キャリアプラン

40代で仕事ができないと悩む男性に!おすすめの転職先4選

同僚は出世していくのに、自分一人だけ平社員。毎日会社で「仕事ができない」と言われ続けている…そんな状態で悩んでいるなら、転職を視野に入れて活動してみましょう。

仕事ができていないのは自分のせいだけとは限りません。客観的な目で自分を見つめて適職を探しだし、今より活躍できる場を探したほうが早いかもしれないのです。

40代になると転職市場は選択肢が狭くなっていきますので、思い立ったらすぐにでも動き出しましょう。「仕事ができない」と言われる場所に行くのは非常につらいことですから、少しでも早いほうが良いのは間違いありません。

転職で生活スタイルを変える場合は家族にも影響が出ますので、動き出すタイミングは逃さないようにしてください。

仕事ができないと悩む40代のアナタへ!転職して心機一転やり直そう

「自分は仕事ができない」。

そんな風に自分のことを責めている人は決して少なくはありません。周囲の出世や同級生のお金事情を聞いて、自分との差が気になってしまう人もいるでしょう。

40代になれば家族ができたり車を持ったりして今までよりお金が必要な場面も増えてきますから、出世を望む人も増えてくるはずです。

そんな中、いつまでも「自分は仕事ができない」「人より出世が遅い」と嘆いていても仕方がありません。仕事ができていないのは自分のせいだけとは限りませんし、環境を変えることでよい方向に行くことも珍しくないのです。

今の仕事がベストと感じていないなら、環境を変えるために転職してみるのも一つの方法ととらえ、新たな可能性を求めて動き出しましょう。

よく考えてみよう!今の仕事で力が発揮できない理由は何?

まずは今の仕事ができていない理由、自分の力が発揮できていない理由を突き止めましょう。ほとんどの場合で理由は一つではなく、さまざまなことが組み合わさって「仕事ができない状態」になっているはずです。

自分のことを振り返るのは辛い作業でもありますが、ここをクリアにすると必ず先が見えてきます。同じ失敗を繰り返さないためにも、今の仕事ができていない理由は明確にしておきましょう。

仕事ができないのは自分の適性や才能に合っていないため

就職活動をしてなんとなく受かったところに就職した人、人から紹介された仕事についている人。そういった人に多いのが「仕事内容と自分の適性のミスマッチ」です。適正や才能と仕事内容をマッチングさせていないと、質の高い仕事は難しいものです。

例えば、体を動かすことが好きで力仕事が得意な人がデスクワークについていたら、それはミスマッチと言ってよいでしょう。

動き回りながら仕事をしたほうが能力を発揮できるので、外回りの仕事や車の運転手の仕事についたほうが気持ちよく働けるはずです。そのほうが仕事に対するストレスも少なくなり、会社への貢献度も高くなります。こういったミスマッチが「仕事ができない」という評価につながりやすくなるのです。

ここまで分かりやすいミスマッチじゃなくても、仕事と自分の適性があっていないことは珍しくはありません。今の仕事内容と自分が得意なこと、やりたいことを丁寧に紙に書き出して、合わない部分を探してください。ミスマッチが多いほど、その仕事が自分にあっていないということです。

人間関係がよくないため精神的にダメージを受けている

仕事の悩みの中で少なくないのが人間関係の悩みです。どの職場でも人間関係の悩みはあると言われますが、悩みの度合いは人によって大きく異なります。

上司と気が合わない、同僚と仲良くできないなど、人間関係の悩みが多いと精神的なダメージが大きくなって仕事どころではなくなります。仕事ができない状態になってしまうのも無理はないのです。

そして人間関係が良好ではない場合、自分の成果や実績を正しく評価されていない場合もあります。上司と仲が悪く査定を低くされたり、とにかく仕事ができないと言われ続けたり、理不尽な仕打ちを受けていることも珍しくはありません。人間関係はあらゆる場面で仕事に影響を及ぼしています。

やりがいがないため集中力に欠けてミスが多くなっている

仕事には多少なりともやりがいを見つけたいものです。やりがいはプレッシャーやストレスになることもありますが、適度なストレスは心地よさにもつながりますし、やる気を後押ししてくれるのです。上司からの期待や目標の設定もやりがいにつながる大切な要素です。

もし今の仕事が「難しくはないけど、目標がなく上司からも期待されない」という状態ならモチベーションが上がってこないでしょう。仕事に対する姿勢も自然といい加減になり、ミスを多発しても不思議ではない状態です。

誰かにありがとうと言われるわけでもなく、やりたいことができているわけでもなく…そんな「やりがいのなさ」も集中力の欠如やミスにつながりやすい要素です。

仕事ができないと悩む男性必見!40代でも転職できる4つの職業は?

