転職

人間関係が原因で転職!転職理由を伝えるときに気をつけることは?

仕事をするうえで、重要な要素となる“人間関係”。充実すれば仕事がやりやすくなる一方で、周囲の人と合わないなどのトラブルが”退職”にまでつながるケースも多く、その場合は状況を改善するためにも転職活動をしなければならないでしょう。

そして転職活動をする際、どうしても書類や面接で聞かれるのが”転職理由”です。このとき、人間関係が原因で退職をした方は「どう伝えようか?」と悩むことでしょう。

そこでこの記事では、人間関係を理由に退職した人にオススメの“転職理由”を紹介していきます。

人間関係が転職理由だと伝えるのは「NG」

まず、いくら人間関係が本当の理由だとしても、それを正直に書いたり面接で言ったりするのはオススメできません。というのも、理由を聞かれるのには必ず意図があり、

  • 前向きに転職をしているのか?
  • すぐに辞めてしまわないか?
  • 原因を他人に押し付けていないか?
  • 本人の人間性に問題はないか?

などが例として挙げられます。これらの質問意図に対し、できるだけ良いイメージを持ってもらうためには「人間関係」と答えるだけでは不十分なのです。

また人間関係が原因だと伝えると、中には「この人にも問題があるのかもしれない」「うちの会社でも合わない人がいたら辞めるかもしれない」と捉える会社があるのも事実。

ですので理由を伝える際は、ただただ伝えるのではなく、できるだけ前向きに感じられるような理由を伝えるべきです。

面接で評価が高まる転職理由の伝え方とは?

転職時に理由を伝える際、ネガティブに捉えられるものは基本的に避けるべきです。では、どう伝えればいいのでしょうか?

ポイントは“ポジティブへの変換”です。伝え方や視点を切り替え、ネガティブに感じられる理由も前向きな方向へ変換していきましょう。

ここでは、人間関係が原因で退職をした人が使える“転職理由”を紹介していきます。誰にでもできる考え方ですので、伝え方に悩むだときは実践してみてください。

「周りと協力して仕事がしたい」ポジティブな理由に

単純に「人間関係が原因で退職をした」と伝えるとネガティブに聞こえてしまいますので、できるだけ前向きに捉えてもらうための言い方を工夫することが必要です。もちろん嘘はいけませんが、人間関係で退職したことを“ポジティブ”に変換できれば問題ありません。

例として、

「前職では個人プレーでの仕事が多く、チームでコミュニケーションを取りながら取り組む機会が少なかった。今後はチームで課題を解決するスタイルで働きたかった。」

というように、理由は人間関係でありつつも、それを次の仕事に活かす姿勢を見せるといいでしょう。

人間関係が原因というと、コミュニケーションが苦手なのか、本人に問題があるのか、などの悪い印象を与えがちなのも事実。しかし、言い方を変えて伝えれば“前向きな動機”に変換できるのです。

「この仕事がしたかった」視点の切り替えも必要

あなたが転職をした最大の原因は人間関係かもしれません。しかし、おそらく理由はそれだけではなく、他にもなにかしらの理由があるはずです。理由を正直に全部答える必要もないため、人間関係以外のポジティブなものを伝えるのもひとつの手でしょう。

例としては

  • 〇〇の仕事をしたい
  • キャリアアップがしたい
  • 経験やスキルを活かしたい
  • なりたい自分を目指したい

など、人間関係から少し離れて考えてみましょう。もちろんここでも前向きに、次の仕事をポジティブに考えていることをアピールするべきです。

ただし“嘘”をつくのはいけません。ですので、他の理由を考える際は「自分は転職してどうなりたいのか」「自分は何をしたいのか?」など、できるだけ掘り下げて考えていきましょう。

「今後どんな人間関係を築きたいのか?」も考える

転職理由を言い方や視点の切り替えによって変換できれば、相手にも悪い印象は与えないはずです。しかし、書類上はなんとかなるとしても、あなた自身が前職での人間関係をキッカケに転職しているのは事実。次の職場にて「どのような関係を作っていくのか?」についても考えておかなければいけません。

というのも、仕事内容や待遇とは違い、職場の人間関係は入社してからでないとハッキリせず、転職しても絶対に改善されるとは限らないのです。

ですので、

  • 次の職場では仕事をするだけの仲でいいのか
  • プライベートでも会うような仲を目指すのか
  • なぜ人間関係が良くなかったのか
  • 自分に原因はなかったか

など、できるだけ原因を把握し、あなた自身も改善する気持ちが必要になります。

もちろん世の中にはさまざまな考え方や性格の人がおり、転職先にもどんな人がいるのかはわかりません。しかし事前に準備しておくに越したことはないので、転職活動と同時にできるだけのことをしておくことをオススメします。

まとめ

「人間関係が悪い」「上司が高圧的で仕事にならない」「周りの仲が悪すぎる」など、職場の人間関係に悩みを持つ方は少なくありません。事実、多くの方が“人間関係”のストレスを感じており、実際に転職をするケースも増えています。

人間関係による転職となると、ネガティブに捉えられると不安を感じるかもしれません。しかし職場の人間関係は退職する理由になりますし、言い方や視点の切り替え次第では企業にも悪い印象を与えないでしょう。

このときは、「なぜ人間関係が悪かったのか?」ということにも考えなければいけません。人間関係というのはむずかしく、転職先に入ってみない限りはその職場の実情というのは見えないのが事実です。

転職は働く環境を変えるものであるのと同時に、あなた自身が持つ考えや将来の希望と向き合う良い機会とも言えます。ですので、転職理由をしっかり考えるとともに、あらためて自身と向き合う機会を設けましょう。

あわせて読みたい!