転職

転職エージェントが使えない!対処法とおすすめのサービスとは?

現代において、転職活動で必ずと言っていいほど利用されている“転職エージェント”。希望条件のヒアリングや求人の紹介、面接指導、応募のサポートなど、さまざまなサポートが受けられます。

しかしその一方で、「転職エージェントが使えない」と悩む方は少なくありません。転職エージェントに所属するコンサルタントが望むサポートをしてくれなければ、そのサービスを利用し続けるメリットは多いとは言えないでしょう。

そこで今回は、「転職エージェントが使えない」と感じたときの対処法や、サービスの変更を考える際におすすめな転職エージェントやサイトを紹介していきます。

転職エージェントが使えない!5つの対処法とは?

転職のプロからの多くのサポートや、あなたに適した求人の紹介など、転職エージェントの利用では多くのメリットが挙げられます。しかしその一方で、正しく利用しなければ“デメリット”が増えるのも事実です。

「連絡が遅い」「希望条件に合わない求人ばかり紹介してくる」「応募を急かしてくる」など、転職エージェントも担当するコンサルタント次第ではデメリットがたくさんあります。

ここでは「転職エージェントが“使えない”ときの対処法」を見ていきましょう。転職エージェントを正しく利用することで、転職活動をスムーズに進めるようにしてください。

あらためて自分の希望条件を明確に伝える

まず転職エージェントの利用において大切なのが、「自身の希望条件をコンサルタントにハッキリと伝える」ということ。この部分をおろそかにしていると、転職エージェントから適切なサポートが受けられません。

転職エージェントのコンサルタントというのは、あなたから聞いた希望条件をもとに求人の紹介や面接対策などのサポートをします。ですので、あなたがもし希望条件を明確に伝えていないとコンサルタントも適切なサポートができません。

もしあなたが「こんな条件を伝えても合う求人はないだろう…」と考えていれば、まずは正直に希望条件を伝えるようにしましょう。転職エージェントから紹介される求人というのは、そのサービスでしか紹介されない“非公開求人”がほとんど。

「どうせ求人はないだろう」と考えずに、まずは正直に希望条件をコンサルタントに伝えて、求人がないと言われたら条件を妥協するくらいの気持ちで臨みましょう。

担当者に「なぜこの求人を紹介したのか?」と聞く

「転職エージェントが使えない」と感じる原因のひとつに、「希望するような求人が紹介されない」ということがあるでしょう。その場合は正直に、「なぜこの求人を紹介したのか?」と担当者に聞いてみてください。

まともなコンサルタントであれば、紹介する求人には何かしらの“求職者目線のメリット”があるはずです。あなたからすると「条件と合わない」と感じる求人も、あなたが持つ長所や潜在的なニーズを踏まえての提案かもしれません。

ただ、もし担当者が「なぜこの求人を紹介したのか?」という質問に答えられなければ、そのコンサルタントは“使えない”と言われても仕方ないでしょう。その場合はあらためて自身の希望条件を伝え、転職活動における方向性を修正してくことが必要です。

サービス元にコンサルタントの変更を依頼する

転職エージェントに所属するコンサルタントは、いわば転職のプロ。転職において頼れる存在になるはずですし、利用することで多くのメリットを受けられるはずです。しかし残念なことに、コンサルタントの中にも“使えない”と言わざるをえない人もいます。

ですので、もし「このコンサルタントは使えない」と感じたら、転職エージェントのサービス元に「コンサルタントを変更したい」と正直に伝えましょう。実際に、転職エージェントのほとんどは担当者変更の要望を受け入れています。

担当者変更の申し出をする場合は、いま感じているコンサルタントへの不満とともに「次の担当者には何を期待するか」を伝えるべきです。もしこれを伝えなければ、次の担当者も“使えない人”になる可能性があります。このときはできる限り正直に、感じていることを伝えるようにしましょう。

他の転職エージェントも複数社併用する

転職エージェントに不満を感じていると言っても、転職エージェントのサービスそのものではなく「担当しているコンサルタントの対応」に不満を持つ方が多いのではないでしょうか? 担当者変更の依頼も効果的ですが、転職エージェントの“併用”をすることでリスク回避ができるでしょう。

