ビジネススキル

仕事の成果を上げるためのトーク力の鍛え方4選!

仕事の成果を上げるためには、職場内のコミュニケーションや商談等様々なシーンで「トーク力」が必要となります。せっかく良い情報や知識を持ち合わせていたとしても、上手く話すことができなければ、相手を説得したり納得させたりすることはできません。

今回は仕事の成果を上げるためのトーク力の鍛え方を紹介します。トーク力の効果的な鍛え方や考え方等をしっかりと理解し、仕事に役立つトーク力をしっかりと自分のものにしていきましょう。

日々トーク力が向上する!効果的な4つの鍛え方とは何か?

トーク力が向上する効果的な鍛え方を4つ紹介していきます。鍛え方のポイントは、「相手の立場に立ってトークする」ということです。

トーク力が無い方は話が弾まなかったり会話をしても相手からあまり良い印象を持たれなかったりすることがあります。それは相手のことを考えずに会話をしてしまっているからです。

自分自身が相手の立場に立ち相手に良い印象を与えられるような話し方をイメージしながらたくさん会話の練習をすることにより鍛えていきましょう。

毎日たくさんの人に挨拶し人と話す機会を増やす!

トーク力を鍛えるためには、「話しかける」という能力を鍛え人と話をすることに慣れる必要があります。そのためにすべきことは、会話の基本である「挨拶」なのです。

毎日意図的にたくさんの人に自分からすすんで挨拶をすることを心掛けましょう。明るく挨拶をされて気分を害する人はいませんし自分自身の印象も良くなることでしょう。ただ挨拶をするだけでなく挨拶に一言添えることを心掛けましょう。「今日も寒いですね」や「その服お似合いですね」等些細なことで構いません。

こうして毎日たくさんの人に挨拶をしていくことにより、自然に話しかけるという技術も身についていきますし、人と話す機会も増えます。つまり話しかけることによって、人に話しかける技術とそこから会話に結びつける技術の両方が身についていくのです。

相手の話を聞くことを重視してトークを展開する!

トーク力と聞くと「どう話を盛り上げるか」「どのように上手く切り返すか」といった技術に目が向きがちですが、大切なことは相手と会話を続けるということです。

どんなにトーク力がある人であっても、自分だけが一方的に話し続けることは避けるべきです。トーク力が高い人は、自分のトーク力を披露することよりもいかに相手を楽しませることができかという点を重視しています。

そのためには、「相手の話を聞く」ことが大切です。誰でも自分の話を全く聞いてくれない人との会話はつまらないものです。トーク力を鍛えるためには、自分が話したいという気持ちを抑え相手の話を聞くことを重視しましょう。

相手の話をしっかりと聞き言いたいことを理解する!

話の内容をただ聞いているだけでは会話は続きません。相手は本当に自分の話を聞いてくれているのかどうか不安になりますし、聞いているだけでは会話は盛り上がりません。

トーク力を高めるためには、相手の話していることをしっかりと聞き相手の感情や言いたいことを理解することです。同調してほしい相手に、説教じみた答えを返しても関係はぎくしゃくしますし会話も盛り上がりません。

相手の求めているリアクションがわかれば会話は盛り上がりますし相手も会話に満足することでしょう。会話における相手の期待に応えることがトーク力を高めるポイントなのです。

自分の意見を押し付けず相手の気持ちを考えてトークを展開する!

トーク力のある人は、自分の話で相手を圧倒するということはしません。「あなたのここがダメなんだ!」、「あなたの考えは間違っている!」といった相手の行動や決断を全否定するような言い方は避けていきましょう。

決して自分の意見を言わないということではありません。会話を楽しむためには適切な「言い方」があるということです。自分の主張したい気持ちと相手の気持ちの両方を考えた言い方にしなければいけません。

「あなたの意見も一理あるけど自分はこう思うな!」というような自分の考えを主張しつつ相手を否定しない言い方を考えてみましょう

 

トーク力で仕事の成果を上げている人が行う事前準備とは何か?

次にトーク力で仕事の成果を上げている人が行っている事前準備を紹介していきます。トーク力がある人は、会話をする際にいわゆる「出たとこ勝負」でうまく会話ができているわけではありません。

会話の下地になるような情報を事前に仕入れたり会話が盛り上がるように自分自身で事前にイメージしているのです。

また、会話をする前の事前準備をしておくだけで、トーク力に自信がない方でも気持ちが楽になり緊張を緩和する効果もありますので事前準備の内容をしっかりとチェックしていきましょう。

トークに必要な情報をたくさん仕入れておく!

