転職

初めての転職で成功する人と失敗する人の10の分かれ道は?

今の会社に就職してもう10年近く。そこそこの成果も出せたけど、毎日残業ばかりで家族と過ごす時間は無い。子供も出来たし、これからは家族と過ごす時間を大事にしていきたいな。転職をしてみようか。でも失敗したら家族に迷惑をかけてしまうかも。

30歳を過ぎた男性にとって、家族との時間を大事にしたいと考えるのは自然なことですよね。20代の頃は会社一筋でも、今後は自分の人生を大切にしていきたいと思う方も少なくないです。

ということで、30代前後で転職を考えられる方もいらっしゃると思います。ただ、今より悪い状況になったら家族に迷惑をかけてしまうかもと悩むこともあるでしょう。この記事では、転職の際に成功する人と失敗する人の特徴を挙げてみました。ぜひ参考にしてください。

転職したいけど失敗が怖い…転職の成功率は約60%!

実際、転職して良かったと感じる人は、転職をした人全体の約60%です。つまり、10人転職をして約6人が転職をしたことに満足しているのですね。10人中6人ということは、比較的成功率が高いと言えます。

ですから、なぜ転職をしようと思っているのか、転職候補先は前職と比較して自分の求めている条件を満たしているのか。転職候補先のデメリットは何で、そのデメリットは自分が受け入れられる範囲のものなのか。ということを具体的に考えた上で転職活動をすれば、成功しやすいでしょう。

しかし、40%、つまり10人に4人は前職と比べて変化を感じていない。また、満足していないということも事実です。しっかりと準備していれば前より良い生活を送れる場合が多い転職も、場合によっては前職の方が良かったということも有り得るのです。

初めての転職で失敗する人の5つの特徴とは?

転職で失敗する人の多くは、転職先の情報の確認不足、また誤認をしたまま転職してしまっています。今の職から抜け出すことを急いでしまい、新しい仕事にすぐにでも移りたいという気持ちは分かります。しかし、転職後の人生を大切にするためにも、転職先についてよく調べることが初めの一歩です。

30歳を過ぎていて家族のいる方であれば、生活の安定を第一にされている方も多いと思います。ゆえに、そう何回も転職を続けたいと思われる方は少ないはずです。そこで、まずは転職で失敗することを避けるためにも、失敗する人の特徴とその理由を見ていきましょう。

退職した後で無職で転職活動を行い焦ってしまう

転職を希望する方というのは、現職に何らかの不満がある方がほとんどです。給料が低いから、このままだと家族を養っていけないと思う方。残業時間が長すぎて、自分の時間や家族と過ごす時間を持てない方。今の会社の規模だと自分が本当にやりたかった仕事がやれず満足しない方。不満の理由はそれぞれだと思います。

不満が溜まりに溜まって転職を決意した場合、まだ転職先が決まっていない時に現職を退職してしまう方もいます。それが1つ目の、転職で失敗してしまう人の特徴です。良い転職先が決まれば安心して退職できます。しかし、現職からくるストレスに耐えられず、先に辞めてしまう方も多いのが実情です。

もちろんそれが全て悪いというわけではありません。心身共にボロボロになっている場合、まずは身の安全を確保することも大事です。しかし、もし可能であれば有給休暇を取るなどして休みを取ると良いでしょう。その間に転職先を決めてしまえば何の問題もありません。

給料だけに気を取られて転職を決めてしまう

2つ目の転職で失敗してしまう人に多い特徴は、給料に気を取られて転職を決めてしまうことです。多くの人の転職理由は「給料を上げたい」ということです。通常、会社に残り続けて給料を上げようとすると何年もかかってしまう昇給を、うまく転職すれば一瞬で達成してしまうこともあります。

しかし、この昇給のしやすさが大きな落とし穴になってしまうというのも事実です。給料が上がることに伴って大きくなりがちな責任や、業務内容、就労時間などの詳細を見過ごしてしまうからです。失敗してしまうと、給料は上がったものの、就労環境は前職と比べて著しく悪くなってしまう可能性があるのです。

給料が上がるとより良い生活がしやすくなりますし、そのため魅力があるのは大変理解できます。ただ、給料だけでなく、他の条件の詳細、会社の雰囲気なども考慮して転職先を決めるのが良いでしょう。

その給料をもらって、転職先が求める仕事内容、仕事量、職場環境を受け入れることができるのかを事前にしっかりと調査・確認しておくのがポイントです。

何のために転職するのかはっきりしていない

3つ目の転職で失敗してしまうことが多い人の特徴として、転職する理由・目的が定まっていないということが挙げられます。普段の仕事を通してストレスが溜まっていくと、知らず知らずの内にそれが大きくなってしまうということがあります。そのストレスのせいで、なぜ現職が嫌なのかという具体的な理由無しに転職してしまうことになるのです。

