転職

不安を緩和し「転職する勇気」を持つための方法!

「転職したいけれど今の仕事を辞める勇気が無い」等「転職する勇気」を持てない方は多くいらっしゃると思います。今回は転職に対する不安を緩和し「転職する勇気」を持つための方法について紹介していきましょう。

今の仕事を辞めて新たな仕事を見つけるという転職はとても勇気のいることですし、転職活動を行うにあたり様々な不安が付きまといます。

「勇気」を持つためには不安を取り除かなければなりません。転職に対する様々な不安とその緩和方法を知ることで心に安心感が生まれ次第に転職する勇気が湧いてくることでしょう。

転職への不安とその緩和方法とは?

まずは多くの人が抱く転職への不安をチェックしその緩和方法を見つけていきましょう。一般的な転職への不安は「今の仕事を辞めることによる漠然とした不安」そして「転職先が見つからないという不安」更に「転職しても問題が解決しないのではないかという不安」の3点です。

転職活動をするにあたり転職成功への道筋が立てられるのであれば不安は緩和させることができますので、不安の原因となっている漠然としたものをより具体的にしたうえで緩和方法を探していきましょう。

今の仕事を辞めることによる漠然とした不安

今の仕事を辞めるということはとても不安になるものです。仕事を辞め収入が無くなることへの不安そして転職先が見つかるのかという不安、これまで仕事で身につけた能力を活かして働ける仕事があるのかあるいはゼロからのスタートになってしまうのかという不安等、仕事を辞めることによる不安を挙げだしたらきりが無く様々な漠然とした不安が頭をよぎることでしょう。

まずは様々な漠然とした不安を明確にしたうえで、仕事を辞めて転職活動を行う上でネックになっている「大きな不安」をピックアップしその解決策を見つけることによりその他の小さな不安はあまり気にならなくなるものです。

転職先が見つからないのではないかという不安

転職先が決まってから今の仕事を辞めることが理想的ですが、様々な事情で在職中に転職を決めることが難しく退職後に転職活動を行う場合も多くあります。

この場合失業保険や次の転職先からの給料までにある程度の期間を要しますから「無収入」の期間が生じてしまいます。収入のない日々に不安を感じることにより「転職先が見つからなかったらどうしよう」という不安に駆られることは大いに考えられます。

なるべくであれば収入を確保できる働きながら転職活動を行うことがベストなのですが、退職後に転職活動を行う場合の資金面の不安を解消するために貯蓄や副業等の自分なりの「資金源の確保」を事前にしっかりと考えておきましょう。

転職しても問題が解決しないことへの不安

人間関係や就業条件に不満を感じ転職を検討している場合、「転職しても問題が解決しないのではないか」と不安になる場合があります。

就業条件については、事前にしっかりと求人情報を確認し面接などでも念を押して確認を行うことにより問題を解決することは可能です。

しかし上司と合わない等の人間関係を理由に転職を考えている場合は、実際に働いてみなければわからないという不安は残ります。また人間関係の問題はどの企業でも起こり得ることですので「多少の人間関係の問題はどの企業でも起こり得ることである」という理解は必要です。今の仕事の人間関係の状況をもう一度振り返り「どうしても我慢できない」という場合のみ転職先に「賭けてみる」ことをおすすめします。

転職するか否か!決断する勇気を持つ方法!

次に転職するか否かを決断する勇気を持つ方法を紹介しましょう。「転職したい!」という度合いは人によって異なりますので自分自身の状況をしっかりと把握したうえで転職するか否かを決断する必要があります。

「何となく今の仕事が嫌になったから転職したいな」といった漠然とした気持ちでは「決断する勇気」を持つことはできません。今の仕事が嫌ならどのような点が嫌なのかを明確にすること、そして落ち着いて客観的に状況を把握することができれば転職に対する的確な判断が可能となり「決断する勇気」が持てるようになります。

転職したい理由を書き出し明確にする!

転職したいと思う理由を紙に書き出すことにより考えていた思いがより明確になり「転職するぞ!」という決意が固まり勇気が湧いてきます。

また書き出すことにより転職に求めていることや求めている条件も明確に把握できるので、転職に対する自分自身の考え方の軸を持つことができ今後の転職先を探すときにも大いに役立ちます。

例えば「もっとやりがいのある仕事がしたい」ことが転職したい理由だとすれば、自分自身が今まで培ってきた能力や得意分野そして興味関心のあることから仕事を選択することが転職先探しにおいて重要なポイントになることが見えてきます。

客観的に状況を判断し転職するか否かを決める!

