転職

Uターン転職を希望!その実態と成功するための4つのポイントとは?

Uターン転職を希望!その実態と成功するための4つのポイントとは?

都心で働いていると、時折「地元に帰って働きたい」という思いが浮かぶことがありませんか? 確かに、地元に住むと生活費の節約ができるでしょうし、何より地元には家族や古くからの知り合いも多いと思います。

しかし、都心から地元に戻る“Uターン転職”は、メリットばかりではないことも事実。多くのメリットがある一方で、地方へ移住する際に考えられる“リスク”も存在するのです。

そこで今回は、Uターン転職において考えられるリスクと、成功するためのコツについて紹介していきます。

Uターン転職の実態!考えられるデメリットとは?

大前提として、Uターン転職には多くのメリットが存在します。

  • 家族や知り合いの元に帰れる
  • 慣れ親しんだ土地で生活ができる
  • 家賃などの生活コストが下がる
  • 都心のような通勤ラッシュはない
  • など、魅力的な点が多いUターン転職ですが、考えられるデメリットがあるのも事実です。メリットだけに目を向けていると、実際に転職が実現した後に、「こんなはずじゃなかった」となりかねません。
    自分が育った地元に貢献できるここからは、Uターン転職によって考えられるデメリットについて紹介していきます。メリットとともに、デメリットについても考慮して判断するようにしましょう。

求人数が少ない!地方は職業自体が基本的に少ない

地方は、都心と比べると「求人数が圧倒的に少ない」ということは覚えておくべきです。

都心で仕事を探す感覚で転職活動をすると、「希望の条件に合った求人が見つからない…」と悩むことになるでしょう。

当然のことですが、人が集まる場所であるほど人材のニーズが高まります。需要があれば供給があるように、地方ではそもそも「人材のニーズが低い」のです。会社の数も少なく規模も小さいため、人材におけるニーズが低いのも当然でしょう。

特に、明確に“やりたいこと”が決まっている方にとっては、かなりチャンスが限られていると言えます。たとえ都心でたくさんの求人がされている職種でも、地方ではほとんど求人がないのは当たり前。

Uターン転職を希望する際は、「地方に自分の希望する仕事があるのか?」と事前にチェックすることをおすすめします。

待遇・年収ダウン!収入が下がることは避けられない

Uターン転職をするメリットのひとつとして、「生活コストが下がる」というメリットがあります。家賃や食費など多くの面で生活コストが減るでしょう。

しかし、その一方で「会社からもらえる収入も減る」ということは覚えておく必要があります。

実際に、地方の求人情報を見て「これほど年収が下がるのか…」とショックを受ける方も多いようです。都心で働いていたときと同じ役割なのにもかかわらず、年収だけが大幅に下がっているなんてことは当然のようにあります。

地方に住むことで生活コストは減りますが、その分収入も減ることを覚悟しておきましょう。そのうえで、「地方でいまの生活基準を保つには、どれくらいの収入が必要なのか?」と慎重に検討する必要があります。

もしこの計算を間違えると、「地方でのんびり過ごしたい」という思いで地方へ転職したのにもかかわらず、逆に労働時間が増えてしまう可能性も否定できません。

キャリアダウンと受け取られる可能性!転職時に不利

もちろん企業によりますが、一般的に地方の仕事は都心と比べると「規模が小さい」ケースがほとんどです。自身が負う責任も減る一方で、周囲からは“キャリアダウン”と捉えられる可能性もあるでしょう。

これは、万が一“都心への再転職”をするとなったときに不安要素となる恐れがあります。

Uターン転職をした明確な動機を用意しておかないと、「この人は都心での仕事がうまくいかずに地方へ転職した」と思われかねません。

ですので、「再び都心への挑戦をしたくなったとき、不利に働くかもしれない」ということは事前に理解しておくべきでしょう。

また、都心で働いているとき「大きな仕事を成し遂げて達成感を得ていた」という方にとっては、地方での仕事は「少し物足りない」と感じてしまう可能性も考えられます。

ですので、Uターン転職を考えているときこそ、あらためて今後のキャリアについて考えるべきです。

Uターン転職を実現するための4つのポイントは?

