職場の悩み

【信頼度アップ】人望が厚い人に共通する特徴や行動を紹介!

「人望が厚い」社会人なら、何らかの会話の中でこの言葉を聞いたことがあるでしょう。周囲から信頼されビジネスマンとしても評価の高い人は、人望の厚い人が多いです。頼りがいのある存在は、会社にとっても必要価値の高い人材になります。

これからキャリアアップをしていきたい人にとって欠かすことのできないスキルでもあり、仕事・プライベート問わず人間力の高い人を目指すなら、人から信頼される人間を目指すべきですね。今回は、人望が厚い人に共通する特徴や行動を紹介します。

「人望が厚い人 = 信頼度の高い人」

人望が厚い人は、周囲からの信頼度が高い人と言えます。頼れる存在でもある人間なので、仕事・プライベートを問わず、良い人間関係を構築しています。本人が困った時は周囲が自然に手を差し伸べてくれるのも特徴的です。

仕事では、ここぞという時に力を発揮してくれる存在で、会社にとって大きなビジネスチャンスになるような場面でも安定感があります。結果として、社内から一目置かれる存在になり、評価も上がるようになっています。

部下、同僚、上司に対して平等に接することが多く、別け隔てなく接する姿勢は好感が持てるでしょう。時に人望の厚い人は一部の人間から妬まれたりすることもあります。しかし、信頼度の高い人の周りには守ってくれる人間が沢山いるのも事実です。

人望厚い人に共通する特徴

人望が厚いと言われる人のほとんどが、信頼されるために意識して行動しているわけではありません。彼らはあくまでも自然に行動している結果として、価値のある人間として認められています。

「じゃあ今から人望の厚い人間を目指すのは無理があるのかな?」と思う方も多いでしょう。しかし、後発的に信頼される人間を目指すことは十分可能です。ここからは人望が厚いと言われる人間に共通する特徴を紹介します。信頼度をアップさせたい人はぜひ、参考にしてみてください。

人と交わした約束は絶対に守る!

人望がある人は、人と交わした約束をしっかりと守れる人間が多いです。適当に返事することがないため、相手から交渉があった場合は「この約束は自分に守れるだろうか?」と考えてスケジュールなどを調整した上で的確な返事をします。

自分にとって重要ではない約束も相手にとっては大切なこともあるでしょう。人の気持ちを考えて、明確な返事ができることは、社会人として必須のスキルとも言えますね。「守れない約束はしない」というのも大切な行動です。

約束をしたにも関わらず、当日になってドタキャンするような人間は、周囲からの信頼度も下がってしまいます。「あいつに頼んでも結局断られるからなぁ」と思われる人間にはならないように注意しましょう。

誰が相手でも誠実に対応できる!

上司、同僚、部下など身分に関係なく誠実に対応できる人は、周囲からの信頼も高いです。別け隔てなく話せる人は、いつでも人が集まってくるものです。「あの人は真摯に向き合ってくれる」そんな風に思ってもらえると人間としての幅も広がっていきます。

「良い人の周りには良い人が集まる」という言葉があるように、誠実な人間には誠実な人間が集まりやすいです。取り繕うことなく、正直な気持ちを伝えてくれる人は相手にとっても話やすく、正直な意見を引き出せるものです。

常にフラットなポジションで話を進められる人は、会議でのファシリテーターに選出されることもあるでしょう。それぞれの意見を同等に判断できる人間は、人望が厚い人材と言えるでしょう。

責任感!自分のミスを人のせいにしない

信頼のおける人間は、責任感が強いのも特徴です。自分のミスを他人のせいにしてしまう人は、周囲からの信頼度もガタ落ちになってしまうでしょう。「あの人また人のせいにしてるよ…」こんな風には思われたくないものですね。

仕事で犯してしまったミスを認めるのは、誰だって悔しくて恥ずかしいものです。しかし、ここで他人のせいにしてしまうと、反省するキッカケを逃してしまうことになります。人望が厚い人は、同じミスを繰り返さないためにも必ず反省します。

時には大きなミスを犯してしまうこともあるでしょう。長い社会人人生の中で、それなりにチャレンジしていればミスは少なからず起きてしまうものです。失敗から学ぶことは沢山あります。ミスを犯した時は素直に認めることが大切です。

他人の悪口や行動を否定しない!

