転職

転職フェアの服装や持ち物は?有意義に過ごすためには準備が大切

転職フェアとは、中途採用を積極的に行っているさまざまな企業と話せたり、キャリアアドバイザーに相談ができたりと、転職活動においてとても有意義なイベントのひとつです。

しかしその一方で、初めて参加をする方は、

  • どんな服装で行けばいいのか?
  • 何を持っていくべきなのか?
  • そもそも事前に準備しておくことは?

など、多くの疑問や不安を抱えているはずです。たしかに転職フェアは有意義なイベントですが、そのイベントを有効活用できるかは、事前の“準備”にかかっていると言っても過言ではありません。

そこでこの記事では、転職フェアの服装や持ち物、事前に準備しておくことを紹介していきます。

「服装自由」でもスーツが無難!企業担当者と対面

転職フェアに初めて参加する人が必ず迷うと言ってもいい“服装”。ほとんどの転職フェアでは「服装自由」となっていますが、持っている方は“スーツ”を着ていくのが無難でしょう。

もちろん、イベント当日も私服などのカジュアルな服装で来場している方もいますが、大半の方はスーツを着用しています。たしかに転職フェアは、参加無料であり選考ではないため、比較的カジュアルに参加できるイベントのひとつです。しかし会場には、企業の担当者も多数いる上に直接話す機会も多いため、スーツを着用しておけば悪い印象を与えることはないでしょう。

中には転職フェアがきっかけで選考に進み、見事内定を勝ち取ったケースもあるため、できるだけ良い印象を与えられるような服装選びをオススメします。

転職フェアの服装や持ち物で気をつけることとは?

転職フェアは参加無料のイベントであり、基本的に求職者は“お客さま”として迎えられます。しかし、それを良いことに不恰好な服装で参加したり、必要な持ち物を持たずに参加したりでは、せっかくのイベントを有意義に過ごせないでしょう。

企業の担当者と会う以上、服装はできるだけスーツの着用をオススメするとともに、全体的な清潔感や最低限必要な持ち物などにも気を使うのがベストです。

そこでここでは、服装以外に気をつける点や最低限持っていくものについて紹介していきます。

清潔感を重視!見た目は第一印象を大きく変える

転職フェアへ参加する際には、スーツの着用をするとともに“清潔感”をいつも以上に意識しましょう。というのも、人間が他人の第一印象を判断する材料として、もっとも重要視するのが“見た目”なのです。

見た目と聞くと、よく「顔が良いと有利だ」と話す方がいますが、それが言いたいのではありません。ここでの見た目とはその人の“清潔感”のことを指しており、清潔感こそが、あなたの第一印象を大きく左右する大切な要素なのです。

清潔感というと漠然をしていますが、

  • 髪:できるだけ短く長ければまとめる
  • 服やくつ:きれいに保つ
  • 肌:ケアをして清潔な肌を保つ
  • ヒゲや眉毛:事前に整える
  • 臭い:香水などはつけても少しだけ

など、清潔感を感じさせる方法はたくさんあります。特に髪や服、ヒゲなどはすぐにでもできることですので、まずはとにかく実践するようにしましょう。

最低限の持ち物は忘れず!筆記用具や必要書類など

転職フェアは比較的カジュアルに参加できるイベントではありますが、イベントによっては当日持っていくべきものもあります。筆記用具やメモ帳などは当然として、イベント側から指定されたエントリーシートや職務経歴書などは必ず持参するようにしましょう。

たしかにほとんどの転職フェアでは、エントリーシートなどの書類を当日に会場で書けるようになっています。しかし、それではせっかくの時間が書類を記入するだけ時間として浪費されてしまうでしょう。事前に準備していた人に後れを取るため、大きなチャンスを逃してしまうかもしれません。

また、転職フェアによっては“応募書類の添削”を実施しているケースもあるため、その場合は履歴書や職務経歴書など、添削を希望する書類を持参することがオススメです。

転職フェアでそのほかに準備しておくことは?

転職フェアはとても有意義なイベントである一方で、事前の準備や当日の動き方によって、得られるものが大きく変わるのも事実です。ただなんとなく参加するだけでは、転職フェアの恩恵は受けられないでしょう。

大切なのは、当日スムーズに動くための“準備”を前日までにしておくこと。準備さえ事前にしておけば、当日は有意義な時間が過ごせるはずです。

そこでこれからは、転職フェアに参加するとき事前に準備しておくべきことについて紹介していきます。

事前登録しておく!当日スムーズに動くには必要不可欠

転職フェアでは「登録不要・当日参加歓迎」を掲げているイベントが多いのですが、事前に登録や書類の記入ができるケースでは、事前に登録や記入を済ませておくのがベストです。少し面倒かもしれませんが、これを事前にするかしないかで当日のスムーズさも変わっていくでしょう。

もちろんそれぞれのイベントごとに事情は異なりますが、事前に登録や記入を済ませておくと、参加企業の一覧が確認できたり、当日記入しなければいけない書類を事前に提出できたりします。また、中には事前登録者限定の特典やサービスを実施しているケースもあるため、事前に登録や記入をして損はないはずです。

もちろん準備をせずに参加する方もいますが、その人たちに差をつける意味でも、できるだけ事前に準備をしてイベントに参加するようにしましょう。

当日の行動を考える!どの企業になにを聞くのか

転職フェアを有意義に活用するためには、前日までの“事前準備”がとても大切です。しかしいくら準備を完璧にしていても、当日スムーズに動けなければ意味がありませんので、事前に「当日はどう動くのか?」について考えておきましょう。

考えておくべきこととして、

  • どの企業に話を聞きに行くか?
  • 企業にどんな質問をするか?
  • 開催されているセミナーはあるか?
  • 参加したいイベントはあるか?
  • 開催時間は何時までか?

などが挙げられます。特に初めて転職フェアに参加する方は、右も左もわからない状態なはずですので、事前にできるだけのことをシミュレーションしておきましょう。

事前におおまかな動きを考えておくことで、当日のスムーズさがかなり変わってきます。面倒に感じる方がいるかもしれませんが、少しでも時間を有効活用するためにも準備は怠らないようにしましょう。

まとめ

転職フェアは、企業の担当者と直接話せたり、セミナーやイベントに参加できたりと、あなたの転職活動の大きな助けとなってくれるはずです。

ただ気をつけたいのが、参加するだけでは恩恵を受けられないということ。転職フェアはとても有意義なイベントである一方で、当日の過ごし方次第では“時間の無駄”にもなりかねません。

事前に準備しておくべきこととして、

  • 参加企業の把握
  • 「どのブースに行きなにを聞くのか?」のまとめ
  • セミナーやイベントの開催時間を確認
  • 当日の動き方を確認
  • 添削をお願いしたい応募書類のコピーを用意

などが挙げられます。もちろん、すべてを準備しておかなければ意味がないとまでは言いませんが、事前にできるだけの準備をしておき、転職フェアをより有意義に過ごせるようにしましょう。

あわせて読みたい!