職場の悩み

【いい努力】が持つスキルアップに有効な7つの特徴を解説!

「いい努力」と「悪い努力」目標に向かって努力していれば、少なからずゴールに近づいていくのは間違いありません。しかし、期限のある目標に対して間違った方向性の努力をすると、結果に結びつかないこともしばしば。

目標地点に対して逆の方向に進んでしまうと、経験値はたまりますが求めている結果は得られないものです。いい努力とは一体どんなことなのでしょうか?今回は、いい努力でスキルアップをしていくための特徴を紹介します。

いい努力は仕事の生産性を飛躍的にアップさせる

いい努力は、仕事の生産性をアップさせることができます。地図を例に例えると分かりやすいですが、目標となる場所に対して最短でたどり着く道を事前に知っているのといないのとでは、到達時間に大きな差が出てきます。

もしも地図を持たずに知らない道を感覚だけで進んでしまったら、知らないうちに真逆の方向に進んでしまう可能性もあるでしょう。一見、簡単そうに見える道でも事前情報がなければ正確に把握することはできません。

仕事に対するいい努力も考え方は全く同じです。いい努力とは、ゴール(結果)に直結することができる努力のことを言います。しっかり戦略を立てて計画を実行することで、生産性の高い仕事を遂行することができます。

「いい努力」が持つ7つの特徴と方向性

いい努力が持つ力は、仕事面でも大きな効果を得ることができます。新しいプロジェクトやスキルの習得を最短で行いたいと思うなら「何をどう努力すればいいのか」を事前にしっかり考えることが大切になってきます。

計画を実行する前の段階で、いい努力ができる環境を整えておく必要があるでしょう。いい努力とは具体的にどのようなことを指しているのでしょうか?ここからは、いい努力が持つ特徴と方向性を紹介していきます。スキルアップしたい方はぜひ参考にしてください。

成果を意識した行動にフォーカスしている

いい努力とは、常に成果に直結した行動にフォーカスしている特徴があります。ゴールに対して確実に近づくような行動になっていなければ、長時間費やしたとしても求めている結果を手にするのは難しくなってしまうでしょう。

「〇〇をすれば〇〇ができるようになる」というように結果を一番に意識したタスクを作ることで、スキルの習得やプロジェクトの進行も飛躍させていくことができます。ポイントはマルチタスクではなく、常に1つ1つの行動にフォーカスしていることです。

人間はスマホのように複数のことを同時に進行するほど優れていません。成果を意識した行動1つにフォーカスすることで、短時間でも内容の濃い充実した時間を過ごすことができるようになるでしょう。

明確なビジョンを持って努力をしている

いい努力ができている人は、明確なビジョンを持っている人が多いです。不透明な部分がなく、全ての行動が何のための行動なのか明確になっています。シンプルで分かりやすいビジョンを持っている人は、芯が通っていて道を反れるようなこともありません。

成功している自分をイメージした時、ゴールにたどり着くまでにどのような行動をしたのか想像してみてください。ここで出てきた行動リストはビジョンに対して効果的なタスクであることが多く、成果につながりやすい行動になっています。

表面的なイメージだけではなく、できるだけクリアな状態になるようなビジョンを作ってみましょう。ビジョンが明確になれば、方向性の間違った努力をすることなく、結果に直結するいい努力を積み重ねていくことができるようになります。

「いつまでに何をするか」期限が設定されている

いい努力をしたいなら、目標に期限をつけて挑むことをおすすめします。何故、リミットを設けた方がいいのかというと、目標を設定したものの期限を作らなければ優先度が低くなって何もしないで終わってしまうことが多いからなんです。

新しいスキルを身につけることは、キャリアアップしていく上でもとても有効になるでしょう。しかし、日々の仕事に追われながら学習を両立させていくのはなかなか難しいものなんです。モチベーションを保つのも一苦労するでしょう。

目標に対して期限を設けることで「いつまでに何をするか」が明確になります。「◯日までに◯◯をする」というように計画にリミットをつけておけば「今日は◯◯をどこまで進めるんだ」という感じで行動を起こしやすくなります。

クリエイティブ!生産性と効率性が高い

いい努力は、創造的で生産性や効率性が高いものです。クリエイティブに物事を捉えることができ、一見困難に感じるようなことも生産性の高い行動でクリアしていくことができます。短い期間でもスキルを身につけられる人は、このような思考の人が沢山います。

