職場の悩み

アルコールと頭の回転に関係性はある?仕事の質が上がる付き合い方

社会人ともなればお酒を嗜む機会も多く、それが人生の楽しみの一つになっている人もいるかもしれません。しかし、アルコールが人間に及ぼす影響として悪いものがフォーカスされることも多く、もしそれらが真実なのであればアルコールを断った方が人生が捗ると言えるのかもしれません。

この記事では、アルコールが脳に与える影響や禁酒することによるメリット、そしてその方法等を見ていきたいと思います。もし頭の回転を良くして仕事がデキるようになりたいと思っている場合は、アルコールを辞めるということも検討してみてはいかがでしょうか。

アルコールが頭の回転に与える影響について知ろう

アルコールを常習的に嗜んでいると、なんとなく「頭の働きが良くない」と感じてしまうことがあるようです。これをただの錯覚と断定してしまうのは難しく、実際にアルコールを日常的に飲んでいる人は飲まない人と比べて脳が10〜20%程度萎縮してしまっていることが多いと言われています。

人間は加齢と共に脳が萎縮しその結果として脳機能の低下等が起こるのですが、もしかしたらアルコールはその流れを早めてしまうのかもしれません。それ以外にも、アルコールによる二日酔いや酩酊状態では本来のパフォーマンスを発揮することは難しいでしょう。

「酒は人類の友である」という見方もありますが、そのような弊害も考えられるため、アルコールとの付き合いは時に慎重さを求められます。

頭の回転をよくしたい!アルコールを辞める4つのメリットは?

アルコールと頭の回転には密接な関係があり、少なくとも深い酩酊や二日酔いという状態では頭の回転が鈍ることに疑いの余地はありません。また、前述した通りアルコールを日常的に摂取している人は脳が萎縮してしまうという点も鑑みた方が良いでしょう。

そのため、頭の回転を良くしたい場合はアルコールを辞めることも視野に入れる必要があります。では、実際にアルコールを辞めることによるメリットとしてはどのようなものがあるのでしょうか。

二日酔いのない生活・体調がよくなり仕事に身が入る

アルコールを辞めるメリットとしては、まず二日酔いを起こすことなく毎日良好な体調を保つことができるという点が挙げられます。仕事上で良いパフォーマンスを発揮するためには健康な体と健全な精神が必要なため、体調が良くなれば自ずと仕事に身が入ることが期待できます。

二日酔いのまま無理して出社しても仕事は捗りませんし、何より周囲から「だらしない奴」とみなされてしまう可能性もあるでしょう。お酒を嗜むのは個人の自由ですが、飲みすぎた弊害を職場に持ち込んでしまうのは社会人として避けたいところです。

その他、二日酔いを起こすと胃腸にも負担をかけてしまうことも懸念されますので、アルコールを辞めるのであればなるべく早い内が好ましいでしょう。

発想力や集中力が向上する・頭が軽いと感じる

アルコールを常習的に嗜んでいる場合、発想力や集中力に悪影響を及ぼしてしまうと言われています。お酒の力を借りて斬新な発想や奇抜なアイデアを思いつくという経験が語られることも多いのですが、それらはアルコールが常に体から抜けない不調からゼロに戻っているだけに過ぎないという見方もあるようです。

それではあまりアルコールを摂取する意味があるとは言えませんので、いっそのこと禁酒してしまった方がメリットが大きいと言えるかもしれません。アルコールを完全に体から抜くことで、常に発想力や集中力が研ぎ澄まされ、頭が軽いと感じるようになるのではないでしょうか。

それにより仕事の能率がアップし、周囲からの評判も良くなり、結果として自分も充実感や満足感を得ることができるでしょう。

良質な睡眠が取れる・仕事のパフォーマンスが上がる

アルコールはカフェインと同様、睡眠の質を下げてしまう恐れがあると考えられています。長年、寝付きが良くない時に軽く寝酒を飲むことでスムーズに眠ることができるという話が信じられており、これはある種正しい面もあるそうです。

しかし、アルコールの力を借りて眠りについた場合、睡眠が途切れ途切れになってしまい、睡眠時間の割には疲れが取れにくくなってしまうことも懸念されています。しっかり眠っているのに疲れがとれないという場合は就寝直前の晩酌は控えた方が良いでしょう。

