ビジネススキル

【またやっちゃった】詰めの甘さを克服するための対策法を紹介!

仕事において詰めが甘い人は、ここぞという時に凡ミスをしてしまいがちです。頑張って資料を作ったつもりでいても抜けている箇所が複数あったり、適当な情報を詰め込んでしまう人は少なくありません。

大事なプロジェクトを任されたにも関わらず、平気でミスを犯してしまうような人は注意が必要です。「こんな性格をどうにか治したい!」そう思っている人も沢山いるでしょう。そこで、不用心な性格を改善するための対策方法を紹介します。

キャリアアップしたい社会人は詰めの甘さを克服すべき

今の仕事でどんどん成長していきたい!そんな風に思っている人は、軽率な性格を早めに修正した方が良いでしょう。時にミスを犯してしまうことは仕方のないことです。しかし、何度も同じミスを繰り返してしまうなら自分の行動や思考を見直す必要があります。

キャリアアップを目指している人の中で、結果を残す人とそうでない人の違いは明確です。何を優先するべきか。そして仕事が完了した後は細部までミスがないか確認します。確実な成果を上げられる人は、それなりの対応をしているものです。

詰めの甘さが目立つ人は、作業が完了した後のチェックをしなかったり、他のことに気を取られたりする人が多いです。表面的なことはできているにも関わらず、細部にミスが多ければキャリアアップする機会を逃してしまいます。これは非常にもったいないことですね。

詰めの甘さが目立つ人に共通する特徴

詰めの甘い人には、共通する特徴があります。最後の最後まで突き詰めることが苦手な人は、責任感のない人間という印象を持たれてしまうことも少なくありません。上司から言われた大事な仕事も小さなミスを繰り返して信頼を欠いてしまうことも…

自分では完璧と思っていても、他の社員にミスを指摘されてしまう。そんな人は自分の価値観を見直すことで、不利に働いている性格に気づくことができるでしょう。ここからは、爪の甘さが目立つ人に共通する特徴を紹介します。

いつでも極度にポジティブ思考な人

楽観的でいつでもポジティブな人は、小さなミスをしてしまうことが多々あります。前向きな性格なのは素晴らしいことですが、仕事面で「これくらいで大丈夫っしょ!」と適当な作業をしてしまうと、後に大きなミスに発展してしまうこともあります。

極端にポジティブな人間は自分の性格に注意しなければいけません。特にキャリアアップを狙っている人にとって、楽観主義を貫くことは不利になってしまいます。ミスを犯したとしても、そのミスに対して反省し改善策を探す作業をしません。

ポジティブな性格が故に問題を問題として見つめることができない。こういった人は他人から「もっと突き詰めて考えた方が良いよ」とアドバイスされても、右から左に流してしまいがちです。

計画よりも衝動的な欲望を優先してしまう

作業をしている最中にスマホでSNSをしてしまうような人も詰めの甘さが目立ちます。集中力がなく、常に衝動的な欲望を優先してしまう。目の前の作業にフォーカスすることができなければ、ミスをするのも当然と言えるでしょう。

計画性を持って仕事をしていれば良いものの、ちょっとした雑念に流されてしまう人は少なくありません。気がつくと同僚と長話をしていたり、パソコンでネットサーフィンしている人などは、衝動に流されています。

理性を持たずにその時の気分で行動を変えてしまうと全ての作業が中途半端になってしまいます。やるべきことがあるにも関わらず、友人とのLINEに夢中になってしまうような人は、対策を考えて実行する必要があるでしょう。

自己中心的で他人の意見を聞き入れない

心の中で自分が一番正しいと思っているような自己中心的なタイプの人は、詰めが甘く凡ミスをして恥をかくことがあります。同僚や上司のアドバイスを真摯に受け止めず、自分のスキルを過信しているとこういったことが起こります。

人は誰でも自分をフラットに評価することが苦手なもの。だからこそ一緒に仕事をしている人の意見は取り入れるべきと言えます。客観的に評価してくれる同僚などがいるのに「こいつの意見は間違っている」と反対するのはとてももったいないことです。

