ビジネススキル

職場で人気者になりたい!特徴や信頼を得るための方法とは?

あなたの周りに、常に人に囲まれているような“人気者”はいませんか?立場や性別問わずに周囲から慕われていて、「あの人はどうして人気者なんだろう?」と感じることがあるかもしれません。

また、実際に“人気者”と言われる人が身近にいると、「あの人みたいになりたい」と思うこともあるでしょう。実は、人気者には人気者である理由や特徴があります。

そこで今回は、人気者の特徴や周囲からの人気や信頼を得るための方法について紹介していきます。

職場で人気者になる!共通して言える特徴とは?

常に多くの人に囲われて、職場でも立場問わず周囲の人から慕われる人気者。「なぜあの人は、周囲から慕われているんだろう?」と感じることはありませんか?

実は、人気者には共通している“特徴”があります。その特徴とは、どれも「簡単に見えて意外とできていないこと」と言っていいでしょう。

ここでは、職場で周囲から慕われている人気者の特徴について紹介していきます。もしあなたが「人気者になりたい」と感じていれば、まずは周囲の人から慕われている人気者の特徴を知ることから始めましょう。

明るく笑顔と絶やさない!ポジティブ思考は周囲に良い影響を

周囲から慕われている人気者。常に明るく振る舞い、笑顔を絶やさないのも特徴のひとつです。あなたの身近にいる人気者も、いつ見ても楽しそうに笑っていませんか?

笑顔というのは、周囲の人の警戒心を解く効果があります。相手も「話しかけてもいいのか?」という心配をせずに済むため、自然と周囲と話す機会が増えるはずです。

また、表情というのは周囲に伝染します。自分が無表情であれば周囲の表情も固くなりますし、自分が笑顔ならば周囲の笑顔も増えるでしょう。

逆に言うと、常に無表情でいる人には話しかけづらく、どうしても人を寄せ付けない雰囲気が出てしまいます。できるだけ普段の表情に気を使いつつ、笑顔でいられる時間を増やすようにしましょう。

人を尊敬する!礼儀正しく誰にでも平等に接する

人気者は、必ずと言っていいほど周囲の人への尊敬や感謝を忘れません。立場や相手ごとに態度を大きく変えることはせず、周囲の人に対して常に平等に接します。

たとえ部下相手でも礼儀は忘れず、部下が何か仕事を完遂すれば感謝し、良い仕事をすれば部下をしっかりと褒めます。立場の強い相手“だけ”に丁寧な対応をしていては尊敬されることはありません。

また、人気者は相手の気持ちに寄り添う努力をしています。他人の感情をいい加減に捉えず、相手の立場で物事を考えようとするのも特徴です。

また、常に挨拶を自分からするのも特徴として言えます。誰だって、相手からハキハキと挨拶をされたら気持ちが良いもの。挨拶というのは誰でもできることなので、普段から意識していきましょう。

人の良い部分を見つける!周囲の悪口は絶対に言わない

あなたには、人の悪口を言う習慣はありませんか?もし「人気者になりたい」という思いがあれば、周囲の人の悪口を言いふらすのは絶対にやめましょう。

確かに、人の悪口を言うことを一種のストレス解消法と捉えている方もいるでしょう。しかし、悪口を言うことにはデメリットが多いのも事実です。

周囲に悪口を言いふらす人の周りには、同じような人しか集まりません。それを続けていれば、いずれあなたの周りには“悪口を言う人”だけが集まることになり、常にネガティブな気持ちを抱えることになるでしょう。

また、日頃から悪口を言う人は、何か不満があると周囲に悪口を言ってしまいます。あなた自身が“悪口を言われる対象”になる可能性も否定できません。当たり前ですが、これでは“人気者”から遠ざかることでしょう。

仕事ができる!常に冷静で頼りがいのある人物

職場において、“仕事ができる”ということは周囲から信頼される要素です。人気者と言われる人は、周囲とのコミュニケーションを円滑に取り、仕事を効率的に進めています。

仕事ができるというのは、以下のようなことを自然に取り入れています。

  • 仕事の優先順位を明確にしている
  • 約束や締め切りなどの時間を守る
  • コミュニケーションを積極的に取る
  • 物事を冷静かつ客観的に見る

このようなことを日頃から気をつければ、周囲から自然と信頼され、頼られるようになるはずです。
仕事に対して常に向上心があるまた、仕事に対してポジティブに取り組むのも人気者と呼ばれる人の特徴。仕事に対してネガティブに接していれば、周囲から「一緒に仕事したくない」と思われるのも当然ですので、できるだけポジティブに仕事へ取り組むようにしましょう。

人気者になりたい!周囲から信頼を得るための方法とは?

