職場の悩み

仕事の早退理由4選!誰にも怪しまれずに早退できる方法とは?

たまには私も早く帰ってゆっくりお買い物をしたい。子供はいないけれど、保育所のお迎えで早めに帰っていくママたちが羨ましい。そんなふうに思った経験はありませんか。どうしても仕事がしんどくて、早めに帰りたい時ってありますよね。

でも、自分には堂々と早退なんてできるわけがない、と諦めてしまっている人もいるかもしれません。実は誰にも怪しまれずに、早退できる方法がいくつかあるのです。

早退するというのは、別に悪いことではありません。あなたが生き生きと働くために、上手に早退できるスキルを身につけておくといいですよ。

仕事の早退理由はリフレッシュのため!元気に働き続けるために気分転換しよう

なんだかしんどい、やる気が出ない、上司から押し付けられた仕事をやりたくない、そんなふうにもやもやしている時は、思い切って早退してリフレッシュしてみませんか。だらだらと働いても仕事の効率や生産性は上がりません。

ある研究によると、人間の1日あたりの集中力は4時間程度が限界だという説も有ります。あなたが、毎日8時間以上働いて疲れるのは当たり前のことなんです。

もし、たまには早く帰ってリフレッシュすることができれば、次の日からは、もっとあなたは効率よく元気に働くことができるようになるはずです。そうすると結果的には、周りの人や上司にとってもいい影響を与えることになります。

あなたがしっかりと働くことができるようにするために、早退というものを有効的に活用していくようにしましょう。

仕事の早退理由4選!周囲に怪しまれない理由とは?

リフレッシュするために早退するのはいいことではありますが、そのままの理由を上司に伝えてもきっと理解されませんよね。それどころか、嫌な顔をされて評価を下げられてしまうかもしれません。そんなことは、絶対に避けたいですよね。

どうやって上司にすんなりと早退の許可をもらえるかその方法をいくつかお伝えしますね。周囲にも怪しまれずに、スムーズに早退することができますよ。できるだけ自分自身も周りも気持ちよい状態を整えて、早退するようにしましょう。

これで怪しまれない!自分の病気を理由に早退しよう

まず早退の理由として、一番使いやすいのが自分自身の体調不良です。自分の病気を理由に早退したいと伝えると、上司は帰るなとは言うことはできません。もし、体調が悪いのに帰らせなければ、パワハラとして訴えられてしまうかもしれないからです。

また、理由を伝える時には、ちょっと気分が悪いですという曖昧な内容だけではなく、具体的な症状を盛り込むと、より怪しまれずにすみますよ。例えば、昔からお腹に持病があって調子を崩しやすいんです、今日もお腹に痛みを感じて、などと伝えます。

具体的に伝えるほど、信憑性が増しますよ。普段から、自分は体調を崩しやすい体質だということを周囲にアピールしておくのもいいかもしれませんね。

これで怪しまれない!家族の体調不良を理由に早退しよう

家族の体調不良という理由も、上司は引き止めることが難しい理由になります。家庭の事情というのは、会社が関与できる内容ではないからです。どうして家族の体調が悪いのだ、とあなたを責めるわけにもいかないですよね。

また、家族を心配している人を引き止めるというのは、道徳的な観点からも難しいです。母親の調子が悪いので私が面倒を見ないといけないんですと言った時に、嫌な顔をするような上司には、誰もついていきません。

上司も、自分が冷たい人間だとは思われたくないはずです。家族の体調不良で早退させていただけますかと、申し訳なさそうに伝えると、怪しまれずに早退できますよ。

これで怪しまれない!遠方の親せきの法事を理由に早退しよう

家族関連の理由としては、遠方の親せきの法事を理由に早退することも怪しまれにくいですよ。法事に限らず一般的に、冠婚葬祭は、大義名分になりやすい要素です。法事があるので、と言えば気をつけて行ってきてねと声をかけてくれるはずです。

ただし、架空の親戚を作ってしまうと、後々話のつじつまを合わせるのが大変になるので注意してくださいね。できるだけ具体的な内容は伝えずに、ぼやかして伝えても、法事のことは上司からは突っ込んで聞きにくい話題なので、心配いりませんよ。

