ビジネススキル

Googleのスマートな働き方!生産性を高める4つの働き方

Googleは世界最先端の企業と言っても過言ではなく、そのスマートかつ生産性の高い働き方に憧れている人も多いでしょう。そして、同時に多くの人が普段の生活や仕事でGoogleのサービスを利用しており、そのレベルの高さに感嘆しているのではないでしょうか。

この記事では、ユニークかつ生産性の高いGoogleの働き方の特色を見ていきたいと思います。それほど難しいことをしているわけではないため、真似しようと思えばすぐにでも活用できるかもしれません。

Googleの働き方は労働時間を問われない!質の高い成果を出せれば良い

Googleを始めとした海外の企業では労働時間による勤務管理を行っていないところが多く存在します。彼らは時間管理を行うことによって生産性があがる職種とそうでない職種を明確に分けており、必要のないところに時間だけをかけても無駄という意識があるのでしょう。

そのため、決まった時間になったから帰るというスタイルではなく、質の高い結果を出すことができるのであればいつでもオフィスを後にすることが可能です。Googleでは質の高い結果と労働時間との間に相関関係があるとは考えておらず、むしろ長時間労働は良くないことと捉えられているようです。

日本ではまだまだ労働時間が長いことイコ―ル評価に値することと見做されていますが、それはもう時代遅れの考え方なのかもしれません。時代の最先端を走るGoogleに習い、生産性を高めるための働き方を模索する必要がありそうです。

Googleのスマートな働き方!生産性を高めるための働き方4選とは?

Googleに限ったことではありませんが、生産性を高めるためには無駄を省くことが大切です。私達が普段生活したり仕事をしている中でも実は見えない無駄が多く、相当意識しないと削減することは難しいでしょう。

無駄と一口に言っても定義は色々とありますが、Googleのような会社では成果に繋がらない行動や時間等は無駄と捉えられている傾向があるようです。それでは、生産性を高めるための働き方をもう少し詳しく見ていきましょう。

テクノロジーの活用!どこでも仕事ができるようにする

1つ目として挙げられるのは、テクノロジーを活用して場所に縛られず仕事を行うというやり方です。現代はインターネットやスマホの普及により、どこにいても誰とでも繋がりやすい環境が整いました。

それを仕事に活かすことができれば、いつでも何処でも時間にも場所にも縛られず仕事を行うことができます。決まりきったオフィスで仕事を行うのではなく、時には自宅で、時にはお洒落なカフェ等で仕事を行うことにより頭がリフレッシュし、常に脳に新鮮な刺激を与えることができるのではないでしょうか。

Googleでは働く場所は基本的に自由ですが、やはり出社して仕事を行うことがメインになるようです。しかし、それはルールだからというわけではなく、社員それぞれが成果を出すために必要だと判断したからこそ出社を選択しているという点を見過ごすわけにはいかないでしょう。

サイコロジカルセーフティの活用!リスクを取ってチャレンジできる

サイコロジカルセーフティは「心理的安全性」と訳される言葉です。サイコロジカルセーフティが働いている環境下では、各メンバーは気兼ねなく発言することができたり、本来の自分を曝け出すことができる空気感を作ることができるでしょう。

サイコロジカルセーフティを担保することにより、各々のメンバーはリスクを必要以上に恐れず様々なことにチャレンジが可能です。失敗したら叱責が待っており、同時に待遇や評価も悪くなってしまう環境下では、チャレンジするより昨日と同じことを繰り返す方が合理的になってしまうのではないでしょうか。

しかし、それでは個人の成長もなく事業の発展も見込めません。合理的でドライな印象のある海外企業とサイコロジカルセーフティは少々相性が悪いようにイメージしてしまうかもしれませんが、Googleではそれこそが生産性向上の鍵という意識があるようです。

1on1ミーティングの活用!本音で話して日常的にイノベーションを生む

Googleでは1on1ミーティングと呼ばれる、上司と部下が日常的に雑談する文化が根付いています。雑談というと逆に生産性を阻害してしまいそうに思われるかもしれませんが、上司が部下を知らずしてマネジメントを行うことはできません。

何気ない雑談を行うことによってお互いを知ることができ、更には関係性を深めることも期待できます。Googleでは上司は部下のために存在するという考え方もあり、上司の仕事は部下がいかに働きやすい環境を整えるかという風にも捉えられているようです。

上司と部下、若しくは同僚同士が本音で腹を割って話すことができるようになれば、チーム内に日常的にイノベーションのヒントが生まれるでしょう。杓子定規の会話ややり取りからは何も生まれず、悪く言えば時間を無駄にしているだけです。そして、無駄は生産性を下げる何よりの要因となるのは言うまでもありません。

暇を活用!仕事と暇のバランスを保って集中的に仕事をする

人間というのは常に仕事に追われ忙しくしてしまっていると、なかなか新しいことをインプットする余裕がありません。インプットが足りずアウトプットばかり行っているとアウトプットの質は次第に落ちていき、いずれ見る影もなくなってしまうでしょう。

それを防ぐためにも、適度に暇な時間を設けることが大切です。人間の脳は暇な状態になると自然と情報を探し求め、普段は気づかない微細な情報を得ることが可能です。

また、Googleでは敢えて暇であることを周囲にアピールする文化が根付いています。それにより「自分は今リフレッシュしているんだ」ということや「今なら手伝えるから必要なら声をかけてね」というような意思表示を行っているようです。

そして、リフレッシュの時間が終われば席に戻り、ヘッドホン等で雑音を遮ってバリバリ仕事を行います。生産性を上げるためには、このようなメリハリも大事になるのではないでしょうか。

 

まとめ

Googleは従業員に対して自由や安心して業務に取り組める環境を与えており、その結果として生産性が高められています。それは何も難しいことではなく、他の企業でも真似しようと思えばすぐにでも可能なことばかりでしょう。

しかし、その分結果に関してはシビアに判断されますので、自由だからといって手を抜いて働いて良いというわけではありません。むしろ、自由だからこそしっかりと自己管理を行い、結果に対して全力で取り組むことが求められます。

従業員一人一人にそのような高い意欲と責任感があるからこそ、Googleではそのような自由が与えられていると言えるのかもしれません。もし自分の生産性がいまいち上がらないと感じるようであれば、より責任感を持って仕事に取り組むか、いっそのこと環境を変えてしまうのも一つの手になるのではないでしょうか。

あわせて読みたい!