職場で“人気者”と呼ばれる人には、共通して言える特徴があると言えます。その特徴を知りつつ、日頃の自分自身の行動に取り入れていきましょう。

人気者の特徴をうまく取り入れることができれば、自然と周囲から信頼を得られるはずです。しかし、日頃の仕事に対してどのように取り入れていけばいいのでしょうか?

ここからは、人気者と呼ばれるためにできる方法について紹介していきます。決して難しい方法ではないので、少しずつ取り組んでいきましょう。

明るくポジティブに!人の良い点を探して認めよう

人気者というのは、常に明るくポジティブに仕事へ取り組んでいます。ですので、日頃からできるだけ明るくポジティブに振る舞うことが必要でしょう。

常に明るくポジティブというと、最初は難しいかもしれません。しかし、少しずつ意識することで、いつしか自然と笑顔で振る舞えるはずです。

また、周囲の人の“良い点”を探すようにしましょう。人は、どうしても“悪い点”を見つけて否定しようとします。その悪い点を見つけることが悪口を言うことにつながり、ネガティブな感情を生むキッカケとなってしまうのです。

あなたも、自分の良い点を見つけて褒めてくれる人がいたら「この人は良い人だ」と感じませんか?ですので、できるだけ相手の良い点を探してそれを積極的に認めるようにしましょう。

真剣に仕事へ取り組む!優秀な人は周囲から頼られる

職場における人気者というのは、いわば周囲から見て“信頼できる人”と言い換えてもいいでしょう。ですので、日頃から仕事に対して常に真剣かつポジティブに取り組むことが大切です。

逆に仕事に対していい加減に取り組んでいると、周囲からの評判は悪くなる一方。そうなれば、周囲から信頼されなくなり人気者から遠ざかっていくことでしょう。

ただ、仕事の処理能力がただ高ければ良いというわけではありません。あくまで日頃の態度が重要で、周囲は人間性を見て「信頼できるかどうか?」を判断しています。

仕事に対して真剣かつポジティブに取り組むことは、周囲の人にも良い影響を与えつつ、自分自身の成長にもつながることです。決して難しいことではないので、日頃から意識して取り組むようにしましょう。

誰にでも平等に接する!挨拶は常に自分からしよう

周囲の人に対して、誰に対しても“平等”に接することは人気者になる方法のひとつと言えるでしょう。人によって対応を変える人は、周囲からの信頼を失ってしまいます。

もちろん、上司に対しては丁寧に接する必要がありますし、部下や後輩に対しては時に叱る必要もあるのは当然です。しかし、必要以上に上司を褒めたり、部下や後輩に強く当たったりするのはいけません。

あなたの周りにも、自身の立場を利用して必要以上に周りへ強く当たるような人がいませんか?もしいれば、そのような人を尊敬しようとは思わないはずです。

まずは、周囲の人に自分から挨拶をするようにしましょう。「部下(後輩)から挨拶して当然」と考えてはいませんか?挨拶をされて嫌な気分になる人はいませんので、積極的に自分から挨拶をしてコミュニケーションをとるようにしましょう。

注意!人気者になるために無理して自分を作らないように

ここまで、職場で人気者と呼ばれる人の特徴や、人気者になるための方法を紹介してきました。方法としては日頃から意識すればできることなので、少しずつ実行していきましょう。

とはいえ、人気者になろうと意気込むあまりに「周囲の人すべてから好かれるように頑張ろう」と無理をすれば、あなた自身が疲れてしまう可能性も考えられます。

もちろん、人から信頼されるために努力するというのはポジティブなことです。しかし、すべての人に好かれようと“八方美人”になると自分自信を見失ってしまいます。

今回紹介した方法を実践するにあたり、あなた自身が「ちょっと疲れたな」と感じたら、少し立ち止まる勇気も必要です。無理をせずに少しずつ実行できるようにしましょう。

まとめ

人気者が“人気者”として呼ばれる理由は能力や身分の高さではありません。ここまでお伝えした通り、人気者である秘訣は“職場における日頃の振る舞い”にあります。

  • 明るくポジティブに振る舞う
  • 仕事へ真剣に取り組む
  • 誰に対しても平等に接する
  • 人の悪口を言わない

などを日頃から意識することが大切になります。日頃の振る舞いを見直すことで、周囲からの信頼を得られるはずです。
挨拶は常に自分からする職場で“人気者”と呼ばれる人を見ると、「羨ましい」と思うことでしょう。しかし、羨ましいあまりに“八方美人”になれば、自分自身が疲れて嫌になってしまう可能性もあります。ですので、自分のペースを守りつつ周囲から信頼をされるような自分になりましょう。

あわせて読みたい!