ビジネススキル

目標達成ノートを作ってあなたの夢をかなえる現実的な6つの方法

今、夢をかなえる方法として目標達成ノートが注目を集めています。しかし「ノートに書くだけで夢がかなうなんてある?」と、懐疑的になってしまいますよね。実は目標達成ノートの力には確かな根拠もあるのです。まさに夢のような方法でありながら現実的な力となる目標達成ノート。その作り方や、どんなふうに利用すればいいのか、詳しく知っておきましょう。正しく学べばあなたの夢もかなえられます。ぜひ実行してあなたも成功者になってください。

目標達成ノートは本当に効果があるのか

やはり気になるのは目標達成ノートを作ったとして、本当に効果があるのかということではないでしょうか。そこで実際に目標達成ノートを利用して成功した人の具体的な例をご紹介します。また、目標達成ノートの根拠とする心理学や脳科学の理論もわかりやすく解説させていただきます。目標を実際に達成するのにノートをつける理由を理解して、あなたもぜひ成功体験をしてみてください。人間は本来目標を達成する力を持っているのです。

浅田真央やブルース・リーなどの成功者に学ぶ

少々古いですが、世界的なアクション映画の成功者であるブルース・リーは、目標達成ノートの先駆者とも言える人物でした。彼はしっかりとした成功哲学を持っていて、目標が浮かんだらノートに書き留めていたのです。そして実際に世界的な成功を収めました。また、フィギュアスケートで有名な浅田真央選手も、目標を書いたものを部屋に貼っていると言っています。彼女は世界に冠するフィギュアスケート選手として成功していますね。成功者はなんとなく成功したのではありません。しっかりとした目標を持って、それを1つ1つ達成していったのです。そして1つ1つの目標達成に目標達成ノートを利用することが正しい方法だと知っていました。

脳に目標を具体的に教えることで達成できる

目標達成ノートによって目標を達成できる理由については、心理学で「思考の外在化」、脳科学では「RAS効果」と呼ばれている働きによるものです。思考の外在化とは、思考を目に見える形として書き出すことでよりはっきりと認識すること。RAS効果とは、目標をはっきりと定めることで脳がその達成のために必要なものを選別するというものです。つまり、目標達成ノートに目標を書くことで、脳がそれを達成するべきものと理解する。そして脳が達成に必要なものを選択して目標達成のための気づきを与えてくれるのです。心理学でも脳科学でも、脳にはっきりとわかる形で目標を示すことが目標達成のためには必要と考えられています。目標達成ノートを続けることで目標が達成される理由はすでに解明されているのです。

目標達成ノートの作り方と続け方

それでは夢をかなえるために、目標達成ノートの具体的な作り方を学びましょう。目標達成ノートは、ただ適当に夢を書いていけばいいというものではありません。目標を確実に達成するには、その書き方に大切な法則があります。また、せっかくの目標達成ノートも続けなければ意味がありません。多くの場合、目標達成ノートが失敗する1番の原因となっているのが、続けられなくなってしまうからです。そこで続けるためのコツも一緒に知っておきましょう。

現実に達成可能なことを書いていく

目標達成ノートで夢をかなえるためにはとても大切なことがあります。それは頑張れば達成可能なことを書くことです。たとえば「5kg痩せる」という目標は頑張れば達成できます。しかし「ジョニー・デップになる」という夢はどうやってもかないません。「ジョニー・デップのような俳優になる」ならギリギリかなうかもしれませんが、到達するまでには段階が必要です。つまり1段1段確かめて階段を上っていくように、現実に達成可能なことからノートに書いていくようにするのです。その目標がかなったら次、というふうに実現可能であるレベルを上げていきます。そのためには、地に足がついた目標設定が必要です。自分でも無理だと思うような目標はかなえにくく、逆に失敗体験としてやる気を削ぐ結果になってしまいます。

できるだけ具体的に書くことが大切

目標達成ノートの書き方のコツとして、できるだけ具体的に書くことが大切とされています。つまり漠然と「5kg痩せる」と書くより、「毎朝ジョギングして5kg痩せる」と書いたほうが達成しやすいのです。この具体的に書くということは、具体的に目標達成方法を考えるということでもあります。目標を決めてそこへ到達する方法を考えてノートに書くことで、達成可能であると認識することができるのです。この過程によって、達成可能な目標として脳に認識されます。少し遠回りなように感じるかもしれませんが、実際に行う際には考えて書くだけですから時間はかかりません。脳が達成できる目標として認識したら、あとは目標達成するための行動を自然と取り始めます。

