転職

難しい転職を成功させる考え方と取り組み方!

転職の一般的なイメージとして「転職は難しい」と考える方がまだまだ多くいらっしゃいます。確かに転職するということは大変で「難しい」と思える局面は多々あるでしょう。

しかし転職活動を行う人の中には迅速に転職先から内定をもらい転職活動が早期に終了する人もいますし、なかなか内定がもらえず転職活動が長引いてしまう人も存在します。

今回は転職を成功させている人の転職に対する考え方や取り組み方を紹介します。「転職が難しい」と感じている方でも転職に成功するための考え方や取り組み方をしっかりと理解し行動することにより転職成功の可能性を高めることができます。

転職がすぐ決まる人の考え方とは何か?

まず転職先がすぐに決まる人の転職に対する考え方とはどのようなものかを紹介していきましょう。転職に成功する人の基本的な考え方は至ってシンプルで「しっかりとした自分軸を持ちポジティブに考える」ということです。

まずは転職に対する自分自身の考え方を持つということが大切です。転職活動が初めての方は特に注意が必要なのですが、転職サイトや転職エージェント等様々な転職情報を収集するとあまりに沢山の情報に自分が求めている転職の姿を見失う場合があります。

また、転職活動をしていると書類選考や面接に通過できなかったり等がっかりすることもありますが、悩んだり落ち込んだりしていても益々自分自身の負のスパイラルに陥ってしまいますので、常にポジティブに考える思考を持つことを心掛けましょう。

転職する明確な目的を持ちぶれない!

転職する明確な目的を持ちぶれない気持ちを持つことは転職を決めるうえでとても大切です。「この会社に就職してこの業務をしたい!」や「就業条件が良いこの会社で活き活きと働きたい!」等転職するという明確な目的を持ち「必ず受かるんだ!」という姿勢で転職活動に臨みましょう。

人は「ダメかもしれない」等といった弱い気持ちが少しでもあれば、その弱い気持ちに引きずられて面接の回答も思うように答えることができなかったりする等失敗してしまう傾向があります。「転職を決める!」という明確な強い気持ちは常に保っておくことが大切なのです。

常に転職に対して前向きな気持ちを持つ!

転職がすぐに決まる人は常に転職に対して前向きな気持ちを持っています。例えば書類選考や面接に通らなかったとしても「通らなかった経験を次に活かして頑張ろう!」と落ち込む間もなく次の転職活動に取り組んでいるのです。

「失敗は成功の基だ!」と前向きに捉え「なぜ通らなかったのか?」を分析して次の面接に備える人と、面接に通らず落ち込んでいるだけの人とを比べれば、失敗に対する「成長力」の違いは明らかです。

前向きな気持ちや姿勢は、応募書類や面接にも表れ面接官や採用担当者にその人の印象は伝わります。前向きな姿勢で物事に取り組める人材はどの企業でも必要とされる要素なのです。

失敗しても気持ちの切り替えができる!

転職がすぐ決まる人と決まらない人とで決定的に違う点は「気持ちの切り替えができる」ということです。書類選考や面接が全て上手くいくという方は少ないはずです。転職がすぐ決まる人でも書類選考や面接が通らないこともあるはずです。

しかし落ち込んだ状態で次の転職活動に臨むのと気持ちの切り替えをしっかりしてリフレッシュした状態で次に進むのとでは、気持ちの余裕という点で大きく差が出ます。

転職活動は一社だけでなく複数の企業を同時に応募することがほとんどですから、立て続けに面接が行われる中で気持ちの切り替えは一つ一つの面接をベストな状態で取り組めるかという点ではとても大切なことなのです。

「これが最後の転職だ!」と思わず考え過ぎない!

