職場の悩み

タイミング別!「会議が眠い」時に試しておきたい眠気の改善方法

仕事で度々行われる会議。「議論が白熱し、休んでなんていられない」という方もいれば、「退屈で仕方がないし、眠い」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?むしろ、後者の方が多いのかもしれませんね…。そこで今回は「会議が眠い」と感じていらっしゃる方のために、「眠気を改善するための方法」についてご紹介していきたいと思います。会議が眠くなくなれば、仕事に対して真摯な姿勢をみせることもできますし、「眠ってしまって上司から注意された」なんてこともなくなるはず…。タイミング別で複数の方法を紹介していきますので、ぜひご覧ください。

会議前にやれること!ミント系のタブレットを食べておこう

まずは会議に臨む前に「ミント系のタブレットを食べる」という方法を試してみてください。甘くフルーティーなものだと眠気が誘われてしまうので、甘さの中にもしっかりとした辛味があるものの方が良いでしょう。ただ、辛過ぎたり食べ過ぎたりすると体調を崩すおそれもありますから、ご自身の好みに合わせて選ぶようにしましょう。

こうしたミント系のタブレットはコンビニのお菓子コーナーで簡単に手に入れることができますし、メーカーの種類も味の種類も様々です。価格も約100円と安価なのでぜひお買い求めください。ポケットにも潜めておくことができるミニサイズですから、会議前に2粒ほど食べてしまえばお口も頭もスッキリとするはずですよ。

1ケースに50粒ほど入っているものもあるので、同じ会議に臨む同僚の方にシェアできるのも嬉しいポイントですね。ちなみにこういったタブレットは開封から1周間が立つ頃には湿気てしまい、カリッとした食感が失われてしまいます。食べ過ぎをおすすめしないとは言いましたが、やはり誰かとシェアしながらできるだけ早く食べてしまうのが良いでしょう。会議が多い方にはおすすめです。

会議中でもやれること!こっそりと深呼吸をしてみよう

あえて言う必要もないのですが、人は無意識に呼吸をしています。ただ、その呼吸は無意識であるがゆえに、とても浅いものになりがちであることに気付く人は少ないです。呼吸が浅くなると息苦しくなるだけでなく、脳に送られる酸素が減ることで集中力の低下や眠気、ストレスが溜まりやすくなってしまいます。会議中に眠くなったり、ひどく疲れたりしてしまう理由にはこうした浅い呼吸が影響している可能性があるのです。

 

また、こうした浅い呼吸は私達が日頃よく行っているデスクワーク、特にパソコンの画面を長時間観るような方にとっては、非常に陥りやすいものです。パソコン画面を観ているとついつい体勢が前のめりになり、頭が下を向いて気道を圧迫するのです。気道が圧迫されれば呼吸する際に取り込まれる空気の量が減るので、やはり浅い呼吸になってしまいます。ですから、タイミングさえあれば会議中でも深呼吸をするように心がけましょう。大きく身体を膨らませないようにさえしなければ、会議中でも深呼吸はできます。もしくは、「自分が呼吸をしていることを意識する」というだけでも、呼吸は自然と深くすることができますので、ぜひ試してみてください。

 

 

休憩時間中にやれること!身体を回して冷たい水を飲もう

日本の会議には下記のような様々な問題があります。

  • 「前置きが長くて、話が本題に入らない」
  • 「本題に入っても結論が出ずに長引く」
  • 「そもそも不必要で長い会議が多過ぎる」

こうした問題は多くの方を苦しめ、眠く疲れる大変な時間を強要しています。ただ、この会議をなくすことは難しく、まだまだ会議に参加する側がどれだけ対応できるかというのがポイントになってきます。会議が長引いた際には10分くらいの休憩時間が設けられることもあるでしょう。その時「身体を回す」ことを試してみてください。身体を回せば目が覚めやすくなるだけでなく、硬直していた筋肉が柔らかくなるので身体も軽くなるはずですよ。

 

ラジオ体操にあるような「両腕を腰からぐるりと回す運動」や「上半身を後ろに反らす運動」、「ジャンプしながら腕と足を開く運動」など、身体を回せる運動にはたくさんの種類があります。会議場に合わせてご自身が1番身体を伸ばせる運動をすると良いでしょう。「会議場の上司の前でやるのはちょっと…」という方は、廊下やトイレで軽く回してみると良いでしょう。また、少し身体を動かせば喉も乾いてくるはずなので、冷たい水などを飲めばもう完璧です。身体がスーッと冴え渡り、休憩後の会議にも意欲的に参加できるでしょう。

 

 

大丈夫、眠気は意識して対策すれば絶対に改善できる

会議は日本における仕事で欠かせないものであり、むしろ会議をすることこそが仕事という方も多いでしょう。それだけ会議は回数も時間も多くかかり、私達を眠く疲れさせるものです。そんな時、ミント系のタブレットを食べたり、深呼吸をしたり、運動をしたりすることで、あなたを苦しめていた眠気はスーッと消えてなくなるはずです。どれもとても簡単な方法であり、意識して対策さえすれば絶対に眠気は改善できるものなのです。

 

もちろん、日頃の睡眠不足なども影響してきますから、睡眠をとる時間を確保することも大切になさってください。夜寝る前のスマートフォンやテレビ鑑賞の時間を減らして、少しだけ長く眠るようにするだけでも、かなり違ってくるはずですよ。少しでも気持ちよく会議に参加される方が増えることをお祈りしています。

あわせて読みたい!