キャリアプラン

出不精に向いてる仕事3選!出不精を活かすヒントがここにあります

何となく外に出たくなかったり、人とあまり話したくなかったりといった「出不精」の方は私生活だけでなく、仕事においても大きな苦労をしています。

それは出勤するまでに使う交通機関におけるストレスであったり、会社で課せられる理不尽なノルマであったりとその苦労の形は千差万別であるでしょう。しかし、出不精な方の多くが願っているのは「出不精に向いている仕事はないのか」といった疑問なのではないでしょうか。

今回はそうした疑問にお答えするべく、出不精の方に向いている仕事やその理由・魅力などをご紹介させていただきます。

出不精と引きこもりの違いとは?出不精の特徴を紹介!

そもそも論にはなってしまいますが、出不精は引きこもりとは違うということを認識しておかなくてはなりません。おそらく出不精の方自身の気持ちとしては「全く出たくないわけではないから困っている」という気持ちがあるのではないでしょうか。

しかし、周囲は引きこもりと同じように考え、あまり相談に乗ってくれなかったり、「〇〇さんは引きこもりだから」とあしらったりと良いことは1つもありません。

出不精は自宅から出る際の物理的にも精神的にも邪魔をしてくる、「手間」のようなものによって出掛けるのが億劫になるだけなのではないでしょうか。この手間には交通手段の手間や、人間関係における手間などを含みます。

それらの手間を乗り越えるのが他の人よりもエネルギーを使うだけで、全く出たくないわけではなく、外に出ることで得られる刺激や交流にも興味はあるのです。

出不精に向いている3つの仕事とは?「自由でなければ」は思い込み?

それでは出不精の方がどういうものなのかわかったところで、実際にどのような仕事が出不精な性格にも向いているのかを3つご紹介していこうと思います。

このようなケースでよく紹介されるのは出社の有無も出勤時間の設定も自由といった仕事ですが、それよりは選択の余地は残しつつもある程度の縛りを設ける方が自分を律しながら上手に働くことができるのではないでしょうか。

もしくは自由な働き方ではありつつも、そのなかで自分を律する仕組みづくりや努力を続けることが大切です。どちらの働き方を優先するにしても出不精である自分と上手く付き合いながら仕事をする必要があるでしょう。

皆さんも自分自身の出不精と性格とを照らし合わせながら、どんな働き方が合っていそうかを考えてみましょう。

出不精に向いている仕事① 自宅から出ないと決める「在宅ワーク」

「在宅ワーク」はその名前の通り、基本的には家に居たまま働いてお金が得られる働き方です。その仕事は内職に代表されますが、現在はクラウドソーシングサービス等を介したライター仕事、デザイナー仕事なども広く流通するようになりました。

これらは副業の手段としても重宝されるようになり、現代の働き方改革をリードする働き方ともいえるのではないでしょうか。

最初は稼ぐのが難しいとされますが、軌道に乗れば会社員以上の収入を得ることも可能ですし、何より自分のペースで働くことが可能になります。

自宅から出ないことを前提として働くならばこれら在宅ワークがおすすめですし、自分の趣味・得意を仕事として深めていくことも可能になります。

出不精に向いている仕事② 行かなくては仕事にならない「自営業」

「自営業」の仕事は在宅ワークとは違って外に行かなくては仕事にならないことがほとんどです。もっとも自営業といってもその仕事内容は様々ですが、会社とは違って営業をするのも仕事をするのも自分なわけですから、否が応でも外に出る必要があるでしょう。

出不精の方によってはこうしたある種の制約や義務感によってこそ外に出る気持ちになれる方もいるのではないでしょうか。稼がなくては生きていくことができない以上、外に出て営業をかけなくてはなりません。

ただ、こうした制約や義務感は別にネガティブなものではありません。出不精の自分を奮い立たせるための活力剤のようなものと考えれば、その見方も変わってくるのではないでしょうか。どんどんと外に出てご自身のスキルを発揮しましょう。

出不精に向いている仕事③ 生活リズムが決まる「公務員」「金融機関」

「公務員」、「金融機関」などの仕事は生活リズムが決まっており、出不精の方でも働きやすさを感じることができるのではないでしょうか。

どちらも始業・終業時間が明確に設定されており、休日の設定も厳密に決められています。この生活リズムに則って日々を過ごせば問題なく働けるわけで、出不精の方でも家から出ることへの倦怠感を感じにくいといえるでしょう。

