ビジネススキル

リーダーの役割とは?求められる資質を理解して会社を強くする!

仕事におけるリーダーとは、個人の仕事だけではなく、チーム・組織としての成果を生み出すために働かなければなりません。個人の成果を出すための仕事とは違った難しさがあり、苦労しているリーダーも多いはずです。

一般社員と働き方が大きく異なるため、求められる能力や業務も当然違ってきます。あなたは、リーダーとしての役割を正しく果たせているでしょうか?

この記事では、リーダーに求められる役割や能力について紹介していきますので、「リーダーに就任したが、役割を果たせているかが不安」と感じる方は、ぜひ参考にしてみてください。

リーダーの役割とは?優れたトップは会社を強くする!

リーダーには、他の社員と異なる”役割”が求められます。リーダーに就任する前と同じような働き方をしていれば、役割を果たせていないと言わざるを得ません。

良いリーダーの存在は、会社そのものを強くします。もし、あなたがリーダーに就任したのであれば、あなたの働きは会社の成長を左右すると言ってもいいでしょう。

リーダーとしてチームを引っ張るには、リーダーに求められる”役割”を正しく把握することが重要です。ここでは、リーダーに求められる役割について見ていこうと思います。

組織・チームの方向性をメンバー内で共有できるように示す

組織のリーダーは、組織・チームが持つ目的を達成するために、チーム全体を正しい方向へ導く必要があります。チームの方向性を正しく示しメンバー内で共有できるようにすることは、リーダーとして担うべき役割です。

チームには必ず、結成された”目的”があるはずです。しかし、状況によってはメンバーに迷いが出てしまったり、チームの方向性を修正したりする必要もあります。そのなかで、リーダーは全体を客観的に把握したうえで、目的を達成するための判断をしなければいけません。

もしリーダーが迷えば、チーム全体も進む先を見失ってしまいます。冷静に状況を把握したうえで、チームの目的やビジョンを掲げるのが、リーダーとしての大切な役割のひとつです。

自分が先導して仕事に励み、メンバーの模範となる

リーダーは、チームメンバーの模範になる必要があるでしょう。自分が率先して仕事をすることで、メンバーの模範となるような働きをする必要があります。

チームの方向性を示すことは、リーダーとして重要な役割のひとつです。しかし、方向性を示したからといってメンバー全員が黙って付いてくるとは限りません。

なかには、「このリーダーには付いていけない」と感じるメンバーもいるでしょう。そのようなメンバーには、あなたに付いていこうを思ってもらう必要があります。

そのためには、あなたが目標に対しての動きを率先して行い、メンバーの模範となることが大切でしょう。模範的な行動を続けていれば、メンバーもあなたの後を追うように働くようになるはずです。

メンバーが個々の能力を発揮しやすい環境作りをする

チームで目標を達成するためには、個々のメンバーが能力を最大限に生かせるような環境が必要になります。メンバーの能力が最大限生かせれば、チームの能力も上がることになるはずです。

ひと言で”部下”と言っても、性格や能力、考え方などはそれぞれ異なります。メンバーごとの特徴を正しく把握したうえで、その特徴をうまく生かせる仕事を与えられるように心がけましょう。

  • 褒めるところは褒め、叱るところは叱る
  • 長所を把握して、生かせる仕事を任せる
  • 短所を把握して、カバーするようにする
  • 性格を把握して、動きやすい環境を作る
  • 仕事の経過を把握して、サポートする
  • などを意識して、メンバーが働きやすい環境を作ることを心がけてください。

常にチームを客観視し、問題を誰よりも早く発見する

くり返しますが、リーダーはチームメンバーの能力や性格などを正しく把握する必要があります。メンバーの特徴や仕事の進捗状況を把握したうえで、チーム内の問題には誰よりも早く察知しなければいけません。

チームのリーダーであると同時に、第三者としての視点も忘れないようにしましょう。チームを客観的に見ることで、メンバーの些細な変化にも柔軟に対応できるようにしてください。

そのためには、チームメンバーとのコミュニケーションを強化し、メンバーから相談されやすい環境を作ることが必要です。

リーダーは、「そんな問題が起きていることを知らなかった」ではいけません。メンバーの細かな変化にも気づけるようにしつつ、誰よりも早く問題を察知できるようにしましょう。

リーダーに必要な資質は?役割を果たすための“4つの力”

リーダーには一般社員とは大きく異なる役割が与えられるとともに、必要になる”能力や資質”があります。その資質を備えていなければ、リーダーとしての役割を果たせません。

