職場の悩み

入社5年目で仕事を辞めたい?このまま辞めるべきなのか?

仕事をしていて、「このまま仕事を続けていていいのか?」と考えることはありませんか?入社して5年が経ったあなたは、一通り仕事に慣れてきたこともあり、将来に対して漠然とした不安を感じてしまうと思います。

  • 自分の将来が見えきてしまった
  • 仕事の量や責任が増えてきた
  • 入社5年目という漠然とした焦りがある

というように、入社5年目は悩みや不安を抱えやすい時期ともいえるでしょう。そのなかで、「仕事を辞めたい」と考える方も少なくはないはずです。ただ、あなたが感じている悩みや不安によっては、「仕事を辞めるべきではない」場合も少なからずあります。

そこで今回は、入社5年目で「仕事を辞めたい」と考えているあなたが、仕事を辞めるべきなのかどうか?についてまとめさせていただきます。

入社5年目が「仕事を辞めるべき悩み」とは?

先ほど、「仕事を辞めるべきかどうかは、抱えている悩みによる」とお話ししましたが、仕事を辞めるべきなのは「他の会社に行ったら悩みが解決するかもしれない」場合です。

会社を変えることでしか解決できない悩みを抱えている場合、仕事を辞めることを考えるべきといえます。 もちろん、ただただ仕事を辞めて転職すればいいわけではありません。そこで、仕事を辞めるべき悩みの具体例と、転職する際に気をつけることを紹介させていただきます。

辞めるべきなのは「転職したら解決できる悩み」の場合

  • 仕事内容を変えたい
  • 職場の人間関係が上手くいかない
  • 尊敬できる上司や先輩がいない

仕事を辞めるべき悩みの具体例として、以上のようなものが挙げられます。こういった悩みは、今の職場での解決は難しいですし、転職をすることで解決する可能性が十分に考えられます。

このような悩みの場合は、職場を変えない限りこれから先の仕事でずっと付きまとう問題になります。先ほどもお話しした通り、ただただ何も考えずに転職していいわけではありません。

今の時代、転職は当たり前になりつつありますが、転職に失敗をしてしまうケースも少なくはありません。改めて「この悩みは今の職場での解決は難しいか?」と考えた上で、仕事を辞めることをおすすめします。

入社5年目で仕事を辞めて転職するときに考えたいこと

仕事を辞めて転職するうえで理解をしておく必要があるのは、「転職は必ずしも上手くいくわけではない」ということです。さらにいえば、転職をすることで、より悩みや不安を感じる環境で仕事をしなければならないケースがあるということも覚えておいてください。

そうならないためにも、今あなたが感じている「会社に対する悩みや不安の原因」を改めてしっかりと考え、次に同じことが起きないように心掛ける必要があります。そうすることで、今あなたが持っている悩みや不安は解消されることでしょう。

長い間勤めた会社を離れるということで焦る気持ちもあるでしょうが、転職活動をする際はしっかり原因や対策を考えた上で取り組んでみてください。

「仕事を辞めてしまったら後悔する悩み」とは?

先ほどまでは仕事を辞めるべき悩みについて紹介しましたが、逆に仕事を辞めるべきではない悩みもあります。それは「他の会社に行っても、いずれ同じ悩みを持つ可能性が高い」場合です。

この場合、仕事を辞めれば一時的に悩みから解放されますが、近い将来、同じ悩みを抱えてしまう可能性がとても高いです。せっかく今までのキャリアを捨ててまで転職したのにもかかわらず、次の職場でも同じような悩みを抱えてしまってはあまりにももったいないです。

では、仕事を辞めると後悔する悩みについても、具体例や対策をまとめさせていただきます。

辞めるべきではないのは「辞めることで解決しない悩み」の場合

  • 責任が増えてきた
  • 仕事の量が増えてきた
  • 漠然と将来に不安を覚えてきた

こういった悩みの場合は、ハッキリ言って仕事を辞めるのはオススメしません。なぜなら、仕事を辞めて別の会社へ転職したところで、次の職場でも同じ悩みを抱えてしまう可能性が高いからです。

今の時代、転職はいわば当たり前のようになっています。しかし、今後のあなた自身のキャリアに対してあまり意味のない転職は避けるべきです。

仕事の量や責任の重さが増えてくるのは、同じ会社でキャリアを積んでいくにあたって仕方のないことです。もちろん仕事にもよるでしょうが、次の職場でも同じような状況になるでしょう。

この場合は、仕事を辞めることで悩みを解決しようとするのではなく、今のあなた自身の働き方を見直すことで解決するのがベストといえるでしょう。

できる限り今の会社で改善する努力をするべき

「仕事や責任が増えた」や「漠然とした不安がある」といった悩みの場合は、先ほどもお話しした通り、現状の働き方や仕事に対する向き合い方から改善していくことをオススメします。せっかく仕事を辞めて転職したところで、悩みが解決しなければ元も子もありません。

冒頭でもお話ししましたが、入社5年目となると仕事にも慣れて、今まで見えていなかったことが見えているはずです。その分、会社の嫌な部分も見えてしまうと思います。ただ、入社5年目のあなたは「ステップアップの時期」であるともいえます。

今までは上司に付いていく形が多かったと思いますが、これからは「あなた自身が仕事を作っていく立場」にもならなければいけません。本当に大変な時期ではありますが、あなた自身の成長のためにも、改めて仕事としっかり向き合ってみましょう。

しかし1つ注意をしたいのが、「仕事の量や責任が度を過ぎて増えている場合」です。それこそ、数年前までは考えられなかったくらいの残業を強いられていたり、上司から責任を押し付けられたりしていたら話は別です。

それでも我慢し続けて、あなたの身体や心が壊れてしまっては元も子もありません。このような場合は、仕事を辞めて転職することも考えなければいけません。

まとめ

入社5年目というのは、悩みを感じやすい時期でもあり、「仕事を辞めたい」と感じてしまうのは無理もないといえます。仕事や責任も増え、あなたなりに仕事に対して考え直す機会も多いでしょう。

ここで1度考えてほしいのが「本当に仕事を辞めていいのか?」ということ。先ほどからお話ししていますが、仕事を辞めるべきかどうかは、「あなたが感じている悩みや不安による」といえます。

転職とは、人生においても重要な選択ですので、しっかりと今のあなたが「何に悩みや不安を感じているのか?」ということを改めて考えることで、これから先の働き方を決めることをオススメします。 今一度あなた自身の働き方や将来を考えてみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい!