職場の悩み

職場で孤立するのはなぜ?部下や同僚に嫌われる行動とは?

会社に入り社会人として活動するようになると、どうしても必要な行為があります。それは、他者とのコミュニケーションです。同じ職場の同僚と話がうまく続かない事や上司、部下といった上下関係がぎこちないとお悩みの方はいらっしゃいませんか?所属部署の人が多ければ多いほど、会話の多様性というのが求められてしまい、応じられずに孤立する事もあります。

知らず知らずのうちに風当たりの強い環境になってしまったという方は、自覚無しに「人から嫌われる」態度を取ってしまっているのかもしれません。どういった行動が人から嫌われてしまう要因になるのか、冷静に省みる必要があります。他にも、コミュニケーションではなく仕事面で失敗して、風当たりが強い環境に置かれてしまった人も居るのではないでしょうか?

このままでは職場で完全に孤立してしまうかもと現在進行系で心配している方は、嫌われてしまう行動を具体的に提示しましたので、それと見比べ自身の行動を見返してみましょう。また貴方だけのせいでは無い可能性も含め視野を広げる必要があります、職場から孤立してしまってからの改善は折れない心と努力が必要になりますが、いっそ振り切って気楽になるという方法もあります。

無意識にやっていませんか?職場で嫌われる行動とは

職場と言うのは、人間関係で成り立っていると言っても過言ではありません。周囲から孤立してしまうと仕事にまで悪影響を及ぼすでしょう。それを避ける為に、いくつかの事に注意を払う必要があります。例えば「空気が読めない」と言うのは一般的にどういう人でしょうか?仕事に追われている職場仲間の仕事を放置して、自分には関係ないと素知らぬ顔で休憩したり、有給を取ったりしていませんか?

本来であれば自分の休憩や有給は好きなように使って良い筈ですが、職場によっては余り好まれていない事もあります、そういった場の雰囲気を察する能力というのは社会を生きていく上で必須とも言えるでしょう。またそれらの仕事を手伝う事に直接的な得は無いと考えるかもしれませんが、そこで得た信頼関係や仲間意識は後々職場で大きな影響力を持ちます。

「マイペースで仕事が出来ない」など逆に助けて貰っている場合は、そのまま他人に頼り続けてしまうと職場から孤立してしまう傾向にあります。自身の仕事がどれ位で出来るのか、納期や期限をしっかりと把握した上でそれに合わせたペースで仕事を行うことが重要です。期限に間に合わないのに忙しい様子を見せない、マイペースに事を進めているようでしたらその立ち振舞いは考え直す必要があると言えます。

他にも「愚痴が多い」と言うのも嫌われやすいので注意しましょう。飲みニケーションと言う造語も存在しますが、こういった場でも愚痴を言う人は孤立していく事が多いです。愚痴にも様々あり、仕事の内容から取引先や他人への悪口といったものがありますがその中でも「職場に対する愚痴」と言うのは非常に嫌われやすいです。

その場限りの同意を得られていても裏で何を思われているかは分かりません、同じコミュニティ内での愚痴はリスクが高いので、例えばインターネット上の掲示板や業種の違う友人などストレスのはけ口を別に準備する必要があるでしょう。

孤立してしまう原因の一つ、身だしなみを整えよう

無意識のうちに出てしまう行動や発言というのは、そう簡単に直せるものではないですが、身だしなみに関しては今からでも改善することが出来ます。昨今では「スメルハラスメント」と名前を代えた体臭や身だしなみの問題は今でも存在し、性格的には問題がなくてもニオイという不潔感から知らず知らずのうちに避けられているかもしれません。自身にはとても良い香りに思えても、周囲にとっては迷惑な臭いだと思われてしまう事もあります。

他にもスーツにふけが付着していたり髪の毛がベタついているなど、見るからに不潔感に溢れている人はそういった現状を改善すべきです。今すぐ身だしなみに気をつけるだけで職場環境が改善されるかもしれません、性格面を気にするよりも簡単に改善出来る要素と言えます。

周囲に相談出来ずに自身の体臭がどういうものか分からないといった人は病院の内科に行けば医者から直接アドバイスや感想を頂けますのでこの機会に利用してみては如何でしょうか?

