職場の悩み

【人望がない】信頼のない人が人望を取り戻すための対応策を解説

会社で働いていると「この人の言っていることは確かに的を得ているんだけど、なぜか納得しにくいんだよなぁ」というような人に遭遇することもあるでしょう。信頼できるポイントを探してみてもなかなか見当たらないなんてことも。

今回は「人望がない人」について解説します。対人関係が非常に大切な社会人ですが、周囲から信頼されない人はどんな原因があるのでしょうか?人望がない人の特徴や、人望を取り戻すための対応策を紹介します。

「人望がない人 = 信頼度が低い人」

人望がないということはどんなことでしょうか?1番分かりやすくシンプルに言うと「信頼度が低い人」と言い換えることができます。社会人は様々な人と関わりながら仕事を進めていきます。対人関係では信頼されることが何よりも重要です。

「この人なら仕事を任せても大丈夫だろう」「この人なら悩みを打ち明けても大丈夫だろう」こんな風に信頼される人には、自然と人が集まってきます。人間力の高い人は頼りがいがあり、同じような志を持った人間が集まりやすいんですね。

信頼度の低い人間は「あの人に任せるのは不安だなぁ」「あの人は口が軽そうで悩みを言えないな」という風に周りからの評価も低くなりがちです。結果として孤立しやすく、表面的には仲良くしている人でも鬱陶しいと思われている場合も少なくありません。

人望がない人によくある3つの特徴

人望がない人には、共通する特徴のようなものがあります。信頼できない人とも言い換えられる人にはどんな特徴があるのでしょうか?もしかすると自分自身も当事者になっているかもしれません。

「私は大丈夫」と思っている人でも、周りからの評価は違っている場合もあります。ここで一度、人望がない人の特徴を冷静に見てみてください。信頼を欠いてしまうような行動をしている可能性もありますよ。人望がない人によくある3つの特徴を紹介します。

信頼度ゼロ!簡単に嘘をついてしまう

平気で嘘をついてしまう人っていますよね?このような人は、周りからの信頼を自ら削ぎ落としているようなもの。見栄を張りたいのか、自分を大きく見せたいのか。しかし、嘘は時期にバレてしまいます。

ジョークのような嘘をたまにつくのならまだしも、大事な場面で大きな嘘をついてしまうような人は信頼を欠いてしまっても仕方がないでしょう。等身大の自分を正直に表現できる人は、それだけで信頼感を得ることができます。

嘘をついてしまう人の習性として「嘘を積み重ねてしまう」傾向があります。嘘を嘘で取り繕ってしまうと、「この間言っていたことと違う」とどんどんボロが出てしまいます。嘘をつくというのは社会人としてマイナス面が多いのです。

私は悪くない!何事も他人のせいにする

人望がない人には、何事も他人のせいにしてしまう人がいます。自分が犯してしまったミスを「○○さんが私に頼むからいけないんですよ!」なんて無責任な発言をしてしまう。そんなことをしてしまったら、信頼度が低くなっていくのは目に見えていますよね。

他人のせいにするというのは、無責任さを露呈しているようなものです。「私は無責任な人間です」と社内でアピールしたら、大事な仕事を任されることも少なくなってしまい、キャリアアップは難しくなるでしょう。

自分で犯したミスは素直を謝罪することが大切です。時に悔しい思いをしたとしても、長期的な視点で見てみると人間としての評価は高くなるはずです。まずい状況に立った時の立ち振舞方で、大きく道が変わっていくと言えるでしょう。

その場にいない他人の悪口ばかり言っている

「あの人はいつも他人の悪口ばかり言ってるなぁ」そんな風に思ったことありませんか?数名でランチしている時に、その場にいない知人や同僚の悪口を言う。「もしかしたら自分も悪口言われてるのかな…」こんな風に思う人も多いでしょう。

他人の愚痴を沢山言ってしまうような人は、社内でも距離を置かれてしまうでしょう。信頼度は著しく低くなってしまい、本音で向き合ってくれる人もどんどん減っていきます。これは社内だけでなくプライベートでも同様です。