あなたが転職をしたい理由は、あなたの中の満たしたい欲求です。その欲求が具体的でないと、転職先でも何をもってして満足できるのかが分かりません。だから、結局不満を感じてしまいます。そして、また雰囲気で転職してしまうというループに陥りかねないのです。

転職をしたいと思ったら、まずは現職のどこが不満なのか。その不満点がどの程度改善すれば自分は満足できるのかを考える必要があります。自分の満たしたい欲求を深く考えることが、良い転職先を見つけるポイントです。

転職先の会社について十分に調べずに入社する

転職で失敗してしまう人の特徴4つ目は、転職先について十分に調べもせずに転職してしまうことです。思い返してみれば、現職の会社に入社する際も会社のことをよく調べたのではないかと思います。それでも自分が満足しない点はやはり出てきてしまうものです。

もし現職に応募した際、会社のことをよく調査せずに入社してしまった人は転職の際には十分に調査しましょう。調べた上でも不満点は少なからず出てしまうものなので、できるだけ自分の理想に近い企業を探すためにも調査は必須です。

会社を調査する方法も色々あります。ネットで口コミを見てみるのも良いでしょうし、四季報や企業調査に関する本を読むのも良いと思います。

一番良いと言えるのは、転職エージェントに相談することです。と言うのも、転職のプロはこれまで担当してきた顧客データや自社で調べた情報を通して様々な企業を熟知しているからです。

深く考えずに条件を妥協してしまい後で後悔する

転職で失敗してしまう人の特徴、最後は深く考慮せずに転職先が出してきた条件を受け入れてしまうことです。転職先が現職の不満点をクリアしているかどうかをチェックする人は多くいます。しかし、その他の条件に対してはどうしても深く考えずにOKを出してしまって、後々後悔してしまう方も多いのです。

例えば、現職を辞めたいと思った理由が人間関係だとします。もし転職先の人と気が合って、この環境が自分に合っていると思えば転職するかもしれません。

しかし、転職先では人間関係はうまく行っているものの、給料や残業時間には不満が出てしまうということもあり得ます。転職後に新たな不満が出てきてしまうことで、また転職先でも会社を替えたいと思ってしまうのです。

できるならば、転職の回数はできるだけ少なくして、同じ会社で成績を上げたり、昇給したりしたいですよね。そのためにも、転職先が出してくる条件はよく読んで、条件を受け入れる事ができる上で転職した方が良いです。

決断してよかった!初めての転職で成功する人の特徴とは?

転職で失敗する人の特徴では、「転職の際にやってはいけないこと」をお伝えしました。先に挙げたことをしなければ、転職の成功につながる可能性が高いです。しかし、転職の際にやってはいけないことを知った後は、さらに「転職の際、これを実行すれば成功につながる」ことも知りたいですよね。

ということで、転職で成功する人の特徴を紹介していきます。一番大事なことは、「転職理由がポジティブで、明確なものになっている」ということです。転職先に移った後で、これまでとどう生活が変わるか。その後のプランはどうするかをハッキリとさせることが重要になってきます。

それでは、転職で成功する人の特徴をじっくりと見ていきましょう。

自分がゼッタイに譲れない転職条件を明確に持っている

1つ目の転職で成功する人の特徴は「自分が絶対に譲れない転職条件を明確にしている」ことです。転職で失敗する人の特徴として、転職条件を明確にしていないという事を紹介しました。

転職の条件を明確にしていることは必須条件なのですが、その条件の中でも優先順位を付けることが重要です。

なぜなら、転職先候補を数社選ぶ上でA社は給与は良いけど福利厚生が悪い。B社は人間関係は良いけど、給与が低い。というように、必ずブレが生じてくるからです。

完全に自分の求める条件を満たす転職先があればベストです。しかし、そう上手くは行かないのも現実です。そのためにも、条件をあらかじめ設定しておき、転職候補先から自分の求める条件に最も近いものを選ぶと成功する可能性が高まります。

まずは自分が最も転職先に求めていることを考えましょう。給与なのか、人間関係を含めた労働環境なのか、より規模の大きい仕事なのか。それをできていることが転職で成功する人の特徴です。

一社だけに絞らない!本命意外の複数の会社にも応募する

初めから1社だけに転職先を絞るのではなく、複数の会社に同時に応募することが、転職で成功する人の2つ目の特徴です。

もし1社だけを狙って応募した場合、それで落ちてしまったら後がありません。もしその時に現職を辞めてしまっていたら、更に焦って希望していない結果になってしまう可能性があります。

まずは複数の転職先候補を出して応募してみましょう。その上で複数の会社から良い結果を頂けたら、成功する人の1つ目の特徴で書いたように、条件を決めて1社に絞りましょう。

