転職

防止策と対処法で転職での失敗を恐れない人になる!

転職をした人の体験談等で「転職に失敗した」という言葉を耳にすることがあると思いますが、転職活動をされている方は絶対に転職で失敗したくないはずです。

しかし「転職での失敗」とはどのようなものかを具体的に考えたことはあるでしょうか。仕事には様々な要素があるため、単純に前職より給料の高い企業に転職できたとしてもそれが転職に成功したとは一概には言えません。

今回は様々な転職での失敗について考えながら転職で失敗しないための防止策そして失敗したと感じたときの対処法について紹介していきます。転職で失敗しないための防止策を充分に理解し失敗したときの対処法を知ることにより失敗を恐れずに行動することが可能になるのです。

「転職に失敗した!」と感じる2つの状況とは?

まず「転職に失敗した」と感じるときはどのような状況なのかを理解していきましょう。転職の失敗はやはり実際に働いてみないとわからないことが原因になるケースが多いようです。

一般的に転職に失敗したと感じることは同僚や上司との相性が合わずに会社に馴染めない等といった「人間関係での失敗」そして休日が少なかったり残業時間が多かったり等事前に聞いていた内容と違うことによる「就業条件での失敗」の2点が挙げられます。いずれも快く仕事をする上で重要な要素になりますのでこれらの失敗は致命的です。

同僚や上司との相性が合わず会社に馴染めない!

面接で会った採用担当者や最終面接の社長や役員との相性は良かったので「転職先ではきっと人間関係はうまくやっていけるはずだ!」と思っていたのに、いざ転職してみると配属された部署の直属の上司や同僚との相性が悪く会社に馴染めず「転職に失敗した」と感じるケースは多くあります。

会社の面接で出会った人が全てではなく会社には様々な人がいて必ずしも相性が合う人ばかりではないということを理解し、相性が悪い人とは「仕事だけでの付き合いだと割り切って接する」等人間関係に対して敏感になりすぎないことが大切なのです。

極度に人間関係を気にする方は、面接時に配属先の職場や職場全体の雰囲気を逆質問でしっかりチェックしてみるようにしましょう。

就業条件が事前に聞いていた内容と違う!

休日や残業時間そして仕事内容や業務量等実際に働いてみると「聞いていた内容と違う!」となり転職に失敗したと感じる方も多くいらっしゃるようです。

一般的に事前に説明を受けた就業条件の内容から「良い方」に期待を裏切られることはほとんどありません。事前に聞いていた就業条件と実際の内容が違うということを回避するためには、面接時等の企業側と直接話をする機会に念入りにそして具体的に内容を確認する必要があります。

また「繁忙期に休日出勤や残業が増える」等の多少の就業条件の相違は起こり得ることですので、「聞いていた就業条件と違うから転職に失敗した!」とすぐに判断せずに、多少の就業条件の相違は事前に想定しておけば気持ちに余裕が持てることでしょう。

転職の失敗を防ぐために取るべき3つの事前行動とは?

転職の失敗を防ぐために取るべき事前行動について紹介していきましょう。ポイントは「就労条件等で曖昧な点は面接で確認すること」そして「転職するうえで一番重要な条件を決めること」更に「第三者の意見を聞くこと」の3点です。

自分にとって「完璧な職場」を見つけることは極めて困難ですし、何かしらの不満を抱えて仕事をしている方が多いと思います。曖昧な点は事前に確認を行い、自分にとって「これだけは譲れない」という一番重要な条件をクリアする転職先を選択しておけば、多少の「不満」であれば我慢できるはずです。また、第三者の意見を聞くということも客観的に転職先を選ぶという観点からは大切なことです。

言葉の解釈等の曖昧な点を面接で確認する!

求人募集要項での表記や説明で曖昧点は、企業側と応募者との間で解釈の乖離が発生する原因になりますので、面接等の企業側と直接話ができる機会にしっかりと確認するようにしましょう。面接時の逆質問を活用しても良いでしょう。

ただ「休日や残業の説明が曖昧なのですが詳しく教えてください!」等とストレートに質問してしまうと、「自分の権利や要望だけを主張する人間」と判断され企業側に与える印象が悪くなってしまうこともありますので質問の仕方には注意が必要です。

「ぜひ御社で働きたく企業に貢献できるような人材になるための心づもりをしておきたいので、社員の方はどのくらい仕事をされているものなのか具体的な休日数や残業について教えていただきたい!」等と「やる気を示しつつ確認する」という方法が良いでしょう。

転職で自分にとって一番重要な条件を決める!

