ビジネススキル

仕事で体調不良になった人が取るべき原因と対策方法を解説!

仕事に熱心な人ほど、体調を崩した時に「まだまだ自分は行けるはずだ!」と無理をする人が多いはず。しかし、無理な労働を続けた結果、更に体調を崩してしまったということはよくある話ではないでしょうか?

自分では疲れていることを自覚していない場合もあり、次の朝目覚めるととっくに出社時間を過ぎているなんてことも…体を壊すことによって、どんな問題が起こるのか。今回は、仕事が原因で体調不良になった人が取るべき対策と注意点を紹介します。

仕事で体調不良になりやすい人は注意するべき

ハードワークが原因で体調を崩してしまうような人は注意が必要です。その理由は、自分がイメージしている限界と、体や精神のバランスが取れていないからです。仕事をしていれば時には徹夜作業をする必要もあるでしょう。

しばしば過酷な労働をすることは仕方のないこと。しかし、継続的にハードワークを続けていると精神面や肉体面で様々な問題が生じてきます。自身の体調を自覚できていないと最悪の場合、仕事に復帰できないほどのダメージを負ってしまう可能性もあります。

「常に完璧な仕事をするんだ!」とモチベーションを高く持つことは決して悪いことではありません。しかし、本当の意味でできるビジネスマンを目指すのであれば、まずは健康管理を徹底することが最優先項目と言えるでしょう。

仕事が原因で起こる身体的な問題

過酷な労働を続けることによって起こる身体的な問題は職種によって様々です。肉体労働をしている人に多いのは、腰を痛めてしまうことや手首などの関節を疲労骨折してしまうこと。一度でも痛めてしまうと継続的なメンテナンスが必要になります。

オフィスワークなど、体を動かすことが少ない人に多いのは、慢性的な腰痛や肩こりです。また、パソコンに向かって作業することの多いオフィスワーカーは、眼精疲労になってしまう人も少なくありません。

長時間労働を長期間続けた結果、肉体的に起こる問題は実に幅広いです。肉体労働、オフィスワークのどちらにも共通して言えることは、過剰な労働で引き起こす肉体的な問題のほとんどが一生継続して付き合っていかなければならないということです。

仕事のストレスが原因で起こる精神的な問題

徹夜作業や常に仕事を最優先しているような人は、精神的な問題が起こってしまう可能性があります。具体的な症状としては、自立神経失調や鬱病などが典型的なパターンになっています。精神的な問題は完治するまでに長期間要することが多いのが特徴です。

競争率の激しい業界で、毎日ハードワークを続けていると次第に精神を消耗していきます。日に日に疲弊していく精神面を放置しておくと、睡眠障害などを引き起こしてしまいます。疲れているのに眠れないような状況が続くと鬱病に発展する危険もあります。

過剰労働や厳しい会社に勤務している人の鬱病発生率は非常に高く、現代社会の1つの問題点になっているほどです。無理して働くことにより、出社すること自体が難しくなってしまうほどの病を抱えるリスクがあることは、自覚しておくべきと言えるでしょう。

体調不良で仕事を休む際は迅速な欠勤連絡を

体調が悪いと感じた時は、無理せず休養して回復する機会を作ることも大切です。ここで重要になってくるのが、会社への欠勤連絡です。自分がどのような状況で仕事を休む判断を下したのかを明確に知らせる必要があります。

欠勤連絡のポイントは、なるべく迅速に連絡することです。「休んでいいのか分かんない」と迷って連絡が遅くなってしまうよりも、体調が悪化していることを速やかに連絡した方が会社としても予定変更などの対策ができるはず。

インフルエンザなどの突発的な病気はもちろん、慢性的な疲労によって体調を崩した時でも会社への欠勤連絡は早めにするように心がけましょう。連絡をした後は、病院へ行くなどして体のメンテナンスをしっかりと行うようにすることも仕事の1つです。

仕事を休む際の欠勤連絡で注意するべきポイント

欠勤連絡を送る場合は、早めに連絡すること以外にも注意点があります。上司や同僚に体調を崩して会社を休むことを告げるには、それなりのマナーが必要になります。一定のルールを守ることは、社会人として常識と言えるでしょう。

