転職

上手く使えば転職活動が捗る!転職サイトに登録する4つのメリット

転職活動を行う際はいくつかの転職サイトに登録し、そこで自分に合った企業を探すのが一般的なやり方です。

勤務地や仕事内容等の検索条件を指定することで瞬時に条件に合った企業がピックアップされ、予め履歴書等を登録しておけば僅かな手間で応募することができるでしょう。

この記事では、転職サイトを利用する際のメリットやデメリット、そして転職活動を行っていることが会社にばれないための方法を見ていきたいと思います。

会社は転職活動を明確に禁止することはできませんが、ばれてしまうと何かと都合の悪いケースもあるのではないでしょうか。

転職サイトを利用することのメリットって?

今や転職する際に転職サイトを利用するのは当り前になりましたが、ここではそのメリットを改めて考えてみたいと思います。

転職サイトを利用することで豊富な求人にアクセスできることは勿論、その際に各企業の詳細や採用条件等を確認できることもメリットと言えるでしょう。

それらを含め、下記のようなものが転職サイトを利用することのメリットとして挙げられます。

転職サイトを上手く利用することで自分に合った求人を見つけられることに加え、経歴を登録することで企業側から声がかかるということもあるようです。

とにかく案件が豊富!転職先を探しやすい

転職サイトを利用することによるメリットとしては、まず案件が豊富で転職先を探しやすいということが挙げられるでしょう。

転職サイトが存在しなかった頃は、ハローワークや求人情報誌等から募集を探して応募するのが一般的な転職活動のやり方でした。

それでもある程度の求人を探すことはできましたが、如何せん目にすることのできる情報には限りがあります。

そのため、目にした中から自分に適した求人を見つけられるとは限らず、求人情報を探すだけで日が暮れてしまうということもあったのではないでしょうか。

しかし、現代はインターネットテクノロジーが発展し、様々な転職サイトがリリースされています。

各サービスはそれぞれ異なった特徴を持っていますが、検索条件を指定することで自分が求める求人を豊富な案件の中から抽出できるのは共通したメリットと言えるでしょう。

スカウト機能を使うことでオファーを受けられる

転職サイトを利用することで自ら良い求人を見つけられることは勿論、スカウト機能を使えば企業側からスカウトを受けることができます。

スカウト機能というのは、自分の経歴や職歴をマイページに登録しておくことで、それを見た企業から直接オファーがもらえるという仕組みです。

スカウト機能上で自身が希望するオファーを受けるためには、アピールに足るだけのキャリアを積んでおく必要があるかもしれません。

しかし、希望する企業以外にも経歴をオープンにすることで、自分はどのような企業から注目されるのかということを客観的に知ることができるでしょう。

転職活動を成功させるためには、企業や業界知識に加え、自分自身について知ることも大切です。それは主観による判断も勿論ですが、それ以上に第三者的な視点で判断することが重要になるでしょう。

スカウト機能を上手く利用することで、直接的な転職には結びつかなくとも、自身の市場価値や特性に幅広く気付くことができるかもしれません。

企業とのやりとりをサイト上で管理できる

転職サイトを利用することで、企業とのやりとりをマイページ上で容易に管理することができます。

転職活動を行う際、人によっては多くの企業に応募することになり、それらを全て自分で管理するとなると膨大な手間がかかってしまうでしょう。

しかし、転職サイトには企業とのやりとりをスムーズにするための機能が数多く搭載されています。

自分が応募した各企業の選考状況を一目で確認できますし、企業ごとにメッセージが管理されているため、どの企業からどのようなメッセージが送られているのかを把握するのも容易でしょう。

それによって情報の行き違いを防ぐことができ、多くの企業に応募している場合でも転職活動を無理なく進めることができます。

また、転職サイトでは自分が応募した企業と似たような求人を提案してくれることもあり、それを利用することで企業選びの幅が広がるのではないでしょうか。

場合によっては書類免除等の特典を受けられることも

転職サイトを利用することで、場合によっては書類選考免除等の特典を受けられることがあります。

こちらは前述したスカウト機能の一部となるのですが、企業側が転職希望者の経歴を確認して強い興味を持った場合、多少採用条件を優遇してでも選考を受けてほしいと考えるのは自然なことでしょう。

