職場の悩み

年下上司との接し方に困る!年下上司とうまくやるための5つのコツ

自分の上司が年下の社員になり、正直どうしていいかわからない、年下上司の下で、すごく仕事がやりづらい。年下の上司を持つと、どのような対応をとればいいのか悩んで、困ってしまいますよね。自分には年上としてのプライドもありますが、年下上司の指示に従って動かなければなりません。

年下上司とうまくいかずに、仕事がしんどくなっている方のために、年下上司とうまくやるためのコツを今回はご紹介します。すぐにできることばかりなので、年下上司の関係性に悩んでいる人は、ぜひ試してみてくださいね。

年下上司も年上部下とのコミュニケーションに悩んでいる

年下上司とどうやってコミュニケーションを取ればいいのか、とても悩ましい問題ですよね。もちろん自分の方が部下なので丁寧に接しないといけません。でも人生の先輩としてのプライドもあり、その狭間で揺れ動いてしまいますよね。

でも、実はあなただけではなくて、年下上司も年上部下とのコミュニケーションに悩んでいるんですよ。いきなり年上の人の上に立って、指示をしなければならないと想像してみてください。なかなかうまくできなくて、やりづらいですよね。

どうやったら年上部下と上手にコミュニケーションがとれるのか、年下上司も悩んでいることを、分かってあげてくださいね。

会社の中での役割が違うだけで、あなたが年下上司より劣っているわけではない

上司と部下の関係では、上司の能力が秀でていて、部下の方が劣っていると考えるかもしれません。でも、決してそうではないんですよ。

係長や課長など、マネジメントを行う役職は、人を束ねて指揮する役割が求められます。一方で、それぞれのスタッフというのは、各自が持つ専門分野での能力を発揮することが求められています。

あなたが年下上司よりも能力が劣っているということではなく、あくまで、会社の中で求められる役割が違っているだけなんです。

これまでは、年功序列で誰でもマネジメントの役職に上がっていきました。でも、マネジメントよりも実務の方が得意という人も当然いますよね。

それぞれの適材適所で、人を配置しようとしているだけなんですよ。たまたま、年下の社員の方がマネジメントの役割が得意そうだということで、上司に配置されているだけです。自分が劣っていると卑下することはやめましょう。

どうしたら年下上司とうまくやっていけるのか? 5つのコツを解説

せっかく仕事をしていくのであれば、 年下上司とも気持ちよく一緒に働けるようになりたいですよね。最初は戸惑うことが多くて、ギクシャクしてしまうかもしれません。でもそんなに身構えてしまう必要はないんですよ。

年下上司とうまくいかなくて悩んでいるときに試してほしい、5つのコツをご紹介しますね。

無理をすることなく、うまく上司と関係性を築いていくことができるようになりますよ。どれもすぐにできることばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

人としての敬意をもって接するようにしよう

あなたは、年下上司のことを尊敬することができますか。いきなり年下の社員が上司になったら、能力も分からないし、すぐに尊敬するというのは難しいかもしれません。ただし、尊敬できないとしても、人としての敬意は忘れずに接するようにしてください。

例えば、話をするときには必ず敬語を使うようにしたり、年下上司の意見や考え方を尊重したり、普段人と接する時に当たり前にしていることに気を付けましょう。ついつい自分の方が年上だからと、偉そうにしたくなる気持ちが出てくるかもしれません。でも、そこはぐっと我慢してください。きちんと敬意をもって接するようにすれば、適度な距離感でスムーズにやっていくことができますよ。

自分から積極的にコミュニケーションをとるようにしていこう

年下の上司に苦手意識を持つと、なかなか自分から話しかけづらかったり、仕事の相談をしにくかったりしますよね。

でも、そうやってコミュニケーションをとらないでいると、ますます年下上司と一緒に仕事をすることが、苦痛になってきてしまいます。 年下上司の方も、年上の部下であるあなたに対して、苦手意識を持ってしまうかもしれないですよ。

ぜひあなたの方から積極的にコミュニケーションを取って、大人の余裕を見せてあげましょう。あなたの方から話しかけることによって、 年下上司も安心して、あなたと一緒に仕事ができるようになりますよ。

自分の役割や強みについて改めて考えてみよう

年下上司の下で働いていると、ついつい自分の自尊心が失われてしまいがちですよね。自分はこの会社に役に立てていない、自分は年下の上司に使われる存在になってしまった、そんなふうに考え始めると、ますます自信をなくしてしまいます。

