職場の悩み

仕事へのモチベーションが劇的に上がる!賢い大人の休日の過ごし方!

あなたは休日をどのように過ごしていますか?せっかくの休日なのに何もせずにただダラダラと時間だけが過ぎてしまい、後悔した経験はありませんか?休日は、まさに「体を休める日」ですので、ダラダラと過ごしたとしてもしっかりと身体を休め、次の日から快適に仕事ができるのであれば問題はありませんが、せっかくの休日は体を休めつつもできるだけ有効に使いたいですよね。そこで、仕事のモチベーションを高め、仕事のそして将来への大きな活力となるような「賢い大人の休日の過ごし方」を紹介します。

ただ休むだけじゃない!賢い大人の休日の過ごし方の定義とは?

皆さんは「賢い大人の休日」ときくと、どんな休日を思い浮かべますか?お金をかけてジムに通い自分磨き、海外旅行に出かけたりとリッチな休日をイメージした方もいらっしゃると思いますが、今回紹介する「賢い大人の休日」とは、お金をかけた豪華な休日の過ごし方ではなく、休日の過ごし方の「考え方」がポイントになります。賢い大人の休日の考え方の定義として挙げられることは、「日々のストレスを解消でき気分がリフレッシュできること」と「今後の仕事や将来へのモチベーションを高める効果があること」の2点です。この2点の効果を得られる休日の過ごし方は、お金をかけなくても方法はたくさんあります。まずは、休日の過ごし方でこの2点の効果を得られた自分をイメージしていきましょう。

ストレス解消して気分をリフレッシュさせる

人間関係や仕事の内容等で悩みを抱えていない方でも、ただ仕事をしているだけでストレスは溜まっていきます。ストレスの蓄積は、イライラして集中力が欠如したり、気持ちがモヤモヤして仕事の業務効率が低下したり等、仕事におけるデメリットが多く発生します。また、ストレスは、腰痛、円形脱毛、喘息等の病気を発症する原因になったり、うつ病等の精神疾患を引き起こす可能性もあります。快適に仕事を続けていく上で体調管理は必須事項です。その体調管理の一環であるストレス解消を休日に行うことができれば、不甲斐ない休日を過ごして集中力が散漫になっている人と比べ、休日明けから頭も冴えわたり仕事の業務効率も上がり、実力通りのあるいは実力以上の能力をフルに発揮できることでしょう。

自分磨きで自己啓発!休日でもレベルアップ!

今の仕事より更に上の仕事をしたいと考えた時、資格取得等のスキルアップを求められることがあります。しかし、平日は仕事で忙しい方には、スキルアップのためのまとまった時間は確保できませんよね。そんなときはやはり休日の自由な時間を利用し、自己啓発やスキルアップのための勉強の時間を設けましょう。仕事以外でも趣味や肉体的な自分磨きでも構いません。自分自身が何かでレベルアップを目指すことに休日を使ってみましょう。自分自身が「成長」していることを実感すると嬉しいですよね。嬉しさや喜びを感じることによって考え方がポジティブになり、日々の生活や仕事でも良い影響を与えてくれます。ストレス解消して気分をリフレッシュさせることにも言えることですが、休日の過ごし方は、休日を終えた後に「笑顔になれる」ことが基本です。

いつもの残念な休日を有意義な休日に変える方法はあるのか?

あなたが過ごした休日の中で、もったいないと思ったり残念だと感じた休日を思い出してみましょう。どこがどのように残念だったのかを把握し考え方や行動を少し変えることにより、同じような休日の過ごし方を有意義な休日に変えることができます。代表的な「残念な休日」を挙げて、有意義な休日に変える方法を考えていきましょう。ポイントとなるのは目的をもって休日を過ごしているかという考え方です。考え方を少し変えるだけで、自分自身の気持ちも変化し、残念な気持ちが充実感に変化します。

ダラダラと過ごす休日を「エネルギー回復のための休日」に変える

残念でもったいない休日の典型的な例がダラダラと休日を過ごすことです。休日の本来の目的は身体を休めることなので、疲れていて何もやる気が起きない場合は、何もしない休日があっても良いと思います。ただ問題はその「過ごし方」にあります。無計画に遅くまで寝ていて、食事も適当に済ませて、ゴロゴロして何もせずに一日を終えると、何も用事がなかったとしてももったいないと思ってしまいますよね。ダラダラと過ごしているうちにあっという間に時間は経過し、疲れが取れたかわからないままに休日が終わり、明日が来てしまいます。無計画に長時間の睡眠をとっても、逆に疲れがたまってしまうこともあります。