すでにご紹介した在宅ワークや自営業とは違い、自分でスケジュールを決められないという点では見劣りするのかもしれません。

しかし、見方を変えれば自分でスケジュールを管理する必要がないということでもあり、それに従って生活をすれば良いだけなので出不精のタイプによってはこの方が気持ち的にも楽なのではないでしょうか。

『物は言いよう』なのかもしれませんが、このように見方を変えながら自分に合ったメリットを見つけていくことはとても大事なことです。

「出たくない人の気持ち」がわかる 出不精は仕事に活かせるかもしれない?

家から出たくないという気持ちが誰よりもわかる出不精。その「出不精は仕事に活かせるかもしれない」ことを考えたことはありますでしょうか。

出不精がどうして出不精なのか、出不精はどういう部分にストレスを感じるのか、出不精は何を望んでいるのかなど、出不精の気持ちは出不精にしかわからないことも数多く存在しています。

ここではそうした出不精だからわかる気持ちを活かした仕事やスキルの使い方をご紹介していきましょう。

出不精を活かすヒント① 他人の「こういうことが面倒」を代行する

 

外に出るのが億劫だという気持ちを活かして代行サービスのお仕事で働くのも良いでしょう。

代行サービスにも色々ありますが、料理・掃除などを含めた家事代行サービスなどが一般的で、現在はインターネットを通して申し込み・お金の受け渡しができるようになっています。

連絡のやり取りが面倒だという方もこれらを使えば円滑なやり取りが行えるため、仕事だけに集中することができるのではないでしょうか。

また人が面倒だと感じている問題を解決してあげることはかなりのやり甲斐を感じられることでもあります。自分が感じている面倒さを逆手に取って働いてみてはいかがでしょうか。

出不精を活かすヒント② 他人の「こんなものがあったらな」を形にする

出不精な方は「こんなものがあったらな」という希望を人よりも多く気付ける傾向にあります。

この希望は自身を出不精にさせている原因を解決するための希望であり、出不精の方はもちろんのこと、それが実現すればおそらく世の中の多くの人が助かるような事柄です。

これを直接仕事に活かすのはかなり難しいことですが、もし希望を解決してくれるのが行政なのであれば、インターネットの意見投稿ページなどからその希望を送って見るようにしましょう。

すぐにその意見が取り入れられ問題が解決するかはわかりませんが、あなたのその地道な働きかけがこの世の中で生きる全ての方にとって住みよい街づくりをサポートするかもしれません。

出不精を活かすヒント③ 他人の「これが苦手」を解決する

他人が感じる「これが苦手」を理解・解決してあげられるのも出不精の持ち味かもしれません。たとえば「車の運転が苦手だけど、外食をとりたい、買い物をしたい」といった方に対しては、デリバリーなどの仕事で貢献してあげるととても喜ばれるでしょう。

また、出不精の方でも「歩いて出歩くのは苦手だが、車やバイクに乗るのは嫌いではない」という方もいるため、このような場合では需要と供給とが理想的な形で一致するといえそうです。

このように誰かの苦手を解決してあげることで、多くの人が自分の困難を助けあい乗り越えていくことができます。

また、デリバリーといった仕事でなくとも、自分と同じ出不精な方達と交流しながら日々を生き抜く知恵やノウハウを交換してみるのも良いのではないでしょうか。

SNSや掲示板などにも出不精に通ずる意見交換が日常的に行われていますので、ぜひ探してみてください。

まとめ

出不精の方はその性格から、仕事面でも私生活の面でも生きにくさを感じることがあります。

ただ、そうした仕事面での苦労は「在宅ワーク」、「自営業」、「公務員・金融機関」などのスタイルで働くことによって、自分を律したり、自分に余裕を持たせたりしながら上手に付き合っていくことが可能です。

また、私生活などで感じている苦労は逆にそれを仕事にしたり、同じように悩む出不精の方の力になったりすることで、ある程度昇華させていくことができるでしょう。

出不精は何も悪いことではありません。出不精は出不精なりに上手に生きていくことが可能ですし、それを活かした仕事やスキルを磨くことができるのです。

誰かにとって必要とされること、そして自分も誰かに助けを借りながら賢く堅実に生きていきましょう。

あわせて読みたい!