キャリアプラン

現実的な目標設定で夢を掴む!上手いキャリアプランの立て方!

これから先の自分自身の仕事や人生のことに思い悩んでいる方は多くいらっしゃると思います。現状を踏まえて自分の夢を描きこれから先の道筋をしっかりと立てていくことにより、充実した日々を送ることができるようになります。

そこで今回は、現実的な目標設定で自分自身の夢を掴むための上手なキャリアプランの立て方を紹介していきます。たった一度きりの人生を後悔しないように、自分自身の夢に向かって一歩ずつ進めるキャリアプランを考えていきましょう。

キャリアプランを立てることのメリットとは何か?

まずはキャリアプランを立てることによるメリットを紹介していきます。目標を達成するためには現実的な計画が無ければ達成することはできません。

現状の仕事が辛かったり不満を感じていたりして色々と悩んでいる方は多いと思いますが、そんな現状を打破するためには、キャリアプランを立てることは解決策の一つになります。

将来の夢やその夢に向かって目標を設定することで、現状の問題を解決させる考え方が生まれるかもしれません。

将来の目標設定が今の仕事にモチベーションをもたらす!

キャリアプランを立てることによるメリットは、長期的な目標を立てることによって自分の進むべき道が定まり、仕事に対するモチベーションが上がることです。

キャリアプランを立てるためには自分が何をやりたいのかをしっかりと考えることになりますので、仕事における知識や能力が不足している点が明確になり、資格の取得や勉強そして経験を積むこと等「自分は何をすべきなのか」という点がはっきりするのです。

今まで惰性で働いていた方でも、キャリアプランを立て目標に向かって主体的に仕事に取り組むことができるようになれば、仕事のモチベーションも持続していくことでしょう。

理想と現実を考慮したキャリアプランの立て方とは何か?

次は理想と現実を考慮したキャリアプランの立て方を説明していきます。素晴らしいキャリアプランが出来上がったとしても、自分自身がそのキャリアプランに沿って実行していかなければ意味がありません。

ポイントとしては自分自身が立てたキャリアプランに対応していけるかということです。現状の自分の能力や性格等を考慮し「頑張ればきっとたどり着ける!」と思えるようなキャリアプランになるように熟慮を重ねて立てていくことが大切です。

過去の経験や行動を振り返り自分自身を再確認する!

まずは今までの人生を振り返ってみることからはじめましょう。社会人になってからのことだけでなく小学校時代から等自分の記憶がある限りの過去からの経験や行動を思い出し、成功体験や失敗体験を振り返り、いつどんなことに取組みどんな目標を立てたか、そして成功や失敗の要因等を詳しく書き出してみましょう。

また、小学校・中学校・高校・大学・社会人という単位で楽しかったことや充実していたことを思い出し詳しく書き出してみましょう。更には当時の趣味や関心事なども併せて思い出してみましょう。

過去を振り返ってみることで、自分はどんなことに関心がありどんなことを大切にしてそしてどんな考えで人生を歩んできたのかが見えてくるはずです。

今の自分の誇れる能力等の「強味」と「弱味」を把握する!

これまでの自分自身の人生の歩みを再確認したら、次は自分自身の強味と弱味を把握しましょう。過去を振り返ることで自分自身が見えてきたはずなので、過去の事案から自分を自己分析してみましょう。

例えば、「一から創り上げることは苦手だが既存のものを改良することは得意だ」といった自分自身の特徴が見えてくるはずです。

その上で、自分自身の強味である能力が客観的に見てどの程度評価されるものなのかを考えてみましょう。明確に数値化できるものではないため「この能力はこの仕事に活かせそうだ!」という想定をしていくだけで構いません。

強味と弱味を把握することによって、自分にとって本当に向いている仕事が見えてきます。

3年・5年・10年後の将来の自分を段階的にイメージする!

「将来自分はどんな仕事をしていたいか」、「どこに住みたいか」「何を手に入れたいか」といった将来の理想の自分をイメージしていきましょう。そして自分がイメージする最終形になるためにはどのようなステップを踏めばよいかを逆算して3年・5年・10年というように段階的にイメージしていきましょう。

例えば「10年後地元に戻り飲食店を経営する!」と考えるのであれば、「5年後には今の会社で実績を残しその傍ら経営の勉強を始める。開店資金の半分である500万円の貯金ができている。」、「3年後部長に昇進し年収は500万円以上になっている、会社を立ち上げる資金を200万円貯める!」といったより具体的なイメージを段階的に立てていきます。

理想の自分を実現するための効率的な方法を考える!

