転職

転職エージェントに放置されないために心掛けたい4つのこと

現在は転職ブームということもあり、様々な転職サービスがリリースされています。そのため、転職する際には通常の転職サイトに加え、転職エージェントを利用している人も多いのではないでしょうか。

しかし、転職エージェントを利用したはいいものの、何故か反応が薄く放置されてしまうということもあるようです。この記事では、転職エージェントに放置されてしまう理由やその対処法を見ていきたいと思います。

転職エージェントに放置される理由って?

転職エージェントに放置されてしまう理由には、一体どのようなものがあるのでしょうか?転職エージェントは企業に人材を紹介することで報酬を得る仕事ですので、基本的にはなるべく人材を紹介し、採用してもらった方が都合が良いと言えるでしょう。

しかし、場合によっては下手に人材を紹介してしまうと企業からの評価が落ちてしまうということもあるようです。例えば、転職エージェントが企業に紹介したがらない人材の特徴としては、下記のようなものが挙げられるのではないでしょうか。

約束をドタキャンしたり書類の提出が遅い

面談等の約束をドタキャンしたり、必要書類の提出が遅い人は転職エージェントに放置されやすいようです。現在は売り手市場と言われているため、転職を考えている人も多く、転職エージェントは常に時間に追われています。

その中で様々な取捨選択を行わなければなりませんので、必然的にレスポンスの早い転職希望者を優先的に取り扱うのも無理ないのではないでしょうか。全登録者に公平な扱いを行うのが理想ではありますが、仕事というのは限られたリソースで結果を出さなければならない代物であるため、なるべく効率の良いところにリソースを集中するのがセオリーです。

そのため、一度でも約束をドタキャンしてしまうと、それ以降相手をしてもらうのは難しくなってしまうでしょう。何かしらの理由で約束をキャンセルせざるをえない場合は、前もって連絡することが大切です。

現実を見ずに条件面で高望みしすぎている

自分が置かれている現実を直視することなく、理想の条件のみを並べ立てる登録者もまた転職エージェントから放置されてしまうのではないでしょうか。転職をする際には、ある程度譲れない条件に固執することも必要ですが、基本的には転職先の企業に合わせていく姿勢が大切です。

そのような姿勢を見せることなく、あまりにも自分の身の丈に合っていない条件を羅列した場合は「柔軟性に欠けている」と判断されてしまうことになるでしょう。柔軟性に欠けている人材は取り扱いが難しく、企業に紹介しても良い返事をもらえる可能性は低いものです。

転職エージェントは原則的に成功報酬で成り立っていますので、採用確率が高い登録者に手間をかけた方が事業としての生産性がアップします。そして、柔軟性に欠けている等、入社後に戦力化するのが難しい人材を紹介してしまうと、企業から転職エージェントへの信頼が失墜してしまうリスクも考えられるでしょう。

転職エージェントに放置されないよう心掛けることは?

では、ここからは転職エージェントに放置されないよう心掛けるべきことを見ていきたいと思います。基本的には会社の仕事と同様、レスポンスは早く、相手に失礼のないよう接することが大切です。

転職エージェントを介して転職を行う際は、エージェントとの関係次第で転職が成功するがどうかが決まる面もあるのではないでしょうか。下記のような点に留意し、エージェントと良い関係を築くことで、より自分に合った企業を紹介してもらうことができるかもしれません。

相手との信頼関係が大事。約束事はしっかりと守ろう

転職エージェントを利用する際のコツは、とにかく相手との信頼関係を大切にするという点です。それは転職エージェントに限ったことではなく、ビジネス全般に言えることであり、正しい信頼関係を築くことで新たな道が開くことも多々あります。

そのためにも、相手と交わした約束事はしっかりと守りましょう。基本的なことではありますが、書類は決められた期限内に提出し、面談等はきっちりと時間通りに訪問するのがマストです。

しかし、基本的なことであるが故に、これらをしっかりと守れない人はいとも簡単に信用を落としてしまいます。転職エージェントもボランティアで運営されているわけではありませんので、来るか来ないか分からないような登録者を待ち続けることはできません。

それよりは確実性の高い登録者にリソースを割いた方が効率も良く、何よりクライアント企業からの信頼を得ることができます。時間にルーズな人は転職後もその癖が治らない可能性が高く、それでは紹介先の企業に迷惑をかけてしまうのではないでしょうか。