信頼感がない人の中には、周囲の悪口を言ったり、行動を否定する人がいます。常に周りの目を気にしていることもあり、自分が下に見られないようについ悪口を言ってしまうんですね。「あの人はいつも愚痴ばかり言ってるなぁ」と思われるでしょう。

人から信頼されるには、人の行動を否定してはいけません。「お前にそんなことできないよ」なんてフレーズは日常的に聞きますが、言われた方は多少なりとも嫌な気持ちになるものです。ネガティブな言葉は人の気持ちを下げてしまいます。

人間性の高い人は、人の言動よりも自身の行動に注力します。そのため、人と自分を比較することに興味を持っていません。自分を下に見られない努力をするよりも、自分自身と戦っている人の方が尊敬されると言えるでしょう。

理想より行動に注力!目の前の仕事を大切にする

目の前の仕事に全力で集中する。理想を語る人よりもテキパキと仕事をこなしている人間の方が、社会人として評価されるでしょう。、「あの人はいつもしっかり仕事しているなぁ」と思われる人材は会社としても価値が高い存在になります。

理想を語ることは誰にでもできることです。しかし、自分が描いたビジョンに向かって突き進む行動力を発揮するのは、意外にも難しいものです。日々、舞い込んでくる業務をさばきながら理想を追求していくには、忍耐力が必要です。

信頼される人は難しいことを考えずに、自身で決めたスケジュールを全うします。頭の中に湧き上がる雑念に惑わされることなく行動するので、仕事のスピードも早いです。仕事で1番大切なのは完遂力であることをしっかり理解しています。

ついていきたくなる!ポジティブ思考である

ネガティブな思考の人とポジティブな思考の人なら、あなたはどちらについていきたくなるでしょうか?答えは簡単ですね。前向きに物事を考えられる人はチャレンジ精神に溢れています。これは仕事でも大きな力を発揮します。

「この仕事はちょっとむりがあるよなぁ」というような厳しい内容でも、ポジティブ思考の人がいれば「とりあえずここから手をつけてみよう」と、諦めるのではなく仕事を完遂させるための行動を導き出してくれます。

「こんな納期じゃ間に合うわけないよ!」と何もしないうちから諦めてしまうような上司がいる場合、チャレンジ精神旺盛な部下からすると物足りなく感じることでしょう。常に前向きであることは人間として魅力的と言えます。

人望の厚い人になりたいなら行動が大切

人望の厚い人になりたいと願う際に、最も大切なことは何かと言えば圧倒的な行動力と言えるでしょう。行動力は社会人として非常に重要な要素になります。「この人は口だけか」という人間は数多くいますが、行動力を持っている人は多くありません。

仕事を前に進めるには、常に行動する必要があります。難易度の高い仕事を目の前にして、何日も頭を抱えていても仕事は完了しませんね。小さなことでも「できること」を見つけて、行動していくことによって物事を目に進めることができます。

信頼される人間になるためには、それなりに行動力が必要です。仕事でもそうですし普段の何気ない会話でもポジティブ思考を意識するなど、今までの自分とは異なる行動を積み重ねることで、信頼度が上がってくると言えます。

まとめ

今回は、人望が厚い人に共通する特徴や行動を紹介しました。人から信頼されるような人間になるには、それなりの努力が必要ということが分かったと思います。今まで真逆の生き方をしてきた人からすると大きな変化を求められることでしょう。

信頼度が下がるような行動をしてきた人が1日で人望の厚い人間になることはできません。しかし、これからキャリアアップを目指していきたい人なら、避けては通れない道ということもできます。

理想の自分になるためには、悪しき習慣を捨てて新しい習慣を身につけていくことが重要です。前向きに物事を捉えて、今できる目の前の仕事に集中していく。小さな一歩の積み重ねが信頼される人間への1番の近道と言えるでしょう。

あわせて読みたい!