ビジネススキル

仕事も私生活も動き出す!周囲に認められる聞き上手になるには?

仕事ができる人、私生活が上手くいっている人の特徴に、「聞き上手である」という特徴が含まれることはよくあります。

この聞き上手は単なる人の相談に乗るのが得意であるということだけでなく、相談以外にも様々な局面で役に立つ重要なスキルであることを皆さんはご存知でしょうか?

今回はそうした聞き上手の聞き下手な人との間に広がる差や、周囲に認められる聞き上手になるための方法をご紹介します。今の仕事や私生活を好転させたいと思われる方はぜひご覧ください。

今できることから始めて、明日の自分を変えていきましょう。

聞き上手な人と聞き下手な人の間に生まれる差とは?

聞き上手な人と聞き下手な人との間には、仕事においても私生活においても様々な差が生じます。

それは聞き上手であるかそうでないかが、人間関係を構築していく上で大切なスキルなためであり、このスキルを欠く場合やむしろ聞き下手である場合は改善が必要となるでしょう。

ここで紹介するのはそうした聞き上手のおかげで得られるアドバンテージです。皆さんの周りでこうしたアドバンテージを得ている方を観察し、聞き上手であるかどうかを判断してみてはいかがでしょうか。

洞察力が違う!仕事で必要とされる存在に

聞き上手な人は洞察力を持っている人でもあります。

こうした人は相手が振ってくる話題の裏にある真意やその人が置かれている立場などを読み取り、それを踏まえた上で会話をすることができます。

すると会話には深みが増すことは容易に考えられるでしょうし、これが商談などであればトントン拍子で取引が進むのではないでしょうか。

こうした人は「ビジネスシーンで必要とされる存在」となって当然でしょう。

そうした人材はどこの職場でも貴重な存在であり、1つの職場で長く勤める場合にも転職をした場合でもその人の能力として活かすことができます。

安心感アップ!人間関係が格段に充実する

聞き上手である人は先程ふれたビジネスシーンにおいても、仕事やプライベート双方を含む相談事にしても、非常に重宝される存在となれることは容易に想像できるでしょう。

そうした人の周りには常に人が集まり、人間関係は広く密で充実したものになります。

私達の生活はそうした人と人の繋がりによって成り立っているのですが、この人間関係を軽視する方は一定数います。ただ、そうした方の人間関係は充実しているわけもなく、人生にも深みは出てきません。

聞き上手であること、人間関係が充実していることは人生を充実させるためのヒントでもあるわけです。

仕事も私生活も充実!人を助けることは自分を助けること

聞き上手な人の周りには人が集まるということはすでにお話させていただきました。

そしてそれを軽視する人が一定数いることもすでにお話させていただきましたが、そうした人達が言い始めるのは「単に利用されているだけなのでは?」といったことではないでしょうか。

確かに聞き上手であることで人の話を聞く手間や時間は要するのは事実かもしれません。しかし、そうした見方は穿った見方でしょう。

聞き上手で相談に乗ることや必要とされることは、何も自分以外の誰かだけを助ける行為ではありません。人を助けることは自分を助けることを意味します。

このことは『情けは人の為ならず』のことわざがしっくりくるはずです。

話を聞くだけが聞き上手じゃない!愛される聞き上手とは?

話を聞くことが上手いだけが聞き上手であることの定義ではありません。真に「周囲から愛される聞き上手」というのは、相手の話をただ一方的に聞いているだけではなることができません。

ここではあなたが今すぐにでも聞き上手となれるよう、そのコツやテクニックをご紹介していきます。日頃の自分の言動との違いを考慮した上で、改善していける部分を取り入れていくようにしましょう。

