職場の悩み

内弁慶の男性の特徴は?意味が知りたい!4つのポイントで見分けよう

部下には横暴な態度なのに上司にはにこにこしながら下手に出ている男性や、会社では人あたりがいいものの家族のことを話し出すと途端に口が悪くなる男性など、その裏表の激しさに驚いてしまうような人は身近にいませんか。

そのような上司や同僚と一緒に仕事をしていると態度の変化に振り回され、こちらもへとへとになってしまいますよね。

その男性、もしかしたら「内弁慶」かもしれません。今回は内弁慶な男性を見分け、適切に対応するための方法をお話します。

内弁慶の意味を正しく理解しよう!内で強く外で弱い人

内弁慶という言葉に使われている「弁慶」は源義経に仕えた僧侶です。

弁慶は乱暴者で武術に長けており、出会った武将を次々と倒しては相手の刀を勝利の証として集めていました。その刀が999本に達したころ、京都の五条大橋の上で牛若丸(源義経の幼名)と出会い、牛若丸の持つ見事な刀を奪おうと決闘を挑みましたが返り討ちに合い、降参した弁慶は牛若丸の家来となりました。

また弁慶の最期も有名です。主君である源義経を守るため敵の矢を受けながら戦い、立ったまま絶命しました。この忠臣として立派な最期は「弁慶の立ち往生」と語り継がれています。

内弁慶とは、家の内など自分が安心できる場所では弁慶のように強気な態度を見せる一方で、外では弱気になり意気地がないことを表現する言葉なのです。

うちの会社にもいるいる!内弁慶の男性の4つの特徴は?

では、内弁慶の男性にはどんな特徴があるのでしょうか。その内弁慶な男性を見分けるために、その特徴を4つに分けてお伝えしていきます。

外面がよく他人からの評価をつねに気にしている

内弁慶の男性は立場が弱くなる外では自分の主張をしません。

他人からの自分の評価が下がらないように常に注意し、周囲に合わせて外面よくふるまっています。例えば職場では上司の意見には常に賛同し従っていたり、顧客の要望にはどれほど難しい依頼でも応えようと奮闘したりする様子などが見られます。

その反面、本心からそのようにふるまいたいわけではないので、ストレスをため込み、仲間うちのお酒の席などで激しく毒舌をふるうことなどがあります。

家族の愚痴が多い!家の中では威張っていて口達者

内弁慶の男性は外面よくふるまう一方で、家の中では威張り、口達者に家族に主張します。

そのような態度に家族が疲れてしまっても、内弁慶の男性の口達者なところは外に出るとおとなしくなってしまうため、外の人にはなかなか理解されず、いっそう家族は負担を抱え込んでしまうかもしれません。

また外では他人に対し批判などはしませんが、家族については直接批判したり、周囲に家族の愚痴をこぼしたりすることが多いといった様子が見られます。

見栄っ張りで人前では自分を大きく見せようとする

内弁慶の男性は見栄を張ることがあります。例えば自分の業績を誇張して話したり、不相応なブランドのものを身に着けているなどの行動です。

これは他人に自分を大きく見せ、より良い評価を得ようとするためです。

しかし外で見栄を張り、自分の本来持っている力以上のものを出すため、家の中では疲れ切っていたり、外でのストレスを家族にぶつけたりすることがあります。

また見栄を張りすぎて嘘になってしまい、結果として職場内や顧客からの信用を失ってしまうこともあります。

目が泳いだり笑っていないことがある!裏の顔を隠す

内弁慶の男性は他人に批判されないために、外では周りの雰囲気に合わせる行動をとります。そのため自分が面白いと感じない場面でも周りの人が笑っていれば自分も笑い、調子を合わせます。

しかし心の中では「面白くない」という気持ちを抱いていたり、「周りの様子をしっかり見て合わせなければいけない」というプレッシャーを感じていることから目が泳いでいたり、どんなに笑っていても目だけ笑っていなかったりすることがあります。

内弁慶の人は自己愛が強い人が多い!自信のなさの表れ

ここまで内弁慶の男性の特徴についてお話してきました。では、なぜ内弁慶の男性はこのような特徴を持つのでしょうか。

内弁慶の人に共通するものとして「自己愛の歪み」があります。内弁慶の人は自分に自信がないため、自分で自己愛を満たすことができません。そのため周りの人たちに自己愛を満たしてもらおうとします。

そのため外では、周りに合わせた行動や自分を大きく見せる行動をとり、その集団の一員として認めてもらおうとします。そしてその行動が成功し、周りの人に認められることで内弁慶の人の自己愛は満たされます。

一方で家族など自分が安心して過ごせる場所では、ありのままの自分を愛してくれることや認めてくれることを求めます。内弁慶の人にとって家族は自分の一部と認識されています。

自己愛を満たしてくれることが当然だと思っています。そのため、自分の思い通りにならない場面では語気強く主張し、相手を傷つけることも構わず不満や批判をぶつけます。

このように根底にあ「自己愛の歪み」が内と外で違った形で表現されるため、内弁慶といわれるような裏表の激しい人になってしまうのです。

まとめ

内弁慶の男性は外である会社では周囲に期待されているような「いい人」を演じている可能性があります。

しかし、内弁慶の男性に近づきすぎたり、親しくなりすぎたりすると、内弁慶の男性はあなたを「内」の人間と判断し、強気な態度に出始めるかもしれません。

会社で「この人、内弁慶なのかも」と思う男性がいた場合は、適度な距離感を保ち、あくまで仕事上の関係に徹することが大切です。

また、内弁慶の男性は自分を大きく見せるために大げさなことを言うこともあります。その言葉をすべて鵜呑みにせず、自分自身で冷静に判断するようにしてくださいね。

あわせて読みたい!