将来の理想の自分をイメージしたら、今の自分と何が違うのかを考えていきましょう。そして将来の自分とのギャップを埋めるためには、いつまでに何をすればいいのかを具体的に考えていくのです。

まずは3年後の自分のイメージを実現するための行動計画を立てていきましょう。

先に挙げた例である「3年後部長に昇進し年収は500万円以上になっている、会社を立ち上げる資金を200万円貯める!」で考えると、まず今の会社で部長に昇進するために必要な資格や条件を把握し、その資格や条件をクリアするための日々の行動を考えていくことになります。また、3年後に200万円を貯めるための副業を開始したり節約をしたりといったやるべき具体的な取り組みが見えてきます。

3年後までの行動計画が定まれば、5年後、10年後も同様に考えていきましょう。

絵に描いた餅にならない!現実的な行動計画を立てる!

行動計画を立てたらあとは実行するのみです。「絵に描いた餅」にならないように計画をしっかりと実行でき行動を定着させ習慣化していけるような計画を立てることが何より大切なポイントです。

だからこそ、計画に無理がないか理想と現実がかけ離れていないかをよく考えてみましょう。計画に多少の「背伸び」は必要ですが、心が折れてしまうような厳しい計画では意味がありません。一度立てた計画を再度確認し、頑張れば実現可能な計画であることを充分にチェックしてから行動に移すようにしましょう。

また時代の流れに応じて理想の自分が変化していくことも考えられます。当初の計画にこだわりすぎずに微調整をしながら計画を実行していける柔軟性を持つようにしましょう。

キャリアプランをより現実的にするためのポイントとは?

キャリアプランをより現実的にするためのポイントをいくつか紹介していきます。キャリアプランは、3年・5年・10年といった長期に渡りますので、キャリアプランを立てるにあたって、自分自身のライフスタイルの変化も考慮しなければなりません。

例えば、キャリアプランの中で仕事を懸命に頑張らなければならない時期に結婚や育児といったライフスタイルの変化が求められるイベントが入ってしまうと、描いた計画が思うように進まないこともあるでしょう。

また、「だいたいこんな感じだろう」という気持ちで自分の夢や希望をキャリアプランに充分に反映させなければ、モチベーションが上がらずに計画が進まないことも考えられます。

キャリアプランをより現実的にすることによって自分自身の夢に近づく可能性がより高まります。

結婚や育児等のライフプランも一緒にイメージする!

将来のキャリアプランを考えるときに気を付けるべきことはライフスタイルの変化です。結婚や育児等自分に関わる周囲の状況の変化によりライフスタイルは変化していくものです。奥様や子供の都合に合わせて生きていかなくてはならない状況も充分に考えられます。

そこで、キャリアプランと並行してライフプランも一緒にイメージしていくことをおすすめします。家族や恋人等の人生を一緒に歩んでいく人の意見も参考にして具体的なライフプランを立てましょう。

もちろん計画通りに進まないことがほとんどかもしれませんが、キャリアプランやライフプランにおいて自分の目指すべき道がしっかりと定められていれば、順序や時期が変わろうとも目標達成に向けた有効な努力ができるのです。

自分に嘘をつかない!本当になりたい自分とは何かを考える!

キャリアプランやライフプランをなかなか具体的にイメージしにくいと思う方もいらっしゃると思いますが、そんなときは「モチベーションが上がる自分」をイメージしてみましょう。

キャリアプランやライフプランを思い浮かべモチベーションが上がるプランこそ「本当になりたい自分」なのです。他人と比較したり一般的に素晴らしいと言われる計画でも自分自身が納得していなかったり魅力を感じなければ上手なプランとは言えません。

自分自身のモチベーションを持続させ活き活きと仕事ができるようなキャリアプランを立てるためには、「自分への嘘」は禁物なのです。

まとめ

今あなた自身が仕事で悩んでいることや辛いことを考えてみましょう。悩みや辛いことが将来のキャリアプランに関わることであれば、将来の夢や成功した自分をイメージし乗り越える方法を考えることが大切です。

しかし、キャリアプランには影響しない悩みや辛い仕事であれば、無理に頑張りストレスを抱える必要はありません。明確なキャリアプランが立てられれば、自分自身のキャリアプランに直結するような努力や行動を見極めることができるようになるのです。

キャリアプランを考えるということは自分自身の生き方を考えるということです。自分自身がどう生きていきたいかをしっかりと考えて行動していくことによって、あなたに人生はより良い方向に向かっていくはずです。

あわせて読みたい!