今の仕事に不満を感じて転職を考えている場合はまず冷静になり客観的に状況を判断し転職するか否かを決断するようにしましょう。

例えば業界や職種が異なる友人と給料を比較したところ自分の給料が安く「もっと給料が高い仕事に転職したい!」と考えた場合、自分の市場価値や経験そしてスキルを考慮すると現状の給料以上にもらえる転職先が無かったとします。

その場合転職をする意味合いが無くなってしまいますので、転職をせずに今の仕事を続け将来の給料が高い企業への転職を目指して自分自身の市場価値を上げるための努力をしていくという客観的な視点に基づいた的確な決断をすることができるのです。

徐々に転職へ向かう!転職を進めるステップとは?

「さあ転職活動をするぞ!」と思いやらなければならないことや取るべき行動について考えた後は、段階的に転職活動を進める方法を考えていきましょう。

無理して一気に様々な活動をスタートさせたり無計画に行動しても良い成果は生まれません。やるべきことを整理しスケジュールを立て段階的に行動し、効率的に一歩一歩転職活動を進めていきましょう。

また効率的に転職活動を行うためには、「転職のプロ」である転職エージェントを活用することも効果的です。

スケジュール等転職する計画を立てる!

転職活動のスケジュールや転職計画を立てて転職に向けた道筋を「見える化」することで転職に対する不安は解消され転職する勇気が湧いてきます。

転職活動の計画では「1か月後には希望する転職先の数社に応募書類を送付する!」等といつまでに何をするということを明確に計画することによって行動に不安や迷いがなくなることでしょう。

具体的にいつまでに内定をもらい転職を成立させたいかという時期を設定すれば、そこから逆算して転職活動のスケジュールが明確になり今の職場を退職する時期やそれまでにやるべきこと等転職に伴うスケジュールがどんどん組まれていくことになり不安に感じたり悩んだりする暇が無くなり必然的に転職活動に集中できます。

転職先に求める条件を具体的に考える!

先述した「転職したい理由」を基にして、自分が転職先に求める就業条件やその他の条件を具体的に考えてみましょう。求める条件を具体的にすることにより漠然とした不安が解消されるだけでなく、応募書類を記入する際や面接等で曖昧な回答をすることなく自分の意見をストレートに示すことができるようになるのです。

例えば「今より高い収入を得ること」が転職先に求める条件であれば、面接時「なぜうちの会社を志望したのか?」という志望動機を問われたとき、「収入面で仕事の成果や頑張りを認めてもらえる御社を希望しました!」と迷わずに答えることができます。

転職エージェントに登録し活用する!

転職エージェントは転職案件の紹介以外にも転職に関する様々なサポート体制が充実しています。転職エージェントが提供するサービスの中で転職する勇気が出なかったり転職について不安に思うことがあれば転職エージェントに「相談する」という使い方もあります。

転職エージェントに登録すれば担当のキャリアコンサルタントがつきますので、今の会社での不満や今後の転職活動の進め方についての悩みそして転職すべきかどうかという不安等様々な相談に対して「転職のプロ」である転職エージェントから的確なアドバイスを受けることができるのです。

転職に関する悩みは今の職場の同僚や上司に相談できることではありませんし相談できる人が限られますので、転職エージェントという心強い相談相手はとても心強い存在になることでしょう。

まとめ

転職しようかどうか悩んでいる方は転職に関する不安を事前に把握し緩和策を見つけることにより、「転職するぞ!」という確かな勇気を持つことができます。

また転職したいという気持ちがあってもなかなか転職する勇気が持てないという方は、転職エージェントに登録してみる等して徐々に転職活動をはじめてみると、転職活動を進めるにあたり段々と環境や状況が変わっていくことによってじわじわと転職する勇気が湧いてくることもあります。

転職する勇気の持ち方も人それぞれですが、転職する勇気を持つことこそ自分自身の現状を打破する第一歩なのです。今回ご紹介した内容をしっかりと理解し、自分自身が「転職する勇気」を持てる行動や考え方を探していきましょう。

あわせて読みたい!