キャリアプラン

ルーチンワークの職業が楽!転職したい男性におススメの仕事4選

あなたは、今の仕事に満足していますか?

仕事には慣れて来たものの、「なかなか仕事がうまくいかない…」「自分にはこの仕事向いてないかも…」などと考えたこと、一度はあるのではないでしょうか。

このように今の仕事に不満や辛さを感じ、転職を考えている人は少なくありません。

そんな転職を考えている人たちにぜひおすすめしたい、「ルーチンワーク」にに関する仕事を紹介します。

ルーチンワークの意味・ルーチンワークに向いている人・代表的な4つの職業についてまとめています。ぜひこの記事を読んで、ルーチンワークが中心の仕事への転職を成功させましょう。

ルーチンワークってどんな意味?手順がパターン化された仕事!

そもそも「ルーチンワーク」ってどういう意味かご存知ですか?

「ルーチン」や「ルーティン」は一時、テレビやラジオで聞かない日は無いほど、様々なメディアで使用されていたフレーズです。

「ルーチン」という言葉には、「日常」や「日課」と意味があり、それを「ワーク(仕事)」と重ねると、「決まりきった仕事」や「繰り返し同じことを行う作業」という意味になります。つまり、毎日決まった内容の業務をこなす“流れ作業”では、仕事そのものがルーチンワークということです。

経理で毎日同じ計算業務があるのならルーチンワーク、製造業で日々同じ製品を作っているのならまたそれもルーチンワークということです。

というように、日々の業務内で知らず知らずのうちにルーチンワークは実践されており、大きな仕事を支える「縁の下の力持ち」のような要素を兼ね備えているのがルーチンワークという訳です。

ルーチンワークの職業に向いているのはどんな人?

“ルーチンワーク=繰り返し行う作業”とご説明しましたが、一体どんな人がルーチンワークに向いているのでしょう?ここでは3つの特徴でご紹介しています。ぜひご自身に重ね合わせて確認してみて下さい。

同じこと繰り返す業務でも苦にならない!集中力がある人

ルーチンワークは集中力に長けている人が向いている仕事だと言えます。毎日同じことを繰り返すのですから、非常に高度な集中力が求められてきます。

つまり、毎日同じことを繰り返す業務とどれだけ真面目に集中力を持って向き合えるかが勝負なのです。

きっと、これを苦だと感じる人は大勢いるかもしれません。しかし、ルーチンワークがなければ大きな仕事は成り立たないのです。

そんなルーチンワークをこなせる人こそ重要な“人財”であり、我こそは!という方はぜひ、思い切って転職してみるといいでしょう。

飽きっぽい人は難しい!根気と忍耐力が必要な仕事

ルーチンワークは集中力とともに、根気と忍耐力も必要不可欠です。

毎日決められた仕事を続けるわけですから、並大抵の気力では務まりません。特に、飽きっぽい性格の人には窮屈に感じるかもしれません。

なので、普段の生活から、毎日決まった時間に起きて、決まった時間に寝るといったような生活のリズムが整っている人には大変向いている仕事と言えます。

このように、普段から根気と忍耐力がある人にはそれほど苦だと感じることもなく、むしろ楽だと考えられる仕事がルーチンワークということです。

洞察力のある人はルーチンワークがぴったり!

「洞察力とルーチンワークに何の関係があるの?」と思った方もいるのではないでしょうか。実は、洞察力とルーチンワークには密接な関係があるのです。

というのも、洞察力がある人は観察力がそもそも長けています。つまり、そのような人は客観的に物事を見ることができ、周りの空気もちゃんと読むことができるため、効率の良い無駄の少ない仕事をすることができます。