社会人としての人付き合いとは?孤立してしまう前に話の輪を広げよう

社会人になると多種多様な人と関わりを持つようになります。それはつまり、多岐にわたるジャンルの話題を持ち合わせる必要が出てくるということです。勿論仲良くなるきっかけを設けるために必要なだけで、浅く広く付き合う場合は世間話程度に収められるようなニュースで取り上げられた話題をいくつか準備するだけで良いでしょう。

しかし付き合いを広げていく上で必要なのは趣味が合う、お互いの話が合うということ、様々な人との話に合わせられるよう興味を広げてみては如何でしょうか?自身の趣味から外れてしまったとしても、様々な人との話に合わせられるようになれれば貴方は立派な社会人だと言えます。一見何の得も無いように思えますが、話せる人が増える、人脈が広がるというのは今後の人生において大きな意味を持つのではないでしょうか。

部下に嫌われない上司になるには?部下の心境を考えよう

最近の若者は飲み会に参加しないといった嘆きの声が多く聞こえてきます。では若者の心境を考えてみましょう。

最近の若者に多いのが仕事は仕事、プライベートはプライベートというはっきりとした切り替え思考です。あくまで職場仲間や上司というのはその場での関係であり、プライベート上で自身が望まない相手に時間を費やすのを嫌います。日本人といえば集団主義・団体行動を重視する文化ですが最近の若者はそれを好ましく思っていません。「飲み会に来るのが当たり前」だという考え方そのものに対し嫌悪感を抱いている人が多いのです。そういった事に理解を示してあげると少なくとも業務中は貴方のことを理解のある上司と思ってくれるかもしれません。

株式会社まる出版20代から50代の社会人310人を対象に行った「上司にとられて嫌だと感じる行動」に関するアンケート調査によると一番嫌だと思われる行動は26.1%とトップで「こちらの意見を聞いてくれない」が最多数になっています。これは先程の飲み会のような事でも言えますし、業務上でも関連するかもしれません。意見を頭ごなしに否定するのではなく、まずは理解することから始めて見ると良いのではないでしょうか。

しかし、すべてを肯定するだけでは上司として立場がありませんよね?時には部下の行動に憤りを感じ怒ってしまう事があるかもしれません。しかし、それが部下のパフォーマンスを低下させている事をご存知でしょうか?

部下の仕事が遅いのは貴方のせい?パフォーマンスを低下させてしまう行動

感情的になって部下に怒ってしまう人にはよくお読み頂きたい文章です。怒りに身を任せ他人に怒ってしまったり、ついイライラして物に当たったりしている人は場の空気を悪くしているだけではなく、部下のポテンシャルを大幅に引き下げているのをご存知ですか?

「敬意の欠如が職場環境を悪化させる」と言うのは米ジョージタウン大学マクダナー経営大学院のクリスティーン・ポラス教授。彼が研究した結果は非常に興味深いものになっています。

1:暴言を直接吐かれた人は、処理能力が61%、創造性が58%下がる。

2:自分に対して言われたものでなくとも自分の所属しているグループに対して暴言を吐かれた場合は、処理能力が33%、創造性が39%下がる。

3:他人が暴言を吐かれているのを目撃しただけでも、処理能力が25%、創造性が45%下がる。

いかがですか?こちらをご覧になった貴方が部下を持った管理職で、日夜大勢の部下へ指導をしているのでしたら、この研究は非常に参考になるかと思います。感情的な行動や発言は他者のポテンシャルを大幅に下げてしまうという事を重々承知した上で、突発的な感情を押さえつける練習をしてみては如何でしょうか?叱ることと怒ることは違います、叱るとは相手を思っての行動ですが、怒る事は自身の感情を発散させているだけです。

