ビジネススキル

仕事の洞察力は無くても出世できる?鍛え方3つと出世できる人の特徴

洞察力は他人の心情を察するためにある程度必要なものであり、全くないようであれば空気が読めない人扱いされてしまうかもしれません。そのため多くの人が洞察力が欲しい、洞察力を鍛えたいと考えているようです。

また、出世するためには洞察力が必要不可欠という見方もあり、そのために洞察力を身に付けたいという方も多いでしょう。この記事では、洞察力の意味やその鍛え方、そして本当に出世に必要なのかどうか等を見ていきたいと思います。

洞察力とは何か?天性の素質?それとも今からでも鍛えられるもの?

洞察力とは一体どのような能力になるのでしょうか?それは天性の素質なのでしょうか、それとも後天的に鍛えられるものなのでしょうか?洞察力というものを端的に表現すると、物事や人の細かい差異を見つけそれを他の情報と結びつけることのできる能力と言えるでしょう。

そして、洞察力を得るにはある程度先天的な素質が必要なものの、後天的に鍛えられる余地もあるようです。引き続き、洞察力に関して詳しく見ていきたいと思います。

洞察力は鍛えられる 点を集めて線にする力

前述した通り、洞察力はある程度は後天的に鍛えることができる能力です。そのため、今現在洞察力に優れていないとしても意識的に訓練することで身に付けることもできるでしょう。

洞察力というのは、一見すると個別に散らばっているように見える情報を結びつけ、そこから何かしらの結論を得ることのできる能力です。洞察力に優れている人は人や物事の細かい差異に気づき、それらと様々な情報を結びつけることで素早い対応を行うことができます。それにより鋭い人、気遣いのできる人という評価を得ることができます。

現在は日常的に膨大な情報を得られる時代になりました。そのため各人が目にしている情報に大きな違いはないのですが、洞察力に優れている人はそこから得られる結論が通常とは異なるようです。

仕事での洞察力の鍛え方!洞察力が高い人は日常の観察を繰り返している?

洞察力を鍛えることは仕事や人間関係の面でプラスに働くことが多いでしょう。そのために洞察力を鍛えたいという思いを抱いている人も多いのではないかと思うのですが、洞察力を鍛えるためには一体どのようにすれば良いのでしょうか。

そのためには、まず周囲の人や物事を良く観察するところから始めましょう。洞察力が高い人は日頃から他人や物事をよく観察しており、その反復によって自分の中に様々な情報を蓄積しているようです。

引き続き、洞察力を鍛えるためのより具体的な方法を見ていきたいと思います。

他人や物事に興味を持つ 一見無駄に見える情報を集めることを意識する

周囲の人や物事を良く観察するためには、その対象となる人や物事に興味を抱く必要があります。興味がないものを漫然と眺めているより、興味のあるものを観察した方がより細かい情報を取得することができるでしょう。

自分に関係のない人や物事を観察しようと努めても詳細までカバーすることはできません。しかし、対象に興味を抱くことで通常と異なる部分に敏感になり、一見無駄に見える情報まで大量にインプットすることができます。

それらを上手く活かすことができなければ無駄になってしまいますが、膨大にストックされている情報と結びつけることで一つの真実が導き出されるかもしれません。そして、そのような仮説を何度も検証することによって確実性が高まり、洞察力の向上に寄与することに繋がるのではないでしょうか。

比較する習慣を付ける それは一般的か?いつもと同じか?と考える癖をつける

観察対象となっている人や物事がいつもと同じか、それとも異なるのかといった点を気にかけるのも洞察力を鍛えるためには大切なことです。こちらは洞察力というよりは観察力を鍛えるトレーニングになるかもしれませんが、洞察力の根本は観察力と言っても過言ではないため、どちらも疎かにすることはできません。

もし観察している人や物事がいつもと異なった様子を見せているのであれば、いつもと何が違うのかということを考えてみましょう。例えば、人であれば服装が違う、髪型が違うといったものが挙げられるかもしれません。

鍛えられた観察力から得られた情報は洞察力を構成する大切な要素になります。そのため、できる限り正確な情報をインプットできるように心掛けましょう。

繋げる意識を持つ そこにあるものと別のものを関連付ける思考を身につける

そして、そのような形で得られた情報を別の情報と関連付けることができないかと思考することも大切です。洞察力とは、観察力によって得られた情報を他の情報と結びつける力と言い換えることもできるため、ある程度の論理的思考力も求められます。

論理的思考力もまた日々のトレーニングによって鍛えることができますので、様々な情報を結びつけ色々な仮説を立ててみましょう。そして、それらの仮説を裏付けする情報を探すことで、予測の精度を上げることもできます。

洞察力を鍛えるためにはそれらを延々と反復する必要がありますので、かなりの根気が求められるかもしれません。しかし、一度得た洞察力は様々なシーンで活用することができますので、鍛えておくと仕事や人間関係といった面で恩恵を受けることができるでしょう。

仕事での洞察力が無くても出世できる人はいる!出世に繋がる自分自身の鍛え方とは?