何もしない日であっても、「エネルギー回復のための休日にする」という目的を決め、しっかりとスケジュールを立て「今日は8時間たっぷり寝る!」とか「午前中は何もせずに過ごす!」と時間を決めて過ごせば、残念な休日という気持ちもなくなり、思う存分「エネルギー回復」ができ効果的な疲労回復が見込めます。

 

ギャンブル漬けの休日を「勝負勘を鍛える休日」に変える

ギャンブルが趣味だという方は、休日はパチンコや競馬で一日を過ごす方も多いと思います。休日という大切な時間をギャンブルに費やせば、利益が出た時にはそれなりのストレス解消になるかもしれませんが、損失が出た時にはストレスを感じることになり、体を休めるための休日が、ストレスにより疲れをためる休日になってしまうこともあります。

そこで、ギャンブルをする休日にも目的を設定しましょう。ギャンブルの経験が仕事で活かせる能力は「勝負勘」です。仕事でどの方法を選択しどう行動すればよいかを「直感」で選ばなければならない状況があります。その時に、最良の選択を導き出すことができる「直感」こそが「勝負勘」です。現に勝負勘を鍛えるためにギャンブルを嗜んでいる会社経営者の方は多くいらしゃいます。勝負勘を磨くという観点でギャンブルをすることは、悪いことではないと思います。ただし、ポイントは、「嗜む」ということです。失ってもストレスやダメージが少ない程度の軍資金で楽しみながら行うのであれば、有意義な休日になり得ます。

賢い大人の過ごし方は様々!さあ次の休日は何をしよう?

賢い大人の過ごし方の定義を踏まえて、新しい賢い大人の過ごし方を開拓していきましょう。先述しましたが、お金をかければ効果的な休日を過ごせるわけではありません。気分をリフレッシュさせるために効果的な方法は人それぞれですし、スキルアップしたい分野や内容も人それぞれです。ここではそれぞれの目的に合わせた代表的な休日の過ごし方を紹介しますが、バリエーションが多ければ多いほど楽しみも増えますので、気分をリフレッシュさせる効果的な方法やスキルアップさせたい内容をどんどん考えていきましょう。

気分をリフレッシュさせるために効果的な一日の過ごし方

気分をリフレッシュさせるための過ごし方は、「疲れを取る」「今の仕事とは違うことで刺激を受ける」という点から考えていきましょう。一般的な例としては旅行が挙げられます。旅行は、旅先に温泉や美味しい食べ物等の楽しみがあれば身体もリラックスさせることができるし、美術館や様々なお店をめぐることにより、様々な刺激を受けられるかもしれません。また、日常とは違った景色を見ることによって、気分をリフレッシュさせることができます。車の運転が好きな方であれば、旅行中のドライブも気分転換には最適です。なかなかまとまった時間が取れない場合や資金がない場合は、日帰りでの小旅行やちょっとドライブしたり出かけたりするだけでも、リラックス効果は充分得られるはずです。

自分磨きの休日にするためのおすすめな過ごし方

自分磨きの休日にするための過ごし方は、「仕事に関するスキルアップ」「肉体を磨く」に分けられます。仕事に関するスキルアップは、資格取得のための講習会やビジネスセミナーへの参加、または参考書等を使った独学等様々ですが、外部の講習会やセミナーに参加すると、同じ目的を持つ方々も多く集まっていますので、そういった方々と交流を持つことによって良い刺激になり、スキルアップのモチベーションが高まるかもしれません。肉体を磨く休日は、スポーツジムでのトレーニングやエステでの体のケア等が挙げられます。自分を磨き自分の理想の体になることで、大きな自信につながります。自分磨きの休日で注意する点は、「頑張りすぎない」ことです。疲れて仕事に支障が出ない程度に頑張ることをおすすめします。

まとめ

休日の過ごし方は様々ありますが、「賢い大人の休日」とは、ストレスを解消し気分をリフレッシュさせたり、自分磨きに励んだりといった「しっかりとした目的」をもって過ごすということです。目的をしっかりと持ち、その日の自分に合った過ごし方を見つけていきましょう。張り切りすぎて逆に疲れてしまったり、お金が無くなってしまったりしては、本末転倒ですので、無理をしない程度にそしてお財布とも相談し、有意義な休日を過ごしましょう。

また、休日の度に何もやる気が起きず疲れ果ててしまっている方の場合は、休日の過ごし方以前に働き方や仕事自体を見直す必要があります。体力的にも精神的にも余裕を持って休日を過ごせる状態を作っていくことが、日々を充実させるためのポイントです。

あわせて読みたい!