こうしたコツやテクニックを意識して生活すること、継続していくことであなたもきっと聞き上手になることができます。

否定から入るのは聞き下手!嫌われる可能性大

人の相談を聞いている時、思わず自分の意見を言いたくなる瞬間があるはずです。もっとも相談している側もそうした意見を求めている場合もあるのですが、その一方で話すことで満足するという人もいることをわかっておかなくてはなりません。そうした人を相手に話を聞く時は、意見を求められたとしても「否定から入るのは辞めたほうが良い」といえるでしょう。否定の仕方にもよりますが、時には嫌われてしまうこともあるので注意が必要です。

相談された側としては「自分は必要とされているのだから、どんなに冷たいことであっても本人に言わなくてはならない」と考えがちです。しかしそれは冒頭でご紹介したように洞察力を使って相手の考えや立場を読み取った上での意見でなくてはなりません。

相手のことを考える!認めつつ意見を言おう!

相手の話を聞いた上で、意見を言いたい場合や意見を求められている場合には、まず相手の考えを尊重すること、寄り添った意見を言うことを第一に考えましょう。その前提なくして相手はあなたに話を聞いてもらって良かったとは思えませんし、むしろ相談したことが間違いだったと思ってしまうかもしれません。あなたの言おうとしている意見が相手にとってどのような影響を考えずに伝えれば、それは言葉の暴力になることもあるのです。

言葉がもたらす影響は人をとても強くすることもあれば、人に深い傷を与えることもあります。言葉の扱いには常にデリケートでなくてはなりません。

物事を俯瞰しよう!相手の気付いていないことを気付かせる

人の話を聞くときには、「物事を俯瞰する」ということがとても重要です。物事を俯瞰することができれば、相手が気付いていないことにも言及してあげられることができ、自分と相手の双方の考えに広がりをもたせることが可能になるでしょう。するとその会話はより有意義なものになるため、相手はあなたに話をして良かったと考えるはずです。そうした良い評判は他の人にも波及し、あなたは多くの人から慕われ必要とされる存在になることができるでしょう。

物事を俯瞰する時には相手の話を集中して聞くことはもちろんのこと、会話に出てくる事象を上手く頭のなかで咀嚼していく必要があります。最初は難しいかもしれませんが、「5W1H」などの考え方に照らし合わせていけば、それも捗るのではないでしょうか。

聞き上手のコツ!相談相手には知識と経験が必須

すでに聞き上手である人の特徴、あるいは今から聞き上手になるためには、「ある程度の知識と経験が必須」であることも理解しておかなくてはなりません。

誰しも「この人には言われたくない」というイメージはあるはずで、こうした人物にあてはまらないためにはわかりやすい話「ノウハウが必要になる」ということです。

しかし、そうしたノウハウが誰にとっても輝かしいものである必要はありません。相談してきた人と「同じ悩みを克服する方法(知識)を持っていること」、「同じことで悩んだ経験があること」、それさえあれば十分です。

それがなければあなたに言葉には力を宿すことは難しくなるでしょう。

もっとも、話を聞いてもらうだけで満足する人がいることも事実ですから、相手があなたに話をすることによって何を求めているのかについても考えを巡らせる必要があるかもしれません。

その上であなたが相手にしてあげられることを考え、相手のためになれるよう寄り添ってあげることが必要なのではないでしょうか。

まとめ

聞き上手な人と聞き下手な人の間には、人間関係の構築において考え方や行動に大きな違いが生じ、その関係の充実度も違ってきます。

人間関係あってこその私達の社会では、その充実度が人生の充実度にも直結してくるのではないでしょうか。つまり聞き上手であることは世の中を渡っていくために必要なスキルであるといえます。

人と話をする時は「否定から入らない」、「相手の考えを尊重する」、「物事を俯瞰し相手の気付いていない部分に言及する」といったことができると理想的です。

もっともそうした聞き上手になるためには知識と経験があるといった、人間を形づくるベースの部分も重要になってくるでしょう。

あなたはあなたの人生を豊かに生きられるよう努力しつつも、どういった点で自分の知識や経験を人のために還元できるかを考えられると良いかもしれません。

 

あわせて読みたい!