毎日前向きに目標と結果を書いて自分を鼓舞

目標達成ノートを毎日続けるモチベーションを保つには、決してネガティブなことを書かないということが大切です。たとえ目標に届かなくても、「ここまでやった、あと少し!」とか「なかなかがんばってるぞ!」とか、意識して前向きにまとめましょう。目標達成ノートが続かない理由、そして人が目標に素直に邁進できない理由に、自分を卑下する心のありようがあります。どうせダメだからとか自分には無理とか考えて諦めてしまうのです。そういったネガティブな気持ちが入り込まないように、目標達成ノートは必ずポジティブに前向きに自分を応援するような気持ちで書くのがコツです。人は目標を達成する能力を持っています。前に進む原動力さえあれば達成できるのです。

目標達成ノートで目標達成するコツ

目標達成ノートを漠然と書いているだけだと、だんだんモチベーションも下がって来て、目標達成する前にあきらめの気持ちになってしまうことがあります。そこで、より具体的に目標達成ノートを使って目標を達成するコツをお教えします。できないをできるに変えるためには、明確な目標と成功体験、そして情熱が必要です。一見難しそうに聞こえるかもしれませんが、1つ1つをクリアすることで目標を達成するコツが掴めます。ぜひやってみてください。

短期的で具体的な期限を設定して結果を出す

目標達成ノートで目標を達成するコツは、短期的で達成可能な目標を1つずつ達成していくことです。このとき立てる目標はできるだけ具体的にします。たとえば「1日100円ずつ貯金して30日で3000円貯める」というようなものなら具体的で、短期間で達成可能ですよね。いきなり「10年後にオリンピック選手になる」という目標を立てても10年経たないと結果が出ません。そうなると10年の間に諦めてしまうということが起こりやすくなります。しかし短期的で具体的な目標ならすぐにその結果がわかります。達成できなかったとしても、何が悪かったかはっきりとわかるので改善も簡単です。大きな目標につながる小さくて具体的な目標を立てて達成していくことが、あなたの目標達成力となるのです。

計測可能な目標を立てて現在の自分を観測する

目標達成ノートを使って目標達成するもう1つのコツが、計測可能な目標を立てることです。計測可能な目標というのは、たとえば自分の体重などがわかりやすいでしょう。目標として「3ヶ月で5kg体重を減らす」と書いてみます。この目標は、数字としてはっきりと計測できますね。現在のあなたが体重を計ってそこから5kg減らした体重を書き出せば目標体重もはっきりとします。そしてまずは10日目で体重を計測してみるのです。そうすると、目標を書いたときの体重と10日後の体重の差が出ます。その差分から計算すれば3ヶ月後に目標体重に到達可能かが見えて来ます。つまり経過を観測できる訳です。その観測結果を元に、もっと頑張るべきかそのまま続けるべきかを判断し、目標達成を確実にしていけます。

自分が心から求める目標であること

目標達成ノートで目標を達成するために1番大事なことが、あなたが心から望んでいる目標であるということです。たとえば、家族から「貯金を100万円しなさい」とか「そろそろ結婚しなさい」とか言われて、それを目標にしたとします。あなた自身は、「貯金はほどほどに趣味にお金を使いたい」と思っていたり、「結婚はまだ早い」と思っていたりするかもしれません。そうなると、目標を達成する意欲はわきません。こう書くと当たり前と思うかもしれませんが、人は案外と他人からの期待を自分の目標と錯覚してしまうことがあります。ですから、目標を立てる際には、必ずそれが本当に自分の望みであるのか? ということを自分に問いかけてみましょう。あなたが心から望むものを見失わないことが、目標達成の1番の方法です。

まとめ

目標達成ノートで目標達成ができることは、心理学的にも脳科学的にも証明されています。実際に目標達成ノートで目標を達成するために必要なことは、続けることとやり方を知ることなのです。そこで今回、目標達成ノートの作り方や続け方、目標達成のコツをご紹介させていただきました。つい人は自分の能力を低く見て夢を諦めてしまいますが、人間には夢をかなえる力があります。現実的で実行可能な目標達成ノートを使って、ぜひあなたの夢を叶えてみてください。自分の未来を切り開きましょう。

あわせて読みたい!