トーク力を鍛えるということは自信を持って話せる情報が豊富にあるということです。トーク力がない人は話す話題がない場合が多く、何を話してよいのかわからなくなり会話が止まってしまうのです。

しかし様々な情報や話題があれば、話す人との共通の話題を見つけて積極的に会話をすることができます。あらゆるジャンルの情報にある程度精通していれば、どんな相手とも共通の話題を持つことができ会話が弾みます。

特定のジャンルに偏ることなく自分自身に常にアンテナを張り巡らして様々な情報を仕入れるように心掛けて日々を過ごしていきましょう。

トークのネタや話し方等「テーマ」を設定しておく!

誰かと話をするとき、事前に自分の中で「テーマ」を設定しておくことで、トーク力は鍛えられますし会話もスムーズに進みます。まずは「トークのネタ」のテーマです。「今日はこんな話をしてみよう!」というネタを決めて会話に臨むのです。日常生活で得た知識でも良いですし、自分が最近興味のあるジャンルでも構いません。ある程度ネタをピックアップしておけば話のネタに困ることはありません。

次に「話し方」のテーマです。「会話の中に一つ笑えるネタを入れる!」や「わかりやすく話す!」等会話における話し方の目標を設定するのです。何も考えずに話をするよりも会話のトレーニングの効果が高まります。

トーク力で仕事の成果を上げている人の考え方とは何か?

トーク力の鍛え方や事前準備をご紹介してきましたが、次はトーク力で仕事の成果を上げている人の根本的な「考え方」を紹介していきます。

考え方のポイントとしては、「相手を受け入れる」ということです。トーク力と聞くとついつい自分自身の話し方ばかり気にしてしまいますが、相手の意見や考えを受け入れられるかということが相手と快く会話をするためには重要なことなのです。

相手を受け入れるためには相手の話を聴く「聴く力」と相手の考え方や意見を受け入れられる「理解力」が必要となります。

自分とは違う考えを受け入れるという気持ちを持つ!

トーク力がない人は自分が一番正しいと思っています。そのような考えは会話にも表れ「それは違うよ!」等と反論をしてしまいがちなのです。

反論ばかりする人との会話はもちろん楽しめるはずもなく相手から「この人とは話しても無駄だ」と思われてしまいます。まずは自分が一番正しいという意見を捨てましょう。

「正しい」と「間違っている」という考え方ではなく「自分と同じ意見」と「自分と違う意見」という考え方のように、相手を否定するという考え方から自分とは違う意見である相手を受け入れるという考え方にシフトさせていきましょう。

自分の主張ばかりせずに相手の話をしっかりと聞く!

相当な人格者や信頼できる存在の人からのアドバイスでない限り、基本的に他人からアドバイスはされたくないという人がほとんどです。

しかしトーク力のない人やトーク力をはき違えている人は、「自分の正しい考えをみんなに聞いてもらいたい!」という思いが強くなり会話にも表れてしまうのです。

たいていの会話では自分自身の意見や強い主張は望まれていないということをしっかりと理解しておきましょう。相手が望んでいることは親身になって話を聞いてくれることなのです。

悩み事相談の会話では、相手の話を親身になって聞き続けるだけで自分なりの解決方法を自然と見つけることができることが多々あります。

まとめ

今回ご紹介したトーク力の鍛え方や考え方の一つ一つは、決して初めて耳にする新しい事柄ではなくどこかで聞いたことがあるような内容だったのではないでしょうか?

トーク力を鍛えるためには、今回ご紹介したような簡単なことや単純なことをしっかりと理解し実行していくことが大切なのです。そしてトーク力が無いと嘆いている方は、今回ご紹介した簡単なことや単純なことである会話の基本ができていない方が多いのも事実です。

家族や友人といった親しい人と会話をするときでも、何も考えずに自分勝手に会話をするのではなく、今回ご紹介したことを実践し相手の立場に立ち相手を受け入れる気持ちで会話することを心掛けてみましょう。

トーク力は正しい理解と練習の積み重ねで必ず向上します。

あわせて読みたい!