あなたがリーダーとしての立場にいれば、リーダーとしての資質を育み、チームの育成に努めなければなりません。

「あの人はリーダーシップがある」と言われるためには、どんな能力が必要なのか?リーダーにとって必要な、”4つの資質”について紹介していきます。

観察力:メンバーの能力・性格を正しく把握して生かす力

リーダーは、チームを正しい方向へ導く役割を担っています。そのためには、メンバーを観察して能力や性格を把握する”観察力”が必要になるでしょう。

メンバーそれぞれの個性を正しく把握できなければ、部下に適した仕事を与えられずに、メンバーが能力を最大限に発揮できなくなってしまいます。部下には、それぞれに適した仕事を与えることが大切です。

また、チーム内の人間関係を観察して把握することも意識しましょう。リーダーは、チームを引っ張るとともに”調整役”の役割も担う必要があります。

時には手を貸し、時には見守り、動きをコントロールすることで、チームを正しい方法へ導けるような動きが必要です。

思考力:物事を客観的に捉え、論理的に伝える力

チームを調整する役割や、メンバーを指導する役割を担うリーダー。他のメンバーに負けない”思考力”が必要不可欠になります。

思考力とは、物事を客観的かつ深く考えて、論理的に人へ伝える力。リーダーには、この思考力が必要になります。チーム全体の調整役として常に中立な立場を保つために、チーム内での出来事を客観的に捉えて整理しなければなりません。

メンバーは、それぞれ考え方も違うため、チーム内で衝突することもあるでしょう。そのときに、うまくチームを調整して問題を解決していきましょう。

また、目の前で起きる物事を捉える視点とともに、チーム全体やメンバーの将来に目を向けた”長期的な視点”も必要になります。

継続力:目標を明確に定めて最後までやり抜く力

先ほどお伝えした通り、リーダーは率先的に仕事に取り組みメンバーの”模範”となる必要があります。そのために、模範的な行動を明確にしたうえで、その行動を継続してやり抜くことが必要です。

しかし、「継続することが苦手」という人は少なくないでしょう。というのも、継続力は生まれつきの才能や気持ちの問題だと勘違いしている人が多いからと言えます。

継続力は生まれつきの才能ではなく、やり方や考え方によるものです。物事を継続するために、”継続するための仕組み”を作るようにしましょう。

  • 最終目標を明確に定める
  • 小さなことから始める
  • 周囲を巻き込む
  • 最終目標を達成するための小さな目標も作る
  • 物事を継続するためには、上記のことに注意すると上手く続けられるはずです。

育成力:メンバーの能力を信じ、正しい方向へ導く力

リーダーには、チームとしての成果を上げるとともにメンバーの能力を育てる”育成力”が必要です。チームメンバーを正しい方向へ育てて、チーム全体の”力”を底上げするようにしましょう。

もちろん、メンバーを育てるということは決して簡単ではありません。メンバーを育てるためには、メンバーそれぞれの個性や能力を正しく理解したうえで「どのような道筋で指導すれば、理解・成長が進むのか?」と考える必要があります。

このことを考えつつ、メンバーそれぞれに合った指導をしていきましょう。また、指導をするだけではメンバーは育ちません。それぞれのメンバーに合った仕事を与え、責任を負わせることも必要です。

リーダーの強さは会社・チームの強さに比例する

ここまで、リーダーに求められる役割や資質を紹介してきました。リーダーであるあなたが、メンバーから求められるリーダーになれれば自然とチームが強くなります。また、チームの強さは会社そのものの強さを左右するのです。

会社は、「リーダーを任せられる」と思ってあなたにリーダーを任せているはずです。その期待に応えられるように、自分を磨いてメンバーの”お手本”となることが必要になります。

とはいえ、求められるリーダーになるのは簡単ではありません。リーダーには、時に難しい判断や厳しい役割を担うことがあります。そのようなときこそ平常心を保ち、迅速かつ正確な判断をすることでチームを正しい方向へ導くようにしましょう。

まとめ

くり返しになりますが、リーダーにはリーダー特有の求められる役割や能力があります。その役割や能力を理解したうえで、求められるものに応えるようなリーダーを目指すようにしましょう。

ただひとつお伝えしたいのが、リーダーは常に強くある必要はありません。リーダーと言っても、リーダーであるのと同時にチームメンバーのひとりでもあります。時には、自分の”弱み”をメンバーに見せることも必要です。

何も、無理に威厳をつけようとか、常に強くある必要はありません。リーダーに大切なことは、チームの目標に対して率先的に向かい、メンバーを導くこと。そのためには、目標を定めて行動し、チームメンバーが働きやすい環境を作りましょう。

あわせて読みたい!