職場の悩み

困っているなら見逃せない、仕事に慣れない時の具体的な解決法7選!

仕事に慣れないと、自分の能力を十分に発揮できなかったり、職場での居心地が悪くなったりとストレスの溜まることばかりです。毎日の仕事が憂鬱になるだけでなく、これからの自分のビジョンを描くことも難しくなってしまうこともあるでしょう。

そんな時には、自分に何ができるのかを考えてみましょう。慣れない仕事に対するプレッシャーには、様々な努力で立ち向かっていく必要があります。ここでは、仕事に慣れない時には何をするべきか、具体的にご紹介していきます。

仕事に慣れないうちに自分がしておくべき努力とは?

どんな人でも、すぐに仕事に慣れることはできません。ですから、まずは自分が仕事に慣れるための努力をしなければならないということを意識してください。では、どのような努力をすれば仕事に慣れるための近道になるのか、具体的に考えていきましょう。

仕事に慣れないうちにできる努力は、自発的なものでなければなりません。積極的に動くことを忘れないようにしてください。受け身の姿勢でいると、慣れない仕事についていくことすらできなくなってしまいます。

職場の雰囲気を知るためにコミュニケーションをとろう

仕事に慣れないのは、職場の環境をよく知らないということも原因のひとつだと考えられます。ですから、まずは職場の同僚にどんどんアプローチをしていきましょう。コミュニケーションを密にとることができれば、同僚との関係も良くなることは間違いありません。

更に、同僚とコミュニケーションをとることによって、職場の雰囲気を知ることができるのも魅力的なところです。職場にはそれぞれ独特な仕事のやり方があります。仕事に慣れない間は、一刻も早くそれを知るためにも同僚との親睦を深めておくことが大切だと言えるでしょう。

仕事に慣れるまでは特に同僚のサポートが欠かせません。自分からコミュニケーションを図り、その職場での働き方を知ることができれば、日々のストレスから少し解放されることになります。

目の前の仕事には無我夢中で取り組もう

与えられた仕事には、とにかく全力で取り組むべきです。仕事に慣れないのは、まだその仕事のコツを掴んでいないからです。慣れない仕事をするのは確かに腰が重いことですが、無我夢中で取り組みましょう。

仕事に慣れるためには、とにかくその仕事をやり続ける必要があります。ですから、嫌だ嫌だと拒否感ばかりを持つことなく、前向きな気持ちで仕事に向き合ってください。たとえ失敗をしてしまったとしても、真剣に取り組んだということが何よりも大切です。

手を抜いたり、だらだらとした気持ちで適当にこなしたりした仕事では、慣れることは絶対にあり得ません。慣れない仕事を理解しようと考えるのであれば、まずは自分が慣れようという気持ちを強く持つべきなのです。

自分に合った自己啓発本を読んでみよう

自分の心持ちを変えることによって、慣れない仕事に立ち向かうという方法もあります。そのために役立つのが、自己啓発本です。自己啓発本は、書店でそのコーナーが作られているように、今や一定の需要があるジャンルですから、自分に合う本が必ず見つかるでしょう。

今の自分の精神状態に合わせた自己啓発本を探して、考え方を変えるのはかなり得策だと言えます。慣れない仕事に対して視点が凝り固まってしまい、疲れている可能性がありますから、読書をすることで刺激をもらいましょう。

仕事に慣れないことに対してどう考えるべきか、また、仕事に慣れるためにはどうすればいいのかなど、本から得られる知識は多くあります。自己啓発本はタイトルだけで内容が判別しやすくなっていますから、気になった物をどんどん読んでみてください。

仕事に慣れない時に考えると良いことはなに?

慣れない仕事をしていると、どうしてもネガティブな思考に陥りがちです。しかし、それでは目の前の仕事に支障が出てしまいます。作業効率が悪くなってしまいますし、小さなミスも増えてしまいます。

それだけではなく、ストレスのあまり体調を崩してしまうなどといったことにもなりかねません。ですから、できるだけ明るく前向きなことを考えるべきなのです。では、どのようなことを考えれば仕事に慣れないことを前向きに受け止められるのでしょうか。

この先絶対に仕事に慣れるとポジティブになる

自分は間違いなくこの仕事に慣れる、と確信を持ちましょう。仕事をしている中で、少し上手くできたところがあれば、すぐに自分を褒めることでポジティブになるのです。これならば自分はやっていける、と確信を持つことが大切です。