さすがに経歴のみの判断で即採用というわけにはなりませんが、少なくとも選考の一部を免除されるというのはかなり期待されていると見て間違いなさそうです。

そのような場合は面接等でも話が弾むことが予想され、通常の転職活動に比べると、選考がスムーズに運ぶことが期待できます。

だからと言って安易に転職先を決めることはお薦めしませんが、少なくとも自分の経歴に興味を抱いてもらうのは悪い気はしないでしょう。

もし自分が興味のある業界や企業からスカウトを受けた際には、積極的に応募してみてはいかがでしょうか。

転職サイトのデメリットは会社にばれること

転職サイトを利用することによるメリットは上述した通りですが、引き続き、転職サイトのデメリットを見ていきたいと思います。

基本的には転職サイトに登録するだけであれば特にデメリットはないのですが、自身の経歴をオープンにしている場合は多少注意が必要になるかもしれません。

経歴を登録し公にしている場合、その転職サイトに登録している企業は自分の経歴や職歴を見ることができます。

それ自体に大きな問題はないのですが、もし自分が勤めている企業がそれを見た場合、個人の特定に繋がる可能性はゼロではないでしょう。

勿論、企業側としては転職活動を行うことを明確に禁止することはできません。しかし、転職活動を行っている社員は自社の仕事に対する意欲が低く、いずれ辞める可能性が高いと見なされてしまうのではないでしょうか。

会社にばれるのを防ぎたい!その方法は?

そのため、転職活動を行っていることを今働いている会社にはばれないようにした方が良いかもしれません。

この手の問題はいくら対策を施してもばれる可能性がゼロになることはありませんが、それでも意識しないで転職活動を行うよりは、その可能性を下げることができるでしょう。

会社にばれないための具体的な方法としては、匿名のスカウト機能を利用する、経歴を見られたくない企業には非公開設定を行うといったものが挙げられます。

身ばれしたからといって必ずしも不都合なことが起きるわけではありませんが、心配な方は転職サイトの特徴をしっかりと掴み、意識的に対策を行っておくことをお薦めします。

スカウト機能を使って匿名でオファーを受ける

スカウト機能は自身の経歴を登録しておくことで、それを見た企業からオファーを受けられるという便利な機能ですが、その分自分が登録した内容を様々な企業が目にすることになります。

基本的に住所や氏名といった個人情報は伏せられているため、その点で大きな問題になることはまずありません。しかし、自分の経歴や職歴を今勤めている企業に見られるのに抵抗を感じてしまう人もいるのではないでしょうか。

匿名で公開されている情報から個人を特定するのはほぼ不可能に近いものの、場合によっては経歴や職歴から見当がついてしまう可能性も考えられます。

それを防ぐための方法としては、経歴や職歴を登録する際にある程度ぼかして記載することが挙げられるでしょう

しかし、曖昧な書き方で企業に興味を持ってもらうのは難しい面もありますので、どちらを取るかは個人の裁量次第となりそうです。

経歴を見られたくない企業には非公開設定を行う

転職サイトでは、登録した経歴を見られたくない企業に対して非公開設定を行うことができます。非公開設定がされた企業は、設定した当人の職歴や経歴等の情報を見ることができなくなりますので、転職サイト上の情報から個人を特定することはまず不可能になるでしょう。

また、企業別に非公開設定を行うことに加え、職歴上の企業名等を非公開にすることも可能です。それらを非公開にすることで個人の特定が難しくなり、身ばれを防ぐことが可能です。

しかし、前述した通り曖昧な記載ではアピール力が低くなってしまう可能性があります。経歴やキャリアは具体的であればあるほどに相手の興味を惹くことになりますので、どこからどこまでを非公開とするかはしっかりと考えた上で設定した方が良いでしょう。

まとめ

転職サイトは非常に便利なサービスであり、今や転職を行う際には欠かせないものです。検索条件を細かく設定し自分に合った企業を見つけることもできますし、経歴を登録しておくことでスカウトを受けることも可能です。

しかし、その便利さに胡座をかいて目についた企業全てに応募するのは避けた方が良いでしょう。それらが自分が本当に働きたい会社なのであれば問題はありませんが、そうでない場合はいたずらに手間を増やし、応募した会社にも迷惑がかかってしまいます。

新卒での就職活動とは違い、転職活動は本業をこなしながら行うのが一般的です。そのため、自分が本当に行きたい企業を絞り、集中して業界研究や企業研究に励んだ方が良い結果が出るのではないでしょうか。

あわせて読みたい!