そんなときは、一度立ち止まって、自分の求められている役割や強みについて考える時間を取ってみてください。

自分は新規の営業先をどんどん開拓していくのが得意、コードを書く速さは誰にも負けない、 必ずあなたの強みがあるはずです。そしてそれを発揮することが、会社からあなたに求められている役割なんですよ。

年下の上司と比べる必要はないので、気にしすぎないようにしましょう。

年下上司の苦手な部分をサポートするようにしよう

当たり前のことですが、年下上司は何でもできる万能な存在ではありません。年下上司も、年上の部下を持って戸惑いながら仕事をしている部分も多いはずです。年下上司の苦手な分野を見つけたら、ぜひそこについて積極的にサポートしてあげてください。

ゴマすりをしろと言っているわけではありません。そうではなく、できない部分や弱みがあれば補い合うのがチーム全体のためですよね。

年下上司にもプライドがあるので、無理して頑張ろうとするかもしれませんが、そこは大人の余裕で手を差し伸べてあげてくださいね。きっと年下上司から一目置かれる存在になりますよ。

年下上司が困ったときに頼られる存在となろう

年下上司というのは、若い年齢でマネジメントの立場になっているため、孤独であることが多いです。自分がしっかりしなければと必要以上に気負ってしまい、周りにうまく頼れなくなっている人もいるはずです。あなたはぜひ、年下上司が困った時に頼られる存在になってあげてください。

困った時に頼れる存在がいるというのは、年下上司にとって、とても心強いことのはずです。誰でも仕事をしているとうまくいかずに困ってしまう事ってありますよね。上司だからと無理をしている様子があれば、あなたの方から積極的に声をかけてあげてくださいね。

あくまで会社の中だけの関係だと割り切ってしまうと楽になる

年下上司とうまくやろうと頑張っていても、どうしてもそりが合わないということもでてきますよね。年下上司と関係性を築くのは不可能だと、絶望している人もいるかもしれません。

年下上司の中には、凄く偉そうにして嫌な人もいます。そんな人と、無理をして関わる必要はありません。うまくいかないなと感じた時には、あくまで会社の中だけでの関係だと割り切ってしまうことも大切です。一時的な付き合いだと考えれば、とても楽になりますよ。

上司はずっと同じ人ではなくいずれは変わっていく

これまであなたは、何人の上司の下で働いてきましたか。今のあなたの上司である、年下上司が、ずっとあなたの上司であり続けることなんて考えられませんよね。必ず上司は、一定期間ごとに変わっていきます。

ずっとこの人の下で働くのかと考えると我慢できませんが、上司は変わっていくものだと思えばすごく楽になりますよ。

どれだけそりが合わなかったとしても、数年我慢すればまた別の上司がやってくるはずです。その上司はもしかしたら、自分を成長させてくれる素晴らしい人かもしれません。

今の年下上司とは、短い期間の関係性だと割り切ってしまうことがおすすめです。

どうしても年下上司と合わない場合は、異動することも一つの手

年下上司と一緒に仕事をしていくのが辛すぎる、あまりに理不尽なことを年下上司が言ってくる。そんな時は、異動することも一つの手段ですよ。あなたは無理してその部署に留まっている必要はありません。

年下上司とのやり取りに疲れて、仕事で成果が発揮できないともったいないですよね。ぜひ一度、異動願を出してみましょう。できるだけポジティブな理由で異動願を出せば、すんなりと別の部署に移動することができるかもしれませんよ。

会社の中での異動が出来ない時は、転職することも視野に入れておきましょう。一緒にやっていけないと感じた時には、そこから逃げ出してもいいんですよ。

まとめ

年下の上司のもとでは、とても働きづらいなと感じている人は多いですよね。どうやって接すればいいのか分からずに、年下上司とギクシャクした関係になっている人もいるかもしれません。

でもあなただけではなくて、年下上司も年上部下との関係性に悩んでいるんですよ。年下上司とうまくやるためのコツがあるので、ぜひ試してみてください。

まず、年下上司に対して敬意をもって接するようにしましょう。そして、積極的に自分からコミュニケーションをとるようにしてみてください。

自分が劣っていると感じてしまいがちですが、あなたと年下上司は役割が違うだけです。この機会に自分の強みを見つめ直し、しっかりと成果を出すようにしましょう。

また、年下上司の苦手をサポートし、頼られるような存在になれば、上手に関係性が築けていくはずですよ。

もし、年下上司とどうしてもうまくやっていくことができなければ、会社の中での付き合いだと割り切ってしまいましょう。異動したり転職したりすることもできるので、無理して我慢する必要はありませんよ。

あまり悩みすぎずに、年下上司との関係をうまく築いてくださいね。

あわせて読みたい!