詳しく言わずに、遠方の親せきの法事があるということを簡潔に伝えるようにしましょう。

これで怪しまれない!役所への届け出を理由に早退しよう

市役所や区役所など、役所への届け出にいかなければならないというのも立派な早退の理由になります。多くの役所は、だいたい18時ごろには窓口が閉まってしまいます。また、休日には、役所の窓口は開いていません。

定時まで働くと役所に行くのが間に合わなくなってしまうというのは、会社の誰もが理解できる理由です。役所に何か提出しなければならない、提出資料に不備があって再度呼び出しを受けているなどと話をすれば、周りから怪しまれずに早退することを許可してもらえますよ。

上司に伝える時には、きちんと役所の場所や窓口の時間を確認するようにして、なにか質問されてもスムーズに答えられるように準備しておきましょう。

仕事の早退理由が仮病の場合は事前に演技をしておこう

もし仮病で早退をしようかなと考えている場合は、前日ぐらいから辛そうな表情を見せておくことが大切ですよ。元気に遊び回っていた人が、いきなり体調が悪くなりましたと言っても、上司や同僚から不審な目を向けられてしまいます。

マスクをする、咳き込む、食欲がなさそうなアピールをするなど、あなたの体調が悪いということを、周囲の人にさりげなく伝えておきましょう。そういう環境を整えておくと、早退を申し出た時に、上司は優しく早退を許可してくれるはずです。早退しても大丈夫そうな空気を自分自身でうまく作っておくことが大切です。

仕事の早退理由が生理痛の時!周囲に気兼ねせずに本当のことを言おう

もし生理痛で早退をする時は、できるだけ生理痛だという本当の理由を言うようにしましょう。生理痛というのは、人によって症状の程度も違うので、なかなか最初は伝えることに対するためらいがあるかもしれません。

もし言いづらいようであれば、始めは別の理由を言ってもいいかもしれませんが、頻繁に続く場合は、はっきりと生理痛が原因であることを周りの人に言っておいた方がいいですよ。

何もないのに早退しがちと思われるのよりも、理由があって体調が悪いということが伝わった方が、周りも優しく配慮してくれます。

また生理痛が重いというのは、場合によっては子宮内膜症や子宮筋腫などの重い疾患の可能性もあるので、そういうこともさりげなく周りに伝えておきましょう。

仕事の早退理由は不問!出社したら必ず周囲にお礼を言おう

あなたの早退がどんな理由であっても、仕事を早退した場合は、周囲に何らかの迷惑がかかっていることがあります。突然あなた宛の連絡がかかってきて、仕事の対応してくれた同僚もいるかもしれません。

早退すること自体は、悪いことや問題があることではありませんが、周囲への感謝の気持ちは忘れないようにしましょう。早退した次の日の朝は、必ず上司や同僚に対してしっかりとお礼を伝えておきましょう。お礼を言われると、人はまた助けてもいいかなという気持ちになるものです。感謝の気持ちやとても助かったということをきちんと伝えておくと、次に早退するときも早退しやすくなりますよ。

まとめ

早退することは、あなたがリフレッシュをして仕事の効率を上げるためにとても大切なことです。無理して働くのではなく、うまく早退を活用して仕事の生産性をあげ成果をだせるようにしましょう。

もし、早退の理由が見つからなくて悩んでいる方がいれば、以下の四つの理由を活用することがおすすめです。

一つ目が、自分自身の体調不良です。この理由を使うときはできるだけしんどそうな様子を周囲に見せておくようにしましょう。

二つ目が、家族の体調不良です。家族の事情であれば、上司や同僚は何も言えないはずです。

三つ目が、遠方の親戚の法事です。できるだけ法事があるという事実をあっさりと伝えるのがいいですよ。

そして四つ目が役所への届け出のためです。どうしても役所の窓口に間に合うように帰らなければならない用事があると伝えましょう。

どの理由を使うときも、早退することで迷惑をかけるかもしれないため、周囲の人への感謝の気持ちを忘れてはいけません。周りに感謝しつつ、気持ちよく早退をして、しっかりリフレッシュするように心がけてくださいね。

あわせて読みたい!