ビジネススキル

誰からも愛される自分になれる!気遣い気配り上手になる方法!

気遣いや気配りができる人は、周りの人の状況をしっかりと把握して対応できるので、物事をスムーズに進めることができますし周りから好感を持たれます。

仕事を円滑に進めるうえでも気遣いや気配りは大切であり「誰からも愛される存在」になるためには、気遣いや気配りができることは必要不可欠なのです。

誰からも好感が持たれ愛される自分になるために、今回ご紹介する気遣いと気配り上手になる方法をしっかりと習得していきましょう。

個人への「気遣い」と全体への「気配り」を理解する!

「気遣い」と「気配り」は似たような言葉ではありますがそれぞれに明確な意味があります。「気遣い」は特定の一人に対して気を遣うという意味です。それに対して「気配り」はその場にいる全体の人々に対して気を配るイメージで全体を見ながら一人一人の様子に気を配るという意味です。

「気遣い」と「気配り」はそれぞれちょっとしたニュアンスの違いはありますが、どちらも「相手の気持ちになって考え行動する」ということには変わりはありません。

気配りができる人はとても良い印象を持ちますし気遣いができる人と接するととても嬉しい気持ちになります。人のためを思う行動や対応は周りを温かく明るい雰囲気にさせてくれるのです。

気遣いや気配りができる人の考え方とは何か?

まずは気遣いや気配りができる人の考え方を通して気遣いや気配りを学んでいきましょう。気配りができる人は、「他人に興味を持つ」、「人の身になって考える」、「人から何かしてもらおうという気持ちを持たない」という3つの考え方を持っています。

気遣いや気配りが得意でないと感じている方は、自分自身の普段の行動を振り返り気遣いや気配りができる人の3つの考え方を取り入れ見直せる部分があるかどうかをしっかりと検討していきましょう。

気遣いや気配りは他人に興味を持つことからはじまる!

気遣いや気配りは「他人に興味を持つこと」からはじまります。自分のことしか考えられずに他人に興味が無い人は気遣いや気配りという考えは生まれません。

気遣いについては特定の人に対して「この人はどんな特徴があるんだろう?」といったことを考え観察し、相手に喜んでもらえることを考えることが気遣いの行動へと繋がっていきます。

また気配りについては、多くの人に対して「みんなにどんな行動や対応をすれば良い印象を持ってもらえるだろう?」と考え、一般的な気配りの方法等を学びながら行動することによって気配りが身についていきます。

気遣いや気配りは人の身になって考えること!

気遣いや気配りは相手の身になって相手に喜んでもらえるように行動することがポイントです。人の身になって考えるときのポイントは、まず「自分が他人にされたら嬉しいこと」を考えてみましょう。

気配りは一般的に人が喜ぶようなことを実行することですので、周りの人に「みんなのことを考えて行動してくれている」という気持ちになるような行動を心掛けましょう。

また、気遣いについては更に考えて行動することが必要です。気遣いで大切なことは「自分のことを思って行動してくれている」と特定の相手に思わせることなのです。気遣いは相手の性格や特徴をしっかりと捉え相手に合わせた対応が必要とされます。

「人に何かしてもらうことが当たり前」という考え方を捨てる!

気配りができない人の特徴は「人に何かしてもらうことが当たり前」という考え方を持っています。子供の頃甘やかされて育った子供は親が何でもやってくれると思ってしまいます。そのため他人に対して気遣いや気配りをしようという考え方自体が無いのです。

しかし人は環境によって行動や考え方が大きく変化します。社会人になり仕事をしていくうえでそして仕事の成果をあげるためには、周りの人の協力が必要不可欠になります。人間関係を良好にして仕事を円滑に進める上では気遣いや気配りといった精神を持つことは避けては通れないはずです。気遣いや気配りの重要性に早く気付くことは仕事の成果を上げるための近道にもなり得ます。

「みんなを大切にする!」気配り上手になる方法とは何か?

次は全体への気配り上手になる方法を紹介していきましょう。先述したように気配りとは、自分の周りにいる全ての人が対象になりますので、全体に好印象を与えられるような行動をとらなければなりません。

広い視野で物事を捉え、誰にでも偏りなく印象の良い対応ができるようにしっかりと気配り上手の習慣を身に着けていきましょう。気配り上手になる方法のポイントとしては、大勢の中の一人の対応として自分がされて嬉しい行動を心掛けることです。

周りにいる人全員に目を向け周りの状況を確認する!

