ビジネススキル

頭の回転を速くする方法とは?誰でもできる手段と活かし方

頭の回転が早い方は言動に無駄がなくスマートな印象を受けます。これは脳内の情報処理の際に必要な情報と不必要な情報を取捨選択して整理し、必要な情報だけで論理的を組み立てているからです。

このため、不必要なことは言わず、必要な情報を適切な順序で筋道立てて話すことが出来ます。この能力は仕事に発揮されると高い生産性を上げ、会社に利益をもたらすことが多いため会社が欲しいと思う人材となり得ます。

今回はこの頭の回転を早くする方法はあるのか、という多くの人が気になるテーマについてご紹介します。

頭の回転が早い人の特徴とは?

頭の回転の早い人は仕事もプライベートも要領よくこなしている印象を受けます。非常にうらやましいですが、これはなぜか考えてみましょう。頭の回転が早いと一般的に理解力が高く、人の言っている内容をすぐにそして正確に理解してしまいます。

また、理解力が高いとどういう事態が起こるかあらかじめしっかりと考えて対策を立てることが出来ますので、想定の範囲内として様々な状況で適切な判断を素早く下せることが多々あります。このため、仕事ができる方が多く、社内でもキーパーソンと呼ばれている人の中に頭の回転が早い人が多く見られます。

一方で、物事の本質を理解していることも多いため、人の悪口を言わずにまた自分の知識や能力をひけらかしたりせず、謙虚な方が多いことも事実です。これは能ある鷹は爪を隠すと言いますがその通りで、人の悪口を言うことや傲慢な態度を取ってしまうことは自分自身にマイナスになっていることを知っているからだとも言えます。

つまり、どうすれば自分にプラスになるのかをしっかりと考えて、必要だと思う事柄を実践しているという訳です。このように、頭の回転良さを仕事に活かすことが出来ますと、仕事でのアウトプットが上がりそれは昇給や昇進に繋がります。

頭の回転が遅いというのは思い込み?

頭の回転が早いということは思考能力が高く、様々な事柄に対して適切な結論を得られやすいために仕事というよりもよりよく生きていくために必要な能力であるとも言えます。このため、頭の回転が早いに越したことはありません。

人間の脳は外部からの情報を、五官を通してインプットしますが、頭の回転が早いことはこのインプットされた情報を処理して適切な形でアウトプットする能力が高いとも言えます。情報の処理には、インプットとそのインプットされた情報が何なのか判断し、その判断に基づき整理して必要な形に変えてアウトプットするというプロセスが含まれます。

我々が何気なくインプットしている情報とその情報に基づくアウトプットには実はこのようなプロセスが存在しています。

言葉で表現できないからと言って頭の回転が遅いとは限らない

情報を処理するこの過程のどれが欠損しても情報を素早くアウトプットできません。よくある大変残念な例ですが、説明が非常に下手という方がおられます。よくよく耳を傾けていると言っていること自体は正しいのですが、説明の仕方が抽象的で筋道が立っていないために理解されない場合などです。

この場合は情報の整理や適切な形にすることが不得意だと考えられます。他にも勉強はできるのですが仕事が出来ないなどもそうですが、ある部分の情報処理は得意ですがある部分がどうしても苦手というケースです。

しかし、自分は荒間の回転が遅いとあきらめることはなく、このような方も頭の回転が早いと言っていいでしょう。なぜなら、情報自体は処理できるのですがインプットの仕方が不適切もしくはアウトプットの仕方が不適切であると考えられるからです。

これは訓練次第で徐々に改善していく場合が多く、日常的に自分に何が足りないのか、と言った問題意識を持ち、めげずに日々改善を目指して努力していくと5年後くらいには改善が見られているかなと思います。

この5年という期間は新人が一人前に仕事をこなせるようになる大まかな目安の期間でもありますので、仕事の経験と情報の処理能力の向上に伴い実務能力が向上した結果であるとも考えられます。しかし、新人でも入社当時は仕事が出来ない人と見られていましたが、数年後に突然伸びる方もいらっしゃいます。

このような方は頭の回転が早い素養がありますが、先ほど書きましたように情報処理のプロセスのどこかに不得意な部分があったと言えると思います。

このような方はダイヤの原石ですので、人材の見極めが重要となる例です。

論理的思考力を高めて頭の回転を早くする取り組み

数学においてはロジックが非常に大切です。このロジカルな思考を身に着けることは人によっては難しく、どうしても数学が苦手だ、という人を生み出す要因の一つと思われます。

与えられた問題を各種の公式という根拠に基づいて答えという結論を導き出すのですが、大筋ではあっているのに微妙な理解や勘違いなどで答えが間違ったなどという経験がある方は多いのではないでしょうか。

