ビジネススキル

頭の回転が速い人の特徴5つ!できるビジネスマンへと成長するコツとは?

どんな職場にもおそらく1人はいるはずの頭の回転が速い人。彼らはその回転の速さを活かし、様々なビジネスシーンで能力を発揮していることと思います。

しかし、彼らが持ち前とする頭の回転の速さとは一体どのようなものなのでしょうか?そしてそうした回転の速さをどのように手に入れたのでしょうか?

今回はそうした疑問を解決していき、周囲の方も頭の回転が速いビジネスマンへと成長するコツについてご紹介させていただきます。今後のビジネスを成功させるためにもぜひご参考ください。

頭の回転が速いビジネスマンに共通する5つの特徴は?

それではまずは頭の回転が速いビジネスマンに共通する特徴を5つご紹介していきましょう。頭の回転が速いと一口にいっても、それが発揮される局面や効果には様々あります。

それらを認識しておくことで、頭の回転が速いビジネスマンのことがよくわかる上に、彼らと同じような存在になるためのヒントにもすることができるでしょう。

そして彼らがどうして仕事ができるのか、人から必要とされるのか、受けている恩恵は何なのかといったことについてもわかってくるはずです。ぜひご参考ください。

常に先を考えて行動し動揺するそぶりを見せない

「常に先を考えて行動し動揺する素振りを見せない」というのは、頭の回転が速い人の特徴の最たる例といえるでしょう。頭の回転が速いということは、常に先読みをしていることと同義とも言えます。

自分の取り組む仕事で予想される展開を先読みし、それに見合った準備を彼らは常に行っています。そのため、何らかのピンチに陥ったとしてもそれは予想していた範囲の問題ということもあれば、それに対する対処法も用意できているケースもままあるのではないでしょうか。

さらに周囲に動揺した素振りを見せないことで頼れるリーダー像としてのイメージや地位も確立しやすい傾向にあるようです。

空気を読んだ上で柔軟に要領のいい対応ができる

「空気を読んだ上で柔軟に要領のいい対応ができる」というのも頭の回転が速い人の特徴です。ビジネスにおいて状況が変化することはよくあることです。

仕事においてクライアントの要望が変化することもあれば、その担当者も変わることも予想されるでしょう。また、そうしたビジネスを取り巻く時流の変化もリアルタイムで移り変わっていきます。

しかし、頭の回転が速い人はそうした変化に敏感であり、その時々に見合った選択肢を用意していることが多いです。それらは何も闇雲な選択肢ではなく、どう転んでも要領が良いものばかりであることも少なくありません。

つまりは危機対応力やコミュニケーション能力に優れているのが彼ら頭の回転が速い人であり、そうした人材はどのような分野においても重宝される傾向にあります。

豊かな発想力があり素早く行動に移す力を持っている

頭の回転が速い人はそれを活かした「豊かな発想力があり、行動に移す力を持っている」傾向にあります。もっとも、発想力に長ける人材はこの世の中にごまんといます。

しかし、それを行動に移すとなると、尻込みしてしまったり、リソースの問題から足踏みしてしまったりする人は少なくありません。しかし、頭の回転が速い人はそのような時間のロスを生み出しません。

行動に移す力を持っている人というのは、ビジネスシーンにおいて非常に頼られる存在であり、年齢の如何にかかわらずプロジェクトを進めていけるリーダーとしての素質があるといえるでしょう。

そしてこうした人材持っている会社、活かせる会社の成長戦略というのは実りあるものになる可能性が高く、社員にとっても会社にとってもWin-Winの関係になれるのではないでしょうか。

論理的な考え方をテキパキした口調・早口で説明する

「論理的な考え方をテキパキとした口調・早口で説明する」というのは、非常に重要なスキルです。こうした話し方というのはその発言者に説得力を持たせるのに一役も二役も買ってくれるものです。

皆さんの周囲のなかにも「言っていることはもっともだが、何となく内容が伝わってこない」、「論理的な発言とは受け入れられず、結局何が言いたいのかわかりにくい」という方は多いのではないでしょうか。

しかし、人の発言というものはその内容の良し悪しはもちろんですが、口調・早口も重要なポイントになってきます。スピーチが上手い人も往々にしてこのようなスキルを当たり前のように使っています。

洞察力が鋭くちょっとした変化にも気づく

「洞察力が鋭くちょっとした変化にも気付く」という人はやはり頭の回転が速いことと関係します。変化に気付くことができると、その気付きに応じた行動・準備などができるようになります。

すでにお話してきた対応力・発想力・行動力などにも準ずるものがあり、これらは鋭い洞察力をベースに成り立っている力といえるのではないでしょうか。

洞察力が高いということは様々な能力への応用が利くため、備えておいて損はありません。

頭の回転を早くするための方法とは?