ひと言で転職エージェントと言っても、サービスによって内容はさまざま。得意な分野も違えば、所属するコンサルタントももちろん違います。ですので「コンサルタントが使えなくて転職がうまくいかない」というリスクを避けるためにも、複数社の転職エージェントを利用して「使える」と感じるエージェントのみを利用しながら転職活動を進めていきましょう。

また転職エージェントの併用では、総合型と特化型の併用がおすすめです。幅広い求人や情報が手にはいる総合型サービスと、あなたの希望条件にバッチリ合った特化型サービスを併用することで、広い視野を持ちながら効率よく転職活動を進めていきましょう。

転職サイトを同時に利用して視野を広げる

希望条件に合った求人の紹介を中心に、多くのサービスが受けられる転職エージェントですが、中には「コンサルタントが使えない」と悩むようなサービスが存在するのも事実です。このとき無理に転職エージェントを通さずに、“転職サイト”を利用することも考えましょう。

転職サイトではプロからのサポートが受けられない一方で、自分から能動的に求人を探せたり興味のある求人に直接応募ができたりします。もちろん自分から動く必要が出てきますが、使えないコンサルタントに足を引っ張られるくらいなら利用を考えるべきでしょう。

転職エージェントは便利なサービスですが、使えないコンサルタントに担当されてしまった場合は、転職サイトのほうが気軽に活動を進められると言えるはずです。ですので無理に転職エージェントには固執せず、いまの自分に合ったサービスを利用しましょう。

サービス変更!おすすめ転職エージェント3社とは?

先ほど、「転職エージェントが使えない」と感じた場合は複数の転職エージェントを併用するべきとお伝えしました。転職エージェントにはそれぞれの得意分野やサービスの特性があり、利用するサービス次第で紹介される求人がまったく異なります。

ですので各エージェントの特性を把握して、慎重にサービスを選ぶ必要べきです。では、どのような転職エージェントを利用するといいのでしょうか?

ここでは「おすすめの転職エージェント」を3社紹介していきます。あなたに合った転職エージェントを利用して、“使える”コンサルタントからのサポートを受けられるようにしましょう。

『マイナビエージェント』質の高い対応が魅力的

『マイナビエージェント』は大手転職エージェントのひとつで、コンサルタントのサポート力に定評のあるサービスです。求人情報も幅広く質の高い求人が多いため、希望する条件に沿った求人紹介が受けられるでしょう。

『マイナビエージェント』では、書類選考や面接対策に力を入れているのも特徴のひとつ。書類や面接というのは「企業が何を求めているのか?」を正しく把握していないとうまく書けませんが、転職のプロであるエージェントはその部分を正しく把握しています。ですので、希望する企業に合ったアドバイスが受けられるはずです。

また、『マイナビエージェント』は20代の転職希望者に強い転職エージェントになります。もしあなたが20代での転職を希望していれば、ぜひ一度利用してみてください。

『DODAエージェント』多くの求人情報が掲載

『DODAエージェント』は、国内最大級の求人数を誇る転職エージェント。求人の質と量ともに良質なサービスで、年間18,000人以上の転職成功をサポートしている大手サービスです。

『DODAエージェント』最大の特徴は、転職エージェントであるとともに“転職サイト”の機能も担っていることでしょう。国内最大級のボリュームを持つ転職サイトとしての機能も持ちながら、他の転職エージェントに負けない質の高いサポートが受けられます。

また、企業からの“スカウトメール”や『DODAエージェント』でしか紹介されない“非公開求人”の多さも魅力的です。総合的に見てかなりレベルの高い転職エージェントですので、「いま使っている転職エージェントが使えない」と感じている方はぜひ利用を検討してみてください。

『パソナキャリア』手厚いサポートが高評価

『パソナキャリア』は求人件数25,000件以上、取引実績企業16,000社以上を誇る大手総合型の転職エージェントのひとつです。利用者の満足度も高く、手厚いサポートが受けられるサービスになります。

『パソナキャリア』の特徴として、“年収の交渉”に強いことが挙げられるでしょう。『パソナキャリア』での転職を成功させた人における年収のアップ率は“67.1%”となっており、キャリアアップを目指している方は年収アップが期待できるはずです。

また『パソナキャリア』では、サイト上に転職を成功させるノウハウや豆知識が書かれたコラムも多数掲載されています。「退職を止められたときの対処法」「各職業における志望動機の考え方」「未経験歓迎の本当の意味」などさまざまな種類の記事がありますので、転職に関して不安が多い方は参考にしてみてください。

転職サイトも利用する!おすすめサービス3社とは?