転職期間も限定されていると思いますので、数十社を受けるというのは難しいかと思います。しかし、希望条件を少しでも満たしている場合は、可能性を広げるためにも応募してみて良いでしょう。

また、応募して実際にその会社の方と会った後で、印象が変わることもあります。良いと思っていた会社がそうでもなかったり、あまり重視していなかった会社が実は良かったりするのです。

複数の転職サイトや転職エージェントを利用する

転職で成功する人の3つ目の特徴は、複数の転職サイトや転職エージェントを利用することです。先ほど挙げた複数の会社に応募する、ということと理由は似ています。可能性を広げるためです。

ある転職サイトはA業界には繋がりがあり詳しいが、B業界には弱い。他のある転職エージェントはB業界に特化しているという差が少なからず存在します。また、全ての転職エージェントが同じアドバイスをしてくるとは限りません。

複数の転職サイトと転職エージェントを利用することで、情報を豊富に得ることができます。情報が増えすぎて逆に困ると思う方もいるかもしれません。しかし、そこはあまり心配せずとも、転職エージェントがしっかりと対応してくれます。

希望した条件を満たす会社に転職するために、多くの情報を得たいところです。また、多くの情報を得ること、つまり多くの手段を持つことは自分を安心させることにもつながります。焦りがちな転職では、落ち着いて行動したいですからね。

内定後に給与額や残業代の確認をして誤認を防ぐ

転職で成功できる人の特徴、4つ目は「内定後に給与額や残業代の確認をして誤認を防ぐ」です。無事転職先から内定をもらった後というのは、職を得たことに安心してしまって不注意になってしまう時期でもあります。

金額を誤って把握してしまっていた場合、就業後に転職先とトラブルになる可能性が高いです。最終確認という意味でも、給与額や残業代のチェックは念には念を入れてしておきましょう。

また、実際残業代をどのような形で発生するのか、サービス残業のような行為は行われているのかどうかなどもチェックしておくべきです。転職先に直接聞くのが難しい場合は、ネットで口コミを検索したり、転職エージェントに相談したりするなどして確認しましょう。

妥協できる条件が自分の中ではっきりしている

転職で失敗する人の特徴として、先に「深く考えずに条件を妥協してしまい後で後悔する」を挙げました。これとは逆に、転職で成功する人というのは「妥協できる条件が自分の中ではっきりしている」のです。

例えば、現職を人間関係の悩みが原因で退職を決意した場合、「次の転職先は人間関係を重視して選んでみよう。給料は高いなら高いほうが良いが、職場の人間関係が良ければ少し下がっても構わない」というようなことです。

このように妥協できる条件をはっきりさせておくと、転職先選びで優柔不断になってしまうということはありません。また、もし転職先に転職後に少しくらい不満が生じても、もしそれが元々妥協できるポイントとして決めたものであれば気にならないでしょう。

1つは転職先選びをスムーズにするために、2つ目に転職後に不満を持たないようにするためにも、転職前に妥協できる点を決めておくのが大切です。

転職に失敗しないために!成功する転職おすすめサイトはコレ!

転職する際、転職成功の可能性を飛躍的に上げる方法があります。それはプロに相談することです。世の中には数多くの転職エージェントが存在します。そこで、失敗せずに確実に転職を成功させるために、おすすめの転職エージェントを紹介します。

それはDODAです。DODAは転職エージェントの中でも、人気と信頼のあるエージェントの1つです。ポイントとしては、エージェントサービスを利用することで利用できるサービスが多いことが挙げられます。

エージェントサービスを利用すると、一般には知られていない非公開求人を知ることができたり、分野別に特化したコンサルタントからカウンセリングを受けたりすることができます。サービス内容から見てもわかりますが、本気で転職を成功させたい方向けのサービスです。

転職先に応募する人々は、ある程度その業界の知識や経験を持ち合わせている人も多いです。そう言った人々の中で抜きん出た結果を求める場合、こういったエージェントのサービスを利用することが一番です。

まとめ

転職で成功する人、失敗する人のそれぞれの特徴を5つずつ挙げました。いかがでしたか。もし自分に足りていなかったこと、実行していなかったことがあれば是非参考にしてみてください。

繰り返しにはなってしまいますが、転職をする際に一番気にかけるべきことは「転職する理由とその後のプランを明確にしておく」ことです。転職後、転職して良かったと思えるようにしたいですよね。

そのためにも、転職先を選ぶ際は絶対に譲れない点を決めて、そこだけは固く守るという姿勢が大事です。分かり辛い場合は無理せずに転職エージェントを利用してみましょう。まずは相談からでも大丈夫です。餅は餅屋とも言いますが、何事もプロに任せるのが一番です。

あわせて読みたい!