気配りをする上で大切なことは、常に周りにいる人全員に目を向けることです。気配りは一人に対してではなく全員に対して自分からすすんで行動することなので周りにいる人全てに目を向けていなければなりません。

例えば、体調が悪い人がいれば「大丈夫?」と声を掛けたり、重い荷物を運んでいる人がいれば協力して運んであげれば気配りになります。

常に全体に目を向けることはとても大変です。だからこそ気配りができる人は好感を持たれ高く評価されるのです。慣れないうちは大変ですが習慣化することにより、大変だという気持ちは徐々に解消されてさりげない気配りを身につけることができるでしょう。

迷わずに自分から率先してみんなのために行動する!

気配り上手になるためには迷わずに自分から率先してみんなのために行動することです。

何かに気付き行動しようとしても何をしていいのか迷ったり恥ずかしさが出てしまったら行動することができません。気配りは行動することが大切なので、やるべき行動に迷うのであれば困っている人を見かけたらまず「何かお手伝いしましょうか?」等と声をかけてみましょう。「声をかける」という行動も立派な気配りになるのです。

また行動するときの恥ずかしさは捨てましょう。行動することによって恥ずかしいと思う気持ちに勝る充実感が得られるはずです。

人をランク付けしないで誰に対しても平等に対応する!

気配り上手な人は周りにいる人全員に平等に気配りをすることを重視しています。偉い人順にランク付けして人によって対応が変わる人は良く見かけますが、対応の変化は周りの人からはバレバレで印象も悪いはずです。

上下関係等は考えずに誰にでも気を配ることが気配り上手になるポイントなのです。気を配ることに関して上下関係は全く関係ありません。

誰に対しても平等に対応するための対策としては「誰に対しても丁寧に接する」ということです。人をランク付けしてしまう人は、普段の人との接し方も雑な場合が多いです。普段から誰に対しても丁寧に接することを心掛けていれば誰に対しても気を配れる人間になれるはずです。

「相手を大切にする!」気遣い上手になる方法とは何か?

「みんな」を大切にする行動を心掛ける気配りに対して、気遣いは、「特定の相手」に対して心配することや思いやることを行動で表すことになります。

気遣い上手になる方法のポイントとしては、誰もが喜ぶ行動を前提として更に様々な状況や場面で特定の相手が喜ぶような行動を心掛けることです。

「あの人から受けたあの対応は嬉しかった」といった何気なく受けたことがある友人や家族そして会社の同僚などからの気遣いの行動を思い出し、自分自身の行動の参考にすることも気遣い上手になるためには効果的です。

レスポンスは迅速に!とにかくすぐに行動する!

相手からの問いかけ等に対するレスポンスを迅速に行うことは相手を気遣うということにおいて大切なことです。自分からの反応を「待っている」という状態は長引けば長引くほど相手にストレスを与えてしまいます。

電話やメールの返信や依頼されたことへの対応は迅速に行うことを心掛けましょう。また相手にレスポンスを返すときにおいては、自分からの心遣いをより一層感じてもらうための「一手間」も大切です。

電話やメールであれば「お忙しいところすみません」や「体調にお気を付けください」等の相手を思いやる言葉を添えたりすることにより好感度は更に上がることでしょう。

様々な場面で相手の身になって考え行動する!

気遣いができる人は相手の立場になって物事を考え行動できる人です。相手の身になって考え行動するためには、「自分が相手の立場だったら」ということを想像することからはじめてみましょう。

自分だったらどう思うか、どうして欲しいのかを常に考えることを習慣化することにより、いつでも臨機応変に気遣いができる人になれるのです。

例えば、宴会の席で相手の料理の皿やグラスの飽きをチェックし食べ物や飲み物に不足が無いかを確認したりすすんでお酌をしたり翌日にお礼を言ったり等の気遣いがさりげなくできれば心遣いができる人という認識を持たれあなたの印象は良くなることでしょう。

まとめ

「気遣い」や「気配り」は他人への思いやりや心配する気持ちからはじまります。人は一人では生きていけませんしどんな仕事でも必ず様々な人との関りがあって成り立っているということをしっかりと理解しましょう。

人との関りを大切にするうえで気遣いや気配りといった人を大切にするという行動は、人間関係を良好にさせることにより仕事の成果をより良い方向に導いてくれる可能性が高まります。仕事の成果の向上は良好な人間関係から生まれることがほとんどです。

気遣いや気配りが苦手な方は、誰からも愛される自分になれるようにまずは他人に関心を持つことからはじめてみましょう。他人への「気遣い」や「気配り」を意識できるようになれば、普段の行動も少しずつ変化していくことでしょう。

あわせて読みたい!