職場の悩み

会社を辞める勇気がないサラリーマン必見!前進できる5つの考え方

「会社を辞めたいけど、勇気が出ない」と悩むことはありませんか?長い間会社に勤めていると、今の会社から離れることは想像がしにくいでしょうし、かなりの勇気が必要ですよね。

けれども、勇気が必要なのは仕方のないことともいえます。あなたが勇気を出して行動しない限り、あなた自身の将来が変わることはないでしょう。

あなたの将来を変えるためには、今のあなたが勇気を出して行動することが大切になります。そこで今回は、「会社を辞めたいけど勇気が出ない」というあなたへ、勇気が出る5つの考え方を紹介させていただきます。

半数以上の人が実は会社を辞めたいと思ってる!

今の時代、転職することは当たり前にもなっており、制度や考え方が大きく変化しています。なので、「転職が悪いこと」と考える必要はありません。あなたの人生において、転職は「選択肢の1つ」として考えるべきでしょう。

実際に、会社で働いている人の二人に一人が「仕事が嫌いで辞めたい」という気持ちを抱えながら働いているというデータがあります。なので、あなたが「会社を辞めたい」と考えてしまうこと自体は、特別おかしいことではありません。

「周りから変な目で見られたらどうしよう」と悩む必要はありません。おそらく、あなたの周りにも「仕事が嫌いで辞めたい」と考えている人は少なからずいるはずです。ただ、そのような人たちが、勇気を出して行動できていないだけなのです。

会社を辞めたいけど勇気がない!サラリーマンが考えるべきことは?

「周りも我慢しているから」

「自分が抜けたら会社に迷惑がかかる」

「転職がうまくいくかわからない」

という悩みを抱えてはいませんか?確かに、「会社を辞める」と考えたとき、どうしても抱えてしまう悩みだと思います。

しかし、冒頭でもお話しした通り、あなたの将来を変えられるのは、あなたの「勇気のある行動」のみです。 これからは、「会社を辞めたいけど勇気が出ない」というあなたのために、勇気を出して前進するための考え方を、5つ紹介させていただきます。

1年後も同じ仕事をしていたいのかどうかを想像してみる

まず、「1年後も同じ仕事をしていたいのか?」と想像してみてください。もし、「同じ仕事をしていたい」と思うのであれば、まったく問題はありません。しかし、今のあなたは、きっとそうは思わないはずです。

「1年後は同じ仕事をしたくない」を感じたのであれば、考えてほしいことがあります。それは、「今、勇気を出して行動をしなければ、今と同じ仕事を3年・5年・10年と続けることになる」ということです。

その姿を、あなたは想像できますか? もし、これから同じ仕事をしたくないのであれば、今のあなたが現状を変えようとしない限り、あなたの将来が変わることはありません。それに、時間が経てば経つほど、あなたの勇気は出にくくなるでしょう。

我慢や犠牲は自己否定につながる!自分のために会社を辞める

「会社は辞めたいけど、周りも我慢しているから」と考えてはいませんか?もし、そのような考えがあなたの中にあれば、考えを今すぐ改めるべきでしょう。 もちろん、あなたの周りには我慢をしている人がいると思います。しかし「だから自分も我慢する」ではいけません。

我慢や自己犠牲は、あなたの「自己否定」につながってしまいます。我慢や自己犠牲をしているうちに、「自分はダメな人間だ」「かわいそうだ」という感情が溜まっていき、その感情があなたの自己否定を引き起こします。

自己否定が強くなってしまえば、今よりも勇気を出して行動することが難しくなってしまいます。そうならないためにも、今から勇気を出して行動をすることが必要になるでしょう。

自分が辞めると迷惑がかかる?残された人で会社は回せる!

「自分が抜けたら、会社に迷惑がかかるんじゃないか?」と考えることはありませんか?会社には、お世話になった人もいるでしょうし、できる限り迷惑をかけたくない気持ちがあなたの中にもあると思います。

しかし、「周りに迷惑をかけたくない」という理由で、あなたの行動に制限をかける必要はありません。 会社は、誰が抜けようとも仕事が回せるように作られているはずです。もし、あなた一人が抜けることで仕事が回らないのであれば、それは経営陣の責任といえるでしょう。あなたが気を病むことはありません。

もちろん、周りの人たちへの配慮はするべきです。しかし、あなたの将来に向けた行動を制限するのは間違っています。あらためて、「自分と会社のどちらが大切なのか?」と考えてみましょう。

