キャリアプラン

将来を描き魅せる!転職でのキャリアプラン活用術!

「仕事での経験や能力向上に関するこれからの目標についてどう考えていますか?」等仕事における将来の展望について転職の面接で質問されることが多々あります。「キャリアプランを立てる」ということは今後の人生における働き方を考えることはもちろん転職を成功させる上でもとても重要になりつつあります。

今回は、キャリアプランを活用して転職を成功させる方法をご紹介していきます。自分自身のしっかりとしたキャリアプランを持つことにより、面接での回答にも説得力が生まれ将来を見越して行動することができる人材であるという高い評価を得ることが可能になるのです。

転職を考慮したキャリアプランの作り方とは?

転職を意識してキャリアプランを作ることで、そのキャリアプランを職務経歴書等の転職の応募書類や面接等に取り入れて活かすことができます。

通常キャリアプランは、「最終到達地点」である職位や役職を定め、自分の目指すべき姿いわゆるキャリアビジョンを明確にして行動計画を立てていくことになります。

転職を考慮したキャリアプランの作り方としては、自分自身のキャリアプランに転職先の仕事を具体的に結び付けていくことがポイントになります。

「自分のキャリアプランを実現するためには、希望している企業でのどのような経験やスキルを磨くことが必要で、それが希望する企業の業績や発展にどのように貢献することができるのか」というように「自分にもそして企業にもメリットがある!」という相互利益が期待できるキャリアプランを作ることが大切です。

これまでを振り返り自分の現状を把握する!

キャリアプランを立てるためには、これまでを振り返り自分が行ってきた仕事の経験やスキルを「棚卸し」することで自分の現状を把握するところからはじめましょう。

この「棚卸し」をすることによって、自分にはどのような誇れる経験や能力があるのかを整理することができ、転職活動をする際に効果的な職務経歴書の記入にも役立ちます。

また「棚卸し」をする際は、様々な仕事をした時の仕事に対する自分自身の感じ方いわゆる「価値観」を考えながら自分の現状を把握していくことが重要です。仕事に対する自分自身の独自の価値観から、「こんな仕事をしたい!」や「仕事においてこの条件は譲れない!」といった転職に対する「自分のこだわり」もはっきりと見えてくるのです。

転職を想定した5年後の理想の自分を考える!

次に仕事を含めた自分自身が理想とするライフスタイルを考え、転職を想定した「なりたい自分」について検討してみましょう。まずは中期的な行動指針等を考えることを踏まえて5年後を想定します。「仕事を頑張って経験やスキルを向上させたい!」や「結婚して子供を作り仕事より家庭を第一に考えたい!」等働き方は人それぞれです。

プライベートよりも仕事を優先したいのか、希望する収入や将来どのくらいの役職に就いていたいのか、そしてどのようなスキルを身につけたいのか等が考えるポイントです。

「なりたい自分像」が変われば、転職先や仕事に対する考え方や仕事で目指す方向そして希望する転職先は大きく変化しますのでしっかりと考えて考えの軸を作りましょう。

理想を実現するために必要なことを考える!

自分自身の現状と「5年後のなりたい自分像」を明確にしたところで、今度は理想の自分になるために必要なスキルや時間や経験について考え、今できることから実際に行動に移していきましょう。

キャリアプランを実現させるためにはゴールだけを考えて終わりではなく、実際に行動するバイタリティが必要不可欠です。

考えるだけ考えて実行に移すことを後回しにする方は多くいらっしゃいますが、キャリアプランはいかに迅速に実行していくかということがとても重要です。行動に移した後にいくらでも軌道修正や見直しは可能なので、考えたらすぐに実行することを心掛けましょう。

キャリアプランを踏まえた面接での効果的な回答とは?

将来性をアピールし評価が上がる面接での回答方法として挙げられるのは「自分のキャリアプランを踏まえて話すこと」です。ポイントはキャリアプランに基づく面接での回答をより面接官から共感を得られる内容にすることです。

目標を高く設定することは大切なことですが、自分自身の今までの経験や現状の能力から考えて到底無理な回答では面接官から共感は得られず逆に評価を下げてしまう場合があります。

面接官の評価向上に繋がる回答にするためには、単なる「夢」ではなく「現実を考慮した夢」を設定し回答していくことが大切です。

経験を活かして転職先で実現可能なことを考えること!

職務経歴は面接官が人材を評価する一番の判断材料です。職務経歴から「この人にはこんな職務経験があるならこんな能力があるのではないか」と考え「この人は当社のこんな仕事ができるのではないか」等と大まかな想定をしているはずです。

そのため面接官はもちろん一般的な想定を超えるようなキャリアアップや能力向上の目標を設定しその考えを披露することは、信憑性が無く面接官からの共感が得られません。

共感を得られる回答にするためには、今までの職務経歴を踏まえて転職先で「現実的に」できることをしっかりと考慮し回答することが重要なのです。

面接でキャリアプランを語る上での注意点!

転職活動における面接でキャリアプランを語る場合の注意点について説明していきましょう。ポイントは「自分自身のキャリアプランが企業のためになることを面接官に理解してもらう」ということです。

面接官は「その人材が企業のために貢献できるかどうか」という点を評価の対象としています。自分にとって最適なキャリアプランを立てることはとても大切なことですが、「自分のことばかり考えず企業のこともしっかりと考えているか」という点が非常に大切です。

会社の利益や方針等を考慮しキャリアプランを立てる!

立派なキャリアプランが出来上がったとしましょう。しかし転職を希望する企業の業務や事業方針と合致しなければキャリアプランを人材の評価には繋げることはできません。

会社の利益や方針を考慮したうえでキャリアプランを検討し、自分自身と企業の双方に得のある関係を築ける可能性を示すことがポイントなのです。

当該企業のホームページや転職エージェントに登録している場合は担当キャリアコンサルタントから企業情報をしっかりと収集し事業内容等の「企業の考え方」に沿ったキャリアプランかどうかを担当キャリアコンサルタント等の「第三者」を交えてしっかりと確認することをおすすめします。

まとめ

今回ご紹介した内容をしっかりと理解しキャリアプランを立てて実行することにより、キャリアビジョンを明確にすることができるという本来のメリットだけでなく、キャリアプランを効果的に活用して企業へアピールできるといった転職活動に活かせるというメリットにもなります。

キャリアプランを立てるということは、今後の仕事における自身のスキルアップや実績等の希望を明確化するうえでとても大切なことです。そのキャリアプランに転職を希望する企業の仕事内容をしっかりとリンクさせ「私は企業に貢献できる人材です!」という強力なアピール材料にしていきましょう。

あわせて読みたい!