キャリアプラン

第二新卒の転職は厳しいのが現実!それでも転職できる4つの理由

会社に入ってまだ数年だけど、もう転職したい、そんな風に考えている方はいませんか?いわゆる第二新卒というのは、一般的に、学校を卒業後3年以内に転職する方をさすことが多い言葉です。

入社してしばらく働いてみたけど想像していた仕事と違っていた、社会人になって視野が拡がったことで別の仕事にチャレンジしてみたくなったなど、入社して数年で転職を考える方は、最近増えているんですよ。まだ経験も浅い状態のため、転職には厳しい面もありますが、第二新卒での転職というのは全く珍しいことではないのです。

昔は、一度会社に入社したら定年まで同じ会社で働くという考え方が多かったですが、どんどん状況は変わってきています。ただ、第二新卒で転職するには、新卒や中途の転職とは違う部分に注意をしないといけません。

第二新卒で転職を考えている方には、ぜひ知っておいて欲しいのでお伝えしますね。

第二新卒の転職は厳しい!新卒とは違う第二新卒の現状とは?

第二新卒は、新卒の時と比較すると、就職活動は少し難しくなります。新卒採用の時の、採用プロセスを思い出してみてください。

大企業から中小企業、そしてベンチャー企業まで様々な会社が説明会を何度も行い、学生の方に対して応募してくださいとアピールしていましたよね。面接のスケジュールやフローもある程度決まっているので、何社も同時並行でたくさん受けていくということが簡単にできる状態です。

一方で、第二新卒の求人というのは、新卒よりも数は少なくなります。また、新卒の場合はポテンシャルややる気を重視して採用をしてくれますが、第二新卒の場合はこれまでの経験やどうして転職したいのかなど、様々な要素を聞かれることになります。

第二新卒としての転職活動は決して甘くはないのが現状です。

第二新卒であっても前職の成果を問われてしまう

第二新卒というのは、新卒と名前がついてはいますが、実際には企業で数年間働いた経験を持っています。そのため、応募先の企業の面接官は、これまであなたがどのような仕事をしてきて、どのような成果をあげたのかという実績を聞いてきます。

ただ、入社して数年の場合は、なかなか仕事上での成果をあげることができていない場合が多いです。成果として話すことができる内容を全く思い浮かべることができないという方もいるかもしれません。

新卒の時に面接で答えていた、学生時代に頑張ったことなどは、転職活動の選考の場で聞かれることはあまりありません。あなたが社会人として、どういうスキルを持ち、どのような成果を挙げたのかということを問われることになります。

第二新卒の転職は厳しい!それでも転職できる4つの理由とは?

第二新卒の転職は、新卒の時のように、ポテンシャルやフレッシュさを前面に売りにすることはできません。その一方で、もう少し経験を積んだ中途の転職者と比較すると、経験やスキルが少なく、不利に見えやすいことがあります。

でも実は、第二新卒ならではの、転職しやすさというのがあるのです。第二新卒だから転職は難しいと諦めてしまう前に、どういう点が第二新卒では有利なのか押さえておきましょう。

あなたが思っているよりもスムーズに転職活動を進めていくことができますよ。

第二新卒は未経験の仕事にチャレンジすることができる

通常、社会に出て仕事の経験を積んだ後は、その経験を元に転職することになります。

例えば、営業の仕事を10年してきた方の場合、転職先は、同じ営業の仕事でキャリアアップできる企業を探します。中途で転職する際は、経験をもとに転職することができる一方で、未経験の仕事へ挑戦することはとても難しいです。

第二新卒の場合は、採用する企業も、応募者の経験が少ないことをよくわかっています。そのため、これまでの経験にあまりこだわらず、未経験の仕事でも採用してくれる可能性が十分にあります。

今の仕事が自分に合わないと感じているなら、早めに見切りをつけたほうがいいかもしれません。未経験の仕事にチャレンジしたいなら、第二新卒の今しかチャンスはありませんよ。