40代になると就職の間口はどうしても狭くなってきます。40代の転職で大企業に入ることができるのは、そうとうな実力がある人だけと言っても過言ではありません。

ミスマッチを解消して転職するなら、大企業への転職や収入の大幅増加など、現実的でない望みはいったん捨てましょう。得意なこと、好きなことを仕事とマッチングさせて、新しい環境でストレスの少ない仕事をしていくのがおすすめです。

45歳未満なら農業次世代人材投資資金をゲットして脱サラ農業がおすすめ!

体を動かすのが好きな人や田舎好きな人、自然に囲まれて暮らしたいという望みを持っている人なら、脱サラ農業がおすすめです。今まで農業とは無縁だった人も心配ありません。日本政府は新たに農業を始めたいという人を後押ししており、「農業次世代人材投資資金」という給付金制度を利用しながら農業を始められるのです。

農業次世代人材投資資金が給付されるのは、原則45歳まで。研修を受けて農業技術や経営ノウハウを学びながら起業する「準備型」は最大2年間、すぐに農業を始められる人をサポートする「経営開始型」は最大5年間、年間150万円の給付金がうけられる制度です。

実家が農家でなくても農業に従事することが可能になりますし、自然が好きな人にとってはこの上ない環境の中で働けます。

介護職で未経験から初めてキャリアアップを目指す

介護業界は慢性的な人不足に悩む業界の一つです。そのため40代でも転職しやすい業界と言えます。男性・女性問わずどの地域でも募集があり未経験でも始められますから、転職のハードルは他の業界と比べれば高くはありません。

福祉関連の仕事には社会福祉士、介護福祉士などキャリアアップに役立つ資格もたくさんありますので、将来は資格取得を視野に入れながら仕事をするのが良いでしょう。

募集職種は介護士や訪問介護員が多いですが、介護施設のマネージャーや施設長といった、マネジメント職の募集もあります。今まで管理職の経験があるなら、マネジメント能力を活かせるかもしれません。

運転好きな人は自由度の高いタクシードライバーで稼ぐ!

運転が好きで体力がある人なら、タクシードライバーという転職もおすすめです。バブルがはじけた今、タクシードライバーで稼ぐなんて…と思われるかもしれませんが、やり方次第で固定客をつかめば、安定した稼ぎを得ることも決して難しくはないのです。

どうしても不安がある場合は個人ではなくタクシー会社への転職から考えましょう。タクシードライバーには高い運転能力だけではなく接客能力も求められます。人と話すのが苦にならず、運転が得意で体力に自信がある!そんな人に向いている業界と言えます。

自分で働き方を決める!知識と経験をいかしてフリーランスになる

自分の得意なことや知識を活かしたいなら、フリーランスになるというのも一つの方法です。今までの経験や知識、人より秀でていること、勉強が苦にならないことなどをひとつひとつ紙に書き出してみましょう。

広告マンだったなら広告制作会社を立ち上げてフリーランスとして活躍できますし、営業マンなら委託営業として活躍することもできます。以前の仕事で培った能力をすぐに活かすことができる、それがフリーランスの強みです。

また、今はさまざまな知識をお金に換えることができる時代です。自由な発想で仕事を生み出し、自力で稼いでいくというのも有効な転職方法として意識してみましょう。

まとめ

40代の転職は何かと不安がつきまとうものですが、決して無理なものではありません。人生をリセットするつもりで脱サラしたり、全く違う職についたりすることも十分可能なのです。

日本では40代という年齢がネックになると考えられていますが、海外ではいくつになっても転職は当たり前のこと。自分が心地よい居場所や職場を求めて積極的に動くのは、全員に与えられた権利なのです。

今の職場で仕事ができていないと感じているなら、思い切って転職活動を始めてください。転職活動を始めれば、人間関係のしがらみややりがいのない仕事から離れ、ストレスの少ない職場に出会えるかもしれません。

「現状を変えたい」と本気で思った時が動き始めるベストタイミングです。年齢を気にする前に、まずは転職市場を積極的な姿勢でのぞいてみましょう。

あわせて読みたい!