それでは実際に頭の回転を速くする方法についてご紹介していきます。

頭の回転が速い人というのは生来の持ち味である場合もありますが、後から磨いたものである場合もあります。つまり現段階で頭の回転が速くないという方、むしろ回転は遅いという方であっても、今後の取り組み方次第では速くすることが可能ということになるでしょう。

こちらで紹介する方法もそうした成長を手助けするものになります。ぜひ今すぐに始めてみてはいかがでしょうか。

様々なことに「なぜ」と問いかけ、考える訓練を積んでいる

どんな物事に対しても「なぜと問いかけ、考える訓練を積む」ようにしましょう。

現代では考えなくとも与えられた仕事・環境さえあれば、普通に働くことができ生きていくことができる社会です。自分がかかわる様々な事象においても、特別深く考える必要もなければ、考える余裕さえないというのも正直なところではないでしょうか。

しかし、そのような状況で「なぜ」と問いかけて足を止めてみることで新しい発見や気付きを得ることができます。

そうした発見や気付きは私達の生活をより豊かにしたり、仕事においては新たな活躍の場を得たり、スキルを磨いたりするチャンスになります。そして考える癖をつけることで、自身の知識・経験を深める足がかりにすることもできるのではないでしょうか。

常に新しい情報を仕入れ、考えるための知識を蓄えている

「常に新しい情報を仕入れ、考えるための知識を蓄える」ことを大切にしてください。

この社会は情報化社会といわれ、リアルタイムで様々な情報が行き交う世界です。それらの情報はそのすべてがあなたの仕事や生活に直結するようなものではないかもしれませんが、実は回り回って密接に繋がり合っていることはよくあることです。

私達はそうした情報を繋ぎ合わせることによって、論理的思考を熟成させたり、コミュニケーションをとったりする上での材料にすることができるのではないでしょうか。

流れている情報は常に一定の場所にとどまってはいません。手に入れようとすればいくらでも手に入れられますが、手に入れようとしなければあっという間に流れていきます。そうした特徴を持つ情報は常に手に入れようとする姿勢を持っておくことが重要でしょう。

新聞を読む、本を読む、テレビを見る、様々な人と話すなど、情報を手に入れる手段はいくらでもあります。大切なのはあなたがそれを意識するかどうかです。

答えにたどり着きやすい考え方の型を身に着ける

自分のなかで「答えにたどり着きやすい考え方の型を身に着ける」ということを実践しておくと、頭の回転はいくらでも速くなります。

頭の回転が速い人達はこの型を身に着けており、どんな事象においてもまずはこの型にあてはめて考える癖をつけています。そうして考える時間を最小限にまで抑え、なるべく早い段階で行動に移すことに役立てているのではないでしょうか。これを身に着けていない人の場合はロスする時間が多く、頭の回転が速い人達についていくことはできません。

考え方の型にも色々あると思いますが、「5W1H」のように一般的なもので構いません。大切なのはこうした型を常に意識して考えるようにすることです。この癖さえつけられればそこから応用を利かせて自分なりの型を作ることもできますし、考えるスピードも向上させることができるでしょう。

まとめ

頭の回転が速い人は「先読みして同様しない」、「行動力がある」、「論理的である」といった特徴を持っています。こうした特徴は頭の回転が速いというイメージの基盤となるもので、ビジネスシーンにおいて欠かすことのできないものです。

ただ、このような特徴を持つ人材は限られており、こうした特徴を持つ人は周囲から頼られ重宝される傾向にあるでしょう。ただ、こうした頭の回転が速さやその特徴は後からでも磨くことが可能です。現段階で回転が遅い方でも問題はありません。

「常になぜと問いかける」、「新しい情報を仕入れる」、「考え方の型を身に着ける」といったことを心がけていくと、頭の回転は段々と速くなっていきます。

今から実行するのも全く遅くはありませんので、ぜひお試しください。そして頭の回転を速くし、ビジネスで活躍できる人材へと変貌を遂げていただければと思います。

あわせて読みたい!