洞察力に関して様々な形でご紹介させて頂きましたが、世の中には洞察力がないのに出世している人も数多く存在します。前述した通り洞察力を持っていれば何かとメリットがあることは間違いないのですが、出世するためには何が何でも必要というわけでもなさそうです。

それでは、出世するために必要なものは一体何なのでしょうか?それは効率良くやる気を持って働くことと、他人と衝突せず上手くやっていくことになるようです。その辺りを詳しく見ていきましょう。

自分のことを良く知る!自分には何ができて、何が必要なのかを知っている人

効率よくやる気を持って働くためには、まず自分のことをしっかりと知る必要があります。自分には何ができて何ができないのかを把握しておかなければ無駄な作業に時間を浪費してしまい、結果的に生産性が落ちてしまう可能性があります。

人にはそれぞれ向き不向きがあり、それを後天的に変えるのは大変難しいため苦手なことに注力するのはあまり効率の良いやり方とは言えません。それより、自分の長所を活かしつつ短所は他の何かによってカバーした方が効率も良く、生産性も上がることでしょう。

他の何かというのは、もしかしたら他人かもしれませんし、テクノロジーや考え方かもしれません。自分のことを良く知り自分に何が必要なのかが分かっている人は目指すゴールが明確であり、その道を最短で走り抜けることができるでしょう。

他人を受け入れる!自分と違う考えを持つ人の気持ちは理解すると考えられる人

そして、出世して人の上に立つためには他者を受け入れ、異なる価値観を認めることのできる器の大きさも求められます。会社というのは様々な人が働いている場であり各々個性や特性が異なりますので、上に立つ人は管理職として各人に適切な指示を与えなければなりません。

その際、自分と違う考え方を理解できなければ指示も一律になってしまい、チーム全体の生産性を上げることは難しいでしょう。一人一人の持つ特性を活かしながらチームを効率的に機能させるのが上司たる管理職の務めです。

また、人の気持ちを理解することのできる人は人から好かれ尊敬されることも多いでしょう。そのような人は、例え本人が望まなくとも周囲が持ち上げて出世するといったケースもあるようです。

洞察力が高い人は好かれやすいことが武器!でも好かれることは誰にでもできる

洞察力が高い人は他人に好かれる傾向があり、それが洞察力が高い人の武器と言えるかもしれません。洞察力が高い人は相手の細やかな変化に気づき、それに適切に対応することによって気遣いのできる人、気の利く人と評価される傾向があります。

しかし、洞察力の高い人が真に評価されているのはそのような小手先のテクニックではないという見方もできるでしょう。洞察力の高い人は危機管理能力に優れている部分もありますが、その力の多くを誰かを観察し、得た結果から適切な対応を行うことに割いています。

それが相手に「自分を良く見てくれている」という意識を生じさせ、その結果として好かれているという部分もあるようです。それならば高い洞察力を持ち合わせなくても自分を知り、他人を理解する努力を行うことで人から好かれることもできるのではないでしょうか。

能力に頼らないひたむきな努力は人に感動を与えますので、それは時に洞察力以上の効果を発揮することもあるでしょう。

まとめ

洞察力というのはあって困るものではありませんが、ないならないなりのやり方があるようです。もしかしたらそれは洞察力に限らず、あらゆる能力や才能に言えることなのかもしれません。

私達はどうしても能力や才能の多寡で物事を判断する傾向がありますが、本当に大切なことは能力に関係なく努力することであったり、誰かを理解しようと努める姿勢ではないでしょうか。それは誰でも実践できることではありますが、場合によっては能力を鍛えるよりも難しい道になってしまう可能性もあります。

しかし、自分を知り他人を理解しようと務めることで、仕事も人生もより充実するという見方も可能でしょう。そして、誰かと争うことなく自分にできることを懸命に努力することで、自然と出世への道が開くこともあるのではないでしょうか。

あわせて読みたい!