面と向かって気に入らない点を話し合うようなことはせずに、常にいない人の悪口を言っていれば、味方は少なくなってしまいます。人間だれしも愚痴を吐きたくなるようなこともありますが、見境なく愚痴をいうのは良いことではありません。

人望がない人が改善するべき3つポイント

「自分には人望がない」と悩んでいる人は、今からでも人間関係を改善していくことができることを理解しましょう。人間関係は簡単に修復できるようなものではありません。しかし、社会人としての信頼を取り戻すことは大きなメリットがあります。

今までの悪しき週間を見直して、新しい自分に生まれ変わるためには、ちょっとしたポイントを抑えて習慣化する必要があります。ここからは、信頼を欠いてしまった人が、人望を取り戻すためのポイントを紹介していきます。

社会人として当然!約束を守るようにする

人望がない人がまずするべきことは「約束を守る」ことです。社会人として当然のマナーとも言えることですが、意外にも約束をしっかり守れる人は多くありません。上司、同僚、部下に関わらず、約束をする時は事前に予定を確認することを徹底しましょう。

約束は何も他人のためだけにあるのではありません。最も大切なのは「自分との約束を守る」こととも言えます。「面倒くさいから明日でいいや」こんな人はいつまで経っても人望が厚くなることはありません。

「一度決めたことはしっかりやり遂げる」この意識で仕事に挑むことで、時に辛いことでも乗り越えることができます。「あの人最近頑張ってるな」そんな風に思ってもらうには、小さな約束でもこぼさない思考が大切なんですね。

自分以外の人のことを優先して考える

人望がないと感じる人や「自分は信頼されていないんじゃないか?」と感じる人は、人のことを優先して考えるようにするのもおすすめです。常に他人のせいにしてきたクセを少しでも改善したいなら、誰かのために尽くすことも良い経験です。

信頼度の低い人間は、総じて自己中心的な思考をしている人が多いもの。「少しでも誰かの役に立ちたい」そんな風に思考を切り替えることができれば、自然と人はついてくるでしょう。必要とされる人間は、相手の立場になって物事を考えられる人でしょう。

仕事でも「この人は僕にどんなことを求めているのだろう?」と考えながら行動計画を立てることで、相手のニーズを満たした業務を行えるようになります。自己中心的な思考を捨てることで新しい自分に出会うことができるでしょう。

フラット感が決め手!誰にでも平等に接する

信頼のおける人は、誰が相手でもフラットに接する傾向にあります。上司には丁寧に、部下にはキツくあたるような人間は、人望が厚い人にはなれません。誰にでも平等に接することで「あの人は人間としてしっかりしてるな」と思ってもらえます。

フラット感を保つのは簡単なことではありません。今まで上司に媚を売っていたような人は、悪しき習慣から抜け出すのにそれなりの時間を要することでしょう。しかし、人望の厚い人間を目指すなら非常に有効な一手とも言えます。

フラット感を身につけていくには、訓練が必要です。今まで適当に会話をしていた人からすると「ここでは何て言えば良いんだろう」と毎回考えるはずです。この感覚は次第になくなっていきます。分け隔てなく話せるような人間を目指しましょう。

まとめ

今回は、人望がない人の特徴と改善策を紹介しました。信頼度の低い人間は社内でもお荷物になりがちです。誰だって社内の嫌われ者にはなりたくないですよね?社会で生き抜くためには自己中心的な態度は良くありません。

信頼される人間を目指して人間力を高めていくなら、それなりの時間を要します。今までの習慣を見直すのは時に苦しみを伴うものです。人望の厚い人間は、日々あおれなりの苦労を当たり前のようにこなしているとも言えます。

重要な仕事を任されるような立場の人間になりたい人や、キャリアアップを真剣に狙っている人は、自分が信頼の置ける人間なのか一度俯瞰的な視点でチェックしてみると良いでしょう。頼りにされる人材になるためにも小さな行動から変えていきましょう。

あわせて読みたい!