転職エージェントは協力者。お客様気分はNG

転職エージェントに対し、いかにもお客様気分で接するような人もNGでしょう。前述した通り、現在は転職ブームということもありエージェントは大変忙しい毎日を送っています。

そんな中で、特定の登録者から我儘を言われ続けた場合、その登録者に対する心情はどうなるでしょうか?勿論、そのような登録者は後回しにされてしまい、該当エージェントを介した転職は難しくなってしまうことが予測できます。

また、エージェントに対してお客様気分が抜けない人は、転職先企業に対しても同様の態度で接する可能性が考えられます。そのような人は、会社に対してあーだこーだと注文を付ける割には、成すべき仕事をしないという可能性もあるため、紹介するのは避けたいところでしょう。

エージェントと接する際には、自分はお客様ではなく、あくまでも対等な立場の協力者という認識が必要です。

自分の市場価値を知り、現実的な条件を伝えよう

転職エージェントを利用する際は、予め自分の市場価値をある程度計っておき、現実的な条件を伝えることが大切です。非現実的な条件をつけるのは簡単ですが、それを実現するのは大変難しく、多くの場合エージェントに負担をかけてしまうでしょう。

対して、自分の価値を知った上であまり高望みをしない登録者は企業にも紹介しやすく、転職活動が上手くいくことが多いのではないでしょうか。せっかく転職するのであれば多少の高望みくらいはしたいものですが、あまりに非現実的すぎる条件をつけるのはNGということは頭の隅に置いておきましょう。

現実を見て地に足の付いている転職希望者は、企業から見ても魅力的な人材です。仕事においては理想や幻想より現実が何より重視されるべきであり、それをしっかりと受け止めることができる人は、それだけで希少性が高いと言えるのではないでしょうか。

その一環として、まずは自分の市場価値を計り、それを厳粛に受け止める姿勢が大切です。

どうしても合わない場合はサービスを変更するのも手

転職エージェントに放置される理由やそうならないための方法をいくつかご紹介しましたが、エージェントとの間柄は最終的には相性ということになります。そのため、もしどうしても合わないという場合には、サービスの変更を検討するのも一つの手でしょう。

現在は転職ブームということもあり、世の中には多種様々な転職サービスが存在します。通常の転職サイトから始まり、スカウトを受けられるもの、ハイクラス求人を厳選したもの等、探せば自分に合ったものが見つかるかもしれません。

そして、サービスを変更する際は、以前利用した転職エージェントは何が駄目だったのか、という点を明確にしておきましょう。上手くいかなかった原因として、相手方が全面的に悪いというケースもありますが、自分にも非はなかったか、そしてそれはどのようにしたら解決できたのか、ということを内省することはきっと役に立つでしょう。

仕事も転職も、共にPDCAサイクルを回し続けることが大切です。

放置されてしまった時は柔らかく催促してみよう

転職エージェントに放置されてしまった際には、サービスを変更する前に一度柔らかく催促してみても良いかもしれません。もしかしたら相手方が連絡を忘れてしまっているだけかもしれませんし、そのようなケースであれば催促することで話が前に進むでしょう。

しかし、その際には厳しい言い方をするのではなく、あくまでも失礼のないよう柔らかく催促することを心掛けましょう。話が滞ってしまったのは確かに相手のミスかもしれませんが、それを責め立てるようでは相手との信頼関係を築くことは難しくなってしまいます。

相手に非があった際にも感情的になることなく冷静に対処することで、相手から一目置かれるということもあるかもしれません。人間は生きている以上どうしてもミスをしてしまう生き物ですので、他人のミスを許すことで、いつか起こしてしまう自分のミスも大目に見てもらえるのではないでしょうか。

まとめ

転職エージェントを利用することで、思ってもいなかった自分の市場価値や、それを評価してくれる企業に出会えるかもしれません。それは普通に転職活動を行っているだけでは気づきにくく、第三者の視点を入れることで上手くいくこともあるようです。

信頼できる転職エージェントを見つけられれば、転職が成功する可能性が大きく向上するでしょう。彼らはいわば転職のプロとも呼べる存在ですので、特に転職経験の浅い転職希望者にとっては強い味方になってくれることでしょう。

その際に心掛けたいのは、相手の立場を考えるという点です。転職エージェントは概ね忙しい毎日を送っていますので、なるべく相手に負担をかけることなく、約束事はしっかりと守り、書類等は期限を厳守して早めに提出することが大切です。

そのような些細な積み重ねが信用を生み、いずれは優先的に対応してもらえることもあるのではないでしょうか。

 

あわせて読みたい!