職場の悩み

20代の仕事の悩みベスト3!成績・ミス・時間があなたを悩ませる?

20代と言うと、年上の人たちからは「いいな、何も悩みなんてないでしょ?」と言われるのではないでしょうか?若いというだけで、お気楽に過ごしていると思われるのは心外ですよね。20代にも悩みはあるし、特に仕事の悩みは奥深いものです。今回はそんな「20代の仕事の悩み」についてのお話です。

仕事を始めて日が浅いという人も多い20代は、年上の人が思うよりずっと仕事のことを真剣に考えています。20代で持つ仕事の悩みは、これからのあなたの人生に大きく関わってくる、大切なものです。

20代で抱える仕事の悩みは入社2番目の難関!乗り越えることで見えてくる将来

入社して、最初の難関は「職場に慣れる」ということですよね。特に、それまで学生だった人にとっては「会社」という場所に慣れるだけでも一苦労でしょう。でも、そこを乗り越えて、次第に仕事を覚えてきたと思ったら、次の悩みが出てきます。

2番目の悩みは「仕事の内容についての悩み」ではないでしょうか?上手くやれない、迷惑をかけている、と考え始めると「社会人って辛い」と感じてしまいますよね。でも、この2番目の難関を乗り越えることができれば、あなたの仕事の将来は開けてきます。20代の仕事の悩みは、必ず乗り越えられるし、乗り越えなくてはならないのです。まだまだ社会に出て日が浅い20代、悩みを持つのは当然のことですよ。

20代の仕事の悩みベスト3はこれ!みんなにはどんな仕事の悩みがあるの?

実際に、20代はどんな仕事の悩みを抱えているのでしょうか?先輩や上司に相談しても「大丈夫」「今だけだから」と笑って流されることもあるでしょう。

同年代の友人に相談すれば、共感は得られても対策がわからない、家族に相談しても「ぼんやりしてるからでしょ」と容赦ない指摘…結局自分で解決するしかないのか?と途方に暮れてしまいますよね。20代に多い仕事の悩みベスト3と共に、それぞれの解決法を一緒に確認してみましょう。きっとヒントになることがありますよ。

1.     仕事が上手くいかない 想像と違う現実は誰にでも訪れる

入社した時は「この会社でバリバリ働く自分」を想像して、気分が高揚したのではないでしょうか?でも、実際に働き始めると、想像とは全然違う自分が毎日あくせく働いているだけ。

テレビドラマで見たビジネスマンやキャリアウーマンとはほど遠い自分に幻滅している人は多いものです。一生懸命にやったつもりの仕事が上手くいかず、結局先輩や上司に手伝ってもらうことになる毎日は、あなた自信をやるせない気持ちにするでしょう。

でも、これは誰にでも訪れることです。最初から仕事が何でも上手くいくわけはありません。上手くいかないから、次から上手くいく方法を考えることができます。先輩や上司に聞いてみましょう。きっとみんな口を揃えて「最初は自分もそうだった」と言いますよ。

2.     仕事のミスが減らない できないことができるようになる為にはミスが必要

仕事のミスは「怒られる」「迷惑をかける」と思うと、身の縮む思いですよね。「なんでこんな簡単なことを間違ってしまったのだろう」と思うと、自分の能力を疑ってしまうでしょう。難しい仕事をすいすいとこなしている先輩を見ると、そこに自分がたどり着ける気がしませんよね。

でも、ミスをしなければ成功しません。人はミスをして初めて対策を立てるものです。「これをこうするだけでいい」と思っていたことをミスしたから「こうするだけ、でもここに気をつける」と思えるようになるのです。

こうやって、みんな仕事のミスを減らしていきます。ミスはしても良いのです。大事なことはミスをした後に、しっかりとミスと向き合って対策を立てること、ですよ。

3.     自分の時間が無い 残業続きの毎日は「今だけ」として受け入れる

仕事が終わって時計を見ると「もうこんな時間?」と思うこともあるのではないでしょうか?20代と言えば、仕事以外に楽しいことがたくさんありますよね。友達と食事に行ったり、オシャレをしたりと忙しいものです。ところが、仕事に追われて残業の毎日となると「何の為に働いているんだか」とさみしい気持ちになってしまいます。

その残業は「今だけ」です。仕事に慣れて、仕事のミスを減らすことができるようになれば、定時で終わらせることができるようになります。それができるようになるために、今頑張っているのです。「早く仕事ができるようになって、定時で帰れるようになる」と心に決めて取りかかる仕事は精度も上がります。20代の内にこの努力をする人は、将来必ず伸びますよ。

20代は学生から社会人となる最初のターニングポイント 今持つ悩みが今後の力になる

20代は「この間まで学生だった」と言える最後の年代です。20代前半、後半に関わらず、周囲は「若い」と見てくれます。ミスをしても「これから気をつければ良い」と言ってもらえるし、仕事が上手くできなくても「これから成長すれば良い」と言ってもらえる年代です。

だからこそ、同じ20代でもその人によって差が出てきます。その言葉に甘えて何もしなければ、今の悩みは30代へ持ち越すでしょう。でも、その言葉を励ましの言葉として受け取り、今の自分にできることを見つけられる人は、その悩みと20代で別れることができます。

20代の時に持った悩みをどう扱うかで、あなたの今後の力は決まってくるのです。「出来なくても、出来るようにやってみる」という気持ちがあれば、大きな飛躍が望めるはずですよ。

まとめ

20代の仕事の悩みは30代や40代の悩みに比べて、自分の能力についての不安が原因となっているものが多いようです。自分が知らないことやできないことにばかり気が行ってしまい、これからの長い人生を生き抜く力が尽きてしまうような気になることもあるでしょう。でも、20代には強みもたくさんあります。適応力の強さや、物覚えの良さ、考え方の柔軟性、これらは年齢と共に低下していくことが多いものです。

あなたは一人で頑張らなくてはならないわけではありません。先輩や上司は、あなたを監視するためにいるのではないのですよ?わからない事は何でも聞く、上手くいく方法を教えてもらう、など近くにいる人を頼って良いのです。

まだまだ始まったばかりです。20代の武器と周囲の人を最大限に使って、今持っている悩みに立ち向かってみましょう。

あわせて読みたい!