ルーチンワークは効率の良さが最も重視される仕事です。さらに、業務内容が決まった仕事なので、無駄なことはどんどん省いていかなければなりません。

そのため、洞察力があり、効率の良い仕事ができる人こそルーチンワークに向いており、良い仕事ぶりを発揮することができるでしょう。

転職を考える男性におすすめのルーチンワークの職業4選

ここまで読み進めて頂いて、

「ルーチンワーク楽しそう」、「もしかして自分はルーチンワークに向いているかもしれない」

と思ったあなた!ルーチンワークに向いているかもしれませんよ。

以下ではルーチンワークに転職を考える方にオススメの職種を4つご紹介します。

ぜひ、ご自身に合った職種や、興味のある職業を見つけて、これを機に転職を成功させましょう。

工場勤務でルーチンワーク!集中して働ける環境

工場勤務はルーチンワークの集大成です。

仕事のほとんどが流れ作業になっており、毎日黙々とほぼ一人作業で、何百個や何千個の同じ製品を作るのが主な業務内容。

毎日同じことを繰り返すだけですが、流れ作業のため、少しでもミスしてしまうとラインに影響が出てしまい、工場全体の生産性ダウンにつながりかねません。

そのため、かなりの集中力と職人技が問われる仕事です。ですが、その分大きなやりがいもあり、ルーチンワークが向いている人にとっては楽しく働ける職種なのではないでしょうか。

既存の顧客をメインに対応するので楽!ルート営業

ルート営業とは、新しくお客様を開拓していかなければならない「一般営業」とは違い、既存の顧客を相手に営業する職種のことを言います。

そのため、会社側からの対応マニュアルがあることも多く、気兼ねすることなく営業に集中することができます。

しかし、ルート営業は長年の会社の顧客を相手に営業するため、失礼の無いよう、清潔な身だしなみや十分な気配りなど、会社に恥じない仕事ぶりが求められます。

なので、顧客だからといって油断は禁物。マニュアル通りの対応を完璧にこなし、少しのプラスアルファを意識すれば、かなり良い仕事をすることができる業界です。

経理や会計の仕事も基本作業はルーチンワーク

もしかすると、あなたの会社の随所にも、ルーチンワークが隠れているかもしれませんよ。毎日の会計処理などの事務作業、1日の終わりに行う締め作業もルーチンワークの一つなのです。

会社のルーチンワークをどんどんこなし、転職前のスキルアップにつなげてみるのも得策かもしれません。

スキルアップを感じたら、勇気を出して転職を!経理や会計を行っている企業へ転職すれば、かなり重宝される人材になれるかもしれませんよ。

IT業界で重要な仕事!監視オペレーション業務

IT企業と聞いたら、「難しそうだな……」「未経験では無理なのかな……」と考えてしまい、避けてしまう人も多いでしょう。

しかし、「ITって何だかかっこいい!」「やってみたい!」といったような意見も多くみられます。そんなIT企業を支える、「監視オペレーション業務」という仕事をご存知ですか?

主な仕事内容としては、システムの運行状況を監視し、定刻にオペレーションをするというもので、典型的なルーチンワークだと言えます。

しかも、システムの監視をするという、知識もいらなければ経験もいらない仕事なので、未経験から始めることができ、転職にはもってこいです。ぜひこの機会に、憧れのIT企業への転職を考えてみてもいいかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?この記事では、

「ルーチンワークってどんな意味?手順がパターン化された仕事!」

「ルーチンワークの職業に向いているのはどんな人?」

「転職を考える男性にオススメのルーチンワークの職業4選」

の、3つのカテゴリーでご紹介しました。

ルーチンワークは、真面目で集中力があり、基本的に一人で黙々と仕事をこなすのが好きな人には非常におすすめ。自分の世界に入って淡々と時間が進んで行くので、終わった時には大きな達成感が得られる職種なのではないでしょうか。また、自分の頑張りに見合った評価が顕著に現れるのも、ルーチンワークの魅力の一つです。

この記事をきっかけに、少しでもルーチンワークへの転職の手助けになれれば幸いです。

こちらの記事では、転職を行う際のポイントや成功の秘訣を紹介しておりますので、ぜひ併せてご覧ください!

あわせて読みたい!