思い入れが強いということはとても大切なことですが、思い入れが強すぎて「これが最後の面接だ!」と考え過ぎてしまうと、「この面接が失敗したらどうしよう」という不安と緊張におそわれ本来の自分の力が発揮できない場合があります。

大切なことは「気持ちの余裕」です。適度な緊張感は必要ですが自分自身の力を充分に発揮するためには気持ちに余裕を持つことが必要不可欠なのです。

面接は人とのコミュニケーションを評価する側面もありますので、質問されて回答を考え過ぎて時間がかかったり何も回答が思い浮かばず沈黙が続いたりすることが無いようにコミュニケーションを意識してしっかり答えることや会話を楽しむという要素を取り入れることも大切です。

転職がすぐ決まる人の取り組み方とは何か?

転職先がすぐに決まる人の転職への取り組み方にも特徴があります。それは自分自身の市場価値を把握し自分に合った転職先を探し多くの求人を検討すること、そして応募書類や面接に向けた対策をしっかりと行うことの大きく分けて2点です。

いずれも転職活動を行う上では当たり前のことのように思われますが、的確且つ効率的に2つの取り組みを実施していくことこそ転職成功への近道になるのです。

転職活動が上手くいかないと悩んでいる方は2つの取り組みが的確になされているかを再度チェックし、今から転職活動をはじめる方は、的確かつ効率的な取り組みを行えるように対策を練っていきましょう。

自分の市場価値を理解し自分に合った転職先を探す!

転職がすぐ決まる人は自分の市場価値を理解し自分に合った転職先を探すことができています。一方転職が決まらない人は自分自身の市場価値を把握しておらず自分に見合った転職先がわからないことが多いのです。

市場価値は自分自身のキャリアやスキルを考慮して判断されます。自分自身のある程度の市場価値を把握しておかなければどの程度の企業であれば採用してもらえるかといったことがわからず無謀な挑戦をして書類選考で落とされるといった結果になる場合もあります。

自分のキャリアやスキルの棚卸を行い自分はどの程度の市場価値があるのかをしっかりと理解することが大切です。自分自身で把握することが難しい場合は転職エージェントに相談してみることもおすすめです。

できるだけ多くの転職先を検討する!

多くの転職先を検討し選択肢や可能性を広げることも転職がすぐ決まる人の転職の取り組み方の一つです。「絶対にこの業界でこの職種でなければダメだ!」という固定観念がある人は上手く転職先が見つかり内定をもらえれば良いのですが内定をもらえなかった場合次の打つ手が無くなってしまいます。

また、業界や職種にこだわるあまり自分自身の仕事への適正の可能性を狭めていることにもなります。第一希望や第二希望といった転職したい企業の順位付けをすることは大事ですが、最初から業界や職種を限定せずに転職エージェント等からの様々なアドバイスも受け入れられるような柔軟な姿勢も転職を決めるためには大切なことなのです。

強みと弱みを把握した自己アピールができる!

転職がすぐ決まる人は面接にも強いです。面接に強くなるためには自分自身の強みと弱みを把握した自己アピールをすることが大切です。

自分自身をしっかりと把握しているということは、自己理解力がある人材であると判断され企業からの評価が高まります。そして自分の強みや弱みを具体的に示すことにより面接官はその人材の採用した後の仕事を行う姿を具体的にイメージすることができるため「この人はこの仕事を任せたら能力を発揮してくれそうだな!」という面接官の具体的なイメージと企業が求める人材像がうまくマッチすれば採用される可能性が高まるのです。

受かるための応募書類や面接の対策をとる!

転職がすぐ決まる人は受かるための応募書類や面接の対策にも余念がありません。どんなに能力がある人材でも事前準備や対策を行わなければ自分自身の力を充分に発揮することはできません。

転職エージェントのサポート等を活用すれば応募書類の添削や面接対策のサービスを受けることができますので、「転職のプロ」である転職エージェントを充分に活用し自分自身の能力を最大限に面接官に伝える練習を行うことが可能になるのです。

「受かるための対策は惜しまず受かるためにプラスになることがあればなんでもやってみること」が転職をすぐに決める人の鉄則なのです。

難しい転職をサポートする!転職エージェントとは?

