転職

面接で気になるニュースを答える時の上手な回答術!

「最近あなたが興味のあるニュースは何ですか?」といった面接におけるニュースに関する質問に対する上手な回答術を紹介していきます。

面接でよく聞かれる質問の一つが「ニュースに関する質問」であり、転職活動中の方は新聞や情報誌等での情報収集を行っている方がほとんどだと思います。

しかしただ漠然と新聞や情報誌を読んでいるだけでは、面接でのニュースの質問に的確に答えることはできません。常にアンテナを張り巡らし、面接対策としてのニュース等の情報収集を心掛けて行くことが必要なのです。

ニュースに関する質問をする面接官の評価視点とは?

人材を評価するうえでニュースに関する質問はどのような意味合いがあるのか、面接官の評価視点をしっかりと確認して理解を深めていきましょう。

ニュースに関する質問の面接官の評価視点の主に3つのポイントがあります。「仕事に活かせる知識や情報に関心があるかどうか」そして「ニュースに対する考え方を知り人間性をチェックすること」更に「応募者が持つ情報感度をチェックすること」です。

評価視点をしっかりと把握し、評価を上げられるように面接官の的を得た回答を準備していきましょう。

仕事に活かせる知識や情報に関心があること!

様々な仕事には政治や経済そして金融等社会の様々な要素が絡み合っていますし、企業を取り巻く環境や状況は日々変化していきます。様々な分野に興味があるということは、興味関心が多い分だけ知識も豊富なので今は不要な知識でも、取り巻く環境の変化によりビジネスチャンスに繋がる可能性も秘めています。

応募者の気になるニュースを確認することにより、面接官は応募者がどんなことに興味があるのかをチェックし、その興味関心は仕事に活かせるものなのかどうかそして「応募者が今後仕事で使える人材に成長できるかどうか」という点をシビアに評価しているのです。

ニュースに対する考え方で人間性をチェック!

人間性はニュースに対する考え方をチェックすることで把握することができ、その点は面接官もしっかりと評価しているのです。企業が求めている人材は協調性があり且つ仕事の質を上げていける人材です。

協調性やコミュニケーション能力等の人間性は仕事を円滑に進めるためには必要不可欠ですし、仕事の質を上げていくためには、指示されたことを淡々とこなす能力だけでなく、自分自身の意見をしっかりと持ち協調性を大切にしながら業務効率化等の仕事の質の向上に積極的に取り組めることが重要です。

面接官があなたのニュースに対する考え方に共感でき且つ「この人と一緒に働けば円滑に仕事が回り仕事の質が向上する!」と思わせることができれば評価が上がる可能性は大きくなります。

社会の流れに乗り遅れない情報感度!

ニュースに関する質問をすることにより、面接官は社会の流れに乗り遅れない情報感度を持っているかどうかを確認しています。様々なニュースや情報を知っているということは仕事がデキる社会人にとっては必要不可欠です。

また、様々な分野にアンテナを張り巡らせて情報収集する等情報に敏感であるということをアピールできれば、流れに乗り遅れずに様々な仕事へ迅速に対応することや様々な知識を応用した仕事に対する発想力を期待されたり、知識の豊富さからコミュニケーションにも役立ち仕事を円滑にこなせるという可能性により、面接官からの評価は大いに高まります。

気になるニュースの選び方のポイントとは?

面接官のニュースに関する質問での評価視点を理解したところで、面接で取り上げるべきニュースはどのようなものが好ましいかそしてどのように選んだらよいのかを説明していきましょう。

ニュースを選びのポイントは、希望している企業に関連するニュースやどの業界にも当たり障りのないニュースを取り上げることです。

何も考えずに自分自身がただ興味関心のあるニュースを取り上げるのではなく、面接での評価を上げられるような他のライバルに差をつけられるニュース選びのセンスを身につけましょう。

業界関連の旬なニュースを選ぶ!

面接官に評価されるニュース選びで大切なことは、「志望する企業の業界関連のニュース」であることそして「ニュースが新しく旬である」ということです。

志望する企業やその業界内でしかわからないような専門的なニュースを把握していることにより、「志望する企業やその業界への関心が強い人材であるというアピール材料になりますし、専門的なニュースであればあるほど「そんなことまで情報収集しているのか!」と面接官からの印象はどんどん上がります。

また情報感度の高さという観点から、できるだけ新しく旬なニュースを選択することで常に最新の情報を取り入れようとする姿勢をアピールすることができ面接官からの評価が高まることでしょう。

全ての業界に精通する経済関係のニュースを選ぶ!

気になるニュースと聞かれて回答するニュースの分野として、全ての業界に関係する経済関係のニュースは適切であると言えるでしょう。

経済に関心を持っているということはビジネスマンとして重要なことですし、経済の動きに関心があるということで景気や社会情勢を敏感に察知し仕事に活かせることが期待され面接官からの評価も高まります。

また気になるニュースとして挙げた経済関係のニュースが志望する企業の業界にどのような影響を与えるか等、経済関係のニュースを志望する企業の業界にリンクさせて話を組み立てるということも評価を上げる大きなポイントになります。

気になるニュースの答え方のポイントとは?

これまでご説明した面接官の評価視点を理解し面接に相応しいニュースを選択できたとしても、話し方ひとつで評価が大きく変化します。

上手な答え方のポイントは、「ニュースを端的にわかりやすく説明できること」そして「ニュースに対する自分自身の意見を持ちわかりやすく説明できること」の2点です。

どちらのポイントも、「わかりやすく説明する」という能力が求められますので、わかりやすく説明するためにはニュースをしっかりと理解していることが前提になってきます。

ニュースの概要を分かりやすく端的に説明する!