転職において自分自身が何に重きを置いているのかをはっきりとさせておきましょう。「給料が高いことが最優先!」であったり「土日の休日が絶対条件!」等と転職に求める一番の条件は人それぞれです。

「なかなか転職が決まらない」や「すぐに転職を決めたい」というように人によって様々な事情はあるとは思いますが、仕事において一番大切な価値観を無視して転職してしまえば後悔することは目に見えています。

転職先の様々な就業条件の中で、自分にとって一番重要な条件さえ守られていれば、その他の条件が聞いていた内容と違っていたとしても多少の相違には目を瞑ることができるでしょう。

転職エージェントを活用し第三者の意見を聞く!

転職エージェントの担当キャリアコンサルタントに相談し、転職するにあたっての第三者の客観的な意見を聞くことも転職での失敗を防ぐためには大切なことです。

転職エージェントのような第三者の客観的な目を使えば、自分とは異なる視点から転職する企業をチェックすることによって自分自身が見落としてしまった項目のチェックが可能になります。

また、転職エージェントは様々な企業の転職に携わっていますので自分が志望する企業の就業条件や職場環境等について過去の事例等から充分に把握している可能性もありより的確なアドバイスが期待できます。

転職に失敗したと感じたら取るべき3つの対処法とは?

「転職に失敗した!」と感じた場合すぐに辞めるという選択は適切ではありません。取るべき対処法は「考え方を変えてみること」そして「焦らず働きながら転職活動を進めること」更に「転職先で失敗したと感じる問題の解決方法を探し改善に努めること」の3点です。

せっかく転職した仕事なのですから仕事を辞めるという選択は全ての対処法を試してからでも遅くはありません。感情的にならずに気持ちを落ち着かせて対処法を実行してみましょう。

ポジティブに考えしばらく様子を見る!

「転職に失敗した!」と感じる時は、仕事が忙しい状態だったり人間関係や仕事のトラブルで気持ちが沈んでいる状態であったりと、冷静にそして客観的に物事を判断できる状態ではない場合が多いのです。

「失敗した!」と感じてもまずは落ち着き様子を見ましょう。そして自分自身が冷静に状況を判断できる状態になった後に、転職に失敗したと感じることについて改めて考えてみましょう。

些細なトラブルの積み重ねで転職に失敗したと感じている場合は、考え方をポジティブに変換することにより状況を変えることができる場合もあります。

パワハラやセクハラ等の致命的なことが原因でなければ、ポジティブな考え方を持てば解決できる問題がほとんどです。

焦らずに在職しながら転職活動をする!

前の仕事を辞めると決意して転職活動を行いやっとの思いで実現させた転職ですから「転職に失敗した!」と感じたらすぐに「仕事を辞める!」という決断をすることはおすすめできません。

それは今後の転職活動において、企業から「短期間で転職を繰り返す人は忍耐力や協調性に欠ける人材だ」というレッテルを張られてしまう可能性があるからです。

また仕事を続けながら次の転職先を探した方が、「無職で無収入なので一刻も早く転職先を探さなければならない!」という焦りを感じることなく、気持ちに余裕を持って次の転職活動を行うことができます。

転職先で問題の解決方法を探し改善に努める!

「転職に失敗した!」と感じたらその原因となる転職先での問題の解決方法を探し改善に努めることも取るべき対処法の一つです。

世の中の様々な企業は多かれ少なかれ何かしらの問題を抱えていますしむしろ問題の無い職場はありません。「自分の職場環境は自分で改善していく」という姿勢を持つことはとても大切なことです。

自分自身であるいは自分自身の働きかけで職場の問題が解決できれば、自分自身の問題解決能力を向上させることができるというスキルアップに繋がりますし、何より「転職の失敗」を自分の力で解消することができるのです。

まとめ

「転職で失敗をしたくない」ということは転職活動を行う誰もが思っていることです。しかし転職での失敗を極度に恐れることにより、転職活動が制限され自分の条件に合致する企業が見つからず結果的に転職先が見つからないということも考えられます。

今回ご紹介した転職での失敗を防止する方法や失敗したと感じたときの対処法を理解することにより、失敗を回避できたり上手く対処することが可能になるわけですから、失敗を怖れることがなくなり失敗を恐れずに行動することが可能になるのです。

「失敗を理解したうえで失敗を恐れないこと」が転職を成功させることに繋がっていくのです。

あわせて読みたい!