長い人生の中で変化は必要!古い考えは捨て新たな変化を取る

長い間「会社」という組織にいると、どうしても変化が起きにくいため、考え方が固定されてしまう人が多いです。そうなると、だんだん視野が狭くなり、「今の会社がすべて」と勘違いしてしまうケースが少なくありません。

先ほどもお話ししたましが、今の時代、転職することは「当たり前」になってきています。「終身雇用制度」は年々減っており、新卒で入社した会社で働き続けることは、当たり前ではなくなりつつあります。終身雇用制度が壊れつつある今、持っている古い考え方を捨てて、変化を受け入れる必要があります。

「1つの会社で、真面目にコツコツ仕事をするべきだ」という時代は終わりつつあります。もし、今のあなたにそのような考えがあれば、まずはその考え方を捨てて「新しい考え方」を受け入れることから始めましょう。

今よりも気持ちが楽になるはず!転職した自分の姿を考える

「会社を辞めたいけど、勇気が出ない」というのであれば、まずは「転職をした後の自分の姿を考えてみる」のもいいでしょう。そうすることで、今よりもきっと気持ちが楽になるでしょう。

まずは、転職した後の自分を想像して、転職サイトなどで他の会社のことを見てみてみましょう。長い間同じ会社で仕事をしていると、今いる会社が「あなたの常識」となってしまい、あなた自身の視野がとても狭くなってしまいます。

転職した自分の姿を想像することで、「次の会社ではこんなことがしたい」「けど、こういうことはしたくない」とイメージしやすくなるはずです。実際に「転職する!」と決意する前でもいいので、少し外の世界を見てみると、今よりも気持ちがかなり楽になるはずです。

会社を辞めたい人におすすめ!辞める勇気が出る本は?

ここまで、「会社を辞めるために、勇気を出すための考え方」を紹介させていただきました。しかし、会社を辞めることに対して、まだ「不安」「怖い」という感情がある方もいることでしょう。そこで、2冊の本をこれから紹介させていただきます。この2冊の本は、「会社を辞めたいけど勇気が出ない」と考えているあなたにとって、手助けとなるはずです。

あらすじなどを簡単に紹介させていただきますので、気になったらぜひ手に取ってみてください。

ブラック企業で働く人必見!「ちょっと今から仕事やめてくる」

この「ちょっと今から仕事やめてくる」という本は、ブラック企業で働く青年が主人公の物語。ブラック企業で働き、心身ともに疲れ切ってしまった主人公が、無意識のうちに線路へ飛び込もうとしたところを「同級生」と名乗る人物に助けられるのがキッカケで物語が動き始めます。

「同級生」と名乗る人物に助けられた主人公でしたが、その「同級生」を名乗る人物は同級生ではなく「赤の他人」で…という展開が続いていきます。2017年には映画化もされている作品なので、物語としても楽しめることでしょう。

読み終わった後には、「自分は誰のために生きているか?」と考え直してしまうはずです。もし、あなたがブラック企業で働いているのであれば、共感もできて勇気ももらえる1冊であるといえます。

https://goo.gl/cfkEMB

「仕事を辞めたくても辞められない人にやってほしい10のこと。」

「仕事を辞めたくても辞められない人にやってほしい10のこと。」は、「会社を辞めたいけど、なかなか最初の1歩を踏み出せない」という人に向けた本になっています。

この本の著者は、「あなたと同じ悩みを持っていた経験者」といえます。当時「会社を辞めたい」と悩み、たくさんの人に相談をしたことで、ようやく自分を客観的に見て、結論を出すことができたと語っています。

「なぜ会社を辞めたいのか?」

「なぜ会社を辞められないのか?」

「どうすれば会社を辞められるのか?」

という悩みを抱えている人にとっては、これからの人生において、行動するきっかけとなる本といえるでしょう。また、「10分で読めるシリーズ(書籍でいう18ページほど)」に分類される本であるため、空いた時間に気軽に見ることができる1冊となっています。

https://mangabito.biz/2017/04/05/20170329hanna/

まとめ

長い間、会社の中で働いていると、その組織から抜け出すのが「怖い」と感じると思いますが、それは仕方のないことともいえます。それでも、「会社を辞めたい」と考えるのであれば、今のあなたが勇気を出して行動するしかありません。勇気を出して行動をしない限り、あなた自身の将来が変わることはないでしょう。

今回は、「会社を辞める勇気を出すため」の考え方や、2冊の本を紹介させていただきましたので、ぜひあなたの生活に取り込んでいただければと思います。

将来のあなたが「あのときに勇気を出して決断してよかった」と笑えているかどうかは、今のあなたにかかっています。なので、まずは「考え方」をしっかり変えていくところから始めてみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい!