職場の悩み

上司に嫌われたらどうしたらいい?焦らず試してほしい5つの対処法

大きなミスをして上司に嫌われた、なんだか上司が最近すごく冷たい気がする、そんなふうに上司に嫌われてしまったと悩んでいる方はいませんか。

仕事をするためには、上司とは必ずたくさんのやり取りをしなければなりません。上司に嫌われてしまうと、仕事に行くのがとても辛くなりますよね。

もしかしたら、もう会社に行くのが嫌だと思い詰めてしまっている方もいるかもしれません。でも、あまり深刻になりすぎずに、まずは一呼吸置きましょう。上司に嫌われたと感じる時に、試してほしい5つの対処法をご紹介しますね。

それぞれ試してみると、きっと状況は良い方向に変わっていくはずです。是非、取り組んでみてください。

上司に嫌われたからといって、あなたの存在が否定されたわけではない

上司に嫌われたらもう仕事をしていくことはできない、私はなんて価値のない存在なんだろうか、そんなふうに自分自身の存在を、否定してしまってはいませんか。

上司に嫌われたからといって、あなたの存在が否定されたわけでは全くありません。あくまで、上司というのはあなたの周りにたくさんいる人の一人です。

あなたの周りには、あなたのことが好きだ、大切だと考えている家族や友人が必ずいるはずです。その人達から、貴方は無条件に存在を認められているんですよ。

たとえ、たった一人の上司に嫌われたからといって、あなたの素晴らしさが否定されたわけではありません。

自分自身を卑下するような感覚は、すぐに捨ててしまいましょう。

本当に上司に嫌われたのか、まずは冷静に考えてみよう

あなたはどうして上司に嫌われたと考えるようになったのでしょうか。上司の言葉が冷たく感じたから?他の人と自分にだけ態度が違うように感じたから?

色々な言動から上司から嫌われていると感じる部分があるかもしれません。でもあなたは本当に上司から嫌われているのでしょうか。たまたま上司の機嫌が悪かっただけということはありませんか。

一度冷静になって、上司に嫌われたということについて考えてみてください。もしかしたらあなたの思い過ごしの可能性もありますよ。

上司に嫌われることになった原因があるのか振り返ろう

まず、上司に嫌われることになった原因が何かあるのか振り返ってみましょう。上司の指示に逆らったことがあったでしょうか、上司からの誘いを断ったことがあるでしょうか。

何か思い当たる原因がないか考えてみてください。もし自分では全く原因が思い当たらない場合は、周りの同僚に聞いてみるのもいいかもしれません。

自分も周りも原因が特に思い当たらない場合は、もしかしたらあなたが上司に嫌われたと感じるのは、ただの思い過ごしかもしれないですよ。

何もしていないのに、人を嫌うということは考えにくいですよね。上司はもともと部下とのコミュニケーションが苦手なだけなのかもしれませんね。

上司に嫌われたと感じる言動を書き出してみよう

あなたはどんな時に上司に嫌われたと感じますか。上司に嫌われたと感じる言動を全て、紙に書き出してみましょう。例えば、挨拶をしても返してくれなかったということがあった、そのことだけで上司に嫌われたと感じている方がいるかもしれません。

でもそれは、たまたま上司の機嫌が悪かっただけという可能性がとても高いですよ。嫌われたと感じる言動が少ししか思い浮かんで来なかった場合は、あなたが心配性なだけかもしれません。

一度紙に書き出してみることで、冷静に現状を振り返ることができるようになります。ぜひ試してみてくださいね。

上司に嫌われたときに試してほしい、5つの対処法

嫌われることになった原因を考えたり、 これまでの言動を書き出したりしたうえで、 どうやら上司に嫌われたという事実がはっきりした方がいるかもしれません。でも、上司に嫌われたからといって、そこで落ち込んでしまう必要はありません。

人との関係というのは、修復することが可能だからです。少し嫌われたからといって、この先もずっと嫌われ続けるということにはなりません。上司と良い関係をこれから築いていくことは可能ですよ。

また、それほど上司のことを気にしないというやり方もあります。すぐに試せる五つの対処法をご紹介するので、是非自分に合ったやり方を見つけてみてください。

自分に明らかに非があるときは素直に謝罪しよう

上司からの指示を無視して無断で行動をした、上司に失礼な言葉を投げかけた。そんな風に自分自身に明らかに非があったということが、分かっている人がいるかもしれません。その場合は、素直に謝罪するようにしましょう。

なかなか人に対して謝るというのは、勇気がいりますよね。自分が間違っていたということを、認めるのは怖いです。でも、自分が悪かったのであれば、それを謝罪しない限り上司との関係の修復は難しいですよ。

また、素直に謝ってしまえば、気持ちのいい奴だなと上司から思ってもらえるかもしれません。変なプライドは捨てて、素直に謝罪してみましょう。すぐに上司との関係性が回復するかもしれないですよ。

仕事に打ち込み成果を出せるように努力しよう

上司にとって良い部下というのは、どんな部下でしょうか。いつもニコニコ自分の言うことを聞く部下でしょうか。そうではありません。仕事で成果を出せる部下というのが、上司にとっては一番良い部下になります。部下の成果は、そのまま上司の成果に直結するからです。

あなたが仕事に打ち込み成果を出せれば、上司も必ずあなたを認めるようになるはずです。上司に嫌われたと悩んでいる時間があれば、その時間を仕事に打ち込むようにしてみましょう。

一生懸命頑張っている姿を見ただけでも、上司のあなたの印象は良くなっていきますよ。ぜひ、目の前の仕事に全力で取り組んでみてください。

報連相を怠らずに誠意を持って接するようにしよう

上司に嫌われたと感じると、上司と話をすることが怖くなってしまいますよね。そうすると上司とのコミュニケーションが少なくなって、ますます関係性が悪化してしまうことになります。上司に嫌われたと感じた時こそ、報告や連絡、相談を怠ることなく、誠意をもって接するようにしましょう。

きちんと誠意をもってやり取りをしていれば、その人を嫌い続けるというのは難しくなるはずです。

最初はもしかしたら冷たい対応を取られてしまうかもしれませんが、そこはぐっと我慢して大人の対応を取りましょう。あまりビクビクすることなく、普通にやりとりをすれば大丈夫ですよ。

信頼できる部署の人に状況について相談してみよう

どうしても上司とコミュニケーションをとることが難しい場合は、 信頼できる部署の人に状況について相談してみるのもおすすめです。

もしかしたら他の人は、上司とうまくやっていくコツというのを知っているかもしれません。それを教えてもらうことで、上司とスムーズにやり取りできるようになりますよ。

また、ほかの人に対しても上司が冷たい言動をとっている可能性もあります。自分だけが嫌われているのではないと安心できますよね。

人を嫌うような上司は、部下からも嫌われていることが多いはずです。あなたと同じように感じている同僚がたくさんいるかもしれませんよ。

上司の態度を気にすぎないようにして割り切ってしまおう

部下のことを嫌いになる上司というのは、自分の感情を仕事に持ち込んでおり、マネージャーとしては失格です。個人的な感情と仕事でのやり取りは切り離して仕事をするのが、できるビジネスパーソンです。

部下を嫌うような能力の低い上司のことを、あなたがあまり気にしすぎる必要はありませんよ。あなたはあくまで、仕事をするために会社に行っているはずです。

上司に嫌われたからといって、あなたの仕事にはまったく関係がありません。子供っぽい上司の態度を気にしすぎずに、残念な人なのだと割り切って仕事をするようにしてくださいね。

どうしても上司とやっていくのが難しい場合は、部署異動や転職もあり

態度が冷たいなど、単純に上司から嫌われているだけであれば、仕事をしていくことはできます。ただ、人格を否定するような攻撃をしてくる、 自分にだけ仕事の重要な情報を流してくれないなど明らかなパワーハラスメントを受けている場合は、我慢する必要は全くありません。

もし会社の中で配置転換ができるのであれば、人事に部署異動を申請しましょう。その時には、上司の言動をきちんと報告することが大切です。

部署異動が難しい場合は、転職という手段もありますよ。部下を嫌うような残念な上司の下で我慢せずに、あなたの能力をしっかり発揮できる場所を探しましょう。

まとめ

上司に嫌われたと感じると会社に行くことが嫌になってしまいますよね。自分自身の存在を否定されたような気分にもなってしまいます。でも、上司に嫌われたからといって、あなた自身の素晴らしさは何も変わっていません。気にしすぎないことが大切です。

また、もしかしたらあなたの気のせいの可能性もありますよ。嫌われる原因があるのか、どうして嫌われたと感じるのかを紙に書き出し、一度冷静に考えてみましょう。

本当に上司に嫌われているときには、焦らず試してほしい対処法が5つあります。一つ目は、自分に明らかに非があるときは素直に謝罪することです。二つ目は、仕事に打ち込み成果を出せるように努力することです。三つ目は、報連相を怠らずに誠意を持って接するようことです。四つ目は、信頼できる部署の人に状況について相談することです。そして最後が、上司の態度を気にすぎないようにして割り切ってしまうことです。

どうしても上司とうまくやっていくことが難しい場合は、部署を移動したり転職をしたりするのも一つの手ですよ。

上司に嫌われたからといって、あまり思い悩まないようにしてくださいね。

あわせて読みたい!