ビジネススキル

斬新なアイデアとは?常識に囚われない発想をするための方法5選

仕事をする上で斬新なアイデアを閃きたいという社会人の方も多いのではないかと思います。現代は既に物余りの時代と言われており、何かしらの商品やサービスを提供する際には、新鮮なインパクトがないと市場に受け入れられなくなっているのではないでしょうか。

この記事では、アイデアとは何か?そして斬新なアイデアを得るために心掛けたいこと等をご紹介させて頂きます。斬新なアイデアを得るためには、大量の情報や柔軟な思考といったファクターが求められるようです。

そもそもアイデアとは?斬新な発想をするってどういうこと?

そもそも、アイデアというのは一体何なのでしょうか?それは「物事の中核となる考え、着想」という意味になり、何かしらのサービスやコンテンツが実体を持って広がるために必要な核と言い換えることもできるでしょう。

アイデア次第でサービスやコンテンツの成否が分かれるという面もあるため、できれば斬新な発想で誰も目にしたことのない仕事を手がけたいものです。それでは、アイデアに関してもう少し詳しく見ていきましょう。

アイデアとは、今まで蓄積されたものの組み合わせ

アイデアとは、今まで蓄積されたものの組み合わせとも言えるでしょう。例えば、「天気」と「インターネット」を組み合わせることで「オンライン天気予報サービス」を着想することができたり、「携帯電話」と「PC」を組み合わせることで「スマートフォン」を思いつくことができるのではないでしょうか。

また、組み合わせるものを二つに限定する必要はありませんので、三つ以上のものを掛け合わせても良いでしょう。例えば、「AI」「転職」「インターネット」を組み合わせることで「ディープラーニングを利用した転職マッチングサービス」のようなものも思いつきます。

アイデアとは、このように既存のものを様々に組み合わせて着想するものとも言えるでしょう。

誰も思いつかなかったような組み合わせが「斬新なアイデア」と呼ばれる

こういった発想は荒唐無稽なアイデアを産み出すことも多いものの、時に誰も思いつかなかったような組み合わせを見つけることもできます。それらは「斬新なアイデア」と呼ばれることもあり、そのような発想を次々と行える人がアイデアマンと呼ばれるのかもしれません。

そのコツとしては、「ちょっと考えたら誰でも思いつきそうなのに、何故か誰も思いつかなかったもの」というラインを攻めることです。あまりに突飛な組み合わせの場合は周囲の理解を得られず実現が難しくなってしまうことが予想されます。

しかし、「誰でも思いつきそうなもの」であれば完成イメージを膨らませることが容易であり、周囲の理解も得られやすくなるのではないでしょうか。勿論、時には突飛な組み合わせが功を奏することもあるため、どの程度独自性が必要とされるかにもよるでしょう。

 

斬新なアイデアを思いつくために心掛けたいことって何?

それでは、引き続き斬新なアイデアを思いつくために心掛けたいことを見ていきたいと思います。上述した通り、アイデアというのは既存のものを組み合わせることで生まれるため、いかに自分の中に既存のものを蓄積するかが勝負となるでしょう。

また、同じものを見ても人によって感じ方も捉え方も異なります。そのため、物事をフラットに見る訓練をしたり、常識や既成概念に囚われないことも大切になるのではないでしょうか。

その辺りをもう少し詳しく見ていきたいと思います。

ジャンルを問わず様々な情報をインプットしよう

斬新なアイデアを得るためには、まずジャンルを問わず様々な情報をインプットする必要があります。繰り返しになりますが、アイデアというのは既存のものの組み合わせになりますので、まずはその元となる既存の情報を大量にインプットしておくことが求められるでしょう。

人間は意識せずに日々を過ごしていると、どうしても自分が好む情報のみに触れることになります。それはそれで悪いことではありませんが、斬新なアイデアを思いつくためには、そこから一歩踏み出す必要があるでしょう。

もしかしたら不快な情報を目にして嫌な気持ちになる時もあるかもしれませんが、時には思わぬ収穫もあるかもしれません。そして、大量の情報をインプットすることは斬新なアイデアの源泉になるだけではなく、自分自身の知見や価値観を広げてくれるという効果も期待できるのではないでしょうか。