何度言ってもミスを改善出来ない、あるいは自分勝手な部下に憤りを感じることもあるかもしれませんが、それでも感情的な行動は自身が孤立するだけでなく部下の意欲も削ぐものです。優秀な上司でありたいのならばあくまで理性を保って冷静な意見で部下を叱る事が大事だと言う事が分かります。

他人に求められる技量があれば孤立はしない?仕事が出来る重要さ

必要以上のコミュニケーションを求めず、黙々と一人で作業を進める人がいます。そういった人は目標を持っていて、スキルアップを目指していたり資格の勉強等コミュニケーションに時間を払う気のない事が多いです。しかし、そういった人ほど周囲の人に頼られる傾向にあります。コミュニケーションというのは仕事を円滑に進める上でも求められる筈ですが、そういった人は仕事上のコミュニケーションはある程度行うものの、それ以外の事は必要最低限と言った具合が多いです。

なぜ孤立を気にしないのでしょうか?それは、今の職場に留まるつもりが無いからです。今居る職場が一生居る所だと誰が決めたのでしょうか?あくまで仕事場であり、学ぶ場です。今の職場では物足りないと思えるほどのスキルアップを目的として活動してみては如何でしょうか?そうすれば、必要以上の人間関係が煩わしく感じるほど自身のスキルアップに集中出来るかもしれません。そうして、実力が伴えば必然的に頼りにされることも多くなり結果的にコミュニケーションが増えると言えるでしょう。

仕事が出来ないのは貴方のせいでは無いのかもしれません

ADHD(注意欠陥/多動性障害)というのをご存知でしょうか?最近になって知名度の上がった発達障害の一つです。

思ったことをつい口にしてしまい後々後悔した事はありませんか?

時間管理が苦手で、仕事を順序立てて行えず焦りを感じることは?

常に貧乏ゆすりなどで手や足が動いて、落ち着きが無いと言われたことは?

これらは誰にでもある特徴ですが、程度が強い場合はADHDの可能性があります。もし貴方が仕事上でケアレスミスを多発し、落ち込まれているのでしたら恐れずにADHD診断を受けてみては如何でしょうか?これには治療もありますが、何よりも自身を客観的に見つめ直しどういった部分が問題なのかまとめてもらう事で改善が可能になります。精神的に辛くなってしまう前に、こういった診断を一度利用してみることをおすすめします。

孤立しても問題ない?心構えを変えてみよう

嫌われてしまう要因をいくつか並べてきましたが、いっその事「孤立しても構わない」とそんな考えを持ってみませんか?人の顔を伺うから余計疲れてしまうのです、自身が働ける場所がここしかないと思うからしがみついてしまうのです。その考えを変えてみませんか?

孤立してしまった人も程度によりますが問題があるのでしょう、しかしそれ以上に職場に問題があるというのも事実です。あくまで自身が今いる場所は「スキルアップをする学び舎」のようなものと考えてみることで、少しは気が楽になるのではないでしょうか?一度孤立してしまった状態から改善を目指すのは厳しいものがありますが、新しい環境でまた挑戦する事は難しくありません。転職するのに必要なのは自身のスキルです、よりよい高待遇を目指しスキルアップを図る経過で職場の人間関係を切り捨ててしまうのもまた、一つの選択肢だといえます。

まとめ

職場で孤立してしまうというのは辛いものです、仕事に生きがいを感じて給与に満足していても人間関係からもたらされるストレスで体を壊しては何も意味がありませんしかしそれ以上に、孤立しないように立ち振る舞うというのもまた苦痛なのかもしれません、他人とのコミュニケーションは少しのいざこざで意図しない結果になってしまう事がありますが、一度敵意を持たれて孤立してしまうと職場環境の改善と言うのは凄く難しいものとなります。精神的に参ってしまう前に職場を替える事をおすすめ致します。

しかし、自身に合ったライフスタイルは必ず存在します。それを実現できるよう目標を見失わず常に努力を続ければ、最後に笑うのはきっと貴方なのです。

あわせて読みたい!