人よりも経験値のある人で、プライドの高い人間は自己中心的な考え方になりがちです。人が注意を促してくれているにも関わらず、意見を無視してミスを繰り返していれば、次第に信頼を失っていくでしょう。

詰めの甘さを克服するために有効な方法

「詰めが甘い自分の性格を直したい!」そんな人は、がむしゃらに行動を積み重ねるよりも予め有効な対策をとった方が良いでしょう。事前に自分の足りない点を見つけてトライ&エラーを繰り返すことで仕事への取り組み方も変わってくるはず。

注意力が散漫になってしまうことは誰にでもあることです。しかし、そんな自分に気がつける人は意外にも少ないもの。不用心な自分を修正するにはどうしたら良いのでしょうか?ここでは、詰めの甘い性格を克服するために有効な方法を紹介します。

詳細な計画を立てて実行する習慣を作る

詰めが甘い人は、事前にしっかりと計画できていない人が多いです。明確な計画があれば、後は実行するだけ。ここでどれだけ詳細な計画をイメージできるかで仕事の出来に大きな差が生まれてきます。

何を一番優先すべきで、どんな点に注意すれば良いのかノートに書き出していきましょう。スケジュールが完成したら一度見直してみてください。抜けている箇所はないでしょうか?追記が必要なものは修正して行動計画を完成させましょう。

「これで完璧だ!」というプランができあがったら、一度信頼できる人間に確認してもらうことをおすすめします。第三者の意見は、計画を立てる上でも有効に働きます。本音を話せる人間が近くにいる場合、その人の意見を真摯に聞くことも大切です。

上司への報告や仕事の相談を徹底して行う

仕事をする上で連絡事項を怠っている人はミスを繰り返しがちです。上司やパートナーに細かく進行状況を報告できるようになれば、後に大きなミスに発展してしまうような問題にも対応することができるでしょう。

重要なプロジェクトの責任者を任された時は、気張って「全部完璧にやってやるんだ!」と思ってしまいがち。しかし、初めて挑戦することなら分からないことがあって当然です。不透明な点を残しておくよりも詳しい人間に相談する方が結果的に良い方向に進みます。

自分の能力を過信するのではなく、周りの協力を上手く活用しながら仕事をしていきましょう。良いことも悪いことも上司へ報告する。こまめに報告をくれる部下なら、上司も安心して仕事を見守ってくれるはずです。

作った計画を後日再チェックするクセをつける

事前に行動計画を立てることはもちろんですが、作った計画をしっかりと見直すことは更に大事な作業と言えるでしょう。詰めが甘い人は、何事も再チェックをしない人間が多いものです。二度手間と感じて細かいミスを見逃してしまいます。

仕事を進めていればミスは必ず起こります。そのミスを再チェックによって潰していくのも仕事の1つです。凡ミスを繰り返す人は仕事を完了するのは早くても、その後の再チェックをすることがありません。

完成した仕事を再チェックすることを面倒に感じてしまう人は多いでしょう。苦しい思いをして仕上げた資料なら尚更ですね。しかし、ミスを修正することなく資料を提出してしまえば、上司からの信頼はなくなってしまいます。再チェックを習慣化するのも対策の1つです。

まとめ

今回は、詰めの甘さを克服するために有効な対策方法を紹介しました。自分を過信してしまったり、行き過ぎた楽観主義の人は小さなミスをいくつも犯してしまうことでしょう。自己中心的な性格の人も同様です。

計画性がなく衝動的な行動ばかりしている人は、会社からの信頼を勝ち取ってキャリアアップしていくことは難しいです。完成した仕事に対して再チェックをしない人も、詰めの甘い典型的なパターンと言えますね。

どんなミスが起こりうるのか想定して詳細な計画を立てる。計画に落ち度がないか第三者の確認を得る。仕事が完成したらミスがないかチェックする。任された仕事をしっかりと完遂したい人は、同じミスを繰り返さないためにも対策法を実行してみてください。

あわせて読みたい!