反対に悪い努力をしてしまう人は、自分で考えることが少なく他の人の情報を信じてしまう傾向にあります。他人の情報を参考にするのは悪いことではありません。しかし、あまりにもコピーしてしまうと時間ばかりかかって結果が得られないなんてことにもなります。

自分を俯瞰的な視点で分析して、目標に対してどんな行動が必要なのかを見出すことができれば、他人の情報にはない新しい方法を見つけることができるでしょう。次の計画を立てる時にはよりクリエイティブな発想ができるようになります。

充実感や達成感のある努力をする

いい努力を継続している人の中には、結果に直結する効率的な行動以外にも充実感や達成感のある努力をあえて取り入れている人も少なくありません。特に長期にわたって努力が必要な目標の場合、細かく充実感を得られるような行動をスケジュールするのも有効です。

長期目標などは、モチベーションの管理が難しくて途中で投げ出してしまったり、進行がストップしてしまったりすることもあります。そんな時に1日の行動リストを完遂した時に充実感や達成感を味わえるようになっていれば、継続しやすくなります。

タスクを完了した時に充実感を得られるような行動リストを意識して作ることで、マンネリ化しがちな長期目標もモチベーションが下がることなく作業することができます。

自分が成長するために有効な行動をとる

いい努力とは、自身が成長するために有効な行動であることがほとんどです。悪い努力は「手に入れたいスキル」とは程遠いもので、自分が得たいものとは程遠いものになっていることが多く、成果の薄いものになります。

努力をすれば何でもいいわけではありません。自身の成長につながるような努力を積み重ねることは、ビジネスマンとして飛躍していくためにも有効なものになります。そのためには高い目標や行動リストを作る必要があるでしょう。

全ての経験は後の自分の成長につながります。しかし、明確な計画を持って深い視点で考えられた行動は、より短期間に自身を成長させていくことができます。高いハードルを乗り越えるために有効な計画を立ててみましょう。

成功パターンが身につく努力をする

いい努力には、成功パターンが身につくようなものも多いです。一定の努力をすることで次回の行動がよりシンプルで簡素的なものになっていくような行動。一度習得すれば長期間にわたって流用できるような体系化できる努力をするのも効果的です。

定期的にスキルアップしていきたいなら、努力する方法を体系化できていた方が後々楽になってきます。効率的にスキルを習得したいなら、自分なりの行動パターンを見つけておく方が圧倒的に作業が楽になります。

目標を達成した成功パターンは、メモ帳などに詳細を書き残しておくと良いでしょう。どのようなプロセスを経ることで、成功できたのかを明確にしていくことができれば、次回以降のスキル習得の際もいい努力を継続していくことができます。

「悪い努力」をしないための注意点

いい努力に共通する特徴を上げてきました。しかし、計画を立てる上で間違った努力、つまり「悪い努力」を行動リストに入れてしまう人も少なくありません。どのように計画すれば悪い努力を避けることができるのでしょうか?

注意すべきポイントは「目標が明確になっているかどうか」です。曖昧な目標を設定してしまうと努力する方向性も間違ったものになってしまうでしょう。行動を起こす前にどれだけ緻密な計画を立てることができたかが非常に重要なんです。

「まぁこれは大体な感じでいいでしょ」こういった考え方は悪い努力を選択してしまう典型的なパターンになります。適当に物事を決めてしまうのはおすすめできません。「◯◯ができるようになるために今日1時間でできることは何か?」こんな風に考えて行動リストを作ってみてください。

まとめ

今回は、いい努力が持つ特徴を紹介しました。成果に直結したいい努力は、生産性を高めて効率的にスキルアップしていくことができるものになっています。身につけたいスキルを最短で学習するには、事前の計画が何よりも大切です。

明確なビジョンを持って、行動リストを作っていく。そんなシンプルな思考がいい努力を継続する何よりの近道になります。難しく考えて不透明な行動を量産しても、時間を浪費するだけで結果につなげていくことは難しいでしょう。

いい努力を継続していくポイントは、詳細な計画を建てられるかどうかが鍵になります。緻密な計画には、緻密な行動が自然とついてくるものです。いい努力を継続できるようにして、スキルを習得していきましょう。