頭の回転を早くする方法で大切なことは脳内にロジカルな思考を行う回路を作り上げることで、この回路が出来ますと応用がきいてきます。

例えば、化学でも物質の性質という化学的な根拠に基づいて化学変化が起こりますし、法律に対してもそうです。根拠となる前提が間違わなければ筋の通った論理的な解釈につながると思います。

また、物事のロジックに関しては古くはアリストテレスの三段論法、即ち、大前提、小前提、結論という代表的なロジックの構成もあります。

三段論法の具体例として、全ての生物は細胞から構成されている、人間も生物である、故に人間も細胞から構成されている、などが思い浮かびます。このような論法をフォーマットとして様々な状況に当てはめてみてトレーニングを重ねることでロジカルな思考は養われます。

ロジカルな思考が苦手で頭の回転が遅いと思われている方がおられましたら、まずはこのようなロジックのフォーマットに当てはめて考えてみることがロジカルな思考を身に着ける上で大切です。また三段論法は意外と簡単ですので是非とも試してみてくださいね。

仕事に役立つ記憶力を上げて頭の回転を早くする取り組み

人間の脳はUSBメモリのように一度記憶したら忘れないなどと言うことはなく、時と共に次第に記憶があいまいになっていき完全に忘れてしまう情報も中にはあります。この忘れるということは人間ですので当然ですが、出来れば忘れないようにしたいですね。

また、これと同時に仕事に関して頭の回転を早くする手助けをする方法があります。それは毎朝予定を立てるということです。意外にやられていない方が多いのですが、記憶力を高めると同時に仕事内容を把握できますので理解力や判断力が向上、つまり頭の回転が早くなるという結果に繋がります。

記憶のコツはよく言われているように、反復練習にあります。また、勉強に代表されますが物事の理解を行うためには予習と復習をしっかり行うことが大切です。これを同時に行うことが仕事を始める前に是非ともやっておきたいその日の仕事のプランを立てるということです。

頭の中で行うので会社でもいいのですが、例えば通勤の時の電車の中でも考えてみることもできます。前日の仕事内容を思い出して何をやったか明確にし、さらに当日の仕事は何をすればより効率的か考えます。

そしてここがポイントですが、その時に具体的な数字を思い浮かべてください。

売上高や測定データなど職種により様々なですが、大切な数字があると思います。その数字を思い出すとその日一日はなんとなく頭に残っていますし、思い出せなかったら会社に着いたときに確認します。

このように、仕事内容に関して整理しておくと上司から急に説明を求められた時でも数字を根拠にして説明が出来るようになり、きっと記憶力がよく頭の回転が早い人と思われることでしょう。

頭の回転が早いだけでは仕事では役に立たないこともある

頭の回転が早いということは、仕事を速く正確に行える上に適切な判断が下せる下地と言えます。

仕事をする上では頭の回転は早いことに越したことはありません。しかし、仕事は頭の良さだけで行う訳ではありませんので、頭の回転以外にも様々な能力が必要となります。

最も大切であると思われる能力はコミュニケーション能力です。近年では新卒採用ではコミュニケーション能力を最重要視している企業が多く、仕事で求められている能力です。

頭の回転が早くてもその能力をネガティブなこと、例えば他人を言い負かすことや他人の粗探しなどに使用してしまうと周囲とコミュニケーションが取り辛くなりますのでいくらいい仕事をしても残念ながらマイナスの評価になってしまいます。

その他にも責任感が強いことも大切で、与えられた仕事を愚直にやり遂げることも必要になります。頭の回転が早い上に仕事を遂行する上で必要な各種能力などを持っていればまさに鬼に金棒ですね。このような方は実務能力が非常に高く、基本的に仕事が出来ますので会社が求める人材です。

一方で頭の回転が早い人で特に新人の場合にありがちなことは、中途半端に理屈が分かっているのですが、実績や経験が少ないために物事に対して強く言ってしまい角が立ってしまう場合があります。

頭の回転が早くて思わず何事にも口出しして角を立ててしまう自覚がある方は少し慎重になった方がよく、足元をすくわれないように気を付けたいところです。

まとめ

頭の回転が早いことは生きていく上でも大切ですが、頭の回転、つまり脳の情報処理の機能は飽くまでハードウェアとしての機能ですのでソフウェアとなる各種のスキルも大切になります。

つまり、頭だけではなく柔軟な対応ができる社会性も身に着けた方がより仕事もできるようになりますし、生活にも役に立つと思われます。

脳の機能は神経のネットワーク回路により構成されていますので、この回路を強化してあげることで少しずつ頭の回転は早くなっていきます。

例えば暗算を繰り返し行うと暗算の速度は上がっていきますし、ロジカルな思考速度も同様に上がっていきます。また、自分は頭の回転が遅いと思っている方の中でも実は高いポテンシャルを秘めている可能性があります。

自分に合った頭の回転を早くする方法をしっかりと見つけ毎日コツコツと努力することが頭の回転を早くする方法として大切になります。

あわせて読みたい!