Uターン転職には、多くのメリットがある一方でデメリットも少なからずあります。そのデメリットを事前に把握しておくことで、スムーズにUターン転職を実現させましょう。

考えられるデメリットとして、

  • 求人数や情報が少ない
  • 収入や待遇が下がる可能性が高い
  • キャリアダウンと捉えられる場合もある

という3つのことが挙げられます。では、このデメリットに対してどのように対策していけばいいのでしょうか?
ここでは、Uターン転職を成功させるためのポイントを紹介していきます。事前に対策を練って、スムーズに転職活動が進められるようにしましょう。

志望動機を明確に!地方に行きたいだけではダメ

Uターン転職のデメリットとして、周囲から“キャリアダウン”と捉えられる可能性がある、ということがあります。それを避けるためにも、Uターン転職を希望する“志望動機”を明確にしておきましょう。

もし、志望動機が「地元に戻りたかったから」などであると、企業から「都心での仕事がうまくいかなかったのか?」と勘ぐられてしまいます。

ですので、「〇〇がしたかった」「経験を活かして〇〇に貢献したい」など、志望動機については具体的なものを用意しておきましょう。

ポイントは、「自分の思い・強みと企業のニーズを合致させること」です。例えば、企業に「都心に進出したい」というニーズがあれば、地方に貢献したい思いを伝えたところで響きません。

この場合は、「都心で働いていた経験を地元に還元したい」という伝え方をすると企業にも響くはずです。

このように、「自分に何ができるのか?」「どんな経験が活かせるか?」を考えたうえで、「そのスキルや経験は企業にどう貢献できるのか?」という考えまで落とし込みましょう。この意識を続ければ、あなたは企業にとって“必要な人材”と判断されるはずです。

求人をこまめにチェック!希望に合った募集は少ない

都心と比べ、地方の求人は量・質ともに劣ります。自身が希望する条件に合った求人も少ないため、常に情報を得る努力をするべきです。都心であれば求人を逃しても次のチャンスがありますが、地方では一度逃すと次がない可能性が大いにあります。

求人に対する情報感度を高めるためには、“自身が希望する条件を明確にしておくこと”がポイント。自身の希望条件があいまいなままだと、条件が合致している求人に気づけません。

ですので、まずは自身の希望条件を明確にして、求人を選ぶときの“判断基準”を作りましょう。そのうえで、多くの情報を自ら得て、条件に合う会社を見つける努力が必要です。

また、地方では求人数が少ないため、「この会社は条件が合っているな」と感じた会社には積極的にアプローチするようにしましょう。

応募することで空気感もわかりますし、何かしらの得るものがあるはずです。

年収は妥協が必要!収入が下がるのは仕方のないこと

都心から地方へのUターン転職では、収入などの条件が下がるのは当然のこと。

あなたの能力や担う役割が変わらないとしても、ほとんどの場合は収入が大幅に下がります。

このことを事前に理解し、「収入が下がるのは仕方ない」と考えたうえで転職するようにしましょう。

とは言っても、「収入が下がるの当然」と収入を度外視して転職するのはいけません。まずは「いまの生活基準を地方で保つには収入がいくら必要なのか?」と考えたうえで、その必要な分の収入を“希望条件”として押さえておく必要があります。

もしこのステップをいい加減にすれば、求人を探すときでも「前の仕事ではもっと収入があったし…」と求人を選り好みしてしまい、せっかくのチャンスを逃してしまうでしょう。

ですので、まずは「地方で暮らすにはいくら収入が必要なのか」を把握し、会社を選ぶ“判断基準”を作ることが大切です。

転職エージェントを味方に!その地方に強いサービスを

地方では求人数が少なく、条件も都心と比べて劣る場合がほとんど。自分ひとりで集められる情報も限られており、Uターン転職に苦戦してしまう方も少なくありません。そこで、多くの転職情報を持つ“転職エージェント”を利用することをおすすめします。

転職エージェントというのは、いわば“転職のサポート役”。転職エージェントに登録すれば、あなたの転職をサポートする担当者がつき、転職情報の紹介や履歴書の添削、応募のサポートなどのサービスを受けられます。

これは、情報の少ない地方での転職を実現させるうえでは“心強い味方”と言えるでしょう。

また、転職エージェントにはそれぞれの“得意分野”があり、中には「地方での転職に強いエージェント」が存在します。多くのUターン転職者のサポートを担った実績があり、専門的な視点からのアドバイスも受けられるはずです。