アルコールを辞めることでそれらの問題は長期的に解決され、睡眠の質も上がり、頭も冴え渡るのではないでしょうか。それにより仕事のパフォーマンスが向上し、同じ時間でもより大きな成果を目指すことができるでしょう。

精神状態が安定してコミュニケーション能力がアップ

アルコールには人を良い気分にさせる効果が認められており、普段なかなか解放できない自分を曝け出すためにアルコールを嗜んでいる人も多いのではないかと思います。また、その性質を利用して、誰かと打ち解けるためにアルコールを摂取するという場合もあるでしょう。

しかし、アルコールは良い気持ちも増幅してくれますが、普段溜めこんでいる不平や不満といったものもより強く感じてしまう可能性が示唆されています。アルコールを飲んで上司や先輩等に普段感じている不満や憤りをぶち撒けてしまったということが失敗談として語られるのがその証左でしょう。

アルコールを辞めることによって、そのような偽りの不平不満を感じることなく、フラットに物事を捉えることができるようになるかもしれません。それにより、誰かと接する際にも人当たりが良くなり、結果的にコミュニケーション能力がアップすることが期待できます。

アルコールを辞めるための効果的な方法は?

アルコールを辞めることによるメリットをいくつかご紹介させて頂きましたが、アルコールを辞めるのはそう簡単なことではありません。しかし、禁酒に成功すると頭の回転が良くなる等、仕事や健康面にメリットを及ぼしてくれることが期待できるでしょう。

日常的な習慣というのは長く続ければ続けるほどに辞めにくくなりますので、なるべく早い内に、強い意思を以て禁酒を決断してはいかがでしょうか。それでは、禁酒を行うための具体的な方法を見ていきましょう。

周囲に禁酒宣言!禁酒計画を立てて実行する

アルコールに限らず、何かしら断固たる意思が求められることを実行する時には、周囲に宣言するという方法が効果的です。周囲に宣言するというのは、自分に対する約束よりも遥かに拘束力が強く、断念してしまった時のペナルティは比べるべくもないでしょう。

宣言したにも関わらず実行できなかったとしたら「あいつは駄目な奴」というレッテルを貼られてしまう恐れがあります。社会人として宣言したことを完遂できない場合、少々大げさに言うと信頼を失ってしまう恐れがあり、仕事にも悪影響を及ぼしてしまうかもしれません。

合わせて、具体的な禁酒計画を立てることもお薦めしたいと思います。日常的に嗜んでいたものを一気に辞めると後でリバウンドが発生してしまう可能性がありますので、少しずつ徐々に減らすというやり方が効果的でしょう。

ノンアルコール飲料・炭酸飲料を代わりに飲む

実際にアルコールを飲むのを辞めてしまうと、なんとなく口寂しい感じがするのではないでしょうか。そのように感じてしまう時のために、何かしら代替飲料を用意しておくこともまた禁酒計画を成功させる要因の一つになるでしょう。

とはいえ、完全にアルコールの代わりになるものはありませんので、ある程度の妥協は必要です。例えば、味自体が似ているノンアルコール飲料や炭酸飲料等が挙げられるでしょうか。

最初は口寂しい感じが拭えないかもしれませんが、続けることによって徐々に味覚が変化し、アルコール無しでも過ごせる体質になることが期待できます。それに加え、自分好みの代替飲料を探すというのもまた楽しい作業になるのではないでしょうか。

まとめ

上述した通り、アルコールというのは頭の回転を鈍らせてしまう要因になり得るものであり、健康面への悪影響も様々に指摘されています。その上、下手をするとアルコール依存症になってしまう恐れもあり、その場合は平均年齢が約50歳とも言われています。

そうならないよう早めにアルコールを辞めることで仕事や健康、家庭等あらゆる面において多くのメリットを享受することができるでしょう。それは自分自身の人生をより輝かせ、充実した毎日を送ることに繋がるのではないでしょうか。

アルコールは人間の身体に対しては毒であるという見方もあり、もしそうであるならなるべく摂取しないにこしたことはありません。また、好きなものを自分の健康のために辞めることができるというのは意志力の強さの現れであり、周囲から「信頼できる人」という評価を得ることにもなるでしょう。

あわせて読みたい!