きっかけや理由はどんなに些細なことでも構いませんから、慣れない仕事に対する苦手意識を少しずつ薄めていきましょう。慣れない仕事で失敗したことを引きずるよりも、上手くできたことを喜んでください。

また、「慣れる」「やっていける」と思ったら、その感覚は忘れないようにしましょう。慣れない仕事に対してつらいと感じた時、その感覚を思い出せるようにしておけば、またポジティブになることができるからです。

まずは3ヶ月働いてみようと考えると気が楽になる

慣れない仕事も、3ヶ月後には慣れているだろう、と考えて働いてみれば一気に肩の荷が下りるでしょう。慣れないのは今のうちだけで、3ヶ月もあれば要領ややり方を身につけることができるだろう、と少しだけ気を抜いてみてください。

今がつらいのであれば、3ヶ月をゴールに設定してみるのです。そこまで必死に走り抜けば、きっと仕事に慣れるはずだ、と考えてみてはいかがでしょう。そうすれば、ずっしりとしたストレスから少し解放されることでしょう。

実際に、3ヶ月あれば仕事に慣れることはそう難しいことではありません。ですから、今現在慣れない仕事に悩んでいても、それは一過性のものであるということを強く意識するべきです。

どうしても仕事に慣れない時にはどうしたらいい?

仕事に慣れないという悩みから解放されない時に、そのもやもやを自分だけで抱え込むのはとても危険です。ストレスは内に籠らせることなく、外側に向けて発散させることが基本的な対処法だからです。

どんなに頑張っても仕事に慣れない時には、誰かの力を借りるという選択肢があるということを覚えておきましょう。解決法を一緒に考えてくれる人や、悩みを聞いてくれる人が側にいてくれれば、慣れない仕事に取り組む時にも心強いので、ぜひそういった人を味方につけるべきです。

信頼のおける同僚を一人だけでも作ろう

職場に信頼できる同僚がいることで、精神的な負担はかなり軽くなります。慣れない仕事に行き詰まってしまい、気が滅入った時にも、信頼できる人がいれば安心できるからです。この人がいてくれればここで働いていける、と思うことができることは、とても重要です。

慣れない仕事にばかり気を取られていると、どうしても周囲に目を向けにくくなってしまいます。ですが、そういった時に信頼できる人がいれば、周囲との橋渡しになってくれることもあります。職場で孤立しないためにも、信頼できる人の存在は大切にしましょう。

また、信頼できる人の姿をお手本にして仕事をするというのも良いでしょう。慣れない仕事に悩んでいる時には、何よりも正しいモデルとなる人が必要です。信頼できる人を理想像として、仕事に取り組んでいくことも効果的です。

相談できる相手を見つけて悩みを打ち明けよう

悩んでいる時には、素直に誰かに相談をするのが一番です。仕事に慣れないという悩みを聞いてもらうことは、自分が想像しているよりも遥かに心が軽くなる行為なのです。ですから、ぜひ一度試してみてください。

相談する相手は同僚でも友人でも構いませんが、真剣に取り合ってくれる相手であることを最低条件にしてください。適当に相槌を打たれて終わるだけなら意味がありません。きちんとこちらの気持ちを汲んでくれる人を選びましょう。

そして、悩みを相談する時には、具体的な助言を貰えればなおよいと言えます。今後、慣れない仕事に向き合うにあたっての心構えや、効率的な仕事への取り組み方を教えて貰えることが理想的です。具体的な振る舞い方をアドバイスして貰えれば、それを指針として行動することができるようになるからです。

まとめ

慣れない仕事に戸惑い、悩みを抱えた時には、まず変えるべきは自分自身です。考え、行動することによって、仕事に慣れるまでの道を作っていくのです。自分の努力なしでは、仕事に慣れることは絶対にできません。

また、決して後ろ向きな気持ちで仕事に取り組まないということを忘れないようにしてください。どんなに慣れない仕事でも、結果は必ずついてきてくれます。自分に合った方法で、モチベーションを上げていきましょう。

そして、誰かを頼ってもいいということも覚えておきましょう。孤独の中で闘っているというわけではないと考えるだけで、気持ちは楽になるでしょう。

このように、慣れない仕事に立ち向かうために、自分にできることはたくさんあったのではないでしょうか。前を向いて歩くためにも、日々の工夫と努力を忘れないでください。

あわせて読みたい!