もちろん求人も数多く紹介しており、エージェントによっては「それぞれの転職エージェントでしか紹介されない“非公開求人”」が用意されています。

転職エージェントは基本的に無料で利用できるサービスになるので、「もっと情報を知りたい」「ちょっと相談に乗ってほしい」などの理由で始めてみるのもいいでしょう。

Uターン転職の強い味方!おすすめの転職エージェント

地方での転職における最大の敵は、“情報や求人の少なさ”と言っていいでしょう。逆に言うと、うまく情報を集められた人が“理想の転職”を実現できるとも言えます。

その情報収集をするうえで、“転職エージェント”の利用がおすすめです。転職エージェントでは、地方ならではの情報はもちろん、面接対策や応募のサポートも受けられます。多くの求人や情報を得られるため、まさに“ここでしか得られない情報”も数多くあるでしょう。

とは言っても、急に「転職エージェントがおすすめ!」と言われても迷ってしまう方が多いはずです。そこで、ここからは「Uターン転職希望者におすすめする“転職エージェント”」について見ていこうと思います。

リージョナルキャリア:地方転職特化のサービス

『リージョナルキャリア』は、まさに“地方での転職に特化した”転職エージェント。Uターン転職の実績も抜群のサービスで、各地域に密着した転職サポートをモットーとしています。

登録後はコンサルタントとの面談(電話面談も可)が行われ、あなたの希望条件や現在の状況などを加味したアドバイスが受けられます。

地方ごとに知識の豊富なコンサルタントが多数在籍しており、それぞれの地方における特性や求人情報を得られるため、転職する際の選択肢がかなり広がるはずです。

また、公式ホームページには“都心から地方への転職を成功させた経験者たち”の声も多数載っています。「Uターン転職をしたいけど不安がある」という方は、ぜひ一度『リージョナルキャリア』を覗いてみてはいかがでしょうか?

リクルートエージェント:非公開求人が多数あり

『リクルートエージェント』は国内最大手の総合型転職エージェントで、求人の量・質ともに幅広い層への提案がされているサービスです。

『リクルートエージェント』でしか紹介されない非公開求人が“10万件以上”あり、転職を考えている方はまず利用しておきたいサービスになります。

利用の流れとしては、まずWeb上で自身の希望条件やスキル、これまでの経験などをアドバイザーへ送ります。その後アドバイザーとの面談があり、希望条件のヒアリングや書類関係のアドバイスを受け、後日実際に希望と合った求人が紹介される流れとなるでしょう。

ただ、アドバイザーの中には“地方の転職情報に疎い担当者”がいる可能性も考えられます。求人の量・質ともに圧倒的な『リクルートエージェント』ですが、地方に特化したエージェントと比べると“地方ならではの情報”においては劣る可能性が高いのは覚えておきましょう。

DODA:実績豊富な転職エージェント

『DODA』は、国内2位の求人数を誇る総合型の転職エージェントです。『リクルートエージェント』同様、『DODA』でしか紹介されない非公開求人も多く、紹介される求人の80%は非公開求人なのだとか。また、Uターン転職専用のサイトも作られており、Uターン転職における情報を探しやすい仕様になっています。

登録後はキャリアアドバイザーからのカウンセリングがあり、その後あなたの希望に合った求人が紹介される流れとなります。応募書類のアドバイスや面接対策、応募・面接の日程調整など、幅広く丁寧なサポートを受けられるでしょう。

総合型の大手転職エージェントの中では、Uターン転職にも力を入れている『DODA』。「Uターン転職の情報とともに、幅広い情報の提供やサポートを受けたい」と考えている方にとっては、登録するメリットの大きいサービスと言えるでしょう。

まとめ

地元での転職には多くのメリットがありますし、そのメリットを求めて“Uターン転職”を決意する方は多いと思います。しかし、そのメリットとともに、考えられるデメリットを事前に把握しておくことが必要です。デメリットへの対策も検討しつつ、スムーズに転職できるようにしましょう。

Uターン転職における最大の敵というと、“情報や求人の少なさ”と言えます。自分自身の希望条件を明確にしたうえで、多くの情報にアンテナを張り続け、チャンスを逃さない努力が必要です。

しかし、自分ひとりで得られる情報には“限界がある”ということも覚えておきましょう。情報に限りがある状態で転職をすれば、「本来、もっと条件が良い会社に入れたかもしれない…」となりかねません。

ですので、地方での転職における情報収集のために“転職エージェント”を利用することをおすすめします。転職エージェントの担当者は、いわば“転職のプロフェッショナル”。プロからの充実したサポートと多くの情報提供を受けて、理想のUターン転職を実現させましょう。

あわせて読みたい!