ニュースに関する質問では、論理的思考を用いて話すことができるかどうかという点も面接官はしっかりとチェックしています。誰でもわかるような有名なニュースについて話すときでも、わかりやすく端的にニュースの内容を説明し論理的思考を有する人材であることをアピールしましょう。

また概要をわかりやすくするためには、具体的な数字を用いて話すことも大切です。例えば円相場が気になるニュースの場合「円相場が大幅に値下がりした」というより、「1ドル100円から1ドル200円の円安になった」と数字を用いて具体的に説明した方がより分かりやすくなりますし、数字を用いて説明できるということはニュースを充分に理解している証でもあります。

自分なりの考えを明確に述べる!

自分独自の考えや見解を持っているということは評価を上げる大きな要素になりますので、ニュースに関する質問では自分なりの考え方や見解を明確に述べることを心掛けましょう。

先述しましたがニュースに対する自分なりの考え方によって、面接官はその人の人間性をチェックしています。自分なりの考えを明確に述べなければ、面接官は人間性を判断できずに「つかみどころのない人」というイメージを与えてしまい評価を落とすことになります。

また、業界や職種によって求められる人間性も異なりますので、希望する業界や職種を考慮して「協調性」や「行動力」等の様々な人間性を示すことができるニュースとその的確な答えを事前に用意しておきましょう。

気になるニュースに関する質問の対策とは?

ニュースに関する質問の対策として様々な対策が挙げられますが共通している点は、「情報収集を習慣化する」ということです。

普段新聞や情報誌等を全く読まずに慌てて面接の前日に情報収集したとしても、ニュースや情報についてしっかりと理解しわかりやすく説明し、更にニュースに関する自分の意見を端的にわかりやすく説明することを短時間でマスターすることは困難です。情報収集は日々の積み重ねが物を言うのです。

一般的なニュース収集!新聞を読むことを習慣化!

まずは、一般的なニュースに触れることを心掛けましょう。一般的なニュースの情報収集の手段としては、テレビやインターネット等様々な方法がありますが、おすすめのニュースの情報源は「新聞」を読むことです。

「新聞を読んで情報収集をするぞ!」という気持ちで情報収集に集中する時間を確保することで、理解力が高まりますし効率的に情報収集が行えます。

様々なニュースに対して自分自身の考えや意見を持つことを心掛けて日々新聞を読むことを習慣化することで、一般的なニュースに関しては内容を理解し自分なりの見解を答える能力は確実に高まります。

各業界に精通するプレジデント等の経済誌を読む!

各業界に精通する仕事に関するニュースや情報を仕入れるためには、「プレジデント」等のビジネス総合誌を読み情報収集を行いましょう。

プレジデントは経営者からサラリーマンまで多くのビジネスマンに読まれている雑誌で、最新のマネジメント情報や経済情報仕事に役立つスキルアップの方法等仕事をする上で役立つ情報が満載です。また経営者の特集記事等も頻繁に組まれており経営者の発想や考え方をわかりやすく学ぶことができます。

プレジデント等のビジネス総合誌の内容や見解を鵜呑みにするだけではなく、情報誌から収集したニュースや情報に対する自分自身の独自の考え方を持つことを心掛けましょう。

希望する業界の業界誌で専門的なニュースを把握!

希望する業界への理解を深め専門的なニュースや情報を収集したい場合におすすめなのが「業界専門誌」です。食料品関係や不動産業、情報・通信業や小売業等、一般的にはあまり知られていませんが、ありとあらゆる業界で業界専門誌が発行されており、「専門誌が無い業界は無い」と言っても過言ではありません。

業界専門誌は一般的に新聞に掲載されるようなニュースではなく、業界に特化したニュースや情報を収集することができるため、面接での気になるニュースに関する質問に対し業界に詳しい人しか知り得ない専門的なニュースの見解について答えることができれば、業界への興味関心が高いことを存分にアピールすることができるのです。

IT関係は日経コンピュータ等の業界誌を必読!

IT関係企業に転職を希望している場合は、「日経コンピュータ」等の業界紙を読むことをおすすめします。日経コンピュータは、ITビジネスを推進するための企画開発等の情報をわかりやすく紹介してくれるIT総合情報誌で、経営者やITベンダー社員等ITに携わる多くの方が読んでいます。

ウェブ上の記事は、最新の情報をいち早く入手することに関しては優れていますが、断片的なものが多く総合的な理解が追い付かない場合があります。

理解が困難なITに関する情報をまとめてわかりやすく記載されている「情報誌」である日経コンピュータ等の業界誌を読むことにより、ITに係る専門的な情報を短時間でしっかりと理解を深めることができるのです。

まとめ

インターネットやスマートフォン等で検索すればどんな情報でもすぐに調べることができるようになりましたので、多くのニュースを知る機会は増えましたが、一つのニュースに対して「大まかな内容はわかるけれど詳しくはわからない」という方は多いのではないでしょうか。

気になるニュースに対する質問に対する回答で評価を上げるためには、ニュースに対する理解度を深め自分の考えを持ち端的にわかりやすく説明できることです。

ニュースについてしっかりと理解しわかりやすく説明することやニュースに関する自分なりの意見や考えを持つという能力は、普段の生活の中で意識してトレーニングすることを習慣化しなければなかなか身につきません。早速、新聞や情報誌等で様々なニュースや出来事を知り自分の考えを持つトレーニングをはじめてみましょう。

あわせて読みたい!