第二新卒は新卒や中途採用に比べてライバルが少ない

新卒採用は、大学を卒業して就職しようと考えている学生全員がライバルだったはずです。一つの企業の就職説明会に、何百人と人が殺到する光景をみたことがある方も多いのではないでしょうか。有名大学出身者や体育会で実績を残した学生と、競争するのは大変でしたよね。

また、中途採用の場合も、自分の希望に合った求人自体がそれほど多くないという状況に陥ることがよくあります。それにも関わらず、中途で転職をしたいという人はたくさんいるので、一つの枠をめぐっての競争はとても激しくなっています。

一方、第二新卒の場合は、入社数年というタイミングで転職しようとする人があまりいない状態です。また、これまでの経験にこだわらず幅広く応募することが可能なので、様々な求人にチャレンジすることができます。

新卒や中途と比べると、実はライバルが少ない状態なので、ねらい目なのですよ。

第二新卒は即戦力を求められない!ポジティブな転職理由にすれば通過する

第二新卒は経験が少ないため、企業側も、あなたが即戦力になれるかどうかを厳しくが判断することはしません。ある程度は、新卒採用のときと同じように、ポテンシャルをどのくらい持っているのかという可能性を考慮してもらえます。

そのときに大切になるのが、転職理由です。長時間労働がしんどくて転職したい、職場の上司とそりが合わなかったなどネガティブな理由ではなく、やりたいことを実現するために転職したいなど、ポジティブな理由を伝えるようにしましょう。

あなたの経験の少なさは、ポジティブな姿勢で補うことで、企業に対して好印象を与えることが可能です。

第二新卒専門の広告メディアを使うことができる

あなたは、第二新卒専門の広告メディアがあるのを知っていますか。第二新卒専門の広告メディアがあるほど、実は第二新卒向けの求人は様々なものが多く揃っているのです。第二新卒専門の広告メディアは、第二新卒の今しか利用することができません。

また、このような広告メディアで求人を出している企業は、はじめから第二新卒を採用したい、第二新卒に魅力を感じている状態です。第二新卒の転職は難しいこともあるとお伝えしましたが、求めてくれる企業に応募すればミスマッチを防ぐことが可能ですよ。

上手に第二新卒専門の広告メディアを活用することが、転職を成功させるためには重要になります。

第二新卒の転職で内定を得よう!エージェントとの出会いを大切にする

第二新卒で転職活動をしていると、うまくいかずに不安になることも多いと思います。本当に今の会社を辞めて大丈夫かな、やりたい仕事を見つけることができるかな、転職活動は誰でも不安になってしまうものです。

特に、第二新卒の場合は、転職活動自体が初めてなので、進め方が分からないこともたくさんでてきます。そんなときには、転職エージェントを上手に活用できると、不安や迷いなく転職活動を進めていくことができますよ。

エージェントに登録すると、あなたの転職活動をサポートする担当の方がついてくれます。どんな仕事に興味があるのか、どのような業界に進みたいと思っているのか、悩んでいることがあればどんなことでも相談に乗ってくれます。そして、あなたの考えを分かったうえで、あなたに合った求人を、エージェントの担当者が紹介してくれます。

自分では見ることができない非公開の求人の情報を、転職エージェントはたくさん持っているので、利用しないともったいないですよ。転職エージェントとの出会いを大切にすることで、あなたに合った会社を見つけることができ内定獲得につながっていきますよ。

まとめ

第二新卒は、スキルや経験が少ない状態での転職になるため、中途採用と比較すると転職には難しい側面があります。また、新卒の時のように、企業が大量に一括採用してくれるわけでもありません。

ただ、第二新卒の今だからこそ、未経験の職種にチャレンジすることが可能です。ポジティブな転職理由であれば、企業も前向きに採用を検討してくれますよ。また、第二新卒専門の広告メディアもあるので、求人がないと心配する必要もありません。

新卒や中途と比較すると、ライバルも少なめなのでねらい目です。初めての転職活動は不安になることも多いと思うので、転職エージェントを活用するとスムーズに転職活動をすすめていくことができますよ。

担当の方に何でも相談して、自分に合った求人を紹介してもらいましょう。エージェントとの出会いを大切にすれば、きっとあなたに合った企業と出会って内定を獲得することができますよ。

あわせて読みたい!