためにもチェックしておきましょう。

仕事でわからないことがあったらすぐに聞く

仕事がわからない時に聞くのは当たり前のことですが、質問や意見ができる雰囲気ではないという理由などで、わからないときでも聞けない社会人一年目の人が多いです。そのままずるずると聞かないまま仕事をしていると、何年たっても仕事ができないままです。たとえ聞けない雰囲気だったとしても、勇気を振り絞って聞くことが大切なのです。わからない仕事を聞くということは、あなたにとって仕事を覚える近道でもあります。また聞く時のポイントとして、質問は分かりやすくまとめておいた方がいいですよ?

自分の考えを明確にしたうえで聞かないと、「何を聞きたいの」「もう一度考えてから質問して」などと言い返される可能性があるからです。学生の時であれば何を聞いても問題ないですが、社会に出ると利益を生み出さなければいけないので、上司や先輩などの大事な時間を可能な限り避けて、質問をまとめることが大切です。

ミスをできる限り少なくする為に何度も確認する

私も新人の頃は何度も仕事でミスをした経験がありますが、そのミスをできる限り少なくする為に、たとえ仕事が終わったとしても、何度も確認することが大切なのです。例えば何か書類を作成する時に、計算ミスや変換ミスなど、想像以上につまらないミスをしている可能性があります。

そんなミスを少しでもなくすために、何回も確認すると自分で気付く事ができます。新人の時からくだらないミスが多いと、「この程度の仕事もできない」と思われてしまい、チャンスを逃してしまうことも実際にあるのです。そうなってしまえば、仕事を覚えられないだけでなく、職場で自分の居場所までなくなることも考えられます。

また資料や書類の作成時に、ミスをできる限りなくすからといって、納期まで目いっぱい時間を使ってしまうと、確認する時間が無くなる恐れもあります。そのような事態を防ぐ為にも、はじめは普通通り作成して、確認に時間をかけることが大切です。

いつでも明るく元気で仕事に接することも大事

明るく元気で仕事をするだけで、新社会人でも早く仕事を覚えれるの?と思うかもしれませんが、非常に大事なことです。仕事ができない人が、暗い顔をしながら仕事をしていたら、「仕事もできないのに機嫌悪いんだ」と怒られてしまい、周囲から見られる目線も厳しくなってしまいます。

そうなってしまうと、職場で相手にされなくなり、仕事を覚えるどころか会社に居場所がなくなってしまうことが考えられます。明るく元気でいるのはなかなか難しいかもしれませんが、元気で仕事に接することで、上司や先輩たちからも可愛がられ、色々仕事を教えてもらうことができるのです。

社会人一年目の人はどうやって貯金を貯めればいいの?

社会人一年目でも、平均月収は20万ほどで、年収はボーナスを合わせると300万程度あります。普通なら貯金できる収入ですが、基本的に一度社会に出ると、先輩や上司などと付き合いが増えてきます。飲みになど誘われた時に安い給料だからといって、断っていると仕事にも支障をきたすこともあるので、なかなか断りにくいのが現実です。しかしそんな飲み会などに毎日付き合いで行った場合、貯金ができない人がほとんどです。新社会人だからといっても一人で生活できるくらいの収入があっても、様々な理由からお金を貯められないという人も実際に多いです。そのようなことになる前に、社会人一年目の時にどうすれば貯金ができるようになるとか、知っておく必要があります。

財形貯蓄制度や定期預金などを利用する

就職する会社によっても違いますが、財形貯蓄という制度があります。この制度は、自分の給料が出た時に自動的に別口座に振り込んで欲しいだけのお金を振り込んでくれるのです。例えば給料が入って貯金をする為に、2万円を別口座に移すという作業がなくなるとても便利な制度なのです。また会社に財形貯蓄制度がなくても、積立定期預金を利用すると、無理のない範囲で同じように貯金をスタートできます。このように給料が入ったら使ってしまう前に、貯金を取り分けておくことが大切なのです。

できるだけ食費を出さない為に自炊することを心がける

一人での生活が慣れない社会人一年目の人が貯金できない原因には、食費も意外に多いのです。ご飯を作るのが面倒で、コンビニや外食などを続けていると、当然それだけ食費がかかってしまいます。社会人一年目は仕事も大変なことから、料理する時間もないかもしれませんが、できるだけ自炊することを心がけることで、それだけ食費が安く済みその分貯金できるということです。

あらかじめ安い家賃の所を探しておくことも大切

はじめて社会に出る前には、あらかじめ安い家賃の所を探しておくことも大切ですよ?私も実際にそうでしたが一人暮らしの貯金で、悩まされるのが家賃なのです。それが都心であれば家賃だけで、9万以上する物件も多いです。そんな家賃が高いところに住んでしまったら、家賃の下敷きになってしまい、貯金ができる余裕がなくなってしまいます。その為、住む家を決める段階で、あらかじめ安い家賃の物件を探しておいたほうがいいのです。

衝動買いをしないようにして、少しでも貯金にまわす

社会人一年目であれば、右も左もわからない状態で仕事をしていくと、どうしてもストレスが溜まってしまいます。そのストレスを発散する為に、衝動買いする傾向があります。特に流行りに敏感な女性に多く、衝動買いをしてしまうと貯金ができない所か、あっという間にお金が無くなってしまうのです。

そうならない為に、たとえストレスを発散する為だからといっても、衝動買いをしないようにして、そのお金を少しでも貯金にまわしたほうがいいのです。人それぞれストレスの発散方法は違いますが、お金をかけない発散方法を見つけ出すことが大切です。

まとめ

社会人になって一年目の年は、初めて見る環境で仕事をしていかなければいけない年でもあり、色々なことが慣れない事ばかりで、仕事でも怒られてばかりで辛くなり、辞めたいと思う人も実際に多いです。しかし社会に出るということは、それだけ辛いことばかりですが、社会人一年目の年は誰もが通ってきた道でもあります。そこで諦めて仕事を辞めてしまうと、きっとあなたの為にはならないはずです。また社会人になるとこれからの不安から、貯金を考えてしまうこともありますが、付き合いなどでいらない出費が重なり貯金ができないという人も中にはいます。

しかし社会人一年目から貯金癖をつけておくと、節約すること自体抵抗がなくなり、難なく貯金できるようになったという人も実際にいるのです。しかしお金はあくまでも使うものですので、無理な節約をせずに、できる範囲内で取り組んで、将来を考えることが大切だと私は思っています。

あわせて読みたい!