物事をフラットに観察して、柔軟に受け入れよう

斬新なアイデアを得るためには、物事をフラットに観察して柔軟に受け入れる必要があります。先程、斬新なアイデアを得るためにはジャンルを問わず大量のインプットが必要と記載しましたが、その際に情報を自分好みに加工してしまわないよう注意しましょう。

自分好みに加工してしまった情報というのは結局似通ったものが多くなってしまいますので、あまり大量にインプットする意味がありません。異なるジャンルのものをそのままインプットすることに意味があるため、変に加工してしまうと斬新なアイデアの元としては使えなくなってしまいます。

人間にはどうしても偏見や個人の価値観というものが存在するため、物事をフラットに観察するのは思った以上に難しいことです。しかし、対象をフラットに観察して柔軟に受け入れることができれば、斬新なアイデアの種を得るだけではなく、同時に人間としての成長も見込めるのではないでしょうか。

他業種や他ジャンルのものからヒントを得よう

何かしらのアイデアを考える際は、どうしても同業種や同ジャンルのものを参考にしがちです。しかし、それでは手垢のついたアイデアしか生まれないことも多いため、斬新なアイデアを得たい場合は他業種や他ジャンルからヒントを得ることをお薦めします。

他業種や他ジャンルというのは自分のいるところとは成り立ちもルールも何もかも違うため、参考にはなりづらいかもしれません。しかし、そのような全く異なるフィールドから得た着想は斬新なアイデアに結びつきやすく、独自の発想を得る糧になるでしょう。

そのためにも他業種や他ジャンルに対してアンテナを張り、何かヒントに繋がるような情報がないか目を光らせておくことが大切です。もしかしたら、斬新な発想を生み出すことができるアイデアマン達は常にそのようなアンテナを張り続けているのかもしれません。

アイデアは組み合わせ。思いつく限りの組み合わせを書いてみよう

前述した通り、アイデアというのは既存のものの組み合わせに他なりません。そのため、アイデアを得ようと思った際には、思いつく限りのものを見えるところに記し、思いつく限りの組み合わせを書いてみるといったことも効果的でしょう。

頭の中で思考しても良いのですが、それではどうしても発想が貧困になってしまうため、実際に目で見える形にすることをお薦めします。目で見える形にすることで、頭の中だけではなく視覚的に考えることも可能となり、より良いアイデアが生まれることもあるでしょう。

また、英単語を覚える時のように小さなカードに一単語ずつ記すというやり方も効果がありそうです。小さな紙に一つの単語を記し、それをランダムに組み合わせることで自分では思ってもいなかったような組み合わせを発見することができるでしょう。

そして、それは時に斬新なアイデアを得るためのヒントになってくれるのではないでしょうか。

常識や既成概念に囚われず、自由に発想しよう

斬新なアイデアを得るためには、常識や既成概念に囚われることなく自由に発想することが大切です。常識や既成概念というのは自由な発想を妨げる大きな障害になりますので、それを取っ払うことで今まで思いつかなかった領域に踏み込むことができるでしょう。

一般的には、常識や既成概念といった枠を設けている方がアイデアを思いつきやすいのではないかと思います。何も縛りがないまっさらな状態よりは、ある程度制限を設けられている状態の方がやりやすく、アイデアも浮かびやすいものです。

しかし、その中で浮かぶアイデアは斬新なものとは言い難く、多くの場合手垢のついたものになってしまうでしょう。今まで誰も気づかなかったような斬新なアイデアを得るためには、思い切って枠を取っ払ってしまい、完全にまっさらな状態から構築していく必要があるのではないでしょうか。

まとめ

斬新なアイデアを得るための方法をいくつかご紹介させて頂きましたが、誰も思いつかなかったようなことに目を向けるというのは口で言うほど簡単ではありません。それは、一朝一夕にできることではなく、場合によっては他人と異なった視点、異なった捉え方を追求し続けることが求められるでしょう。

ものの見方や考え方というのは個人の価値観の範疇であり、それは時に個性と呼ばれることもあります。強すぎる個性は社会で生きていくには邪魔になるとことも多いと言われていますが、ことアイデアに関しては個性が強い人の方が斬新な発想を行えるのではないでしょうか。

もしかしたら、斬新なアイデアを得るためには時に捻くれた見方、捻くれた考え方をする必要があるのかもしれません。

あわせて読みたい!