体調を崩してしまったことを上司に告げる場合は、自分がどんな状態になっていて会社を休む必要があるのかシンプルに伝えるのがポイントです。その他、一方的に「休みます」と告げるのではなく「休んでもよろしいでしょうか?」と回答を委ねることも大切です。

欠勤連絡は同僚にもするようにしましょう。特に同じプロジェクトに携わっている同僚には、どのくらいの期間休む予定なのか、自身の現状などもなるべく詳細に伝える必要があります。迷惑を最小限に留めるためにも意識しておくべきポイントと言えます。

体調不良を少しでも改善したい人が実践するべき対策

ハードワークが原因で体調を崩してしまった人は、これ以上問題が悪化しないように日々のメンテナンスをしていくことも重要です。健康を取り戻すことは仕事・プライベートを問わず生きていく上で最も大切なことのはず。

激務に追われている人は、健康的な生活を送るのが難しいでしょう。そんな中でも健康を維持していきたいと願うなら、ちょっとした生活習慣の改善がポイントになります。ここからは、体調を少しでも改善するために実践するべき対策を紹介します。

リフレッシュ!適度な運動を生活に取り入れる

パソコンに向かって作業することの多いオフィスワークの人などは、体を動かさないことによって問題が起こっているパターンが非常に多いです。肉体面、精神面共に運動しないことは健康的なリスクが大きいと言えます。

現在、ほとんど体を動かすことがない人は、日々の生活に運動を取り入れると良いでしょう。ジョギングやフィットネスジムでの無酸素運動を行うことは、体のメンテナンスだけでなく精神面でもリフレッシュするのに最適です。

出勤前に腕立てや腹筋、スクワットをしたり、仕事終わりに15分ジョギングする習慣を取り入れるだけで、心と身体のバランスを整えることができます。まずは少しでも体を動かす生活を意識してみることから始めてみてください。

深呼吸!1日5分の瞑想でノイズを追い出す

頭で考える作業が多い人や人間関係に悩んでいるような人は、瞑想する習慣をつけるのがおすすめです。瞑想と聞くと難しいように感じてしまう人も多いと思います。しかし、方法は至ってシンプルです。

瞑想は座った状態、または仰向けの状態で深呼吸をするだけ。頭の中では絶えることなく雑念が浮かんでくるでしょう。この時、深呼吸することに意識を集中するようにして雑念を考えないようにします。

瞑想を続けることによってストレスを適切に対処できるようになります。どんなに忙しい人でも1日に5分間だけ時間を空けることはできるでしょう。たった5分間の瞑想が健康維持に大きな効果を発揮します。無料でいつでもできることなので、是非試してみてください。

食事改善!偏った食事からバランスの良い食事に変える

忙しい毎日を過ごしている人は、偏った食生活になりがちです。栄養が偏ってしまうと精神状態も偏ってしまうもの。それだけではなく糖尿病などの深刻な病気にかかってしまうリスクも高くなってしまいます。

栄養バランスの良い食事に変えるだけで健康状態を改善できる人も少なくありません。外食の多い人は糖質過多になりがちです。現代の日本食には意外にも多くの糖質や脂質が含まれているものです。糖質の摂り過ぎは様々な病気を招いてしまいます。

空腹を満たすことができれば何でもいいと考える人もいますが、ハードワークに耐えられるタフな体を手に入れたいなら、食べるものもしっかりと管理する必要があります。人間の体を作っているのは食べ物なので、食事に気を使うのはビジネスマンの基礎とも言えるでしょう。

まとめ

今回は仕事で体調不良になった人が取るべき対処法やポイントを紹介しました。キャリアアップを目指している人や、ベンチャー企業でバリバリ働いている人は健康管理ができなければ深刻な病気に発展してしまうリスクがあります。

万が一、出社できないほど深刻な状態になってしまった時は、体調不良によって会社に行けないことを迅速に伝えることも仕事の1つです。上司はもちろん、同僚にも具体的な症状や休む期間を知らせる必要があるでしょう。

健康を維持しながら仕事をこなすのは意外と難しいものです。時にはプロジェクトを進めるために過剰な労働を続けなければならないこともあるでしょう。そんな時こそ心身共に健康な状態で仕事を続けられるように体調を管理していきましょう。

あわせて読みたい!