ビジネススキル

「朝を征する者は仕事を征する!」社会人のための朝読書のすすめ!

「朝はギリギリまで寝ていたい!」と思う忙しく疲れている社会人の方は多くいらっしゃると思います。しかし、朝の時間は起きたばかりなので身体的に疲労もなく集中力を伴って活動できる「最高の時間」なのです。

この最高の時間である朝の時間帯を利用し、読書をすることで様々な知識や情報を効率的に吸収することができるのです。今回は、忙しい社会人のための「朝読書」について詳しく紹介していきます。

朝読書で眠い朝を征すれば困難な仕事を征することができ、明るい未来を切り開いていけるかもしれません。

朝読書をすることにより得られる身体的なメリットとは何か?

朝読書をすることにより得られる身体的な様々なメリットを紹介していきます。体が活動を始める朝は脳が最もリフレッシュしている状態であり、朝のタイミングに読書をすることにより脳の血流が良くなり脳の活動に弾みがつき思考を柔軟に働かせるためには効果的な方法と言えます。

その他にも朝に活動するメリットは科学的な根拠もたくさんありますし読書によって得られるストレス解消のメリットもあります。朝読書はまさに「体に良いこと」なのです。

意欲的に朝読書をはじめるために朝読書がもたらす身体的な良い影響をしっかりと理解しモチベーションを高めていきましょう。

脳も身体もすっきりしている朝はメリットだらけ!

脳科学的に朝は神経細胞の「ニュートロン」が結びつきやすく潜在能力を最大限に発揮するため、読書での効果が得やすい時間とされています。また朝は快感を生み出す「ドーパミン」も多く分泌されるため難しいことでも意欲的に取り組むことができます。

また、朝は人間の脳が眠くなるといわれる「メラトニン」の分泌が抑えられるため読書をするに連れて目も冴えてきます。

このように脳が最もリフレッシュしている時間でありかつ身体が活動を始めるタイミングである朝に読書を行うことにより、脳の血流が良くなり思考を柔軟に働かせることができるようになり快適な一日をスタートさせることができるのです。

身体的に疲れていない朝は集中して本を読める絶好の時間!

一日の始まりである朝は身体的にも疲れておらず集中して本を読める時間なのです。仕事終わりの疲れ切った時間にする読書と比べると読書の「質」が違います。

また朝は時間がとりやすいという点も魅力的です。急に仕事が入ったりすることもありませんし、飲み会の誘いももちろんありません。早く起きることさえできれば時間は簡単に確保できるのです。

朝読書は体に疲れが無い状態や先に説明した脳科学的な理由そして他人に邪魔されることが無いことから、安定した集中力と時間を確保することができるのです。質の高い読書ができる正に「絶好の時間」と言えます。

朝読書で気持ちを落ち着かせストレス解消になる!

読書には気持ちを落ち着かせてリラックスさせる効果がありストレス解消に繋がります。ストレス解消のための読書として重要なポイントは「本を読むことに没頭すること」です。本に没頭すればするほど現実を忘れることができリラックス効果は高まります。

好きな本や興味のある本を選び楽しく読み進めるだけでリラックス効果があるのであればやらない手はありません。更に朝に読書をすることにより集中力による本の情報や知識の吸収力が上がるという「おまけ」つきです。

朝から読書でリラックスしストレスを解消できれば、仕事も意欲的に取り組むことができ業務効率も上がることでしょう。

朝読書をすることにより得られる将来的なメリットとは何か?

次は朝読書で得られる将来的なメリットを紹介していきます。朝読書のメリットとしては、誰にも邪魔されない時間そして集中力が高まっている朝の時間に読書をすることにより効果的に情報や知識を吸収できることが挙げられます。

朝読書を毎日継続的に続けていくことで、朝時間を活用できていない人と比較すると朝の集中力による効率的な朝読書で確実に情報や知識を豊富に得ることができますので能力差は必ず出てくるはずです。朝読書のメリットが将来的な自分自身のメリットにつながっていくのです。

周りが寝ている間に朝読書で差をつけることができる!

朝読書は自分自身を成長させ周囲の人に大きく差をつけることができます。早起きして活動をしている人は少ないですし読書をしてスキルアップを図ろうとしている人は更に少ないはずです。

しかしデキる社会人はいわゆる「朝活」や朝に本を読むという習慣をしっかりと身につけている方が多いのです。今でこそ朝活は認知されてきましたが、世間に知れ渡る以前から朝の時間の活用はデキる社会人が努力する方法の一つとして用いられています。

朝読書は短期的に見ると時間確保し集中した環境で情報や知識が収集できるメリットが得られますし、長期的に見ると朝読書で得た知識や情報の積み重ねから周囲に差をつけることができるというメリットが得られその効果は絶大なのです。

脳が活動し始める朝の集中力で効率的な読書ができる!