「転職エージェントが使えない」と悩むあなたは、おそらく「今後いまの転職エージェントを使い続けていいのか」「これからどうすればいいのか」と悩んでいることでしょう。利用するサービスは転職の成否を左右しますし、この悩みは早急に解決するべきです。

そこで“転職サイト”の利用をおすすめします。先ほどお伝えした通り、転職サイトではプロからのサポートが受けられない一方で、自分から求人を探して興味のある求人に直接応募ができるのです。

ここでは、「転職エージェントが使えないと悩む方におすすめする転職サイト」を紹介していきます。転職エージェントとうまく併用することで、転職活動をスムーズに進めていきましょう。

『リクナビNEXT』業界最大級の求人数を誇る

『リクナビNEXT』は国内最大級の転職サイトで、求人の質・量ともにとても充実した転職支援サービス。『リクナビNEXT』でしか見られない求人情報も多数掲載されており、転職希望者の80%が利用しているとも言われている転職サイトです。

『リクナビNEXT』最大の特徴といえば、やはり国内最大級の求人ボリュームでしょう。業界や職種はもちろん、地域や希望条件、経験・スキルなどでの検索が可能で、サイト内には幅広い求人が掲載されています。ですので「やりたいことが決まっていないけど転職したい」という方にとっては、多くの情報を得られる良質なサービスです。

国内最大級の転職サイトで、求人の質と量ともに充実している『リクナビNEXT』。転職を検討している方にとっては、登録しておいて間違いないサービスと言えるでしょう。

『ビズリーチ』ハイクラス向け求人が多いサービス

『ビズリーチ』とは、ハイクラス向け求人を多く取り扱っている転職サイトです。紹介される求人は好待遇な案件が多く、転職をして“キャリアアップ”を目指す方にとっては利用したいサービスになります。

『ビズリーチ』最大の特徴は、料金が必要ないスタンダード会員の他に、月額料金を払うことで利用可能な“有料会員”のサービスがあるということ。有料会員制というのは業界内ではめずらしく、有料と聞くと「利用するハードルが高い…」と感じる方もいるでしょう。しかし、有料会員になることで「受けられるサポートが手厚くなる」というメリットがあります。

また転職サイトである『ビズリーチ』ですが、サービス内容としては転職エージェントに近い面も。条件に合った求職者を見つける“ヘッドハンター”が、あなたの職務経歴書を見てヘッドハンティングを行う仕組みとなっており、自身の市場価値を把握できる良い機会となるはずです。

『キャリトレ』手軽に利用できるレコメンド型サービス

『キャリトレ』は、他の転職サイトとは一風変わった転職サイト。「1日5分の転職活動」というキャッチコピーのもと、スキマ時間で簡単にできる手軽な転職活動をサービスの軸として掲げているサービスです。

サービスの流れとしては、登録時に入力した情報をもとにサイトから提案された求人に対して、「興味があるor興味がない」とあなたから回答。その回答を学習したAIが、あなたの興味に合った求人を紹介するという流れとなります。

また『キャリトレ』では、“プラチナスカウト”という面接確約のスカウトサービスも受けられるなど、サービス全体を通しての“手軽さ”が特長です。ですので、「転職活動には時間を使いたくない」という方にとってはスムーズな転職活動の手助けとなるでしょう。

まとめ

転職エージェントというのはとても便利なサービスである反面、担当するコンサルタントにサービスの質が依存するとも言えます。もし「転職エージェントの担当者が使えない」と感じたら、そのまま放置せずに何かしらの対処をするべきです。

  • 自身の希望条件をあらためて担当者に伝える
  • 担当者に「なぜこの求人を紹介したのか?」と聞く
  • サービス元にコンサルタントの変更を申し出る
  • 他の転職エージェントに切り替える
  • 転職サイトも併用する

など、できる限り早い対処が必要となります。

ひと言で転職エージェントと言っても、それぞれ得意とする分野が違いますし苦手な部分もあるでしょう。ですので「転職エージェントが使えない」と感じたときには、あらためて自分と転職エージェントとの相性を見極めるべきです。正しい転職エージェントやサイトを選んで、あなたにとって理想とする転職を実現させましょう。

あわせて読みたい!