困った時の頼みの綱として難しいとされる転職活動の心強い味方になってくれる存在が転職エージェントです。転職エージェントを活用するのとしないのとでは、転職活動の進み具合や成果に雲泥の差が出ると言っても過言ではありません。

転職エージェントは求人の紹介はもちろんですが、それ以外にもスケジュール管理や応募書類添削そして面接対策等転職に関する様々なサポートをしてくれます。転職エージェントの「機能」をしっかりと把握して「無駄なく」転職エージェントを把握することが転職成功への近道になります。

転職先に迷ったら具体的な方向性を示してくれる!

転職エージェントは転職先の紹介の他にも転職先に迷ったら具体的な方向性を示してアドバイスしてくれます。また自分自身の強みや弱みに合致するような企業の提案やその企業の社風や求められている人材像についてもわかりやすく説明してくれる等「受かる」企業や「受かる」方法を的確に教えてくれるのです。

また自分一人では考えつかないような自分自身の転職プランの提案を受けることにより、転職による自分自身の選択肢を広げることもできます。

優柔不断な人や転職に対する考え方がまとまっていない方にとっては転職な強力なサポーターになることでしょう。

スケジュール調整を代行してくれる!

転職活動は複数の企業に同時に応募することがほとんどなので、面接の日程調整等の転職活動に係るスケジュールが複雑になることがあります。

また、面接の日程調整以外にも選考を受ける時期は転職活動におけるスケジュール調整は非常に重要です。例えば内定が決まった企業は一週間程度で入社するか否か連絡を行わなければならない企業が多く、第一志望の企業の選考途中で第二志望の企業から内定連絡があり第一志望の選考結果を待たずに第二志望の企業の入社の有無を決めなければならない状況に陥ることがあります。

こうした状況を回避するため、転職エージェントでは沢山の選択肢を広げられるようなスケジュール調整を代行してくれるサービスがあります。

自信を失くしたら適切なアドバイスで自信回復!

「書類選考が通らない」や「面接に落ちた」等転職活動を行う上で様々な悩みを抱えることは多くあります。しかし転職活動は新卒の就職活動時のように周りの友人や仲間が一斉に行っているわけではありませんので、友人等に悩みを打ち明けても状況や気持ちを充分に理解してもらえずに一人で悩みを抱える場合が多くなります。

そんなとき、転職について知り尽くしている「転職のプロ」である転職エージェントの担当者に「思う存分」悩みを打ち明け相談することができ的確なアドバイスで自信を回復させることができます。転職活動をしているときは、自分の状況を充分に理解てくれた上で悩みを相談できる存在は貴重な存在なのです。

応募書類や面接対策で受かる後押し!

転職エージェントには、応募書類の添削や面接対策等の「受かるためのサービス」が充実しています。参考書等を用いて一人で対策を行っても「第三者の目」で内容を評価することができずに自分本位な不充分な対策になってしまう場合があります。

応募書類や面接について転職エージェントという「転職のプロの強力な第三者の目」を使い判断を仰ぐことにより、より具体的にそしてより「受かる」ための応募書類や面接の対策を練ることができるのです。

応募書類添削や面接対策のサービスの充実度は転職エージェントによって異なりますので、自分自身が苦手な部分をサポートしてくれる転職エージェントを選択することをおすすめします。

まとめ

「転職する!」と決断するということ自体勇気のいることですから、転職したいという気持ちが芽生えても「転職は難しい」という固定観念を持っていてはなかなか転職活動への一歩が踏み出せなくなり、自分自身の転職成功の可能性を失うことにも繋がります。

今回ご紹介した転職を成功させるための考え方や取り組み方、そして転職エージェントを活用する方法をしっかりと理解し行動することにより、転職は難しいというイメージは徐々に解消され「転職を成功させることができる!」という自信が生まれてくることでしょう。

転職活動は考え方や取り組み方次第で結果が大きく変わるということを把握したうえで、自分にとっての「最良の結果」を求めて行動していきましょう。

あわせて読みたい!