先に説明した通り脳が活動し始める朝は集中力に溢れています。読書以外でも同じ活動をした場合朝の時間帯の方がより効率的に活動が行えるのです。

例えば朝の時間帯に仕事をすればミスが少なく短時間で仕事をこなすことができますし、掃除等の家事も効率よく短時間でこなすことが可能になることでしょう。

集中力が高まり物事を効率良くテキパキとこなせたという経験は誰もが経験されたことはあると思いますが、その経験のような集中力のある状態が朝活動をすれば毎日手に入るのです。

集中力の高い朝の時間帯を読書に費すことで質の高い読書ができ情報や知識を効率よく存分に吸収できることは容易にイメージすることができます。

朝読書という「自己投資」で将来の可能性を広げる!

集中力の高い朝の時間は読書という「自己投資」を行うために最も適した時間と言えるでしょう。本を読む人と読まない人ではその後の仕事ぶりや生活に大きな差が開きます。

読書で様々な知識や情報を得ることにより仕事の能力に差が出ますし、読書によって考え方を学べば仕事において困難なことがあっても柔軟な対応で乗り切ることができますし、柔軟な考え方を手に入れれば仕事の成果も上がることでしょう。

読む本にもよりますが、本を一冊読むだけでもかなりの知識や情報を得ることができます。読書を習慣化できれば相当な成長に繋がっていきますしそれは将来の可能性を広げることでもあります。

朝読書を効果的に行うためのポイントとは何か?

朝読書は意欲的に行わなければ意味がありません。嫌々朝早く起きて読書をしているようでは、情報や知識の吸収力も落ちますしせっかくの情報や知識を吸収するための時間が苦痛な時間になりストレスに感じることにもなりかねません。

そこで、朝読書を効果的に行うためのポイントを紹介して行きます。朝読書をする時間が好きになるように朝読書のやり方を工夫していきましょう。

メリットがある朝読書だからと言って「今日はここまで絶対に読み切る!」等と言った自分自身にノルマを強いるような方法ではなくできる範囲で「頑張りすぎない」ことが大切です。

興味のある本をただ読むだけで身体に負担をかけない!

朝読書にメリットがあるからと言って、朝から頭を悩ませるような難しい本を読もうとすることはモチベーションの低下に繋がり長続きしません。必ず自分が興味のある本を選ぶことを心掛けましょう。

また「朝の貴重な時間に読書をしているのだから必ず何か収穫を得よう!」という気持ち読書をすると、身体や脳に力が入ってしまい体に負担がかかる場合があります。ストレス解消の効果も期待される読書なのですから、肩の力を抜きただ普通に読み進めることを心掛けましょう。

朝にただ興味のある本を読むという「読書を楽しむ」姿勢こそが朝読書の様々な効果を得られる一番の方法なのです。

とにかく毎朝読書を行うことを心掛け習慣化する!

朝読書には様々なメリットがあることはおわかりいただけたと思いますが大切なのは毎日継続することです。毎日朝読書を行うことでこれまでご紹介してきた様々な効果が蓄積され自分自身の力になっていくのです。

しかし、意識的に続けようとすると義務的な思いが出てきて気が進まなくなることがあります。朝読書を効果的に行うためには、意欲的な気持ちが必要不可欠です。あくまで読書を楽しむというスタンスで朝読書に取り組むことを心掛けましょう。

また読書は場所を選びません。少し早起きしてベッドの上で読書したり通勤電車の中で読書したり等様々な場所で読書することが可能です。自分に合ったスタイルを確立して朝読書を習慣化していきましょう。

まとめ

朝早起きして読書をすることは、あなたの仕事をそして人生を大きく好転させる可能性を秘めています。集中力がある朝という時間を確保し読書をすることで、朝以外の時間帯に読書をすることよりも何倍も効率よく情報や知識を吸収し成長することができるのです。

また朝読書を継続し習慣化することは、朝の時間を活用できていない人と比べて成長力で大きな差がつくことになります。仕事の成果を上げたり目標の達成が早めたりするために、朝読書という習慣を効果的に使い自分自身のスキルや知識をどんどん上げていきましょう。

仕事や生活をもっと充実させたいという方にとって、ストレス解消等の身体的メリットと成長力が上がる将来的なメリットを併せ持つ「朝読書」をやらない手はありません。

あわせて読みたい!